脳科学者茂木健一郎さんと、報道カメラマン原田浩司さんのやり取りを発端とした、日本メディアの報道のあり方について

脳科学者茂木健一郎さん( @kenichiromogi )と、報道カメラマン原田浩司さん( @KOJIHARADA )のやり取りを発端として、ご遺体の映像や写真を報道しない日本メディアのあり方について様々な意見が挙がりました。
報道 震災
25768view 26コメント
54
有田芳生 @aritayoshifu
「ラジオテレビから延々と流れる続ける希望の言葉、はげましの言葉。言っておくがここ被災地の人々がその言葉を聞いている場面に一度も出くわしたことがない。」藤原新也さん。被災地からの言葉。「6:48 朝っぱらから流れる耳タコ希望」 http://goo.gl/7ay8
茂木健一郎 @kenichiromogi
海外メディアは、少し異なる角度から、被災地の方々が経験している悲劇を伝えてくれている。 CNN.com: Emotional goodbyes at funeral - http://bit.ly/fn6G7d
茂木健一郎 @kenichiromogi
今、リツイートした有田芳生さんの投降中の藤原新也さんの言葉にもあるように、被災地の方々の悲しみにまずは寄り添うことが必要と考えます。さまざまな配慮から報道しない国内メディアよりも、先ほどツイートしたCNNのような海外メディアの方が悲しみを伝えているのかもしれません。
茂木健一郎 @kenichiromogi
「これから流す映像は、人にとっては辛すぎるものかもしれません」そんな警告を日本のメディアで聞くことはほとんどない。何かが規制されてしまっている。 CNN.com: Emotional goodbyes at funeral - http://bit.ly/fn6G7d
原田浩司/Koji Harada @KOJIHARADA
報道カメラマンです。 茂木さんは、死体の映像や写真を報道すべきと考えますか?よろしけれは、お聞かせ下さい。 RT @kenichiromogi: 「これから流す映像は、人にとっては辛すぎるものかもしれません」そんな警告を日本のメディアで聞くことはほとんどない。
有田芳生 @aritayoshifu
これ見れば日本の報道の画一性がわかりますね。RT @kenichiromogi: 「これから流す映像は、人にとっては辛すぎるものかもしれません」そんな警告を日本のメディアで聞くことはほとんどない。何かが規制されてしまっている。 CNN.: http://bit.ly/fn6G7d
茂木健一郎 @kenichiromogi
常に、その境界を探っているのだと思います。原田さんは、現場に立たれていて、どのように感じますか? @KOJIHARADA 報道カメラマンです。 茂木さんは、死体の映像や写真を報道すべきと考えますか?よろしけれは、お聞かせ下さい。 RT
まぼ @r_maboo
@kenichiromogi @KOJIHARADA 悲惨だからとかいう見るほうの感情論より、亡くなられた方の尊厳にかかわる問題のほうが大きいのではないでしょうか。正直、慎重にご判断いただきたいと思います。
原田浩司/Koji Harada @KOJIHARADA
伝えるべきだと考えます。阪神大震災では、五千人以上が亡くなったのに死体の写真はある雑誌が掲載しただけでした。死を遠ざけるばかりでは、真実からも遠ざかると思います。 RT @kenichiromogi: 常に、その境界を探っているのだと思います。 @KOJIHARADA
IK @ikuramura
http://t.co/eq0BgRA みずくかばね、くさむすかばね、。境界線は難しいけど、死体映像は現実なんだから流していいと思う。ただ、流す局、流さない局は選択したいなぁ。。深夜のニュースの枠組みでは流してOKとか。。
齋藤博厚 @sashiboko
御意!RT @kenichiromogi: 「これから流す映像は、人にとっては辛すぎるものかもしれません」そんな警告を日本のメディアで聞くことはほとんどない。何かが規制されてしまっている。 CNN.com: Emotional goodbyes at funeral -...
たひちち @tahichichi
なんでだろう?RT@kenichiromogi:「これから流す映像は、人にとっては辛すぎるものかもしれません」そんな警告を日本のメディアで聞くことはほとんどない。何かが規制されてしまっている。 CNN.com:   http://bit.ly/fn6G7d
xǝɥɔıɯ @michex
@kenichiromogi @KOJIHARADA 日本人だけが、目を背ける理由などないと思います。 ニューヨーク・タイムズのサイトでは普通に見れるんですから。 The Aftermath in Japan - http://t.co/G1665S5
晴雲 @seiung
@kenichiromogi @KOJIHARADA 僕は報道すべきだと思います。僕はニューヨークタイムズの死体の写真を見て始めて事の重大さを認識した。戦争に関しても同じ事が言える。黒こげの子供の写真を見て初めてその愚かさを実感した。百聞は一見にしかずだと思います。
ジョン万太郎@毎日が八甲田山 @John_Mantaro
@kenichiromogi このような映像は日本では批判があると思いますが、真実を伝えるためにマスコミは時に必要悪になるべきだと思います。
@barrygodber
@kenichiromogi @KOJIHARADA事実をありのまま淡々と伝える事も受け取る事も必要だと考えます。今の日本のTVという媒体では難しいかもしれませんが・・・紙or電子化やTVorネットかと言うレベルではなく気概を持った新しいメディアの誕生を願ってやみません。
のの @wearetvxq
@kenichiromogi @KOJIHARADA 横入りすみません。 私も流してほしいです。 注意や警告をした上で。 真実を知るのは勇気がいりますが、現実を知らないでそれを予防する抑止力や危機感を持つことができないからです。
大植哲弥 @WanderingShip
@kenichiromogi @KOJIHARADA 死体の映像は止めてくれ。声で説明だけで良い。むごたらしさは戦争の愚かさを伝える時だけで良い。自然災害の悲しさには数字で十分。身内を失った人たちの悲しみを増加させるだけ。写真で伝える価値があると思わない。
ultrakanji @ultrakanji
この境界について考えこんでしまうが、国内報道の画一性は問題とも思う RT @kenichiromogi: 常に、その境界を探っているのだと思います。原田さんは、現場に立たれていて、どのように感じますか? @KOJIHARADA 報道カメラマンです。 茂木さんは、死体の映像や写真を
ライケン(ケンイチ) @kenone69
不謹慎という呪いですねRT @kenichiromogi: 「これから流す映像は、人にとっては辛すぎるものかもしれません」そんな警告を日本のメディアで聞く… CNN.com: Emotional goodbyes at funeral - http://bit.ly/fn6G7d
pata∽ɐʇɐd @pata_k
同意します RT @KOJIHARADA: 伝えるべきだと考えます。阪神大震災では、五千人以上が亡くなったのに死体の写真はある雑誌が掲載しただけでした。死を遠ざけるばかりでは、真実からも遠ざかると思います。 RT @kenichiromogi:
akiet @akiet
@kenichiromogi 茂木先生、優し過ぎる。そのヒヤリング失敗しますよ。想像できるから一部の限られたところで掲載すれば良いって仰って良いかと思います。核爆発だけを集めた写真集を会社の女の子に見せてもらったんですけど、そういう感じ。ネットでされるとやばいですよ。
ogawa chiyoko @djiarchiv
事実に向き合うチカラが問われますね。@kenichiromogi @KOJIHARADA
たかのん @k_takanon
死を禁忌として遠ざけてしまえば、現実感が無くなってしまう。NYTimes.com のこの写真 http://goo.gl/LKZiK やこの写真 http://goo.gl/v5gUU には言葉を失いました。が、これ.. http://togetter.com/li/112485
松けん @KenMatsu1109
胸が詰まるが目を反らしてはいけない内容 RT @kenichiromogi: 海外メディアは少し異なる角度から被災地の方々が経験している悲劇を伝えてくれている CNN: Emotional goodbyes at funeral - http://bit.ly/fn6G7d
残りを読む(30)

コメント

たかのん @k_takanon 2011年3月22日
.@kenichiromogi @KOJIHARADA まとめてみました。よかったらご覧下さい。
たかのん @k_takanon 2011年3月22日
賛成意見を赤、反対意見を青にしました。
たかのん @k_takanon 2011年3月22日
追加。あまり意味がなさそうなので、「誰でも編集可」はやめました。
たかのん @k_takanon 2011年3月22日
賛成・反対に色づけ。これで一旦編集完了とします。
チェリ @cheridayo 2011年3月22日
なんで想像力の話になるのかね。映画のCM見れば映画自体を見なくても良いと言ってるのとわからねー。(^ρ^)RT @kenichiromogi 脳には想像力というものがありますよね。ほんとうに死体のような壮絶な映像・画像が必要なのでしょうか。
チェリ @cheridayo 2011年3月22日
死体安置所(直張りは怖かったんでまとめ記事へリンク。ここからさらにワンクリックしてくれ)うげぇえええええ(^ρ^)http://michaelsan.livedoor.biz/archives/51590635.html
マツアキ a.k.a. akiraman @akiraman3 2011年3月22日
現状、震災で亡くなった人の遺体に関しては、見たい人が勝手に見るって感じ。つまり自由! もっと言えば幽霊状態!
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年3月22日
個人の尊厳等で難しいとは思う。しかし、そういった自粛のせいで、当事者を無理矢理語り部にして、間接的に被害を伝える、という手法が多くとられ、被害者に精神的な二次被害をもたらしている事を考えると、どっちがマシかという話だなぁ。
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年3月22日
死体を見せるショッキングさとか挙がってるけど、良く考えたら、災害インタビューって実際に死体を見た人の精神を見た瞬間に引き戻し、そのショックを受けた様子を報じてるわけで、要は当事者を「視聴者の防波堤」に勝手に仕立ててるんだよね。そっちの方が酷くね?
齊藤友紀雄 @saito_Newton 2011年3月22日
御巣鷹山の事故とか、豊田商事とか、90年代前半までは普通に出てたんですけどね。なぜか、阪神大震災あたりからフッと消える。個人的には惨状を理解するのにタブー視する必要性もあまり感じないのですが。
rshibuya @4bu8r 2011年3月22日
原田さんが自分で書いてるが…どこの国もむしろ「死体を写せ‼ 自分の口惜しさを伝えてくれ‼」という方が圧倒的多数でした…こういう土壌がないんだから、無理に映さなくていいと思うけどな。自然災害だと特に。
富 ユタカ @lkj777 2011年3月22日
#hijitsuzai このタグでも論じられてきたところ。写さないべきとか写してほしくないというのは全く論外。報道はあなたのレストランではない。報道は現実を報じるものだから凡そ注文できると思っている時点で誤っている。そこは緊張関係であり、それならニュース以外のコンテンツを見るしかないと思う。ただ、日本の場合ニュースに事実ではなく感情や価値観が混ざっており、事実ではなく「感情」を報じている観はある。こうしたことを背景に議論も感情のぶつかり合いに進み不毛な結論に終わる。故に退屈で事実から遠い報道が成立してしま
岡一輝 @okaikki 2011年3月22日
災害に限った話ではないけれど「ショッキングな事実は、いつしか否応なく突きつけられる」という認識があるかどうか、という事なのでは。
岡一輝 @okaikki 2011年3月22日
「ショッキングな事実は、いつか否応なく突きつけられる」という認識がある社会では、それが起こる前に、その時どうするべきか、どう考えるべきか、それぞれの個人が準備していて当然、と考えるだろう。
岡一輝 @okaikki 2011年3月22日
だから、メディアも、どんなにショッキングな事実でも、伝える事ができるし、視聴者も、メディアは時にショッキングな事実を伝えてくる物だと、そう認識しているはず。
岡一輝 @okaikki 2011年3月22日
では、日本では「ショッキングな事実」に対して、メディアはどう行動するものと認識しているのか? おそらく……「そんなこと、考えたこともない」というのがまあ大多数だろうなあ。メディアが事実を伝える前に、それを受け止める側の準備がまるでできていない、と思う。
多摩川 わたる。 @shekarashika1 2011年3月22日
本当に辛すぎる写真。でも現実。 RT @kenichiromogi: 「これから流す映像は、人にとっては辛すぎるものかもしれません」そんな警告を日本のメディアで聞くことはほとんどない。何かが規制されてしまっている。 CNN.com: Emotional goodbyes at funeral - http://bit.ly/fn6G7d
ナカバヤシ @nakabayashi_135 2011年3月22日
報道の仕方次第だと思う。このように現実のリポートとして予め警告をしたうえで淡々と流すのならば反対しない。ただ、日本でよくみられるワイドショー的な報道で如何にもお涙頂戴的にいじって報道するならば、猛反対。
時計じかけのミカン @mkn_inv 2011年3月23日
賛成と言う人の多くは、現実に死体なんか見た事ないんじゃないかな。私は介護という仕事上、野垂れ死んだ人を何度か見た事があるが、あれを子どもを含む不特定多数に見せて良いとは全く思わん。
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年3月23日
見た事が無い人云々は賛成だけど、こどもを引き合いに出すことについては、マンガ規制条例みたいに「子供にはなにを見せないべきか」という別の話が多々関わってくるので、単純な感情論だけでここで言及するのは止めた方が良いと思う。
Crystal @RX_93 2011年3月23日
辛いケド、事実を受け止めて、現実を見ないと。 心にドカンときた。 いいところだけ見たって現実を知ることにならない。
ろぷろす @rop_ros 2011年3月23日
RT @k_takanon: 死を禁忌として遠ざけてしまえば、現実感が無くなってしまう。NYTimes.com のこの写真 http://goo.gl/LKZiK やこの写真 http://goo.gl/v5gUU には言葉を失いました。が、これ.. http://togetter.com/li/112485
紫 敦司 @atsushipurple 2011年3月23日
「現実を目にしないと"痛み"は分からない」というのは、「それだけ想像力が無い」ということの裏返しでもある。そして世の中には、そんな「"痛み"への想像力が不必要なまでにあり過ぎる」人というのも居る。そんな人たちにどう配慮するかが重要じゃないかな
紫 敦司 @atsushipurple 2011年3月23日
また、当たり前だけど、同じ"残酷なもの"を見ても、それで感じられる事には個人差がある。本当に残念なことだけど、「自分のグロ耐性自慢」にしか使わない奴だって、確実に居るよ。
意識低い鳥 @FreeFighter__jp 2011年3月23日
死体の映像を流すことが良いかどうかは判らないけど、少なくとも糞クダラナイ芸能人による震災へのコメント垂れ流すよりは、有意義なんじゃないかな?とか思う。
坂東α @bando_alpha 2011年3月25日
それはまあ、震災情報の第1の熱心な視聴者は被災者であろうことを考えれば、苦しいんじゃないですかね。元々死体の映像は中々地上波で出ないですよね。歴史的事情で。