「脳を切る 悪魔の手術ロボトミー」医学界で未だその名を出すことさえタブー

まとめました。
158
NHKドキュメンタリー @nhk_docudocu

【23日夜】精神疾患患者の脳の一部を切除する手術「ロボトミー」はなぜ世界に広まったのか?ロボトミーの普及と改良に生涯を捧げ3500人の脳を切った神経科医を追い、その光と影に迫る! #フランケンシュタインの誘惑 nhk.or.jp/docudocu/progr…

2017-02-21 23:00:13
リンク NHKドキュメンタリー - フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿▽脳を切る 悪魔の手術ロボトミー NHKドキュメンタリー - フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿▽脳を切る 悪魔の手術ロボトミー 脳を切る 悪魔の手術ロボトミー 2 users 144
北村卓三 takumi kitamura @3tk

【スタート!】 #フランケンシュタインの誘惑 今日はロボトミーです! 精神医学と脳科学の最前線に触れる濃密な59分。ぜひご覧くださいm(__)m #NHK #BSプレミアム www4.nhk.or.jp/P3442/

2017-02-23 21:01:44
らな @mxlanas

ロボトミーって手術内容もさることながら『ロボ』とついていることに恐怖感があるんだよね #フランケンシュタインの誘惑

2017-02-23 14:21:00
あーたー王と円卓の騎士 @inosikabou

LOBO(前頭葉)TOMY(切る)というラテン語から命名。ロボットは関係ないのか。 #フランケンシュタインの誘惑 #nhkbsp

2017-02-23 21:14:48
よろづ屋TOM☆絵ネタはリツイートして戴くのが何よりのご褒美の夜行生物で御座る @yolozyaTOM

( ̄д ̄;)今夜のテーマは『ロボトミー手術』…SF映画の金字塔、猿の惑星にも登場したこの手法、あながちあの映画が公開された時代と無関係ではないのかも。 #フランケンシュタインの誘惑 #BSP

2017-02-23 21:05:51
あーたー王と円卓の騎士 @inosikabou

ぎゃあ表情がヤバい!まあ脳の機能を人為的に破壊してるのだから当然か。 #フランケンシュタインの誘惑 #nhkbsp

2017-02-23 21:02:21
みやほ @miyaho

ロボトミー殺人事件っていうのが日本ではありましたね。被害者が執刀医を恨んで医師の肉親を殺したという事件。 #フランケンシュタインの誘惑

2017-02-23 21:03:19
brasillach3(ブラジ) @brasillach3

とりあえず患者が最初に書いておくと 脳切ったらアカンと思っている医者が多すぎて困るわ。 #フランケンシュタインの誘惑

2017-02-23 21:03:22
あーたー王と円卓の騎士 @inosikabou

たまたま上手くいってしまった患者がいたからか。海馬がどうかしてたのかな、この患者は。 #フランケンシュタインの誘惑 #nhkbsp

2017-02-23 21:05:24
みやほ @miyaho

「精神外科」ってすごいワードだなぁ。 #フランケンシュタインの誘惑 / 精神外科 - Wikipedia ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE…

2017-02-23 21:05:48
刹多楡希 (Satta Yuki) @satta_snow_yuki

電気ショック療法って、映画フランケンシュタインの怪物の創造場面に似てる… #フランケンシュタインの誘惑

2017-02-23 21:10:47
刹多楡希 (Satta Yuki) @satta_snow_yuki

電気ショック療法って、映画1935年って、フランケンシュタインの花嫁が公開された年。 映画フランケンシュタインも、犯罪者の脳を移植されたから犯罪を犯す設定だし。 当時は、脳に異常があるのが一般的だったのか… #フランケンシュタインの誘惑

2017-02-23 21:14:30
めかれ @mekare_k

インスリン注射で気絶させるインスリンショック療法!マラリアにわざと感染させ、高熱で患者を大人しくさせるマラリア療法! パワー療法がどんどん出てくる #フランケンシュタインの誘惑

2017-02-23 21:12:24
y11xs @sidey01

マラリア療法なんて荒治療あったんだ #フランケンシュタインの誘惑

2017-02-23 21:09:48
苦味ンコポン @KUUMIN69

20世紀初めの精神疾患の治療法が「脳へ高電圧電流流す」「インスリン大量投与のショック療法」「マラリアに強制感染」とか恐ろし過ぎて((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル #フランケンシュタインの誘惑 #ロボトミー #nhkbsp タグ間違えてたので訂正;;

2017-02-23 21:13:48
みやほ @miyaho

第二次大戦を挿んだ医学史は闇が多すぎる。九大の生体解剖事件とか。でも、日本は戦時中の諸々で重罪になった医師は皆無なのよね。だいたい無罪か短期で釈放。ドイツは医者裁判で死刑も結構な数いた。 #フランケンシュタインの誘惑

2017-02-23 21:11:14
brasillach3(ブラジ) @brasillach3

なんか恐い という印象は受けるが医学は進んでいる。これは過去の話。 #フランケンシュタインの誘惑 pic.twitter.com/19mroXXCeF

2017-02-23 21:13:02
拡大
残りを読む(99)

コメント

コルク隊長 @madkoruku 2017年2月25日
マラリア・・・療法? わざわざ別の病気にさせる「治療」とは(ウゴゴ
0
ととっと @xyrLuoihI9vhuex 2017年2月25日
madkoruku それを管理してるかどうかが最大の違いではないかと。代替が無ければ当然選択肢に残りますよ。あと現代の医療では麻酔は普通に使われてるけど管理放棄し大量投与すれば当然そのままお亡くなりに。
17
コルク隊長 @madkoruku 2017年2月25日
xyrLuoihI9vhuex なるほど。そう言われてみると、手術自体も輸血などで管理しているけど刃物で切って出血させてるとも言えますしね。
8
マクガン @Makugan32 2017年2月25日
結局、こういう経験と結果があってこその、今の医療ですよね…
6
bluemonkshood @bluemonkshood 2017年2月25日
電気ショック療法は、現在全身麻酔下に行われていて、修正電気けいれん療法として、安全に行われているようになっています。20年前は、麻酔もしないで、患者さんのこめかみに通電して、けいれんおこして、へたすると骨折したり、舌をかんじゃったりする治療法だったらしいが。このあいだ、精神科医の先生がいろいろ語ってくれた、精神科の暗黒治療史みたい。
25
nekotama @nukotama001 2017年2月25日
当時は他に手がなかったとか聞いた。
2
ふうか @huurakahuuka 2017年2月25日
エガスはロボトミー開発の件でノーベル賞受賞してることに言及はあったのかしら?
9
bass_ikeda @bass_ikeda 2017年2月26日
タブーを呪詛的な禁忌の意で捉えると何かおどろおどろしい印象だが、実際は「治療の選択肢として考える医師はいない」くらいのニュアンスなのでは?
8
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年2月26日
例によってなんですが「医学界で未だその名を出すことさえタブー」って、いつ誰がどの文脈で言ってるの? ※一応検索しました
36
来瀬 @melancholyAF 2017年2月26日
ontheroadx 医学史をさらっと学ぶだけである程度知ることができるレベルだと思いますよね。わたしは大学の科学史で学んだときにはすでに知っていたように記憶しています。
7
COSY8SD @COSY8SD 2017年2月26日
しばらく前の脳の学会のシンポジウムで、脳腫瘍の特殊な摘出手術の発表をした先生がいて、腫瘍を全摘出すると足の運動障害が出る可能性がある症例で、後遺症が残らないギリギリまで切除するために(DTIなどで後遺症の残らない切除範囲を決めてから)、手術部位だけに部分麻酔をして、患者が意識がある状態で手術中微妙なポイントになると患者に足を動かすよう指示して、足が動いているのを確認しつつ、少しずつ患部を削っていく(続く)
13
COSY8SD @COSY8SD 2017年2月26日
、という手術をアメリカで共同でやっているという衝撃の内容で、ロボトミー手術よりひどい方法だなと思って聞いてたら、聴講していた脳外科の偉い先生が「人体実験じゃないか!」と批判をはじめてグダグダの時間になって、司会の某脳トレの先生がしどろもどろになっていた、という記憶がある。
14
トラ猫 @lugduname 2017年2月26日
マラリア療法が効いたのは梅毒からくる精神異常の患者だったらしい 梅毒の病原体は高熱に弱いので一掃されて症状が良くなるという(もちろん現代では使われない)
9
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年2月26日
ロボトミー手術と言えば、ジョン・F・ケネディの妹ローズマリーの悲しいエピソードが…
20
深井龍一郎 @rfukai 2017年2月26日
この当時の精神科医療って、なんの効果も得られないただの人体実験に近いものが山ほど繰り広げられてたわけで、一応効果があるように見えるロボトミーはそりゃ画期的方法だったのだよ。後の目から見れば調子こいて適応広げ過ぎて自滅したようにしか見えないけれど。
8
深井龍一郎 @rfukai 2017年2月26日
ontheroadx 番組中にコメンテーターとして出演していた精神科医の人がそれっぽいニュアンスのことを言って、司会のNHKアナがはっきり口に出して話を進行させるという流れだったような(なので「タブー」という単語はNHKアナしか言ってない)。
13
@yori_serious 2017年2月26日
今だってここがこうなってるから精神病っていう科学的根拠はないし……(セロトニンが云々は仮説)
0
新薬たん @ShinHiroi 2017年2月26日
エガス・モニスのノーベル賞講演はありますのでよろしければどうぞ。António Egas Moniz (1874–1955): Lobotomy pioneer and Nobel laureate:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4291941/
3
新薬たん @ShinHiroi 2017年2月26日
2016年に『A patient with schizophrenia presenting with post-lobotomy catatonia treated with olanzapine: a case report』が出ているのでタブーとまでは言えないのでは? https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27405248
5
新薬たん @ShinHiroi 2017年2月26日
何が言いたいかというと、『側頭葉てんかん』に対しての部分的な海馬切除術は今でも適応のある治療法なので、脳を切る治療を一まとめに悪魔だ、と批判することは治療者、患者双方にとってよろしくないことなのでは? ということです。 参考;内側側頭葉てんかんの診断と手術適応に関するガイドライン:http://square.umin.ac.jp/jes/pdf/mtlesurg.pdf
33
亜山 雪 @ayamasets 2017年2月26日
朝日少年少女理科年鑑だったかなあ、特集ページで覚えた。子供の頃は「ふーん」だったけど、今はいろいろ難しいことを考えてしまうね。
1
Escargot @Escargot__ 2017年2月26日
ブラックジャックを読んでこい。医者は神様じゃない。最初から治療法があるなら誰も苦労はしない
8
愚者@勇者部満開14不参加 @fool_0 2017年2月26日
そういやこれも禁忌の領域に属する脳治療(と言っていいのか疑問ですが)だったなあ……>https://togetter.com/li/798008
2
nekosencho @Neko_Sencho 2017年2月26日
脳を手術すること自体は現在も行われてるし技術もすすんできてるのだが、ロボトミー手術の場合は元になる脳研究自体もおおざっぱだったのに加えて手術法そのものも(番組とか見たならたぶん解説してたと思うけど)大胆というかてきとうというか……
8
マスクドとくがわ(ご注文はCOCOAですか?) @psymaris 2017年2月26日
脳手術自体は今も脳腫瘍とかでやられているわけだけど、ロボトミーがヤバかったのはとにかく適当だったことではないか?適当で人間の人格壊すなよ…
12
成瀬京太郎 @yuugekisen 2017年2月26日
マッドサイエンティストだな
0
ヘルヴォルト @hervort 2017年2月26日
精神外科も知識と経験をちゃんと蓄積できれば十二分にちゃんと効果のある医療になるだろう。問題はその知識と経験を蓄える方法が人体実験しかないってところだね。
11
undo(時は来た。それだけだ) @tolucky774 2017年2月26日
脳の部分切除そのものが問題なのではなく、その部分ほ切除(というかロボトミーは物理的に破壊だが)がどのような副作用があるのかわかってなかったこと、切除部分の機能が不可逆で、代替出来ないことが問題かなと。「失敗しちゃったてへぺろ」でも元に戻せない
7
undo(時は来た。それだけだ) @tolucky774 2017年2月26日
梅毒の治療でマラリア罹患させてたのは、当時は他に方法がなかったから。梅毒で精神症状が出るのは4期で、今は薬で治療するので3期以降もまれで、マラリアの罹患なんていうリスクの大きな治療法を使わなくてよくなった
1
とら@AHC @TIG0906 2017年2月26日
COSY8SD 覚醒下での脳手術は日本でもやっているのでは?
6
ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 2017年2月26日
さすがに今は見なくなったけど、二昔前は実際にロボトミー手術を受けた患者のCTを撮る機会もあったそうな。画像しか見たことないけど、どれほど雑な施術だったか、一目でわかる酷い代物だったよ。頭に穴開けて、棒突っ込んで、かき回すだけだもんな。
8
inu @inu1122 2017年2月26日
「なぜ効くかはわからないけど確かに効く」って治療は他にもあると思うけど、ロボトミーが異様なのは、脳を直接弄り、しかも関係ない部位までまとめて治療する杜撰さだよね。 でも何の知識もない時代に唯一その治療でなんとなく良くなる。という治療法があったら誰でも試すよね。過去をいくら責めても仕方ないと思う
15
小野阿久斗 @504timeout 2017年2月26日
将来、今の治療も「薬物で脳機能を不可逆的に変えてしまう悪魔の所業」とか言われてしまうんかな
17
わかばだい @wakabadaiad 2017年2月26日
これから発達障害者に対しても「治療」と称してこのようなずさんなことが行われないか心配だ…。
3
七七四未満六四以上 @zy773 2017年2月26日
COSY8SD 脳を部分麻酔の覚醒した状態でのオペって割りと行われてると思うのですが、特にその状況だと腫瘍を取り除きつつ麻痺を最小にするという合理的理由もありますし。
10
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2017年2月26日
504timeout iPS細胞で臓器単位の培養ができるようになったあとは「この時代には脳死移植と称して死にかけの人間を解体して臓器を摘出する恐るべき残虐行為が行われていた」とか言われるんじゃ
24
新薬たん @ShinHiroi 2017年2月26日
504timeout 可能性は十分にあります。デカルトの「我思うゆえに我あり」は、お酒でもそうなのですが、主張しづらい。「虐殺機関」や「ガンスリンガーガール」が評価されたのは、そういった描写が卓越していたからだと思います。
5
イエーガー@狩猟準備中 @Jaeger75 2017年2月26日
いわゆる、パワー系知障やパワー系基地外をおとなしくさせる有効な方法がこれ以外になかったから当時盛んに行われたんだよな。 元々対象者に生産性も求めておらず、人格権も認めていないから「ただおとなしくさせるだけなんだから殺してしまうよりは人道的だろう」って判断で大量に処置された。(というか、法的には殺すことも出来ないから、コミュケーションが成立せず何かの拍子に暴れだす基地外を延々飼って行かなければならない家族にとってはおとなしくなってくれるだけで救いだった)
26
ととっと @xyrLuoihI9vhuex 2017年2月26日
Dam_midorikawa これは普通にありそうな気がするなぁ。そしてなんか臓器密売とセットにして昔を殊更に叩く奴とかも生まれそうだ。
8
吉祥天 @sarutas2000 2017年2月26日
電気ショック療法でそれまでの記憶が全て飛んでしまって幼児から親とやり直した人知ってる。
0
taka @Vietnum 2017年2月26日
こんなんにノーベル賞を上げちゃうような審査基準は是正されたんかね?
0
亜山 雪 @ayamasets 2017年2月26日
「ゴールデンカムイ」のとある登場人物が戦争で額の骨と前頭葉を少々吹っ飛ばした、と言ってるけど、すっごくアグレッシブなおっさんだぜ。
0
ボンバーメン @booooooooomber 2017年2月26日
当時の基準では画期的だったんだろうし、後から問題が出たからって悪魔扱いはどうかなーって思う。 科学ってそういうもんなのに…
9
kartis56 @kartis56 2017年2月26日
こういう実験やらないと脳がどう機能してるか自体理解できない、そういう時代だからノーベル賞出たわけで。その前は漢方や錬金術みたいなもっとあやふやな「原理」で医療やってたわけだから… いまだにフロイト持ち出す人もいるし、そういうところはさして進歩してないし、進歩させるのがなかなか難しい分野
11
パトニキ @jeykhawk001 2017年2月26日
日本でロボトミーといえば、昭和54年に起きた元スポーツライターの起こした殺人事件も有名だな。それなりに有能だったスポーツライターが、医者の適当な診察により半ば無理やりロボトミー手術を施され、それにより生きる気力を失った元ライターが、施術した医者の家族を殺してしまう、という事件。詳しく知りたいなら「ロボトミー殺人事件」で検索するといい。おすすめは「無限回廊」ってHPかな。
2
舶匝(はくそう @online_cheker) @online_checker 2017年2月26日
史上最悪のノーベル賞 ロボトミー手術の光と影http://logmi.jp/107575 ノーベル賞の御旗に群がる白衣……既視感 #HPVワクチン
0
毛海王⋈ @masu_ooyama 2017年2月26日
中国あたりだと今でも死刑囚使ったりしてこういう実験続けていそうだ
0
天たくる @ten_tacle 2017年2月26日
rfukai NHKのアナウンサーが勝手に言ったってだけなのですね。このタイトルだとまるで医学界が闇に葬ろうとしているみたいで酷い風評被害のような。
3
天たくる @ten_tacle 2017年2月26日
ロボトミー手術は高校の保健体育だか理科だかで普通に習ったと思う。で、しばらくの間何かある度に「ロボトミーしてやる!」てのがクラスで流行った(まあ十代のガキですから・・・)。
3
ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 2017年2月26日
まだサーバから掘り起こしてないんだけど、エガス・モニスがノーベル医学賞を受賞して、元患者から銃撃されて半身不随になって、死後も受賞取り消しを求める運動が続いてるって顛末には言及されとったのだろうか。インガオホーという言葉が、これほど似合うエピソードもないよな。
7
わかばだい @wakabadaiad 2017年2月26日
Dam_midorikawa もし血液を人工的に作り出せるようになったら、「昔は生きた人間から抜き取った血を輸血するという『残酷な医療』が行われていた」と言われるのでは?
6
kaj @Kentaur333q 2017年2月27日
どなたかローズマリー・ケネディに触れていたが、ジョン・F・ケネディの妹でロボトミー手術を受けた女性。ラ・ラ・ランドの女優がこの役で映画を撮るらしい。ハリウッドのトランプ政権に対する抵抗?
1
やまぷぷ @ヒモロギャーは俺の根菜 @yamapupupu 2017年2月27日
地獄への道は善意で舗装されている、って言葉を思い出す
3
undo(時は来た。それだけだ) @tolucky774 2017年2月27日
しかし海馬まで破壊するってどうやったのという疑問が。前頭葉は脳の前方にあるから眼窩からアクセスしやすいのはわかるんだけど、海馬はそうじゃないのに
0
zaqron @zaqron 2017年2月27日
銀英伝でしか見たこと無い
0
こんたん @kontan8823 2017年2月27日
シドニィ・シェルダンの「ゲームの達人」で初めて知った。元ネタがケネディの妹だと知ったのは、その後。
0
ざっぷ @zap3 2017年2月27日
これば術式そのものの問題も大きかったけど、流行ったことによるいい加減な施術による害も多かった話なのだ(レーシックにおいても起きた不誠実/不衛生による後遺症とかと同類)。前者ばかり注目して後者を忘れてもいかんのだー
5
ぉざせぃ @hijirhy 2017年2月27日
tolucky774 海馬切除は、コメ欄でも言及してる人がいるけど転換の治療で、ロボトミーとは別の話。ロボトミーメインの番組ではあったけど、他の脳手術の黒歴史ともいえる部分とそれによって脳の研究が進んだって話も取り上げていたのです。
3
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2017年2月27日
『脳を切る 悪魔の手術ロボトミー』 シレッと川柳みたいに五・七・五でまとめやがって…。 #嫉妬
1
undo(時は来た。それだけだ) @tolucky774 2017年2月27日
hijirhy ありがとうございます。読み落としてました。しかし海馬なんて切りづらいところをわざわざ切らなくてもとは思いました。医学の貢献にはなったけど、切られた人が気の毒すぎて
1
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年2月28日
ちょっと前に「電気ショックでホモをノンケに治療する」とかいうまとめもありましたな。リアル「快楽の座」
0
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年2月28日
内視鏡技術が飛躍的に発展した現在では「ブラックジャックみたいに切り刻んてたんだぜ」って感覚だけど、更に推し進められて「切る外科医」が別枠扱いになるかも。
1
BLACK @BlackBlack0013 2017年3月1日
なんだっけ「サッカーパンチ」だっけ? ハリウッド版セーラームーンみたいな。ああくそ、タイトルが思い出せない。
0
ナノセコンド⭐️GISH @nanosecond0 2017年3月2日
エンジェルウォーズ(邦題)サッカーパンチ。
0
ヴァラドール @_Vorador_ 2017年3月3日
脳の研究自体をタブーにしてはいけないよな…… 精神科も脳のはたらきを見て診断できるようになればいいのに
0