氷室冴子は「ライトノベル作家」か

「氷室冴子青春文学賞(仮)」の創設について言及したツイートの中に「ライトノベル作家の名前が冠された初めての文学賞」という表現があったことをめぐって、様々な反応がありました。
ライトノベル
srpglove 6732view 37コメント
18
ログインして広告を非表示にする
  • 海がきこえる

    氷室 冴子

  • リンク Wikipedia 2 氷室冴子 氷室 冴子(ひむろ さえこ、本名:碓井 小恵子(うすい さえこ)、1957年1月11日 - 2008年6月6日)は、日本の小説家。1980年代から1990年代にかけて集英社コバルト文庫を代表する看板作家であり、かつては正本ノン、久美沙織、田中雅美とあわせてコバルト四天王と呼ばれていた。北海道岩見沢市出身。北海道岩見沢東高等学校を経て藤女子大学文学部国文学科へ進学。当時の知的流行であっ..
  • 「氷室 冴子(ひむろ さえこ、本名:碓井 小恵子(うすい さえこ)、1957年1月11日 - 2008年6月6日)は、日本の小説家。1980年代から1990年代にかけて集英社コバルト文庫を代表する看板作家であり、かつては正本ノン、久美沙織、田中雅美とあわせてコバルト四天王と呼ばれていた[1]。」

  • リンク this.kiji.is 101 24 users 「氷室冴子文学賞」創設へ 岩見沢 有志ら青春テーマ全国公募 - 北海道新聞 | どうしんウェブ 氷室冴子さん 【岩見沢】市内出身の小説家氷室冴子さん(1957~2008年)の作品を顕彰し、将来の小説家を発掘するため、市立図書館や市民有志らで実行委(木村聡委員長)をつくり、「氷室冴子青春文学賞(仮)」を創設する。インターネット小説投稿サ...
  • nakatsu_s @nakatsu_s 2017-04-20 18:11:51
    「ライトノベル作家の名前が冠された初めての文学賞」ということになるのかな。とても意義深いと思うし、良作が出てきて欲しい。 / “「氷室冴子文学賞」創設へ 岩見沢 有志ら青春テーマ全国公募 - 北海道新聞 | どうしんウェブ” htn.to/BbPvZq
  • nakatsu_s @nakatsu_s 2017-04-20 18:15:26
    個人的には、学生部門を作るのはどうかなぁという気はしています。まぁこれは私の好悪もあるんですが、「小説は、著者の年齢で良さが決まるわけではない」し、子供と大人が勝負できる文化だし、ぜひ才能ある若い人はぜひ一般に送ってほしい。
  • nakatsu_s @nakatsu_s 2017-04-20 18:19:42
    「氷室冴子文学賞」に一つ提案なんですが、審査員に元コバルト文庫編集長(現在は退職されたはず)の田村弥生さんを起用をアドバイスします。退職したラノベ名編集長をもっと起用すべきだと私は強く強く思っています(ソノラマの石井編集長なども)
  • nakatsu_s @nakatsu_s 2017-04-20 18:34:20
    「氷室冴子文学賞」か。今日一日、色々と大変で(まだ打ち合わせあるけど)、その前にとんでもないグッドニュース、おそらくライトノベル史に残るであろう良いニュースを知ることができたので、すごく心が清々しくなってきた。本当に良かったよ。運営、苦労するだろうけど頑張って欲しい。
  • nakatsu_s @nakatsu_s 2017-04-20 18:39:43
    私は氷室冴子さんを全作読んでいるような良い読者ではないけれども、氷室冴子さんに憧れる女性作家や女性編集が語る圧倒的な熱量を知っているんで……。本当に未読の方はぜひぜひ読んで下さい! / “【氷室冴子】代表作まとめ - NAVER…” htn.to/v6SpJCw

  • 桜木 萌 @moe339 2017-04-20 18:18:01
    @gak_t12 氷室さんがライトノベルなのかどーかはちょっと疑問なとこもありますけど、お名前を冠する賞が出来るのは凄いですよね。
  • minokiti @minokiti 2017-04-20 19:37:15
    昔のコバルトはラノベなのか?少女小説だとは思うけど、ラノベとは違ってない?気のせい??昔コバルト愛が強すぎるせい?
  • ににぎ @ninigi 2017-04-20 20:13:33
    氷室先生ってラノベ作家なの?? 氷室先生がラノベ作家なら、コバルト作家は全員ラノベ作家ということに(暴論 →RT
  • 有倖@ケガ漫画ピク上げ中 @kanazawaura 2017-04-20 23:23:36
    @ninigi  す、すみません……とりあえず、ラノベ作家のつもりで日々頑張っています……だ、駄目ですか……(;´Д`)
  • ににぎ @ninigi 2017-04-20 23:48:30
    @kanazawaura いえいえ……否定をしてるわけじゃないんですが、なんというか、氷室先生がラノベ作家という括りになっていることがどうなのかなぁと。コバルトと双璧をなしたソノラマ作家の菊地先生の名前が冠されている賞ができたら、ラノベの賞のくくりになるのかな?というような気持ちになっているわけです、ハイ
  • 有倖@ケガ漫画ピク上げ中 @kanazawaura 2017-04-20 23:54:08
    @ninigi  た、たしかに……菊池先生……うーんそう考えてしまうと悩んでしまいますね。個人的なんですが、氷室冴子先生をラノベの神様のように崇めていて同じレーベルから本を出してみたいと願っていたので、やっぱりラノベの先生でいて欲しいと願ってしまう我が儘もあります……;
  • ににぎ @ninigi 2017-04-20 23:57:33
    @kanazawaura まぁ……久美先生もどうでもいいかなみたいなこと仰ってましたしw ジャンル分け好きね……と。もうYAでひとまとめでいいじゃんとか思ったりしているのですが(これも暴論)。 ただ書店におかれるとき棚が違うので、そこが問題でしょうか。
  • みみずく @mmzk_s 2017-04-20 20:22:21
    氷室冴子さんは、ラノベ作家というより少女小説家ですからね? ま、これは狭義の話。 (しぎ)
  • みみずく @mmzk_s 2017-04-21 00:50:32
    @srpglove ジャンルの定義というのは、究極的には(実際のであったり想定のであったりしますが)読者層に拠るんですけれども、現在「ライトノベル」と呼ばれている作品群と、当時の「少女小説」が対象としていた読者層が、ややズレていることが違和感の原因かなと。(しぎ)
  • みみずく @mmzk_s 2017-04-21 01:09:10
    まぁ、読者がラノベ作家だと見なせばラノベ作家というのが一番簡単。氷室冴子さんの場合も、ラノベ作家と見なさない人が多いなら、ラノベ作家ではない。私小説と随筆の差みたいなものでしょう。 (しぎ)
  • まこと@ぼっち狼(終活) @ShinoMako_LG 2017-04-20 20:50:51
    氷室冴子、「ライトノベル作家」の扱いなの……?
  • 直江アロマ@5/5一般 @AromaVF25 2017-04-20 21:15:59
    氷室さんはジャパネスクを読んだことがあるなぁ。 あんまりラノベのイメージはないな… ジュヴナイルってラノベなんか

コメント

  • キト @saikoro610 5日前
    ラノベであり少女小説でもあるで良いのでは。「ラノベは手法」という言説は一体どんな手法を指しているのでしょう? ラノベの多岐における作品群において、統一された手法が存在するとは思えませんが。また、「軽く読めないしっかりした小説」の方は論外であり、完全にラノベ蔑視でしかありませんね。
  • 08_Reader @08_Reader 5日前
    ライトノベルっていうのは色々なジャンルや分類を横断するカテゴリなんだから、少女小説も女性向けラノベでしょう。
  • 黒田クロ @kurotoya 5日前
    『あなたがそうだと思うものがライトノベルです。ただし、他人の同意を得られるとは限りません。』案件である。
  • 調整豆乳 @10new3 4日前
    定義はレーベルじゃなかったっけ?
  • amamori @rainywoods2001 4日前
    クララ白書をちょこっと読んだだけだけど、主人公が元祖少女小説家である吉屋信子の熱心な読者という設定だったので、氷室さん本人は、少女小説と言われると一番嬉しいのかも。
  • 権中納言明淳 @mtoaki 4日前
    ライトノベル作家の名前を冠したのは山田風太郎賞が先じゃないの。
  • キト @saikoro610 4日前
    こういうのって、「ラノベは低俗なものである」という偏見があって、だから「一緒にされたくない」ということなのでしょうか? 敢えて「ラノベではない」と発言する動機には他に何かあるのでしょうか。
  • いかれるまぐろうさぎ @miruna 4日前
    精霊ルビス伝説と小説ドラゴンクエストIVと小説ドラゴンクエストVと小説MOTHERの久美沙織で公募から日日日(個人的に嫌い)をピックアップした久美沙織がライトノベルじゃないとか何言ってるんですかねこの馬鹿。挙げた小説はどれもジャンル少女小説ですらないですが。
  • いかれるまぐろうさぎ @miruna 4日前
    90年代のライトノベルを語る時RPGの影響下のファンタジー小説群を語る時久美沙織を外せると思える神経が理解できない。電撃ゲーム文庫がTRPG以外のゲームのノベライズを取り扱っていたって事すらわかってなさそう。
  • ぉざせぃ @hijirhy 4日前
    ラノベの定義によるとしか言えないのでは。前にTMネットワークが「ユニット」って言われたときに小室哲哉が「当時はそういう言葉は無かった。けど、今で言えばそうですね」って言ってたのを思い出した。
  • 健全 @srpglove 4日前
    まとめを更新しました。
  • 古橋 @FuruhasiYuu 4日前
    ラノベの定義によるんだけど、ラノベ作家って言われたときに「…ん?」ってなる確率の高い作家ではあるよねw ラノベって言葉が生まれる前、生まれた後、現在を経験してる人はだいたいそういう反応すると思う。 個人的には氷室冴子を「ラノベ作家」と表現することにセンス無いとは思う。「少女小説作家」って言ったほうが的確って言う意味で、ね。
  • Amts @amts1 4日前
    ラノベって言葉に異常に忌避感を覚えちゃうのは黎明期を覚えてるか最近のしか知らないかどっちかじゃないの。「ライトノベル」の中には色んな作品が存在するよ
  • Etsu @MetaboNekomata 4日前
    東京にも、旧東京市だけ東京扱いするか、離島部以外の東京都全部を含むのかに似ている。氷室さん全盛期のコバルトは府中市辺りかと。
  • Etsu @MetaboNekomata 4日前
    往年のジュニア小説=ラノベとは言えないけど、周辺にあるジャンルだからラノベ扱いする考えの人も否定できない。
  • bun @bun3559 4日前
    SF要素がないとラノベじゃないのですか?自分はリアルタイムで氷室冴子を読んでいた世代ですが、キャラ設定や描写が漫画的で、まさにいまでいうラノベだと思ったんですけどねえ。クララ白書なんか特にそう。当時は少女小説、いまラノベでもいいんじゃないんでしょうか。
  • CD @cleardice 4日前
    好きなように分類して「~はラノベ」とするのは良いんだけど、その上で「ラノベとして初!」とかいう煽りをつけると他の人間が好きなように分類した「ラノベ」から反例を持って来れちゃうから泥沼になるんだよね。
  • あきんこ@横浜 @akinko_ykhm 4日前
    コバルト・ソノラマ全盛期を通ってきた私にとっては氷室さんは少女小説家、ジュブナイル作家の認識だなあ。碧の迷宮も銀金も結末を知りたいと今も思う。
  • Shun Fukuzawa @yukichi 4日前
    http://www.sairyusha.co.jp/bd/isbn978-4-7791-2275-0.html これだと、ラノベ前史みたいな扱い。(ステマ)
  • くすき @kusuki_xx 4日前
    分類分けがよくわからない。「ライトノベル」というイメージが人によって違うというのがまた混乱の元のような… 小・中・高くらいの年齢層が読む(読みやすい)小説かな?という私なりの勝手なイメージ。 なので時代によって呼び方が変わっただけで、少女小説もライトノベルも同じでは?という感じなんですが。
  • Piichan @piichan 4日前
    少女小説は歴史が長いだけあってライトノベルの下位ジャンルに位置づけられていることに対する少女小説ファンの不満は大きいと思う。一般小説→少女小説だったのが一般小説→ライトノベル→少女小説なわけだし。
  • Piichan @piichan 4日前
    saikoro610 少女小説は児童小説と並ぶジャンルであってほしいという願望があると思います。少女小説と児童小説は権威主義、ライトノベルは反権威というイメージです。
  • METHIE @METHIE34 4日前
    >少女小説と児童小説は権威主義、ライトノベルは反権威というイメージです。 児童文学がライトノベル化していることはどう説明するんだろう。
  • mash@同人はちょっと休む @pipechair 4日前
    ライトノベルの明確な定義があるのかと問われるとなー、ライトノベルのレーベルから出てりゃライトノベルだろ、みたいなトートロジーになりかねない。 娯楽小説の一派でしかないし、それ以上の意味づけを求める必要性も余り感じない。
  • METHIE @METHIE34 4日前
    ライトノベルの定義とは「私が、貴方が、誰かが、ライトノベルだと思ったもの」だと思うので認められるかどうかは別としてそう認める人がいるのですから。
  • Piichan @piichan 4日前
    METHIE34 児童小説のラノベ化は、ライトノベルのようなイラストの採用や、エンタテインメント性重視というイメージがあります。児童小説の権威主義とは顧客が学校や図書館がほとんどであり大人によろこばれるような編集方針になりがちなのではないかということです。
  • 病院坂黒猫 @I_love_alone 4日前
    個人的には赤毛のアンが内でディケンズが外のイメージ。モンゴメリは子供でも楽しめるけど、大人が読んでもびっくりするくらい表現力が豊か。
  • mmmmmtttt37 @mmmmmtttt37 3日前
    「なるのかな」って緩く語ってるだけで、別に断言してるとかじゃないじゃん。
  • 権中納言明淳 @mtoaki 3日前
    pipechair その上昔のレーベルもライトノベルレーベル認定してるから、娯楽小説全般がライトノベル認定されるに至ってしまった。
  • nekosencho @Neko_Sencho 3日前
    「ライトノベル」の分類がなかったころの活躍がメインだろうからねえ。 清少納言を平安のエッセイストとか最古のブロガーとかいうのと同じようなもので、キャッチフレーズ程度までならありとは思うけど、本気でそう分類したらマヌケだと思う
  • ヾ(zxcv)ノ @zxcvdayo 3日前
    むしろ拡散しすぎて「あなたが(ry」としか言えなくなった今のライトノベルより、「命名者の当時の意図」にはっきりとあてはまっていて自信をもってライトノベルと言える数少ない例な気もするけど
  • ヾ(zxcv)ノ @zxcvdayo 3日前
    ライトノベル側から見て、それらを分類するために当該用語が誕生したという経緯をもってしてライトノベルから外すのはありえないと思うし、一方、氷室冴子側から見て、ライトノベルよりふさわしい分類があるのでは?という疑問は当然両立する
  • ヾ(zxcv)ノ @zxcvdayo 3日前
    ライトノベルかつ○○といくらでも両立しうるのにそこでライトノベル「ではない」と断定してしまったら争いになるしかないわなあ
  • 健全 @srpglove 3日前
    まとめを更新しました。
  • 宇 宙@ら。んたん @space_in_space 1日前
    そもそも、ライトノベルという言葉を初めに言った人が、「コバルト・ソノラマ系」を呼ぶために作ったのだから、(今は時代とともに指すものが変わったかもしれないが)当時のコバルトがライトノベルと呼ばれていたのは間違いない、https://togetter.com/li/331517
  • 宇 宙@ら。んたん @space_in_space 1日前
    そして、「当時はライトノベルという言葉はできていなかったからおかしい!」という人。それを指す言葉は後から作られるんだよ?  「日本文化という単語ができる前は日本文化ではない!」違うだろ、後世日本文化と呼ばれるようになるものが日本文化と名付けられたのだ。同じく、当時のコバルト文庫がライトノベルと名付けられたのだ。
  • くすき @kusuki_xx 1日前
    kusuki_xx 自分で「小・中・高くらいの年齢層が読む(読みやすい)小説」と書いておきながらなんだけど、市販されているライトノベルって値段が子供向けではないよね。もはや「大人のための小説」と言っても過言ではないのでは? 発行から時間が経てば文庫版の価格を抑えた物が出版されるとはいえ、新刊で1,000円越えでは子供向けとはとてもとても…
アプリならコメントをいいね順で見られます。

カテゴリーからまとめを探す

「雑談」に関連するカテゴリー