10周年のSPコンテンツ!
38
清貧 @seihinop
読書初心者は何から読み始めたらいいんだろう。きっと年齢によっても違うだろうな。 幼児や小学生ならみんな研究してるだろうけど、中学生、高校生、大学生、20代、30代、40代…読書習慣が無い人間が歳をとってから初めて読書に取り掛かろうと思ったら、何から始めるのがいいのだろう。
清貧 @seihinop
文章を読み慣れてない、読解力が低い、長時間の読書はできない。その辺りが前提条件かな。 文字は一通り読めるが、語彙は多くないと考えられる。
もりーゆ @minmisugi
@seihinop 長い文章を読み慣れていないなら、星新一氏等のショートショートは如何でしょうね。 趣味が合いそうなら詩集やエッセイ集なども。
清貧 @seihinop
大人向けの読書のすすめも世の中には結構あるんだけど、本当に読書の初心者に勧めるには難しいものが多い気がする。 「大人だからこれぐらい読めるだろう」とか、「大人ならこれぐらいじゃなきゃ、勧めるのも勧められるのも恥ずかしい」とかいう意思が働いていそうな気がする。
清貧 @seihinop
@capulega 確かに、大人向けのラノベ感。
清貧 @seihinop
@minmisugi それなりに読解力がないと意味不明な恐れもありますけど、読みやすいでしょうね、星新一。
なんかる、🛳🍵 @nancal_2000
@seihinop その人が見た映画の原作(乃至ノベライズ版)あたりですかね...? 知っている話ならとっつきやすいと思います。
えて虎@死なないように生きる @Fruits_of_Lotus
@seihinop 星新一 ですかね 短く、平易な表現で、大人の鑑賞にも耐えうる文章だと思います
清貧 @seihinop
@nancal_2000 取っつきやすいが、原作は読みやすいかというと微妙で、ノベライズはそもそも面白いかというと微妙なんですよね…
ウズ @uzu85
@seihinop 最初の読書、アンデルセン童話などは?
Maru🐞 @hobbyaka123
@seihinop こんばんは 東野圭吾とかどうでしょうか? 実写化されているものも多いですし
清貧 @seihinop
星新一さんという意見か結構ある。一話一話が短いし、面白さは折り紙つき。 だけど…読解力が足りないと、読んでもきょとんとしちゃう恐れはある。文章を読み慣れてないというのは恐ろしい。 同じように詩集も、感性に訴えるものだけに、言葉を読み取る能力が足りないと面白くもなんともなかったり。
ともなりたすく @1103cl
@seihinop そのレベルだと、漫画から読んでもらうのはどうですかね…?
もりーゆ @minmisugi
@seihinop 星新一氏のショートショートは難しい言葉を殆ど使わないですから、その点はオススメですが、作品により読解力が低いと難解なものも確かにあるでしょうね。
くらへ @Kurahe_U
@seihinop 1度、好きなだけ本屋さんに居てもらい、これだと思った本がその人向けですかね。雑誌だって読書。野草写真集だって読書。年齢どころか人によってですもの勧める人は大変ですね。個人的には、どの年代でも絵本だと思いました。
𒁀𒀊𒅋𒌋Ⅲ @palomino3rd
@seihinop 現在流通してる書物自体があるか確認してませんが、例えば男性でしたら『三国志』を平易にリライトしたようなものなどはいかがでしょうか。 結果的に長編ではありますが、引っ掛かりがありさえすれば作品に没頭できるような。
石宮鏡太郎 @isimiya9
@capulega @seihinop それ実は素晴らしいアイデアなのでは、、、! 表紙だけで完結する話を書いておきましょう!
清貧 @seihinop
漫画や童話からという意見もある。 ただ、相手は大人なので、プライドという厄介なものがあるのが難しい。 本人が「読書したい!」と思った時に、「読書してる!」って満足感がないと、ハマりにくい。 読書慣れしてない人は、漫画や童話を自分で読書と認められない恐れがある。
にゃん @flugel_yumi29
@seihinop こんばんは。 でしたら著名人のエッセイなどどうでしょう?口語に近いですし、好みに合わせやすいのでは……?
☕petty_bonitas🍰 @petty_bonitas
@seihinop そういえば英語や数学は大人でもやり直しは恥ずかしくない(と思う)のに、読書は出来て当然という雰囲気はありますね。
清貧 @seihinop
@amabile2919 エッセイは取っつきやすいかもしれませんね、口語体もポイントなのかも。
寿 @kotobukifont
@seihinop わかりやすい小説とかじゃないすかね。歴史に詳しい人なら時代小説が、バックボーンも理解出来ていいでしょうし、映画好きな人なら映画化された作者の別作品とか、読むという行為以外にも自分の知識と接点あるものが個人的には良い気がします。
りんたろう @fffffabtr
@seihinop 大人なら物語性があるものより、読みやすい新書がいいんじゃないかなって思うんですけど
残りを読む(306)

コメント

成田 英人㌠ @sheep_counter 2017年9月10日
自分の場合昔は読めていた本が読めなくなって困っているので、これは難しい…
奥山犛牛 @bogyu 2017年9月10日
少年の読書「三国志(吉川英治)」、青年の読書「デカルト・カント・ショーペンハウエル・ニーチェ・カミュ・ドストエフスキー・etc. (若いうちは難しいのに挑戦すべき)」、中年の読書「山岡荘八・山本周五郎・司馬遼太郎(中年過ぎたら無理は禁物、無茶をすると老眼が進む)」。これが私のおすすめ。
奥山犛牛 @bogyu 2017年9月10日
このまとめは、読者の知性をみくびりすぎだと思う。あなたが読めたのなら他の人だって読める。自分が面白かったものを薦めれば良い。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年9月11日
読書する習慣のない人は、まず1000字以上のテキストは読めないから、「自分が面白かったものを薦めれば良い」というのは無理です。
奥山犛牛 @bogyu 2017年9月11日
ontheroadx 活字自体に慣れてない人ならそうですね。しかし、「専門書や論文は読むが小説は読まない」という人もたくさんいます。ここのコメント欄もそうだけど毎日ネットで大量のテキストを読んでいる人もいます。読書の習慣がなくとも読解力がないとは限りません。
茨木自動車 @shinato56 2017年9月11日
短い、登場人物が少ない・そもそも記号化されている、退屈ではないって点から、やっぱ星進一のショートショートかなぁ。 文学作品やら長編やらを勧めるのは、長い事点滴のみで食事を摂ってなかった人に、いきなりステーキやら食わせるような物かと。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2017年9月11日
星新一が無理なら、もうその人は一生漫画や絵本を読んでればいんじゃないですか。あるいはテレビ映画動画の映像作品。書いてないことを想像で補い映像を脳裏に作ることができないから文章が理解できないわけで、不要な情報を極限まで削った星新一はまさにその訓練の入門書として最適だと思える。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2017年9月11日
余談ですが、文章から情景を脳裏に再構築できない人は、描写を逐次されることを好む(というかそうでないと理解できない)から、その結果文章全体として矛盾が生じ元の情景が存在不可能な支離滅裂な文(リアル鬼ごっことか)でも読みやすいと感じる。脳内で構築しなくても現物が提示されるからという意味で、挿絵が多いと読みやすく感じるのと同じ。だけど、そこを抜け出さないことには、そういう本しか読めなくなる。……いや、別に読めないなら読めないで別に構わない、というなら個人の自由なのでそれでいいんですが。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2017年9月11日
「文章を読み慣れてない、読解力が低い、長時間の読書はできない。その辺りが前提条件かな。」という明確に書いてある前提条件を読み飛ばしてる人の言う読解力とは。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年9月11日
まあ仕事ならいやいや、長めの専門テキストを読むかもしれないけど、ネットの長文テキストのように見えるものって、単に短いテキストがいくつかゆるく繋がっているだけなんで、いくら読んでも読解力はあがらないのです。ていうか、1000字のテキストをちゃんと読めれば読解力はあるほうになります。
奥山犛牛 @bogyu 2017年9月11日
Clearnote_moe だから見くびりすぎだと言っているわけですが。口に出して言わなくても「あなたは読解力が低そうだから」という理由で薦められた本など、少なくとも私は読みたくありませんが。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2017年9月11日
