2017年8月23日に開催した、ダイヤ編成支援システム「その筋屋」勉強会

その筋屋の操作方法を学びました。鉄道・バスのダイヤグラム作成が効率化できます。
ダイヤ 公共交通 バス パソコン 鉄道
10
ダイヤ編成支援システム「その筋屋」 @Sujiya_System
昨日開かれた「その筋屋 勉強会(ヴァル研究所内/高円寺)」で使用したスライド資料を公開しました。 sinjidai.com/sujiya/benkyou/ pic.twitter.com/kMqPp021bg
拡大
ダイヤ編成支援システム「その筋屋」 @Sujiya_System
「その筋屋」実習PDF(sinjidai.com/sujiya/benkyou/ )は、自治体やバス事業者内の勉強会などで自由にご利用ください。 (*´▽`*)
ダイヤ編成支援システム「その筋屋」 @Sujiya_System
「その筋屋」勉強会用の資料に「実習6:標準的なバス情報フォーマット」を追加しました。 sinjidai.com/sujiya/benkyou/ pic.twitter.com/l9xWLWqId2
拡大
ダイヤ編成支援システム「その筋屋」 @Sujiya_System
8月23日にヴァル研究所セミナールームで開かれた「その筋屋 勉強会」の資料から。 ようやく帳票類の出力の開発まで進んできたので、業務用としての本格利用が見えてきました。 あと、「標準的なバス情報フォーマット」を活用したオリジナル帳票の作成を行える優良IT企業が求められます。 pic.twitter.com/gtv4SHDZ2x
拡大
ダイヤ編成支援システム「その筋屋」 @Sujiya_System
「その筋屋」から、エクセルへの「便数マップ」の作図出力を改良中。 同じ停留所名は2度出さないようにしたら、少しスッキリ。 停留所名の大きさを変えられるオプションを追加。 線をクリックすると、区間の便数が分かります。 pic.twitter.com/13ryoPYjp6
拡大
路線図コム @rosenzu
ダイヤ編成支援システム その筋屋 インポート機能もありますが、まずは少しでも良いので停留所、路線、系統を順番に登録して、基礎を身につけることをおすすめします。 twitter.com/sujiya_system/…
ダイヤ編成支援システム「その筋屋」 @Sujiya_System
ダイヤ編成支援システム「その筋屋」の 勉強会資料に「実習④」を追加しました。 sinjidai.com/sujiya/benkyou/ pic.twitter.com/2ojq0p9RHf
拡大
ダイヤ編成支援システム「その筋屋」 @Sujiya_System
「その筋屋」の勉強会資料「実習5」をアップしました。 sinjidai.com/sujiya/benkyou/ ぜひ活用してみてください。 pic.twitter.com/3vDPPwFbtZ
拡大
ダイヤ編成支援システム「その筋屋」 @Sujiya_System
ダイヤ編成支援システム「その筋屋」の 勉強会資料に「実習④」を追加しました。 sinjidai.com/sujiya/benkyou/ pic.twitter.com/2ojq0p9RHf
拡大
ダイヤ編成支援システム「その筋屋」 @Sujiya_System
「その筋屋」勉強会の資料を追加しました。(新規作成) 「スジの直感的な移動・コピー・区間時分調整」に関する分かりやすい図解です。 sinjidai.com/sujiya/benkyou/ pic.twitter.com/gV9oHKjMNa
拡大
ダイヤ編成支援システム「その筋屋」 @Sujiya_System
ヴァル研究所さん、東大の伊藤先生、路線図コムさんのお陰で、立派な「その筋屋」セミナーを開くことができました。 ようやく使えるようになってきた「その筋屋」(まだまだヒヨコですが)を、これからも宜しくお願いします。 すくすく育ててください。(*´ω`*) pic.twitter.com/UJQWbgwbxk
拡大
太田恒平 @kohei_ota
「その筋屋 勉強会」講義の合間で、サンプルの宇野バスGTFSデータを基に平日の運行頻度路線図を作成。地域のバスの網羅状況や本数が一目でわかるこの図が、地域公共交通計画の起点です。GTFSデータさえあれば、PostGIS + QGISでカンタンに作れます。 pic.twitter.com/DOmBvNG9ug
拡大
ダイヤ編成支援システム「その筋屋」 @Sujiya_System
「その筋屋」の勉強会に欠かせないものといえば・・・。 pic.twitter.com/hIXnjsDbQe
拡大
ダイヤ編成支援システム「その筋屋」 @Sujiya_System
「その筋屋」勉強会、無事に終わりました。 単にソフトウェアの操作を勉強するだけに留まらず、バスのオープンデータ化についての貴重なお話を聞ける会となりました。 …岡山に23時過ぎに到着予定。 pic.twitter.com/NawvAPUAgW
拡大
まち探訪家・鳴海行人 @mistp0uffer
「その筋屋」勉強会終わり。ソフトだけではなく、幅広い議論もある濃密な集まりでした。 その筋屋開発者で丁寧にご指導いただきました @Sujiya_System さん、企画・運営の @niyalist さん、 @rosenzu さん、 ヴァル研のMさんほか皆様ありがとうございました。 pic.twitter.com/WMJ48UeX9G
拡大
拡大
拡大
まち探訪家・鳴海行人 @mistp0uffer
その筋屋の世界観をようやく理解した。 基礎データの組み上げが大事で、ルートや標準時分の設定が結構大変だけど、そこが乗り越えられるとかなり直感的にひけるのねぇ。 仕業関係の説明はよくわからなかったけれど、それ以外は大体理解できたかな。エクセルで出力できるというのも魅力的。
太田恒平 @kohei_ota
筋子さんのチェック。 問い合わせ先が国交省交通計画課。 pic.twitter.com/iue49OrsaB
拡大
太田恒平 @kohei_ota
祖父母の年賀状住所を、Win95版の筆まめで代行入力して小遣いもらっていた時代を思い出すUI。 pic.twitter.com/2WNoXm2wpu
拡大
太田恒平 @kohei_ota
その筋屋、細かいところがやたらと作りこまれているアプリ。 pic.twitter.com/yHdzWlA6ku
拡大
太田恒平 @kohei_ota
本州の代表地点は高円寺(ヴァル研究所) pic.twitter.com/Jq2zli8s0K
拡大
太田恒平 @kohei_ota
高野さんがリアルで一人で小芝居してる twitter.com/Sujiya_System/…
残りを読む(9)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする