【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする

10代に限ってみると「TwitterなどのSNS」(69.4%)を使って情報収集する人が最も多く、「Googleなどの検索エンジン」(54.1%)や「インターネットの情報サイト(アプリ版を含む)」(37.8%)を上回った。
引用元:10代の半数が「SNOW」を利用、イマドキの若者はモバイル&SNSをどう使っているのか

「最近検索によく使うサービス」を聞くと、トップは「Google」33%ながら、「Twitter」31%、「Instagram」24%なども高い数字を示した。「Yahoo!」は12%に留まった。若者は、 企業・メディアの発信情報をGoogleなどで検索するより、 個人の発信情報をSNSメディアで検索し、楽しんでいる模様だ。
引用元:若者はTwitterやInstagramで「検索」している

TwitterやFacebook、インスタグラムとかで評判調べている人ってどんどんと増えているんじゃないのかな。SNSで評判のいいものは大体当たりだしね。ステマはあるかもしれないけれど、フォロワー100人とか、二ケタの人にお金払ってステマする企業や店なんかないと思うから、ブログなんかよりも信頼度は高い気がするのよ。何百という人の感想があるから、感想を比較するのもやりやすいしね。何が良くて何がダメなのかが一目瞭然で平均値が取りやすくなる。
SEOの終わりが近い気がする

10代がスマートフォンでレジャースポットやニュースの情報収集として利用しているサービスは、「TwitterなどのSNS」で69.4%となっており、「Google検索エンジン」の54.1%よりも多くなっている。
10代の若者はGoogle検索よりもTwitterで情報収集

アクセルSEO@寺子屋アフィリ @axcel0901 2017-06-19 12:56:27
SNSが発達して検索エンジンオワコンみたいな事言っている人いるけど、もともと目的が違うのだから、何にも困らない。比べること自体意味がわからない。
コトリ @defender_21 2017-04-19 07:22:21
会社の若い子と話すと「検索しません。インスタで情報は探します」とか真顔で言うのでSEOアフィの終わりはこいつらが主流になったときなのかもしれない。しかし、インスタグラムで情報探すってどういうことなのかがピンとこない。まじ異文化
クロネコ屋@若ハゲ社長ブロガー @NINJAkusokuso 2016-08-19 18:23:21
SNS世代は、Googleではなくツイッターやインスタグラムで口コミや評価、情報を検索する事が多い。近い将来、アフィもSNS対策が必須になるかもしれないけど、Googleも対策するだろうから今はコツコツ検索順位を上げるSEOでいいと思う。

コメント

スキミィ @akamegatoyou 2017-06-22 14:55:51
使用感やレビューを浅く広く知りたいならSNS系でもそこそこ使えるし、体系立ったまとまった情報欲しいなら書籍、ある程度まとまった軽めの解説とかはGoogleって感じで使い分けてんなあ。場合によっては2ちゃんが便利な時もあるし昔に比べて利用者減ったせいか質が悪くないスレ見つけやすいし。Twitterはただの暇つぶし。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする