聖金曜日(Karfreitag) に思う。

中学時代に聞き知ったミュージカル「ジーザス・クライスト・スーパースター」のこと、ユダのこと、太宰治の「ダス・ゲマイネ」のことを思いながら、書いてみました。 これから、ちょっと遠くの教会にいってみます。
1
Leo&Max@ドイツ(イベント未定) @leoundmax

昨日ちょうど、ジーザス(ミュージカルね)のこと思い出していた。あの最後の晩餐の演出ってどうよ。みたいなこと。私は子供だったから、ステージとか一人で行けなくて、映画とレコードだけだったけど、級友は本場のアメリカでステージ見てて「やっぱり、OX版が最高」って。演出比較とか今は動画で。 twitter.com/hyoroWien/stat…

2017-04-14 20:49:57
Leo&Max@ドイツ(イベント未定) @leoundmax

今更なのだけど。聖書をちゃんと読んでいなかったことに気がつく。最後の晩餐の前後のこと。足を洗うとか、この中に裏切り者がいるとか、パンとワインを祝福してみんなで食べる、というひとつひとつのエピソードが一人歩きしていて、順番とか頭でごっちゃになってる。ユダの存在がやっぱり大きい。

2017-04-14 20:51:33
Leo&Max@ドイツ(イベント未定) @leoundmax

15歳のとき太宰にはまったときに、奥野健男の評論の影響をすごく受けた。およそ文芸評論なんてジャンルは知らない時代だが、新潮文庫のあとがきでその文に出会い、これはすごい!と、本気で思っていた。あとで、桜桃忌のこととか、奥野のこととかいろいろ聞かされたけど。

2017-04-14 20:53:31
Leo&Max@ドイツ(イベント未定) @leoundmax

いずれにしても15歳の時点では、奥野の評するような太宰にすごくはまっていた。とくに「ダス・ゲマイネ」という作品が好きで、ラジオ劇仕立てで朗読テープを作ったりしていた。その選曲でやはり「ジーザス」は多用したのだけど。あとで、大学生になってリメイクした音源は今も持っている(はず)

2017-04-14 20:55:55
Leo&Max@ドイツ(イベント未定) @leoundmax

リメイクしたときに、選曲を少し変えた。15歳から19歳の間に、知った新しい曲をいれたのだと思う。ただ、基本的にユダの自殺の場面の音楽は、佐野じろが走りながら電車に飛び込んでしまう場面に欠かせない演出で。ユダも、佐野じろも「自殺」ではないと私は思っている。

2017-04-14 20:57:40
Leo&Max@ドイツ(イベント未定) @leoundmax

リメイクしたときに、選曲を少し変えた。15歳から19歳の間に、知った新しい曲をいれたのだと思う。ただ、基本的にユダの自殺の場面の音楽は、佐野じろが走りながら電車に飛び込んでしまう場面に欠かせない演出で。ユダも、佐野じろも「自殺」ではないと私は思っている。

2017-04-14 20:57:40
Leo&Max@ドイツ(イベント未定) @leoundmax

死に向かって駆り立てられた。というのだろうか。本人は「死」に向かっているとは思っていなかったのではないか。というような。奥野は太宰を評して「負の十字架」というような表現を使ったが、そもそもイエスの十字架というのが、「負」の価値観によるものだと思う。

2017-04-14 20:59:05
Leo&Max@ドイツ(イベント未定) @leoundmax

本来のキリスト教(西欧文化に取り込まれる以前の)は、迫害されたり、社会的に低い身分の人たちに寄り添ったもので、為政者からは疎まれていたものだった。だから、十字架刑という最悪な刑罰になったのだから。そこですでにマイナス(負)なのだ。

2017-04-14 21:00:49
Leo&Max@ドイツ(イベント未定) @leoundmax

本来のキリスト教(西欧文化に取り込まれる以前の)は、迫害されたり、社会的に低い身分の人たちに寄り添ったもので、為政者からは疎まれていたものだった。だから、十字架刑という最悪な刑罰になったのだから。そこですでにマイナス(負)なのだ。

2017-04-14 21:00:49
Leo&Max@ドイツ(イベント未定) @leoundmax

弱者によりそい、それでいて、権力とは戦わない(右の頬を、、、)、ゆるし、なんて言っていいのか。目には目をじゃなくて、やられっぱなしじゃないか。負けるが勝ちって。これはある意味で危険な宗教で、結局、この世で負けても最後には天国があるさ、となると非常に厭世的にもなりえる。

2017-04-14 21:03:03
Leo&Max@ドイツ(イベント未定) @leoundmax

今は、キリスト教というと西欧文化に取り込まれ、権力と結びついた教会の体制や信仰の明文化(教義、カテキズム)と結びついてしまって、本来の弱者の部分が「ちょっと余裕のある人の博愛主義」みたいになっているけど、多用な解釈ができる日本の風土では、やはりユダに対する興味が圧倒的に強い。

2017-04-14 21:05:14
Leo&Max@ドイツ(イベント未定) @leoundmax

毎年この時期(四旬節、聖週間、とくに受難の金曜日)に思うけれど、本当にイエスはユダに向かって「生まれてこない方が良かった」なんて言ったのかな、と。生まれてこないほうが良かった人間が一人でもいるって認めたら、自分もそうだ、と思う人が続々と出てくるのは必然じゃないか。

2017-04-14 21:07:19
Leo&Max@ドイツ(イベント未定) @leoundmax

いくら教義で「自殺はいけない」と教え込んでも、「あなたは生まれてこないほうがよかった」なんて言われた日には、じゃ、どうやって生き続けろっていうんだよ。と反発する。過去の行いはどうあれ「あなたが生きていてくれて本当に嬉しい」と私は思いたい。そして、生きていていいんだと言われたい。

2017-04-14 21:09:40
Leo&Max@ドイツ(イベント未定) @leoundmax

ユダのことを思いながら、さのじろのことも、ちょっと思い出しながら、聖金曜日をすごしている。

2017-04-14 21:10:19

コメント

Leo&Max@ドイツからシノノメ押し @leoundmax 2017年4月15日
まとめてみました。聖金曜日の午後に。
0
Leo&Max@ドイツからシノノメ押し @leoundmax 2017年5月2日
お知らせで100を超えたというから来てみました。復活の主日は今年は3月16日でした。週末は綺麗な三日月がでていた。あと3週間で昇天祭。ベネチアでは船を使った大掛かりな祭りがあったとバロック絵画が語る。そして、聖霊降臨、聖体祭(今年は6月15日)をもって、通常の週日にもどる。
0