10周年のSPコンテンツ!

レッドブルエアレースも近いし、どんな感じに普段とっているかつらつら

レッドブルエアレースも近いので、参考になるかわからないですが、適当に普段どんな風にレシプロ機を撮っているか、メモ代わりに あと、カメラのファインダーを覗いているときは普段よりも図々しくなりがちなので、周りの人に気を付けて来年もみんなで楽しく楽しめるようにできたら良いですね
カメラ
28
ぼろ太 @futaba_AFB
レッドブルまであと少しだし、今のうちに予習をしてめっちゃかっこいい写真を撮って僕に下さい! pic.twitter.com/vmGielHAmQ
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB
エアレースを撮ろうとすると、どうしても望遠レンズじゃないと厳しい局面がありますが、レッドブルではなくてリノエアレースですけども、1万円台の安レンズでもこれぐらいは撮れるのです。amzn.to/2qfVuSj pic.twitter.com/wF1En0zbBU
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB
僕自身、会場で見るようになったのは去年からで一番安いファミリー席からなんですが、よく一眼レフの望遠レンズとしてついている 70-300mmクラスのレンズがあれば、撮影には条件が悪いファミリー席でもこれぐらいの撮影はそんなに難しくないんです。 pic.twitter.com/OW8c9V3LNB
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB
一眼レフとか望遠レンズは持ってないって言う人でも、ちょっと工夫するとiPhoneでもエアレースっぽい写真は撮れるので、難しそうなら無理して飛行機!!っていう写真じゃなくて、スマートフォンでエアレースっぽいお祭りっぽさを撮っても良いかもです。 pic.twitter.com/1iYXnUitIh
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB
ちなみに近くのアウトレットに行くとこんな感じでエアレースディスプレイがあったりして、帰り側に楽しむのも良さそうです。 pic.twitter.com/TCyyxYijMW
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB
昨年だとメイン会場に方は室屋さんのEDGE 540 V3のモックアップやKTM、実際に日本で飛ばしている自作航空機やフライトジャケットで有名なAVIREXのメッサーシュミットなんかも展示されてたので楽しかったです。ファミリー席でもレースが終わった後なら入場できたのでレッツトライ! pic.twitter.com/AK6pm6CtVc
拡大
拡大
拡大
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB
プロペラ機を撮るとき、初心者の人はカメラについているスポーツモードで撮るのがおすすめですが、ちょこっと写真が詳しくなると一番悩むのがシャッタースピードかなと。遅いと動感が出ますし、早いと成功率が上がります。個人的には歩留まりと見栄えの良さを考えると1/250前後がおすすめです。 pic.twitter.com/EUleYjAhPb
拡大
拡大
拡大
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB
プロペラ機のプロペラをある程度動かしたほうが本物っぽさは出ると思いますが、シャッタースピードを遅くすればするほど難易度が上がるので、個人的には1/800が、プロペラ機っぽさが撮れる最速のシャッタースピードかなと思っています。(続く pic.twitter.com/MtoGaA5OWw
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB
焦点距離が長いレンズを使えるのであれば、クローズアップして積極的に早めのシャッターを切ると、ディテール感が高い写真が撮れるので、こういうシャープな感じを狙いたいときは積極的に利用しても良いかなぁと思います。また、プロペラの回転速度は機体事にかなり異なります。 pic.twitter.com/h4u5H1ah6P
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB
これは自分の冬コミの時の表紙案の一枚ですが、シャッタースピードを遅くしながらカメラを横に振ったので、数字の8は丁度良いのに他の部分は微妙な角度の違い等で動きブレみたいな症状が出て、シャープな絵を撮れないことがあるんですよ。なので個人的には1/800から徐々に落とすにをお勧めします pic.twitter.com/7voOh0sKtn
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB
遅いシャッタースピードで飛行機を撮る醍醐味は流し撮りによる躍動感なので、こう言う雰囲気の写真を撮りたい人は積極的にシャッタースピードを落としてみましょう。自分も歩留まりが悪いですが、飛行機での流し撮りは1/60ぐらいが目安になる気がします。(この写真も1/60 pic.twitter.com/7UHcTfcPH3
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB
特にレッドブルエアレースは、パイロンをしゅぱっと駆け抜けている風な写真をみんな撮りたいと思うので、そうなるとこの写真みたいに1/800だと何とも言えない雰囲気になるので、難しいところです。 pic.twitter.com/HZJuwjvXQE
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB
無理やりトリミングしたので、画質は荒いですがパイロンを絡めると1/800はちょっと厳しい感じになりますが、機体をクローズアップするとそれなりに躍動感は出ているので、ここを取捨選択をどうするかは判断に悩むところですね pic.twitter.com/NtyoJfsQdM
拡大
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB
ちなみに僕の撮影機材はD7100にタムロンの70-300mmの望遠ズームの組み合わせなので、ファミリー席から機体のクローズアップを撮ろうとすると1000mm相当ぐらいの画角が必要そうです。
ぼろ太 @futaba_AFB
そこまで画角がないレンズでも遠景を狙って取ればそこそこな雰囲気の写真は撮れるのですが、距離が遠いともろに大気の影響を受けてどうしようもないことも多いので、その時は無理に写真撮ろうとしないでお酒でも飲みながらわいわいレースを見たほうが楽しいと思います。 pic.twitter.com/vtr5L2fBtZ
拡大
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB
幸い、ファミリー席でもアルコールの販売や屋台はあるので、僕はレース期間中レッドブルとヘネシーのカクテルを10杯以上飲んで、1週間胃の調子を悪くしました。
ぼろ太 @futaba_AFB
今回のレッドブルエアレースでは、エアレーサー達の他にDC-3や零戦が飛んできますが、一般的な傾向として小型なハイスピード機よりもプロペラ回転速度が速い傾向にあるので、同じシャッタースピードでも機体サイズが違うとプロペラの躍動感が結構変わります。 pic.twitter.com/LMjyi1VbQU
拡大
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB
EDGE系とDC-3系とロシアン零戦のそれぞれ撮影したときのシャッタースピードはこんな感じなので、これを参考にどれぐらいのシャッタースピードが丁度良いか考えてみると良いかもしれません。体感的にレッドブルエアレーサーと同じぐらいプロペラをぶらすには1~2段下げる必要がありそう pic.twitter.com/5SZaaEx6WJ
拡大
拡大
拡大

コメント

Naoki_O @nananao2236 2017年5月14日
んじゃ、わたくしめも https://www.flickr.com/photos/130019718@N03/17856872102/in/album-72157650769113284/ 。これは一昨年の写真。コースの真横からなら300mmでもこのくらい行けます。レンズが40年もののMFで置きピンだったので、歩留まり優先でf16、1/1000sec。スピード感にはちょっと欠けるかも
Naoki_O @nananao2236 2017年5月14日
エアレース機の速度は、だいたい200ノット≒100m/sくらいだから、1/1000secだと機体上で0.1mくらい流れる計算になります。エアレース機の全長は6mちょっとなので全長の1.6%くらい。1/500secならその倍くらい
Naoki_O @nananao2236 2017年5月14日
こっちはバイクだけど去年のMotoGPから https://www.flickr.com/photos/130019718@N03/30454989786/in/album-72157672004365003/ 。1/500秒。バイクの速度を50m/sとして、10cmくらい流れてます。車体長2mの5%くらい
Naoki_O @nananao2236 2017年5月14日
その辺から概算すると、パイロンと絡めてびゃ〜っと流れてる感が欲しかったら、シャッター速度は1/250secから1/125secくらいが良いのじゃないかと思いますが、その辺で機体をビタッと止められる人は多分ここを読む必要はないので、失敗の山を築く覚悟は必要かもしれないです。僕は、当日は多分1/500secで撮ってるでしょう
Naoki_O @nananao2236 2017年5月14日
カメラの露出モードは、プログラムAE、SMAPダイヤルのPならシャッター速度とかあまりいじれませんが、失敗はしにくいです。スピード感を出したいならシャッター速度優先のS(キヤノンはTだっけ?)。カメラお任せのスポーツモードとかは、かなり限定したシチュエーションに合わせてあったりするので、エアレースみたいな偏った用途には失敗リスク高いです
Naoki_O @nananao2236 2017年5月14日
パイロンヒットみたいな決定的瞬間を狙いたいなら、連写速度はできるだけ高い方が良いですが、カメラによっては最大速度で回すモードではピントと露出を固定してしまう場合があるので、その辺は取説をよく確認しましょう
Naoki_O @nananao2236 2017年5月14日
あ、もうひとつ。ISO感度はオートで良いと思いますが、絞りf16とかで明るい空をバックに撮ると撮像素子のゴミがくっきり写って泣きますから、最低感度設定のあるカメラは、ISO800とかになってないか要確認です。なるべく感度低め、絞り開きめが良いと思います。被写界深度が浅くったって、飛行機がアップの時には背景は流れちゃってるのでそんなに問題になりません
Naoki_O @nananao2236 2017年5月14日
なお撮像素子のゴミは、空をバックにするとすごく目立つので、メーカーのサービスに持ち込んででも取った方が良いです(素人作業は勧めません)が、ゼロにはならないと思ってください
ぼろ太 @futaba_AFB 2017年5月16日
自分のメインはリノエアレースなのでレッドブルエアレースはわからないことも多いですが、質問などありましたらぜひぜひ
Naoki_O @nananao2236 2017年5月19日
ようやく公式サイトにコース図が公開されましたね。なのでヒットしやすそうなパイロンについて。パイロンヒットは基本、二つのパイロンの間を機体を水平にして通過するエアゲートで発生します。しかもゲートの向きに対して斜めに通過したいところが発生しやすいです。となると、ターン3、11、6、8が候補でしょう。コース図はこちら→ http://www.redbullairrace.com/ja_JP/event/qian-xie
Naoki_O @nananao2236 2017年5月19日
通過する機体の速度に比べて、切断されたパイロンが変形する速度はずっと遅いので、真横から機体をどアップで撮っていると、本当に当たった瞬間でない限り何も写りません。なので、最低限、パイロンの上半分くらいは画面に収まるくらいの画角が必要だと思います。失敗例 (T_T)→ https://www.flickr.com/photos/130019718@N03/27462544022/in/album-72157669440636626/
Naoki_O @nananao2236 2017年5月19日
去年のコース図 http://rbar.jp/rbar2016/img/info/info0513_02.jpeg と見比べると、今年は海側と陸側が反転している他に、垂直ターン手前のゲートがひとつ省かれているのが目につきます。これは、あえてゲート3、11に斜めに進入しやすくする配慮(ワンミスで順位逆転する罠)のように思えます。私の席からは遠いのですが、期待して狙ってみたいと思います
Naoki_O @nananao2236 2017年6月3日
え〜、初日が終わって、ヒットするパイロンの読みが全く当たらなかったのでお詫びをm(-_-)m。海風が強かったとは言え、あんなにシケインで当たるとか思ってなかったですよ。あと左→左と回るゲート6より、左→右と切り返すゲート7の方が難しいのは予想できてしかるべきでした。明日の予報では風の強さも向きも違いますが、ゲート7が難しいのは変わらないと思います
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする