海兵隊は日本を護るために駐留しているのではありません。

自分たちが欲しい場所に、日本の負担で土地を提供してくれて、自国の法律も日本の国内法も適用されずに、自由に訓練でき、なに不自由なく、好きなだけ駐留できるから日本にいるだけ。
社会問題
19
misuzu sakurai @misuzusakurai1
日本政府や防衛省は、他国からの攻撃や侵略などの脅威から国民を守るため「極めて重要な位置」に沖縄はあるといい、第3海兵遠征軍 3MEF は 「海兵隊が沖縄にある4つの理由」という動画を作成し、その理由を超簡単に説明していますが、海兵隊は日本を護るために駐留しているのではありません。 twitter.com/mcipacpao/stat…
misuzu sakurai @misuzusakurai1
「日本と米国は1960年安保条約に調印し、アジアの平和と安定に寄与しており、海兵隊は同盟国を護るため、常に迅速に対応するための準備を怠りません。また、海兵隊は災害への備えが常に出来ています」というものです。 pic.twitter.com/FwVWKWfmSd
拡大
misuzu sakurai @misuzusakurai1
1. 同盟▶1960年新日米安保条約が合意される前、1957年6月にアイゼンハワー大統領と岸信介総理が交わした共同声明にはこう記述されています。
misuzu sakurai @misuzusakurai1
「米国は日本の防衛力整備計画を歓迎する。それに伴い、全ての陸上戦闘部隊の速やかな撤退に加え、数年内に日本に駐留する米軍を大幅に削減する。今後も日本の防衛力の増強に合わせて駐留米軍の削減を進める」と、当時の日米両政府は考えていました。
misuzu sakurai @misuzusakurai1
「我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため直接侵略及び間接侵略に対し、我が国を防衛すること」を主たる任務とする、自衛隊が発足します。(第3章 自衛隊 - 変化への対応より)
misuzu sakurai @misuzusakurai1
1954年には防衛庁・自衛隊が設置され、要員や装備を充実させていく整備計画で、陸上自衛隊の地上兵力10個師団18万人とすることや航空兵力の航空機約518機とする5ヶ年計画が決まり、再軍備を米国が歓迎し、日米首脳の共同声明を進めていくことになります。
misuzu sakurai @misuzusakurai1
米国では、第2次世界大戦・朝鮮戦争を通して増員を続けた部隊のリストラを進めていました。海外に派遣していた部隊を本国に呼び戻し、日本に駐留していた米軍の中でも主力だった陸軍も急速な撤退が進み、日本本土では多くの基地が返還されました。
misuzu sakurai @misuzusakurai1
当時、日本では米軍基地に対する住民の反対運動もあちらこちらで行われていました。1953年には米軍射撃訓練場の無期限使用に反対し、市民と警官が対立した「内灘事件」や立川基地拡張への抵抗運動である「砂川闘争」などを通して反米の機運が高まっていました。 pic.twitter.com/DpeqnN8U9I
拡大
misuzu sakurai @misuzusakurai1
朝鮮戦争では出撃拠点として使われ、施設提供の義務は日本にあるため、強制的に土地を取り上げようとした為に住民は激しく抵抗しました。海兵隊は元々、岐阜や山梨に駐留しており、山梨では地域婦人らが演習場に乗り込み、大砲にしがみつき訓練を中止させるなど凄まじい抗議行動を行っていました。 pic.twitter.com/40jAvU8nZ2
拡大
misuzu sakurai @misuzusakurai1
こうした情勢下で、「日本から地上部隊を撤退させる」との日米合意に基づいて海兵隊(第3海兵師団)は56年沖縄に移駐しています。現在、政府や防衛省が説明しているような、「地理的優位性」や「抑止力」といったものではありません。
misuzu sakurai @misuzusakurai1
これらの歴史は忘れられてます。本土で嫌がられた米軍を米統治下にあった沖縄に集めたという過去を振り返らない方が多くの日本人にとって都合のよい事なのかもしれません。そして日本政府は沖縄は防衛にとってよい場所にあって海兵隊は抑止力になるという認識を国民に定着させることに成功しています。
misuzu sakurai @misuzusakurai1
1960年5月19日、安倍首相の祖父、岸信介首相は国会に警察隊を導入し、衆議院で新安保条約を強行採決しました。この時、条約には多くの国民が反対し、2000万人分の請願署名が集められていました。 pic.twitter.com/XY4hAXzxay
拡大
misuzu sakurai @misuzusakurai1
2. 防衛▶米軍基地の存在は、私たちの安全を守るためという文脈で正当化されています。確かに日米安保条約には、「日本国の安全に寄与し、極東における国際の平和と安全の維持に寄与するため」と記されています。
misuzu sakurai @misuzusakurai1
では、「日本を守る」とは何を意味するのか? その問いに対する答えとして頻繁に耳にするのが「抑止力」という言葉です。この抑止という概念は非常に曖昧です。それが具体的にどのような軍事力を指すのか? どのように機能しているのか? といった定義付けは十分になされていません。
misuzu sakurai @misuzusakurai1
米国は太平洋重視を強調していますが、では尖閣諸島で最悪の事態が起きた時、自動的に米軍が直接関与するのか? というと、そうはならないというのが日米安保関係筋の考えです。
misuzu sakurai @misuzusakurai1
安倍首相就任後の米首脳会談を控えてた2013年2月3日、「どうか我々を人の住まない岩を巡る中国との争いに引き込まないでくれ」、米軍は岩のために命を賭けるなんてまっぴらだと、米軍準機関紙「星条旗」はそう報じています。
misuzu sakurai @misuzusakurai1
米軍は戦力を地理的に広い範囲へと再編する、戦略的動機は中国や北朝鮮の軍事能力の向上です。例えば、北朝鮮は韓国との軍事衝突が起きた場合、在韓米軍基地や韓国軍の空軍・海軍施設を危機にさらすことや米本土も攻撃対象としてミサイル能力を開発しています。
misuzu sakurai @misuzusakurai1
米国防総省は朝鮮半島有事の際、初期段階で制空阻止を目的とするならば海兵隊よりも空軍の方が空対空の戦闘に適しているとしています。海兵隊の基地運用計画では、F- 35Bが岩国に配備され、嘉手納に駐機場を造り、シュワブ上空空域を使用し、訓練することが予定されています。
misuzu sakurai @misuzusakurai1
海兵隊はMV-22を給油機として投入して、各機(F-35Bなど)の戦闘行動半径を増やす計画をしています。👉 marinecorpstimes.com/story/military… twitter.com/misuzusakurai1… pic.twitter.com/1ZDU7Nvain
拡大
拡大
misuzu sakurai @misuzusakurai1
日米両政府は米軍再編協議で、沖縄海兵隊を司令部のほか実動部隊はMEU主体とする方針を確認しています。
misuzu sakurai @misuzusakurai1
海兵隊 ( 海兵空陸部隊 ) は、「日米ロードマップ合意」により、約8千人の第3海兵機動展開部隊(第3海兵遠征軍 3MEF)の要員と第3海兵師団・第3海兵後方群・第1海兵航空団・第12海兵連隊の司令部がグアムに移転されることが決まっています。
misuzu sakurai @misuzusakurai1
これを日本政府は司令部機能だけが移転するかのように説明しています。3MEFは「第3海兵師団」・「第1海兵航空団」・「第3海兵平站群」・「第3海兵遠征旅団」・「第31海兵遠征部隊」で構成され、部隊の大部分は沖縄に駐留しています。
misuzu sakurai @misuzusakurai1
海兵隊は作戦の規模や任務によって出動させる部隊編成を大中小と変えることができる特性があり、4つの機能(司令部・地上戦闘部隊・航空部隊・後方支援部隊)の組み合わせで動いています。
misuzu sakurai @misuzusakurai1
対処すべき紛争の規模や種類などによって動員数を自在に変えることが出来るのが海兵隊の特色です。大きい編成単位から「海兵遠征軍 MEF」・中規模の「海兵旅団 MEB」・小規模の 「海兵遠征隊 MEU」と呼ばれています。
misuzu sakurai @misuzusakurai1
米海兵隊は3つの遠征軍からなっており、そのうち第1と第2は米本土に基地があり、海外に前方展開しているのは、在沖の第3だけです。遠征軍の標準編成は1つの海兵師団とそれを支援する航空団、兵站群からなっており、師団は必要に応じて中規模の海兵旅団やさらに小規模の海兵遠征隊を編成してます。
残りを読む(23)

コメント

緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2017年1月17日
どうしてこの種の人って、異論を唱えられたらすぐにブロックして議論を拒否するん?そんなに矛盾をつかれるのが怖いの?
Chariot @BLACK_RX_24 2017年1月17日
猛勉強中といいつつ即ブロックってこれもう分かんねぇな
積雪時 有効(キュアジェノサイド) @murakumo13 2017年1月17日
相変わらず自分の意見に都合のいい部分の抜粋と自分に都合の良い解釈ばかりだねぇ。
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2017年1月17日
うん、だから日本に有事があった際、一番最初に飛び出すのは海保であり海自や空自であり(陸自さんは待っててね)、そこが死ぬほど奮闘した後にやっと米空軍や米海軍のお出まし、そしてもうどうしようもない時点で陸自や海兵隊の出番。つか陸自や海兵隊が出てくる状態の時はもう「紛争」じゃなくて「戦争」。海洋国家ジャパン舐めんなって話。
神楽樹晃成 @koukag0523 2017年1月17日
〉自分たちが欲しい場所に、 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S27/S27HO140.html (ただし、この法律が理に適ったものかは確かに議論の余地あり) 〉日本の負担で土地を提供してくれて、 (これはたしかにそうなっているようで) http://www.tomato-okinawa.com/sp/gun/
神楽樹晃成 @koukag0523 2017年1月17日
〉自由に訓練でき、 http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN11/anzen/Us97/US97.html 〉なに不自由なく、 (外でデモに会う可能性ある中で不自由無くは無いような) 〉好きなだけ駐留できるから (日米相互の交渉と国際情勢次第じゃないかな )
アプロ @rUyaCVtIiRxgC9M 2017年1月17日
集団完全保障の意味を理解しているのだろうか?
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月17日
まず「3MEF」は極東アジア地域防衛のために存在する。この地域は北は朝鮮半島から南は台湾・フィリピンまで。当然この範囲に沖縄・日本は入るし、丁度真ん中あたりにあるにある沖縄・日本に基地置くのは十分な合理性がある
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月17日
「抑止力」は軍事用語であって軍事学において明確な定義がある。軍事力には「制圧力」「抵抗力」「抑止力」と3つの「力」があり「抑止力」とは他国の軍事力(制圧力)の行使を抑止する力である
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月17日
軍事力とは「自らの意思を他者に強要する力の行使」であってそれを相手に使わせない(意欲を削ぐ)のが「抑止力」である(定義がないとか・・・軍事学を舐めんな)
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月17日
アメリカは「尖閣諸島」を日米安保の効果範囲であると明言している。また「尖閣諸島」だけが攻撃の目標になることは考えづらい。当然その場合は東シナ海を中心に台湾〜沖縄〜日本本土という地域全域で戦争状態となる。アメリカがこれを放置することはありえない
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月17日
米海兵隊は3つの遠征軍のうち第1と第2は第3とは明らかに役割が異なる。第1海兵隊は太平洋・インド洋を第2海兵隊は大西洋・地中海を守備範囲とする。第1と第2は3つの部隊が3ヶ月ごとのローテションで海上待機をする
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月17日
これら部隊は出撃すると3ヶ月の間は港には一切立ち寄らず海上待機しつづける・・・そして3ヶ月と部隊が交代し次の部隊が3ヶ月の海上待機に入る。これを三つの部隊で繰り返すの第1と第2である
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月17日
それに対し第3は沖縄張り付き部隊であって極東アジア地域から動かないことが前提である。ローテションしないので部隊が一つしかない
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月17日
意図的に論点を半島有事に限定したいようだがアメリカ海兵隊にとって最も重要な場所は、東シナ海を中心に台湾〜沖縄である。そもそも半島には十分な戦力を有する韓国軍がおり、米陸軍第8軍団も所在する。始めから陸軍が存在する地域に即応部隊である海兵隊の必要性は薄い
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月17日
中国に対処するのは海軍(第7艦隊)と空軍であるというが第3海兵隊は第7艦隊に所属している・・・「第7艦隊陸戦隊=第3海兵隊」である。こらは海兵隊を理解する上での基本中の基本。海兵隊が艦隊隷下の陸戦隊であることを理解していないのは基本が全くわかってない
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月17日
歩兵1個大隊約800人+航空部隊+支援部隊はかつての陸軍の数個師団(数万人)に匹敵する打撃力を有している。決して少ない数ではない。この件でも近代戦に関しての理解がまったく不足している
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月17日
その理屈なら陸上自衛隊第15旅団(沖縄)は2100人しか?居ないし、離島奪還を目的として編成された西部方面普通科連隊はレンジャー660名しか?居ないのである
Amts @amts1 2017年1月17日
んな当たり前の事を今さら言われても困る。その上で、そういう米軍が沖縄にあると言うことがどれだけの力になっているかを考えないと
あぼか丼 @abkadon211 2017年1月17日
何を今更。 強襲揚陸艦やヘリボーンと組み合わせて東アジアや東南アジアに即時派兵できるようにするための海兵隊なわけで その地域で軍事活動をする場合沖縄の海兵隊を考慮しなきゃならんから事を起こしにくい
DAKA@再建中 @pontaboxz 2017年1月17日
冷戦の時代、そして今。いずれもアメリカが直接対峙しなくて済んでいるという点で、日本の存在は絶大。。
軽部はるみ @kalpi_harami 2017年1月17日
別にアメリカが善意で日本の国を守ってくれないといけないもんじゃないでしょ。アメリカにはアメリカの思惑で日本に基地を置いていて、日本はアメリカに基地を提供することで「虎の威を借る狐」ができるんだし、Win-Winじゃないですか。「親米ポチ」と揶揄することはできるけど、日本に(米中露の勢力圏の境目でバランサーを気取る)軍事力・経済力の余裕はないでしょ。
ポッカ @pokka80 2017年1月17日
アジアの平和を守るためなら日本も範疇に入ってると思います
火雛@香港加油 @HibinaKageori 2017年1月17日
アメリカは日本に陸軍創設を期待していた。朝鮮戦争へ参加させるためにね。それを拒むため日本は憲法九条を理論武装に利用したり、自衛隊の規模を小さく留めたりしていた。
火雛@香港加油 @HibinaKageori 2017年1月17日
この人の文章だと、まるでアメリカが朝鮮戦争の拠点として日本を利用して、日本人はそれを嫌がっていたみたいなストーリーだ。しかし実態は、日本がアメリカに「朝鮮戦争」を押し付けていた……日本がアメリカを利用していたという見方もできるのだ。
火雛@香港加油 @HibinaKageori 2017年1月17日
もちろん、その件で日本がアメリカに恩義を感じる必要は無い。要は、米軍のいるメリットを理解して今後も有効活用しましょうって話だ。アメリカは日本のために駐留している訳じゃない。でも大いに日本の役に立っている。
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月17日
東シナ海周辺で何かあれば海兵隊員は沖縄とかいう異国で「死ぬ」・・・トランプさんが何を考えてるが知らないが現場の隊員は「沖縄を守るためにいる」と思ってるんだよ。少なくとも「俺はアメリカの利益のために沖縄で死ぬ」なんて個々の隊員は思ってないってことは理解しておくべきだ・・・
文里 @wenly_m 2017年1月17日
ここもコメント欄が本番か。必死にデザインを試みたりするのかな?
段ボールが本体 @Himade4tama 2017年1月17日
コメントデザインって結構良い単語だと思うんだけどどうなんかね。
ask @whirlpool 2017年1月17日
で、91年に米軍を追い出して万歳したフィリピンが、その後どうなったんだっけ?
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月17日
一応補足。第7艦隊公式サイト(http://www.c7f.navy.mil/)の「7th Fleet Task Forces」のところにある「CTF-79」が第三海兵遠征旅団(3rd Marine Expedititionary Brigade)。いわゆる「3MEB」。このように海兵隊は運用上艦隊を構成する部隊の一部である・・・
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月17日
補足2。戦争とは政治(外交)以外の手段による政治(外交)の延長である・・・という有名な言葉があるが、このことと、軍事力とは「自らの意思を他者に強要する力の行使」であるという部分から「制圧力(攻撃)」「抵抗力(防御)」「抑止力(制止)」と3つの「力」の分類が発生する
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月17日
戦争の目的はあくまで「自らの意思を他者に強要すること」であり目的のない戦争など発生し得ない・・・だから目的を達成できる見込みがない(相手を服従させる力がない)と敵が思えば「抑止力」が有効に作用しているといえる・・・
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月17日
軍事学を舐めんな・・・(大切なことなので二度言いました
ありよし/コアロン @TnrSoft 2017年1月17日
定食屋のおばちゃんは、うちらに食べさせるためにご飯作ってるんじゃなくて、自分の生活のために働いているんやで
Клипер @Object260 2017年1月17日
またセルフまとめか壊れるなぁ…
積雪時 有効(キュアジェノサイド) @murakumo13 2017年1月17日
そもそも「日本を護ってくれる」というのが間違い。正確には「日本が戦うとき一緒に戦ってくれる」が正解。
happy_world @happy_world2 2017年1月17日
在日米軍基地含め極東にある米軍基地は極東における米国のプレゼンスのためにあるが、日本はじめ多くの国が友好的にその影響下にあることで外部勢力との対抗力を得ることが出来、さらに敵地攻撃力を持たない日本は安保条約により国の危機の際には米軍との協調により事に当たることができるという非常なメリットがあるというのに、「米軍は日本防衛のため基地を置いてるんじゃない!」で何が悪いと言ってるのかわからない。米軍が自国の利益無視で日本のために滅私奉公すべきとでも思ってるのかしら?
斉御司 @saionji1942 2017年1月17日
海兵隊はその戦力よりその存在が重要なんじゃないかね。海兵隊がいる沖縄を攻撃したら米軍は間違いなく反撃してくるが、海兵隊が存在しない沖縄なら米国と交渉できるのでは?って相手が思わないとも限らない。日本にとっては重要な抑止力となる。
愚者@ 3/22満開C-21 @fool_0 2017年1月17日
むしろ善意だけで守っていると言われた方が信用できんわ。アメリカの国益になるからこそ日本やその周辺国を守っているのであって、それは特殊でもなんでもなく当たり前のことに過ぎない。。
なんもさん @nanmosan 2017年1月17日
つまり在日海兵隊基地の存在意義はともかく、それが沖縄にある意味はとくにないというのはコメント欄の人もおおむね賛成みたいな話になってますので、それはよかったとしか言いようがない展開になってるような気がしてたまらない。というのもですね、沖縄に海兵隊の基地が必要だ論の人ってなぜか嘉手納基地の存在を忘れたふりするんですよ。即応戦力としてはどう考えてもあっちこそが日本防衛の要ですし、普天間県内移転反対論者も嘉手納基地には何の反対もしてない人がほとんどだったりしますよ?
kame4477 @kame4477 2017年1月17日
台湾有事の時に沖縄に海兵隊いると心強いけど、日本にとっては、グアムにいてもまあ致命的かっつーとそこまででもない。あくまで国内事情最優先なら国外移転してもいいけど、米国としても県内移転で合意済みで、貴重な拠点を失いたくないという話なだけ。慰安婦合意の再交渉を日本側がする意味がないのと一緒。
遮光昏人 @KREHITO 2017年1月17日
え、今まで善意で沖縄に海兵隊が居るとかまとめた人は思ってたの?
垂直応力 @normal_stress 2017年1月17日
抑止力としては嘉手納の空軍と横須賀の海軍がいればいい、という話は他でも見たな。
愚者@ 3/22満開C-21 @fool_0 2017年1月17日
アメリカの思惑がなんであれ、その軍事力が利用できる内はこちらから追い出す必要は全くないということ。当局は嫌米だけど、だからこそ彼らを追い出すのではなく利用すればいいと思っている。嫌米や反米全てが無条件で基地反対だと、誰が決めた訳でも無いのだから。
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月18日
在日米空軍と在日米海軍があればいいというが、何度も言ってるように艦隊(海軍)と海兵隊は不可分であって単独で運用する話になってない。さらにアメリカは統合軍システムで動いているので運用上は陸軍、海軍、空軍、海兵隊は統合的に運用され縦割りになってない
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月18日
アメリカ統合軍の極東担当は「太平洋軍」であるがその司令官(海軍大将)の指揮下に、太平洋陸軍(第25師団(ハワイ)、在日陸軍、在韓陸軍(第8軍)、アラスカ陸軍)太平洋空軍(第5空軍、第7空軍、第11空軍)太平洋艦隊(第3艦隊、第7艦隊)太平洋海兵隊(第1海兵、第3海兵)がある
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月18日
「太平洋軍」は一人の指揮官の下でこれらの部隊が統合的に運用される統合軍であってその配下の在日米軍も一つのアメリカ軍である。アメリカ軍の中では空軍と海軍があればいいのような発想自体が石器時代並みの時代遅れだ
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年1月18日
在日米軍の「抑止力」とは、陸軍、海軍、空軍、海兵隊が一体運用されることで生まれる「打撃力」であって、右手があれば左手は切り落としていいとか、頭があれば首から下は必要ないみたいな話はナンセンスだ
なんもさん @nanmosan 2017年1月18日
つまり艦隊と海兵隊は不可分という大原則を守るため、わざわざ横須賀と佐世保と沖縄に分散配置しておいて、集結してから使おうって話に現状なってるわけだから、べつに沖縄から海兵隊が移転しても問題ないってことですよね。珍しく対立がないまとめでよかったよかった。
火雛@香港加油 @HibinaKageori 2017年1月18日
nanmosan 横須賀・佐世保・沖縄の3分散体制に、台湾を加えて、4分散体制にするとか? アリやな。
殻付牡蠣 @rareboiled 2017年1月18日
軍事力と言うかセイジは、何でも使えるもん使えばいいんだよ。それが正しくない使い方であっても。
kikuchi takeo @monster_kazu 2017年1月21日
アジアの犠牲に沖縄はなるのだって事か。
愚者@ 3/22満開C-21 @fool_0 2017年1月21日
沖縄の為に日本が犠牲になる必要も無いんですけどね。
kikuchi takeo @monster_kazu 2017年1月21日
沖縄の為にどうして日本が犠牲になる事になるのかな。よくわからないね。
愚者@ 3/22満開C-21 @fool_0 2017年1月22日
少なくとも石垣島や与那国島は沖縄の為に犠牲になる道を拒否し、自衛隊を誘致する道を選んだ。沖縄がさも一方的な被害者であるかのようにメディアでは言われているけど、実際には何も考えず反戦を唱えるのみで前述の島々が近年脅威を増してきた中国に対してどうにかしてくれと陳情してきても、翁長知事をはじめとする沖縄県はまるで聞く耳を持たなかった。別に軍事力無しでそういった脅威を取り除けるならいくらでも反基地反米を唱えればいいが、現実何もできていないのだから犠牲を拒否するのは当然だろうに。
muramasa @muramasa931 2017年1月22日
東京の周りも米軍基地だらけ、全国各地の自衛隊基地も米軍だらけ・・・ まとめ主もそうだが、沖縄がー沖縄がーとかいうパヨクって頭が沸いてないか? 在日米軍は「抑止力」というのはあくまでも方便であって、戦後も今も在日米軍というのは日本占領軍ですよ。日本が独立国なんていうのはあくまでも書類の上でだけの事なんですがね。
Hoehoe @baisetusai 2017年6月20日
そんなこと言ったら第七艦隊は日本近海から動かせなくなるよな
ポッカ @pokka80 2018年1月25日
日本と米軍は守ってもらうじゃなくて共同体である。そもそも軍隊の平時は訓練が仕事の一つである。訓練をするのは権利じゃなく義務なので当たり前
ソフトヒッター99(自称カタログスペック厨) @softhitter99 2018年5月3日
簡単に言って、目的が違うと言っても、そこに中国が「いきなり奇襲上陸とか無理ゲー」と思えばよろしい。
越後屋 もっち @1905Tor 2018年8月13日
沖縄が米軍にとって重要なのは、有事に核攻撃基地として使うため。沖縄は返還前にはアジア最大の核攻撃基地で、1300発の核弾頭が貯蔵・配備。現在の有無は不明。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする