Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2016年11月27日

【宗教】 カルトとマルチと市民運動と廚二病の相互関係について 【運動】

カルト(宗教)とマルチ商法と市民運動は、その構造が非常によく似ていて、なおかつ廚二病的病理によって事態が悪化しやすいが、当人はそれを殆ど自覚できない、的なお話。
18
洗手院(千手院) @senjuin1010

よく「宗教はアレ(否定的な意味で)」「あーこれだから宗教は…」という言葉を見るけど、これはどの前ツイのどこの部分を指した「宗教」なのか、対話者と予め確認しておかないと得てして良くない形で話が終わると思われる。 twitter.com/senjuin1010/st…

2016-11-27 11:06:53
洗手院(千手院) @senjuin1010

よく「お伊勢さん参りに1千万人」の話が宗教の話で出てくるんだけど、コレおそらくお伊勢参りを「宗教」として捉えて純粋に「参拝」に行く方って多くないんじゃないかと思う。でもそれは第3者から見れば十分に宗教的行為だと思うし、たぶん世界的に見れば「宗教」に分類されるんだと思う。 twitter.com/senjuin1010/st…

2016-11-27 11:10:57
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

よく、「市民運動や、似非科学信仰や、廚二病的自信過剰は宗教と近い」っていう話をするけど、これをすると大抵は「カルト呼ばわりされた!」って拗ねられちゃうので、現代に於いて「宗教との類似性や近似性の比較」に持ち出されることは、侮蔑と受け止められてるケース増えてんだな、とは痛感してる。

2016-11-27 15:32:23
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

宗教(の価値や評価)には色々な切り口があるけど、僕は ・価値観、概念、生活規範、共同生活規範などを共有させる統治手段 っていう要素が結構重要だとは思っていて。

2016-11-27 15:35:05
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

日本は政教分離ってことで、「宗教が政治に関わることはタブー」って感じになってるけど、かつては政治(統治)って、宗教に求められた機能だったとは思うんだよなあ。 例えば邪馬台国とかみたいに、「法による威光」が成立する以前の古代の政治は、巫女(宗教)の威光で統治してた、みたいな。

2016-11-27 15:36:21
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

んで、そういう「統治システムとしての宗教」っていう話と、市民運動とかの類似性や近似性っていうのは、「同一の価値観をコミュニティの内部で共有する」「そのコミュニティ(教団)の外には通用しない価値観を、内部では共有することが前提になってる」っていう点。

2016-11-27 15:37:42
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

また、宗教教団内部には序列が必ずある。例えば神仏ご神体を頂点としつつ、その代弁者たる最高位の神官僧侶がいて、最下位のヒラ信者までの間に何段階もの「中間指導層」的な階級があり、それらの振る舞いは「教典」で律されている。 市民運動も大抵これと似た構造を持ってる。

2016-11-27 15:39:23
加藤AZUKI bot @azukiglgbot

【社会】【宗教勧誘】 宗教と運動の類似性と序列争い 【運動勧誘】togetter.com/li/336383

2016-11-27 15:40:14
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

所謂新興宗教(カルト)と呼ばれるものは、古から続く古典的宗教に比べて、規模が小さいし、構造も古典的なそれに比べれば簡略化されてるから、「序列」「教典」「ヒラ信徒」とかの別が分かりやすい。歴史の短い(ある意味揮発的なw)市民運動もそこは近いと思う。

2016-11-27 15:40:46
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

うちのbotは魂が実装されてるな。なにこのタイミング。

2016-11-27 15:41:14
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

カルトはマルチを兼ねてるケースが結構あるけど、カルトを兼ねないマルチはもちろんある。んだけど、マルチの構造というのもまた、紐解いていくと「序列」「域内ローカルルールの遵守」「経典」「神祖と憲兵(司祭)とヒラ信徒」みたいな構造になってる。

2016-11-27 15:43:13
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

「理論家の中心人物とその補佐/右腕/実行部隊/No2を気取る武闘派憲兵と教団内部のヒラ信徒と、教団のルールの外にある部外者(異教徒)」っていう簡略化された構造は、宗教とかだけでなく「運動」にも当てはまる。例えばSEALDsにだって当てはまる。

2016-11-27 15:44:49
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

ただこれ、「ヤンキーのチーム」とか「クラブ活動」とか「スクールカースト」とか「幼稚園児の仲良しグループ」とかもある程度まではこれで定義出来ちゃうんじゃないかなあ。 同様に、明確な組織ですらないSNSなどの「アルファとフォロワー」みたいな関係性の中にも、そういうのはあるかもね。

2016-11-27 15:46:00
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

SNS上の議論なんかで、大抵「過激な尖兵」になるタイプの論客っていうのは、「神祖」でも「ヒラ信徒」でもなくて、「側近気取り、No2気取りの武闘派憲兵」だったりするケースは多いような気がする。

2016-11-27 15:47:38
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

誰に向けたアピールかは時々で変わるだろうけど、「成果」を競うことでその規範に基づく集団、またはグループ内での序列を上げ、少しでもNo1の神祖とか理論家とか中心人物とかに近付くとか、覚えめでたくなろうとする。そのためにヒラを監視し、部外者をしばいて罰する。それを競う。

2016-11-27 15:48:50
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

一方で、こうした「片腕、側近、No2気取りの武闘派憲兵」タイプの論者は、原理主義というか純粋化を目指しがちになるので、どこかのタイミングで「理論家の中心人物」に対し、不満を抱くようになる。 アレよ。反原発さんたちが散々持ち上げてきた小出助教を切り捨てたようなもんw

2016-11-27 15:51:05
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

「手ぬるい」っていう、それまでNo2だった存在からの突き上げ、それまで精神的主柱だったはずの存在をNo2が否定するっていう流れは、まあ例えば奥田を否定して牛田が吠える、みたいなのを例示するとわかりやすいか。

2016-11-27 15:52:16
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

最初は理想を追ってたはずなんだけど、「覚え愛でた」とか「純粋化」とか「理論家への失望」とかが、「序列争い」→「内ゲバ」を生みだし、教団・運動・集団は「脱落者をどんどん追い出す」という方向に向かい、規模を縮小させながら挫滅していく。

2016-11-27 15:54:18
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

初期に於いては、教団や運動の拡大期に於いては、「教団の外」を脅威と感じてるから、内部では協業できてるんだろうけど、教団や運動の規模が大きくなってくると、どうしても主導権争いが起きてくる。「スローガンだけしか共有できてない団体」は各論で絶対に揉めるから瓦解する。

2016-11-27 15:55:47
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

そこらへんの「参集と純粋化と瓦解」のプロセスをして、「ある種の運動と宗教の類似性・近似性」っていう話を割と毎度してるんだけど、表層的には「カルト呼ばわりという失礼な罵倒」と理解されちゃうんだよな、これ(^^;)

2016-11-27 15:56:55
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

んで、「武闘派憲兵タイプの論客」と事を構えることが多い僕などは、どう考えるかというと、「この武闘派はいずれ自分自身の依存している理論家の中心人物に対して【裏切られた】と感じたり、【総括して浄化】を考えだしたりして、自分自身がその衣鉢を継ごうとするだろうな」とか考えちゃう。

2016-11-27 15:58:52
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

理論家の中心人物が考えたロジックを借りてきて議論を展開する人は、そこに綻びが出てきたときに「綻びを修正する」とか「綻びを踏まえて再検証する」とかしないで、「自分は騙された」とか、「手ぬるいからだ」っていう方向に責任回避しがちだった(経験)

2016-11-27 16:00:07
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「超」怖い話丑 @azukiglg

そうなっちゃうと、もうその武闘派憲兵タイプの論客は最終的にはその人自身が「教祖」になっちゃうんだよなあ。当人にそんな自覚がなくても。

2016-11-27 16:01:06
残りを読む(24)

コメント

小川靖浩 @olfey0506 2016年11月27日
「法治主義が浸透する前までは宗教が」って実は結構近代まで引っ張ってるんだよねぇ。アメリカの聖書(イスラムであればコーランがあるらしいが)に手を乗せての宣誓とかあるが、結構面白いのは「フランス革命時の革命政権」なんだよな。革命を起こしたことでそれまでの特権階級の一部であった協会と僧侶を弾圧した(これもあってヴァンデの反乱が発生した)。だがその後政治的希求性をもたらしていた宗教の代理が結果的に必要になって「最高存在の祭典」という「新しき神」を作って正当性を高めようとしたという…
4
3200Kelvin @3200K 2016年11月27日
カルトとマルチと市民運動について、組織構造に関してはこのまとめのような感じなんだろうなー……と思います。 (長文になるので分けます。すみません)
0
3200Kelvin @3200K 2016年11月27日
んで、わたしゃ商売柄たまにこの手の集団に取材で関わったり、そういう活動をしてる人間の言動をネットで個人的にヲチしたりしてたのですが、どこの界隈もなんか同じ雰囲気を纏っているのが不思議で、AZUKIさんとはまた違うアプローチで考察してました。 で、現時点の仮説としては多分この手の集団の大多数は何らかの発達障害なんじゃなかろうかと思い至りました。 (……て書くと何処からか「差別だ!」とか言われそうですが、あくまで推論を重ねた上での仮説です)
0
3200Kelvin @3200K 2016年11月27日
きっかけはネットの記事で「自閉症スペクトラムの人と定型発達者では同じものを見ていても視点が違う」ていう内容だったのですが、 そこで前々から思っていた「あの手のカルト集団は同じ情報からでも一般人とは大幅に違う結論を導き出すのは何故だろう?」ていう疑問のヒントを得て、そこから発達障害に関して色々調べました。
0
3200Kelvin @3200K 2016年11月27日
で、やはり、あの手の集団にハマる人も発達障害の人も行動パターンや思考パターンに類似点が多く見られました。 おそらくは発達障害によって通常の対人関係の構築が困難であったり、いびつな親子関係でトラウマを抱えた結果、社会から疎外されやすくなり、行き着く果てがああいった集団なのだと思います。 そこでは同じ様な指向、境遇の人間が集まるので、居心地が良いのでしょう(まあこれは一般人にも当てはまりますが)。
0
3200Kelvin @3200K 2016年11月27日
AZUKIさんのお話と一部重複しますが、わたしが推察するに、あの手の人達はその集団に所属して指導者からの話を受け売りしておけば自分は複雑な思考をする必要もなく賢くなった気になれますし、なおかつ共通の目的を持った仲間もでき、仮想の敵を叩くことによって今まで経験できなかった充実感がお手軽に得られるので、今までの人生を孤独に負け戦で戦ってきた人達には魅力なのだと思います。
0
3200Kelvin @3200K 2016年11月27日
で、もしそういう人達をそういう集団から引き戻そうとするならば、必要なのは正論で説き伏せる事ではなく、今までの人生で負ってきた傷を癒すカウンセリングなのだと思います。 (あと付け加えるならば、もちろん全ての発達障害の人がそうなるわけではないですし、クリエイティブ系の専門職とかの場合、逆に発達障害であった方が有利な場合が多々あります。うちの映像業界でも多分そうだろうと思われる方が多いですし)
0
3200Kelvin @3200K 2016年11月27日
とりとめのない長文失礼しました。m(_ _)m
0