2011年3月5日

meganeouさんとfrancesco3さんのやりとりから考察する「差別意識」

@meganeouさんと@francesco3さんのやりとりから、その根底にあると思われる「差別意識」について考えてみました。   (参照) 「francesco3氏」と「めがねおう氏」の炎上ツイートまとめ:http://togetter.com/li/107425 by @Hagexxさん
8
倉沢 繭樹 @mayuqix

ツイッター上でMさんがFさんに絡み、そのやりとりをMさん中心に、そらのさんが番組で取り上げ、結果Fさんへの「公開中傷・罵倒」になってしまった今回の件。MさんとFさんおふたりが記者・ライターだったことから、最初は取材相手への取材者の姿勢をめぐって話が始まった。

2011-03-05 21:03:27
倉沢 繭樹 @mayuqix

それがだんだん、MさんがFさんの属性を問題にしはじめた。Fさんが女性であるので、対等な議論ができないかのように嘲笑混じりに攻撃し出した。Mさんが男性という属性で、Fさんが女性という属性であることの上に行われた嘲笑であり罵倒だったと思う。

2011-03-05 21:12:56
倉沢 繭樹 @mayuqix

言語学者の丸山圭三郎は、差別について「個人の差異を無視して『無根拠な』構造化を行うこと」だと書いていた。たとえば、多様な個人が、本人が選択・修正できない性別という属性で何らかの判断を下され対応されるとき、それが本人に不利だと見られれば、「差別」と呼ばれるだろう。

2011-03-05 21:22:44
倉沢 繭樹 @mayuqix

この属性に基づく「差別」は、その属性やそれと近縁な属性の人たちを「十把ひとからげ」に扱い、社会的に不利な立場に追いやるという特徴があるように思う。今回の出来事は、メール・ショービニズム(男性優位主義)に基づくミソジニー(女性蔑視)の側面があったと思う。

2011-03-05 21:34:10
倉沢 繭樹 @mayuqix

そしてまた、Mさんが「炎上マーケティング」を企図してやったのでは、という意見も聞かれる。もしそうなら、そんな「商売」は早晩誰からもそっぽを向かれるだろうし、そうならなければいけないと個人的には思うところだ。

2011-03-05 21:41:13
倉沢 繭樹 @mayuqix

さて、翻って、僕自身はどうかと考える。自身にメール・ショービニズム意識はないか。おそらく、あると思う。できれば、そんな意識はない!と否定したいが、過去の経験を思い出すと、たしかに女性を見下したような態度を取ったことはあった。ある女性からは、それを指摘もされた。

2011-03-05 21:51:08
倉沢 繭樹 @mayuqix

差別意識は、その不公平性や不正義を、理屈で理解すればなくなるといったものではないと思う。もちろん、知識は必要だ。しかし、実生活の中で、現実の他者と触れ合う中で、不断に内省、修正を行わなければならない何かだ。今回の件で、改めて考えさせられたことである。

2011-03-05 22:02:14

コメント

倉沢 繭樹 @mayuqix 2011年3月6日
(付言)「差別意識」は個人の内面の問題なので、強引な介入は、それはそれで問題だと思う。だから、適切に修正することが大切だと考える。また、それを実際の言動に表すことを制止する教育、制度・対策が重要だ。
0