藤城嘘 個展「ダストポップ」#dustpop

美術の専門でもなんでもない私立高校の文化祭ではじめて自主的な企画展示「ラクガキ展」を開催してから10年が経ちました。本展では、初心でありながら一貫として考えてきた「ラクガキ」のような散漫でアイロニカルな存在に、過去10年間で変遷してきた私自身のテーマを新たにインストールしていきます。藤城嘘の制作におけるテーマは3年ごとに変遷してきました。個展「ダストポップ」はそれらの断片を観察するような展示となる続きを読む美術の専門でもなんでもない私立高校の文化祭ではじめて自主的な企画展示「ラクガキ展」を開催してから10年が経ちました。本展では、初心でありながら一貫として考えてきた「ラクガキ」のような散漫でアイロニカルな存在に、過去10年間で変遷してきた私自身のテーマを新たにインストールしていきます。藤城嘘の制作におけるテーマは3年ごとに変遷してきました。個展「ダストポップ」はそれらの断片を観察するような展示となるでしょう。 私は「キャラクター」「記号」の曖昧さにずっと惹かれています。一本の描線がカタチになったり、なり損ねたりする魅力と、描かれたキャラクターが生き生きとしているのか、お化けのように死んでいる姿なのかという不安定さ。同時に、私は”生真面目な美術”に疲れています。美術という自由なメディアの中で奇抜な冒険に出かける人が減ってきているように思われます。 「ダストポップ」は「ポスト・ポップ(Post-pop)」という造語を更にもじった、私のブログのタイトルですが、奇しくも「ダスト」や「デブリ」のような”断片となった物質や情報”への関心は、今なお尽きないばかりです。”限りなくゴミに近い”イメージたちが、急に反転して本質を突く瞬間。そのイメージが絵の具やインクというメディアに変わって顕現する瞬間。あらゆる破片に埋め込まれた意味や情報を眼差し続けることは、様々な解釈や誤読をも通じて、別の時空に飛んでいく行為になりうるのかもしれません。 (藤城嘘) ■ 【展覧会概要】 展覧会名:藤城嘘 個展『ダストポップ』 会期:2017年8月11日(金) – 9月3日(日) ※月曜休廊 開廊時間:15:00-20:00 会場:ゲンロン カオス*ラウンジ五反田アトリエ 〒141-0022 東京都品川区東五反田3-17-4 糟谷ビル2F ※こちらの会場は「ゲンロンカフェ」ではございませんのでお気をつけください。 【イベント】 ◎オープニングレセプション 8月11日(金)18:00-20:00 ※ワンドリンク制 【お問い合わせ】 合同会社カオスラ 141-0022 東京都品川区東五反田3-17-4 糟谷ビル2F tel:03-5422-7085 mail: info@chaosxlounge.com
藤城嘘 ダストポップ カオスラウンジ 現代アート 五反田アトリエ アート
genroncafe 1734view 0コメント
  • 0
  • お気に入り
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0

限定公開の新機能が大好評!

プライベートなツイートまとめの共有がもっと簡単になりました。フォロワーだけに特別なまとめを公開しませんか?メンバー限定はメニューから設定可能です。詳細はこちら

ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「アート」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする