『荒野の七人』から『マグニフィセント・セブン』にかけての、ガンベルトの変遷

西部劇に出てくるガンベルトの歴史と、『荒野の七人』『マグニフィセント・セブン』で使われたガンベルト(ガンリグ)。
蔵臼金助 西部劇 マカロニウエスタン マグニフィセント・セブン 映画 荒野の七人
klaus_kinske 11789view 4コメント
60

限定公開の新機能が大好評!

プライベートなツイートまとめの共有がもっと簡単になりました。フォロワーだけに特別なまとめを公開しませんか?メンバー限定はメニューから設定可能です。詳細はこちら

ログインして広告を非表示にする

コメント

  • 空家の恵比寿様(aka ココロのポス) @ebcdic_ascii 2017-02-03 12:07:22
    結局具体的に何が「リアル」で、何が「映画用フィクション」なのかよくわかんなかった。歳のせいで理解力が低下しておるのでしょう。
  • やましよ @kkr8612 2017-02-06 16:14:41
    分からなくても作品を楽しむうえでは全く問題ないけど分かる人にはうれしいこだわり、ってのはいくらあってもいいもんだなと思った(これに関しちゃ全く分からないけど)。2016年に当った映画はそういうこだわりが詰め込まれてるのがいっぱいあったね。まあいっぱいあったんだけど当らなかったから誰も気付いてくれなかった映画なんかもいっぱいあるんだろうけど…
  • ボドロー @kochi_boardgame 2017-02-08 04:00:53
    腿のあたりにぶら下げる早撃ちホルスターは映画用フィクションで、ベルトにくっついてるオールドタイプホルスターはリアルな表現。イーストウッドが被ってるテンガロンハットはフィクションで、もっこりしたでかいハットがリアル。スマートなボトムスより、だぼだぼパンツとチャップスでの乗馬がリアル。こんな感じかな?

カテゴリーからまとめを探す

「映画」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする