ご当地キャラは目的ではなく手段!目的を設定してプロジェクトを進める方法

キャラクターはデザイン。そしてデザインは目的ではなく手段。目的を設定してプロジェクトを進める方法(ご当地キャラクター編)を茨城県古河市非公認ご当地キャラ・こがにゃんこ運営が解説します。
5
Miroc Kodachi / スタートアップのUI/UXデザイナー @miroc007

みんなキャラクター運営っていうと「人がきた」「フォロワーが増えた」「コラボイベントが決まった」という結果からそれを導いた営業手法を知りたいのだとおもう。これって結構危険で、達成したかった目標を見失いがちになるので、目標を定めてそこに必要な要素、戦略を考えると良いですよー

2017-03-09 13:08:35
Miroc Kodachi / スタートアップのUI/UXデザイナー @miroc007

まず大前提なのですが、私は他のキャラクター運営の手法を否定していません。ご当地キャラ、ましてやインディーズのキャラは運営者の熱い地元愛で誕生し、運営者の「楽しい!」が前提であることもあります。これは否定しません。運営は楽しい方がいいよ!#みろくのキャラ運営

2017-03-09 20:37:46
Miroc Kodachi / スタートアップのUI/UXデザイナー @miroc007

私はキャラを制作するにあたり、マーケティングやビジュアルデザインを設計するのが楽しいと感じるタイプです。こがにゃんこの運営が私の「たのしいキャラクター運営」にあたるのです。わーい。#みろくのキャラ運営

2017-03-09 20:39:23
Miroc Kodachi / スタートアップのUI/UXデザイナー @miroc007

例えばよく「街が元気がない、だから街を元気にしたい」という動機と目標がありますが、街が元気がないという状況は詳細にいうとどういう状況でしょうか?市民数の減少?若者が出ていってしまう?街のイベントが少ない?お店がなく集えるところがない?? #みろくのキャラ運営

2017-03-09 20:47:55
Miroc Kodachi / スタートアップのUI/UXデザイナー @miroc007

まずは街にどのような課題があるか状況を把握して、達成すべき目的を明らかにしていくことが大事です。ゴールがうやむやだったら走りきれませんからね!ゴールテープの設定場所を決めましょう!以前の発表の資料です。これは一例ですが本当に様々な課題があります。#みろくのキャラ運営 pic.twitter.com/SGDfBwmVxp

2017-03-09 20:50:29
拡大
Miroc Kodachi / スタートアップのUI/UXデザイナー @miroc007

こちらの資料はだいぶ前の資料ですが、、、「こがにゃんこ作者の歴史をテーマにしたキャラクターの作り方」slideshare.net/mirockodachi/s… の1枚です。ご興味があればぜひー。歴史キャラにフォーカスをあててた資料です。#みろくのキャラ運営

2017-03-09 20:51:36
Miroc Kodachi / スタートアップのUI/UXデザイナー @miroc007

古河はかつて城下町であり、とても情緒ある街です。桃と花火大会は観光客がきますが、通年観光客が少ないです。そして地元の方が地元の歴史に疎く、誇りを持ってないことに衝撃を覚えました。どんなに素敵でも伝えるということを怠れば、それはただ空気のように扱われるんです。 #みろくのキャラ運営 pic.twitter.com/69flCAM2kE

2017-03-09 20:58:02
拡大
拡大
拡大
拡大
Miroc Kodachi / スタートアップのUI/UXデザイナー @miroc007

ちなみに観光客の数などは自治体の報告レポートを見ると良いです。どういう動きをしているか参考になりますよ!茨城はこちら■茨城の観光レクリエ-ション現況 (平成 26 年観光客動態調査報告) →pref.ibaraki.jp/shokorodo/kanb… #みろくのキャラ運営

2017-03-09 20:59:59
Miroc Kodachi / スタートアップのUI/UXデザイナー @miroc007

こがにゃんこはこのようなミッションを持っています。達成後の状況は下の丸3つ。もちろん、現在は人口減少で自治体は移住者を取り合っています。移住者を増やすでもいいかもしれませんが、こがにゃんこは「年1で遊びに行きたい街」がイメージにあります #みろくのキャラ運営 pic.twitter.com/vkSOvnrXdv

2017-03-09 21:12:22
拡大
Miroc Kodachi / スタートアップのUI/UXデザイナー @miroc007

平たくいうと、こがにゃんこのコピーになってる「古河のいいとこ教えるにゃん」ですね。いいところを伝えたい、だからわかりやすいキャラクターを使ってご当地キャラ展開をしていくという作戦です! #みろくのキャラ運営 pic.twitter.com/QDQESVLDvZ

2017-03-09 21:16:41
拡大
拡大
拡大
拡大
Miroc Kodachi / スタートアップのUI/UXデザイナー @miroc007

ちなみにこちらの資料は以前公演した「見えない城下町に聖地を作ろう -古河駅西口地区のこがにゃんこ聖地活用-」slideshare.net/mirockodachi/s… の一節です。この資料の前後が知りたい方はどうぞ。100枚越えの超大作なので注意です!笑 #みろくのキャラ運営

2017-03-09 21:18:04
Miroc Kodachi / スタートアップのUI/UXデザイナー @miroc007

さて、目的/目標、そして達成するための手段は「ご当地キャラ」に決まりました。ここから目標達成のための戦略を細分化します。キャラは目的ではなく、あくまで手段。デザインは問題解決のための手段です。 #みろくのキャラ運営

2017-03-09 21:20:51
Miroc Kodachi / スタートアップのUI/UXデザイナー @miroc007

ミッションを達成するために、どのような事柄を達成したいか考えていきます。注意しなくてはいけないのは「どーんと全国のみんなに愛してもらう!」と大きな夢を掲げるのではなく、達成するために小さな目標を作っていきます。添付画像はあくまで一例です。 #みろくのキャラ運営 pic.twitter.com/mVVdAPQztg

2017-03-09 21:59:18
拡大
Miroc Kodachi / スタートアップのUI/UXデザイナー @miroc007

ミッション達成のための事柄をプチ目標としましょう。このプチ目標を達成するには何を行うか考えていきます。(画像はあくまで一例です)ここで初めて、地元の人に知ってもらいたいからDMを作るとか、SNSの写真を綺麗にするとか「手段」が出てきました。 #みろくのキャラ運営 pic.twitter.com/WdiA8vQXz2

2017-03-09 22:08:44
拡大
Miroc Kodachi / スタートアップのUI/UXデザイナー @miroc007

実際にはもっとたくさんのプチ目標、達成しなければならない事柄が複数あったりするのですがまずはシンプルに問題解決を繰り返してミッションを達成するというのが大事です。 #みろくのキャラ運営

2017-03-09 22:09:44
Miroc Kodachi / スタートアップのUI/UXデザイナー @miroc007

ミッション/目的達成のためにどんな方法を行うか決定し、営業方法を考えていくことが大事だと思っています。なので、営業は目的ではなく手段なのです。もちろん、手段を選ぶには知識がないといけませんので来る日のためにいろいろな手法や戦略を情報収集するのは重要ですぞ! #みろくのキャラ運営

2017-03-09 22:13:08
Miroc Kodachi / スタートアップのUI/UXデザイナー @miroc007

というわけで今夜は「目的を設定して、プロジェクトを進める方法(ご当地キャラクター編)」でしたー。参考になる図書は「世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく」amzn.to/2nikq7h とかおすすめです!#みろくのキャラ運営

2017-03-09 22:17:00

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?