【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

『荒野の七人』から『マグニフィセント・セブン』にかけての、ガンベルトの変遷

西部劇に出てくるガンベルトの歴史と、『荒野の七人』『マグニフィセント・セブン』で使われたガンベルト(ガンリグ)。
映画 荒野の七人 西部劇 マグニフィセント・セブン 蔵臼金助 マカロニウエスタン
14990view 4コメント
61
ログインして広告を非表示にする
蔵臼 金助 @klaus_kinske 2017-02-02 18:01:06
ある程度年齢のいった人は、腰回りが気になりだすものです。 私は小学生くらいから気になってましたよ。ウエストもウエスタンも。今日はガンベルトの話。
蔵臼 金助 @klaus_kinske 2017-02-02 18:02:59
新旧二つの“7人”を貼りましたが、お気付きですか? 腰回り。 pic.twitter.com/CT6YJYBuu3
 拡大
 拡大
ハインケル @lugerp08martz 2017-02-02 18:03:54
@klaus_kinske ガンベルトがちゃんとオールドタイプになってる(新)
蔵臼 金助 @klaus_kinske 2017-02-02 18:05:34
ハットでもブーツでも衣装でも銃でもなく、『荒野の七人』と『マグニフィセント・セブン』において、最大の相違点(衣装・小道具面において)は、実はガンベルトにあります。
蔵臼 金助 @klaus_kinske 2017-02-02 18:09:45
優秀なガンマンがいらっしゃいました。『マグニフィセント・セブン』の七人は、通称“オールド・タイプ”と呼ばれるガンベルトを使用しているのです。 pic.twitter.com/3b5ldwlFxg
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske 2017-02-02 18:17:04
日本では“ガンベルト”と言う呼び方が定着していますが、“ガンリグ(Gun Rig)”“ガンレザー(Gunleather)”が正しい呼称になります。
蔵臼 金助 @klaus_kinske 2017-02-02 18:20:30
“ホルスター”でも通じますが、どちらかと言えば、ベルト部分ではなく、銃を収めるケース部分のみを指すことが多いです。
蔵臼 金助 @klaus_kinske 2017-02-02 18:33:00
最も古い西部劇スターの一人、ウィリアム・S・ハート(1864-1946)です。サイレント時代に活躍していました。当然、使用するガンベルトはオールド・タイプです。 と言うか、彼が活躍していた頃はそれがリアリズムではなく、実際に西部開拓時代の空気が残っていたのです。 pic.twitter.com/Q1zLDzI193
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske 2017-02-02 18:47:40
1950年代から60年代にかけて、ハリウッドでは空前の西部劇ブームが起きました。劇映画やテレビシリーズでスクリーンとブラウン管をカウボーイ達が埋め尽くしたのです。 pic.twitter.com/P2pX8uqGxq
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske 2017-02-02 18:50:57
ハリウッドで早撃ちガンマンがインフレ状態になり、ガンベルトの需要も生まれました。その需要を満たしたのが、アルボ・オヤラとアルフォンス・ピネダです。 pic.twitter.com/DtlxiXU4Hg
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske 2017-02-02 18:56:10
銃をより速く抜き、堅牢性を持たせるために“メタル・ライニング”と言う、鉄板を皮の間に挟む工法、ハンマーに引っかけて銃の脱落を防止する工夫など、映画向き、あくまで見栄えと早撃ち重視のデザインが発達しました。 pic.twitter.com/8HED8D2o4H
 拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske 2017-02-02 19:03:53
改めて『荒野の七人』を観てみましょう。皆が、メキシカン・ループと言われるホルスターがベルトを直接挟むオールド・タイプのガンベルトではなく、アルボ・オヤラかアルフォンス・タイプのハリウッド式ガンベルトを着用しています。 pic.twitter.com/sprmNeBkxm
 拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske 2017-02-02 19:04:54
あれ? 一人だけ、ループ・ホルスターを使っている人がいますね。
蔵臼 金助 @klaus_kinske 2017-02-02 19:07:00
凝り性のスティーブ・マックィーンだけが、“ガンファイター・ステッチ”と呼ばれる、独特の刺繍を施したガンベルトを使っています。 この模様、見覚えがありますね。 pic.twitter.com/gUTzkSyWrs
 拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske 2017-02-02 19:16:04
“ドル3部作”でイーストウッドが使ったガンベルトと同じです。デザインしたのは、アンディ・アンダーソン。アルボ・オヤラやアルフォンスとはまた異なるモダンなデザインで、多くのハリウッドスターの人気を獲得しました。 pic.twitter.com/WXD80qmkVp
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske 2017-02-02 19:27:20
ハリウッドで考案された早撃ち専用のガンベルトは、当然リアリズムではありません。長時間馬に乗ることが出来ず(太ももにホルスターをくくりつける革紐なんて、もっての他です)、あくまでスクリーン専用。 pic.twitter.com/cEhpCot2J2
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske 2017-02-02 19:38:44
流れを変えたのが『ロンサム・ダブ』(1989)です。 このTVシリーズは、西部劇におけるリアリズムを一変させました。正しい衣装、ハット、正確な銃器描写、そして、長時間馬に乗っても平気なだぶだぶのズボンとオールド・タイプのガンベルト。 pic.twitter.com/6JdJ4qz1bf
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske 2017-02-02 19:41:09
この作品の登場以降、アルボ・オヤラ・スタイルのガンベルトも、70年代辺り迄カウボーイたちが被っていたハットも、いきなり古びたものとなってしまったのです。 pic.twitter.com/YiJWy8ZeK3
 拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske 2017-02-02 19:47:27
それで、改めて『マグニフィセント・セブン』の面々の腰回りを観てみましょう。 基本はオールド・タイプのループ・ホルスターを踏襲していながら、極めてデリケートなタッチでモダンに、スタイリッシュにデザインを再構築されているのが判ります。ハットも同様。 pic.twitter.com/madjbhylBO
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske 2017-02-02 19:52:12
『マグニフィセント・セブン』は、その物語の骨子とテーマ同様、小道具や衣装、銃器に関しても、過去へのオマージュとリスペクトを込め、21世紀にフィッティングさせた上でのスタイリッシュさを追求した作品なのではないかと思います。 pic.twitter.com/evt2zX8agp
 拡大

ブックマークしたタグ

あなたの好きなタグをブックマークしておこう!話題のまとめを見逃さなくなります。

コメント

空家の恵比寿様(aka ココロのポス) @ebcdic_ascii 2017-02-03 12:07:22
結局具体的に何が「リアル」で、何が「映画用フィクション」なのかよくわかんなかった。歳のせいで理解力が低下しておるのでしょう。
やましよ @kkr8612 2017-02-06 16:14:41
分からなくても作品を楽しむうえでは全く問題ないけど分かる人にはうれしいこだわり、ってのはいくらあってもいいもんだなと思った(これに関しちゃ全く分からないけど)。2016年に当った映画はそういうこだわりが詰め込まれてるのがいっぱいあったね。まあいっぱいあったんだけど当らなかったから誰も気付いてくれなかった映画なんかもいっぱいあるんだろうけど…
ボドロー @kochi_boardgame 2017-02-08 04:00:53
腿のあたりにぶら下げる早撃ちホルスターは映画用フィクションで、ベルトにくっついてるオールドタイプホルスターはリアルな表現。イーストウッドが被ってるテンガロンハットはフィクションで、もっこりしたでかいハットがリアル。スマートなボトムスより、だぼだぼパンツとチャップスでの乗馬がリアル。こんな感じかな?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする