編集部イチオシ

高松信司さんによる「クローズアップ現代+のアニメ業界のブラック特集」の話

まとめました。
80
高松信司 @takama2_shinji

今さらながらクロ現のアニメブラック特集。最初はアニメーターはこんなに貧乏、可哀想といういつもの話。後半は効率化、機械化(AI、CGI)の話で、使われる側から使う側(経営)の話になってしまい、これだと最初に出てきた低賃金のメーターはクビになってしまうので全然救いがない(苦)

2017-06-11 21:14:54
高松信司 @takama2_shinji

権利とか再配分とかそういう話じゃなくて、 単純に、「単価を上げて欲しい」という話だと思うんだけどなあ。

2017-06-11 21:19:46
高松信司 @takama2_shinji

原画単価が1000円UP、動画単価が50円UPするとして、300カット4000枚だと、50万円?  そのくらい制作費を上げられないものかなあと思うけど、上げられないんだろうね(遠い目)

2017-06-11 21:27:09
高松信司 @takama2_shinji

そもそもアニメはほかのテレビ番組より制作費が高い。 ただ人件費のかたまりだから個々の受け取る金額は小さくなってしまう(苦)

2017-06-11 21:34:22
高松信司 @takama2_shinji

1話に数百人の人が関わっているからね。 たとえば1千万円でも200人で分けたら一人5万円みたいな?

2017-06-11 21:41:59
高松信司 @takama2_shinji

よく「本数を減らして制作費上げろ」とかいう人がいるけど、それもナンセンスなんだよね。今、1億とか2億とかかけて1クールのアニメ作ってるけど、それを倍の予算かけて作っても売れるかどうかわからないわけで、そんなリスキーな事は誰もやらないよなーと思う。

2017-06-11 21:48:45
高松信司 @takama2_shinji

だいたい、今だって、儲かってる作品の方が少ないのに(苦)

2017-06-11 21:49:55
高松信司 @takama2_shinji

あと、番組の中で監督には配分があるみたいな事を言ってたけど、少なくとも私は「監督印税」は一度も貰ったことはありません。 有名監督になれば印税契約できるのかなあ?(笑)

2017-06-11 21:57:30
高松信司 @takama2_shinji

なので、 円盤がいくら売れても監督には1円も入ってこない訳で、 個人的には売れようが売れまいが知ったことじゃないんですけどね(笑)

2017-06-11 22:01:36
高松信司 @takama2_shinji

「アニメが安いのは手塚治虫が最初に安く売ったから」という都市伝説があるけど、半分本当で半分嘘。確かにアトムは安くテレビ局に売られたけど、それは「この値段なら他社はアニメを作れまい」というアニメを独占するための手段で、手塚は自腹を切って社員にちゃんと給料払ってたという。

2017-06-11 22:13:09
高松信司 @takama2_shinji

虫プロはアニメーターを社員として雇ってたし、待遇も良かったという。 pic.twitter.com/t3E9B6bamu

2017-06-11 22:14:45
拡大
高松信司 @takama2_shinji

アトムが始まった1963年はこんなかんじ。 pic.twitter.com/vgBWnmElZK

2017-06-11 22:17:56
拡大
高松信司 @takama2_shinji

まあ、だから虫プロは倒産するわけだけど、(苦)

2017-06-11 22:21:14
高松信司 @takama2_shinji

余談だけど そんな虫プロの倒産から制作スタッフが独立して出来たサンライズは、だからアニメーター(演出や監督などクリエイター全般)は絶対に社員にしない(笑)

2017-06-11 22:28:58
高松信司 @takama2_shinji

おっと、また喋りすぎた(苦)

2017-06-11 22:29:27
高松信司 @takama2_shinji

Twitterはどうしても舌足らずになるし、部分だけ抜かれるから誤解されやすいよね(笑)

2017-06-11 23:40:59
高松信司 @takama2_shinji

Wikipediaの「虫プロダクション」の項目に、にわかには信じられないことが書いてあるんだが、教えて昔の人。 pic.twitter.com/RmZf7Gyxqw

2017-06-11 23:59:13
拡大
高松信司 @takama2_shinji

Wikipediaの「サンライズ」は、こんなかんじ。 pic.twitter.com/7j2Dzb0g8k

2017-06-12 00:05:06
拡大
高松信司 @takama2_shinji

まあ、今のアニメの作り方は限界に来ているので、遅かれ早かれどこかで破綻して作り方は変わると思う。 それが5年後なのか10年後なのかはわからないけれど。(いや、10年はもたないか笑)

2017-06-12 01:49:36

コメント

青木文鷹 @FumiHawk 2017年6月12日
「制作単価あげて=安い仕事受けるな」なのです。だから、これは制作の問題ではなく「資金調達、マネタイズ含むアニメビジネスの構造問題」なのです。
12
川本幸作 @kaspart_j 2017年6月12日
なるほど… そういう意味では映画業界が何故維持できてる(?)のかと比較してみるのも面白そうですねぇ
1
青木文鷹 @FumiHawk 2017年6月12日
安い仕事を受けなければ制作全体に金が回ります。でも、制作会社は存続のためには資金を回転させる必要があり、結果として仕事を選べないのです…まさに構造的な問題。
6
CD @cleardice 2017年6月12日
そこそこの値段で回ってた業界に「既得権益を潰せ!価格破壊!」とかイキったのが殴りこんできてズタボロになるのは良くあることだからね・・・
4
な4-428 @heads428 2017年6月12日
cleardice アニメの場合はそれより少子化の影響ですね。昔は朝8時や夜7時のアニメをみんなで見てたので作品当たり視聴者の多い「単価の高い仕事」が自然とできてたわけですが、少子化でこの枠が縮小して、細分化された嗜好に対応する深夜・ネットアニメが散在しているという状況なので。市場構造の変化ってことです。
9
nekosencho @Neko_Sencho 2017年6月12日
待遇悪いままだと海外とかに流れるか、でなきゃ高度な技術や手間を必要としないようなアニメばかりになっていくかで国内のアニメが崩壊するわけで、何らかの改革が行えないと、おいらたちが日本のアニメを楽しめた最後の世代ってことにもなりかねない。
0
こざくらちひろ @C_Kozakura 2017年6月12日
木下グループとか業界外の勢力がメセナとしてアニメ事業にも参画してますけど、これがダンピングと賃上げのどちらに貢献するのかは今後次第ですかねえ。メセナと言えばサントリーも昔から積極的にやってますね。サントリーは新海作品に以前から後援してますが、『作中に商品は出してもエンドロールに企業名を出さない』という独自のスタンスを『君の名は。』でも貫いていました。
1
ハドロン @hadoron1203 2017年6月12日
現状で既に動画制作の8割が、国外に発注しているという現実がある。エンドクレジット見ても外国人ばっかでしょ?製造品のSCMと同じで、海外調達できるものは既にやってるんだよ。近い将来、アニメ産業もニトリやユニクロのように完成品やパーツキットを輸入するSPAのような業態になると予想する。じゃあ何で稼ぐのかというと、版権や著作権などの知財だよ。
4
な4-428 @heads428 2017年6月12日
個人的には機械学習による自動化に行くんじゃないかなあと。絵のトレス、微差分、仕上げ作業はAI化に適していて、すでに国内の試作品でWaifu2xやPaintsChainerがWebサービスの形で動いてるし、アニメ制作に強い米日中の3か国いずれも機械学習が盛んに開発されてる。日本でも投資一つあれば進むし、日本でやらなくてもCG大国のアメリカ、または中国がやるでしょう。原画マン+多数の動画マンから原画マン+エンジニアになるのでは。
2
NTB006 @NTB006 2017年6月12日
アニメーターの供給過剰ってのもあるけど、アニメ制作会社の供給過剰というのもあるだろうなぁ。作って欲しいならもっと予算持ってこいよ。って言える状況なら制作費は簡単に上がるし
0
るいせ @ruise2 2017年6月12日
個人的には、なぜ未だにTV局に大金払ってるのか分からんのだがな。ほとんどそこの代金でしょ?絶対払い過ぎじゃねえのかね
0
るいせ @ruise2 2017年6月12日
まあ、あとは単にマネタイズがうんこもらすほど下手だからでしょ。はたからみても、なんでこんなにお金を取るのが下手なのか理解不可能なほどだ
0
Ukat.U @t_UJ 2017年6月12日
ダンピングによる寡占を狙った挙句、結局持続的なビジネスモデルを確立できずに破綻って考えると相当ヤバイ。
1
キケリキー @KIKERIKI17 2017年6月12日
「儲かってる作品の方が少ないのに」を監督が冗談半分で言うなら、そりゃ買い叩かれてもしょうがないよね。円盤が売れるってのは、即現場に還元はされんだろうけれど、儲かる作品を作るスタジオってなれば仕事も条件も変わるだろうに。「円盤買ってもしょうがない」「アニメは儲からない」を【監督が】口にしてんだから。諦めも入ってるんだろうが、バカ丸出し。
0
ふぉすた @fosuta 2017年6月12日
自動化とか海外委託とかある意味必然な流れだけど、それは生産性の話で、生産現場が資本や受益権と一体化していない業態では、生産現場単体でみると生産性は向上しても受注額が低い状態では単価が安くなるだけで、返って自分の首を締めることになる。これは日本の製造業が自動化と海外移転でハッピーになれたか?という状況と似ていて、この自動化、海外移転で得たリソースを自分のところに還元できるところだけがハッピーになれる。
2
nekotama @nukotama001 2017年6月12日
とりあえずヘボットの黒字がこのレベルのはなしだと言うのは分かった。
0
統一教会の星 @cpw73XfxIvDa3X 2017年6月12日
製作委員会収入の84%が、電通などの広告代理店、テレビ局に配分されちゃうんでしょ。 元請けプロダクションが16%なんて、完全に狂っとるわ。 「庵野秀明も訴えていたアニメ制作会社の窮状 http://lite-ra.com/2017/06/-nhk-1_3.html
10
TRT @V_aVa_V 2017年6月12日
虫プロのアニメ制作者達は確かに高給取りだったから、虫プロが潰れても、当時からクソ高い撮影台を買って独立することが出来たとかなんとか。練馬のダイコン畑の中を小綺麗な服を着て出社してるのは間違いなく虫プロ関係者だったとか。色々と話は聞いたなぁ。
8
taka @Vietnum 2017年6月12日
信者やオタしか見ないような美少女アニメばっか作りすぎ。
1
A- @eimainasu 2017年6月12日
文化産業の情報の集散拠点を作るメディアセンター政策が実現し、 オタク産業に強い官僚が山ほど産まれていれば、 今頃は問題の是正に飛び回ってた頃だろうに。
5
A- @eimainasu 2017年6月12日
今思えば、 マスメディアが全力でメディアセンターをネガキャンしたのは、 単なる民主党政権交代キャンペーンの一環としてよりも、 アニメ業界の収益構造を是正されたら困るからだったのかもしれんね
12
yuki🌾㊗️5さい🎉⚔ @yuki_obana 2017年6月13日
人海戦術でやるって決めたならそうするしかない。で、生産性低すぎて人件費2倍が妥当ならその水準で予算見積もりすればいいのよ。多少削ってでも引き受けちゃえばいいかなとか言ってるから低品質作品出して結局売れなくてわーって言ってるならどしようもないさ…(´・ω・`)生き残れるのは圧倒的生産性と体力を持つところだけ。そうやって市場は技術革新して成長していくの。保証してほしいけど期待値低いよとか言われても投機するのは宝くじに夢見る人だけだよ。それは出資と呼べない。
0
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年6月13日
虫プロの人材募集の画像見て、まさか「初任給が一万四五千円!?」と騒ぐ間抜けはおらんよな(笑)
5
Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 2017年6月13日
やおよろずやDLEのような少人数制での製作を無視している時点でお察しだと思う
0
nekosencho @Neko_Sencho 2017年6月13日
国営のメディアセンターって、結局「具体的にどのような資料・作品をどのような選考基準で整備対象とするのかなどの詳細は未定(Wikipedia)」ってくらいおおざっぱなことしか決まってない状態だったので、ものすごくいいようにも言えるけど、単なる箱作っただけなど毎度おなじみの失敗策な可能性も十分にあった。 ちょっとほめすぎだと思う
2
nekosencho @Neko_Sencho 2017年6月13日
たとえば現政権もクールジャパンとかいってアニメ推進してるんじゃなかったっけ? 結局なにやってるのかわからんけど、掛け声以外にさ
2
吉川卓見@制作ですらなくなった! @nondarasinu 2017年6月13日
参考になるかどうかはわかりませんが、五味洋子さんがコラムに、月刊OUT1977年11月号67ページに掲載された主婦アニメーターの記事について書かれています。 http://style.fm/as/05_column/gomi/gomi96.shtml
0
なんもさん @nanmosan 2017年6月13日
kaspart_j 映画産業は映画会社が映画館を直営するか長期配給契約するシステムでやってきてまして、アニメで言えばTV局がスタジオとすべての制作ノウハウを持ってるようなものですね。またテレビ局を考えるとわかりやすいですけど、金はよそから何としてでも引っ張ってきて作品を作り、儲けを業界全体で分配するシステムで一貫してるんですよ。興行が赤字な映画も同様の構造です。つまり資金面においてはTV屋も活動屋もカモを探すアコギな商売ですから、アニメ業界はそれにくらべるとピュアすぎますよね。
0
キャンプ中毒のドライさん(Drydog(乾)) @drydog_jp 2017年6月13日
作品絞れってのは予算増やせって話じゃなくて、見きれないからいい加減にしろ!って話なんだよねえ。 お金払う側も総量は乱造による多様性で増えるようなものじゃないし
0
キャンプ中毒のドライさん(Drydog(乾)) @drydog_jp 2017年6月13日
そして、少人数制による作業の効率化は更に作品数を増やして作品ごとの単価を減らす流れになるのは音楽の辿った歴史からも明らかだ
0
なんもさん @nanmosan 2017年6月14日
日本において民放の朝や昼の帯ドラマがほぼ絶滅したのは、金のかかるオールセットで撮影しないと週5本のスケジュールが消化できないのに、予算を抑えようとして引き受け手がいなくなったってのが大きいです。NHKみたいにすべて局制作ならグロスで受けて穴埋めもできますが、外部制作の外注だと赤字になるだけですし、需要があったとしても韓流が満たしてくれましたから。日本のTVアニメってもう創成期からそういう状態でやってるんで、いまさら効率化とか言っても無理ですよね。
0
な4-428 @heads428 2017年6月14日
テレビアニメの分配は元の経産省の資料だと広告代理店20%、キー局20%、地方局40%、製作20%。どちらかというと放送費用という感じの扱い。映画業界の強みが独自の販売チャネル(映画館)を持ってるところ、という部分が大きいとすると、じゃあアニメ産業も独自の/安価な販売チャネル持てばいいんじゃないですかね、ということになる。
0
な4-428 @heads428 2017年6月14日
ニンジャスレイヤーがコアファン向けの作品をnoteで売り始めたけど、書籍が1500円×年4冊=6000円、印税10%で10000冊ずつ売れて年600万。note定期購読が年6000円で手数料引いて80%で購読者1250人で年600万。後ろのほうがはるかに効率いいが、読者集めは散々苦労してる。アニメは広告代理店(スポンサー集め)2割+ネット配信2割+製作6割で視聴者何人集まるかって感じですかね……視聴率1%=100万人ですから
0
こざくらちひろ @C_Kozakura 2017年6月14日
テレビから映画にシフトすれば放映権料の偏重は避けられるのかもしれませんが、日本の映画市場はTV局以上に寡占化が進んでいるので、京アニの映画シフトがどこまで収益に寄与するかは正直疑問視してる
0