bogyu 前提が「読書習慣が無い人間が歳をとってから初めて読書に取り掛かろうと思ったら、何から始めるのがいいのだろう。」なのだから、あなたが読みたくないと思おうがしったこっちゃありません。対象ではないので。まとめの一番最初のツイートが意味するところを全く理解してないのに読解力といっても説得力皆無ですよ。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2017年9月11日
カミュやドストエフスキーの小説はまだしも、いきなりデカルトやカント与えられたら「俺の人生に読書は必要ない」になる可能性のほうが高い気がする。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年9月11日
センター試験の現代国語で5000字以下なんでまあ、だいたいそのくらいの文章の読解力があれば大学に入れることになります。
奥山犛牛 @bogyu 2017年9月11日
Clearnote_moe 確かにいきなりデカルトやカントはないですね。その部分は「青年は背伸びした読書をすべき」という私の持論なのですが、このまとめの趣旨には反していました。しかし、いきなり司馬遼太郎は全然OKだと思うし、相手の能力に合わせて本を薦めるなど傲慢であって、「面白いから薦める」のが本来だと思います。
oxoxxoox @opoxint 2017年9月11日
全く読書をしてこなかった人、といってもそれまでの人生でどんなメディアを触れてきたかで勧める所が変わりそうかねえ。 TVやゲーム辺りの映像メディアに触れてきたならビジュアルノベル(ノベルゲー)辺りから慣らしていくというのもありかも
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2017年9月11日
bogyu 発端の話って、幼児に読書をさせるステップアップは研究されていて「絵本の読み聞かせなどから入り、動く絵本などで本人に読ませ、児童文学などを与える」などが確立しているが、それを経ないで(あるいはドロップアウトして)読書から離れたまま大人になった人が、必要からの読書ではなく娯楽としての読書をしようとしたときに、どういうステップを踏むのが良いだろうか、という問いかけなんじゃないんですかね。能力合わせるのは必須だと思いますが。普通の意味での「お薦め」とは質が違うので。
小判@忘れないあの日の歌と空 @asami_konno 2017年9月11日
図書館での話なら「大活字本」で「1巻で終わる」ものでいいんじゃない? その前提ならば選択肢はそんなに多くないだろうし
小判@忘れないあの日の歌と空 @asami_konno 2017年9月11日
「大人のプライド」とかいうモノを捨てられるなら国語の教科書から始めたらいいよ。そんで興味持った作品や作家に展開すればいい。 まとめでよく名が挙がってる星新一だって、教科書や試験問題で触れて興味持った人少なからずいるっちゃろ?
乞い戀 @monodoraneko 2017年9月11日
元々興味のあるものが題材で、厚すぎず、字が細かすぎず、一文が長すぎない、とかかなぁ。普段漫画は読まないけど、自分が興味があることが題材だと読む、って人は結構多いし、読解力に関わらずなんとなく分かる部分が増えるし。 全部読まなくてもいいし、全部を読んで分かろうとしないでいいってところから始めるのがいいと思う。読みやすかろうと趣味が合わなかったら苦痛だし
LCO @f_lco 2017年9月11日
小説原作の漫画→原作小説 の順番で読ませれば大体なんとかなる気がする 最初は「面白い漫画ダヨー」って触らせてからの、「これ、原作小説も良いねん」で畳み掛ける
HWS Mk-1 @HWShosii 2017年9月11日
んー難しい、40代上なら鬼平犯科帳とか池波正太郎はどうだろうか?漫画版も有るしプライドも満足させらそうだから良さそうな。もうちょい若い層ならシャーロック・ホームズとか。でもまとめ2個目の条件を達成してるはずの人間に星新一が駄目って言われるとうーん
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年9月11日
「本を読んでない大人が適当に本を手に取る」という状況を継続してみる機会あったんですが、小話集・ジョーク集とかがけっこう受けてましたよ お笑い番組が人気のように、普遍性や一般性もあるし、短いから拾い読みができるしで。
フローライト @FluoRiteTW 2017年9月11日
フィクションにするなら日常生活や一般常識からかけ離れていないモノがいい。「〇×設定」とか「架空」みたいな概念はある程度蓄積したものが無いとついていけない。専門用語があるのもツラい。SFやファンタジーは初心者向けではないし、新本格すらもダメ。
フローライト @FluoRiteTW 2017年9月11日
読む習慣のない人の興味を維持するには「今抱えている漠然とした疑問や不安に触れるもの」みたいなテーマがある方がいい。死生観とかお金とか。なにかしらの指標みたいなのが描かれていると、それが読み進めるカギになる。なんというか「今俺は大事なことを学んでいる。吸収しているぞ」みたいな感覚が得れるヤツ。 戦国大名つかったビジネス書とか売れる理由がよくわかる。
三角頭 @JHBrennan 2017年9月11日
上でも挙げられていたが、不要な情報を極限まで省いてそれでも最長で数ページ内でオチまで持っていく星新一ショートショートがおすすめ。 背伸びした勘違いが無理に難解な表現の話を勧めているが、アイザック・アジモフのように、単純明快な表現をする能力が無い作者は極狭い範囲の人間が悦に入るぐらいしかならない。 それを勧める時点で他人の話を理解できないか、理解する気がない。
三角頭 @JHBrennan 2017年9月11日
アイザック・アジモフは作中でも、自分は小説でも下顎解説書でも単純明快な表現を心がけている。こう言っている。 アジモフはそれを自分の頭が単純明快だと言うが、その裏には人並み外れた読書量とそれを理解してまとめる表現力があるのだ。 それが無い人間程、他人に伝えられない表現で伝えようとする矛盾を生じている。
Chariot @BLACK_RX_24 2017年9月11日
ヘイどうぞ つ[姑獲鳥の夏]
五月くゆり @kuyukuyurin 2017年9月11日
東海林さだおの『丸かじり』シリーズだな。
エロラク @eroluck 2017年9月11日
相手にも依るから難しい。ドラマ好きならドラマのノベライズでも原作でもいいから、本人が興味持てそうなのから始めるのがいいのかも。 故に学生にはアニメ原作になりやすいラノベなんや。いきなり京極夏彦読み始める子は勝手に読むし。
@meltyblue 2017年9月11日
普段本を読まない人に星新一は、案外難しいのではないかと思ってる。ジャンルがジャンルだから、SF業界では説明不要のワードがさらっと出てくるし、短いから一つ、二つと読めるけど、それ以上続けられないみたいな事になるのではないかと。
kn @darks508 2017年9月11日
読書習慣がない人に読書習慣をもつよう俺の薦めで変えてやりたいって結構おこがましい話だと思うんだけどなあ。「大人」「子供」「本を読む人」「読まない人」って世界を分けて考える人には、それを薦められて与えられる人のウザがる気持ちをまず理解するところが必要に思う。
KSK @MprojectKSK 2017年9月11日
発作的座談会みたいな小説じゃないやつ読ませればよくね
kou1tw @kou1tw 2017年9月11日
このまとめは読書行為そのものが目的だからちょっと違うけど、興味の範囲から攻めるしか無い気がする。
熟玉@にたま @nitama58 2017年9月11日
その人の興味ある分野のエッセイが1番だと思うんだけど、小説限定なのか?興味ある分野の事を書いた小説とかもいいと思うけど、活字読む人と活字読まない人の認識がそもそもすごい違いすぎる場合もあるから油断できないwww
みこい @mikoi_72 2017年9月11日
読書の習慣が全くないけど漫画は読むっていう人には、魁!!クロマティ高校なんか文字を読む練習になっていいかも
ぽんこつ @ponkotuyarou403 2017年9月11日
何を勧めるかより先に何に興味があるかが重要だと思うのだけれど。SFに興味が無い人にSFを勧めても仕方ない。興味さえあれば後は勝手に厚かろうが読み進める。
kartis56 @kartis56 2017年9月11日
習慣のない人に勧めても、そのうち読むからで終わるから無意味
よもやま@垢変しました。 @yomoyamawara 2017年9月11日
内容が興味あればだいたい読み通せると思うので面白かったやつのあらすじ読ませて選んでもらうというのはどうか
れがっぽいやつ @legappoid 2017年9月11日
エッセイや紀行本みたいな掴みはOKでサクッと読めてみたいなルートか、仕事とか実用に役立つ新書やらハウツー本ルートで文章に慣れてもらってからの、関連分野、関連作家の小説勧められそうなら勧めていけばいいんでないかな?「自分が読みたい」ものしか人は基本読まないから如何に興味持ってもらえるかが大事かと
奥山犛牛 @bogyu 2017年9月11日
JHBrennan 星新一もアシモフも大好きだし人にも薦めるが、それは面白いからであって、読解力が低い人でも読めるからではない。他人の知性を不当に低く見積もって「これくらいなら読めるだろう」などというのは相手に対しても作家に対しても失礼だろう?
奥山犛牛 @bogyu 2017年9月11日
とはいえ、読みやすさの違いってのは確かにあるよね。上で一部やたら難しいのを挙げたのは青年期がそういうのを読む最後のチャンスだから。40代で初めてカントを読んですんなり頭に入ったら変態としか言いようがない(笑) ただ、すでに書いたがこのまとめの趣旨には合っていなかった。それは謝る。
奥山犛牛 @bogyu 2017年9月11日
あと、吉川三国志も山本周五郎も司馬遼太郎もまったく難解ではないのだけど、もし読みにくさを感じる人がいるとすればそのフレーバーに対してだろうね。逆に言えば味付けが好みにあうなら読みやすいはず。食わず嫌いをしている人が多すぎる。
numa @numa2666 2017年9月11日
「大人のプライドがあるので子供向けはダメ」「長文はダメ」「文字から情景をイメージできない」人が対象。既知の登場人物が出てくる、短い、(SF/ファンタジーのような)設定に飛躍のない、知識を必要としない、以前のシーンを覚えなくてよい、というハードルの馬鹿高い文章が必要。星新一/ラノベはSF/ファンタジーだし、推理小説は話が込み入っているし、エロ小説は独特の表現(しかも作家ごとに違う)を理解できないといけないので、実はハードルが高い。となると、有名人の対談くらいでしょう。
影山影司 @apto117 2017年9月11日
知能のあるなしに関わらず文章を読むというのは1つの技術なんだけどな。音楽や絵画で初心者向けのものから段階を経て上達していくように、文章に不慣れな人間に対して読みやすい文章から勧めるのは当然だと思うけど何故そんなに嫌がるんだろう。
奥山犛牛 @bogyu 2017年9月11日
apto117 そうですね。語学みたいなものと考えたら最初は易しいのからというのが当然かもしれません。ただ、私は易しい本を薦めるのに反対しているのではなく、難しすぎるからと薦めないことに反対しているのです。というか、司馬遼太郎は別に難しくないでしょう。
独壇場B-T @dokudanjobt 2017年9月11日
今までに出会ったことのある「読書習慣のない大人」がどの程度のレベルかによって、コメントの内容が変わる気がするな。私の考えたレベルは、庫内作業のバイトで会った人で、工場の食堂で本読んでたら「みなさーん!ここに本読んでる人がいますよー!天才がいますよー!」と囃し立てた人レベル。勧めるのは凄く難しいなと思った。
いこ @oociicoo 2017年9月11日
読書習慣がない人は新聞のコラムみたいなのも読まないレベルなんだろうか。社会面の記事も読まないとなると、もう読書を薦めることそのものが無理な気がする。新聞だけは読むという人にはノンフィクション短編集(?)はどうだろう。「死体は語る」みたいなやつ。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年9月11日
小説みたいな物語ある奴じゃなくて、向田邦子のエッセイみたいなものがおすすめかな。あるいは複数の人のが入っている文藝春秋編・巻頭随筆とかどうでしょう。
草冠に西 @cuervo9 2017年9月12日
言われてみると本って不親切な仕組み。中に何の字が詰まっているかの説明を字でしてあっても字からイメージできない人には余計わからない。他メディアの原作&ノベライズが挙げられているのはその意味では解決になりそう。面陳棚からジャケ買いしてもらうのもありか
草冠に西 @cuervo9 2017年9月12日
文章がどんなに平易でも「描写」という手法でつまづくと思う。小説なら会話のみの携帯小説、実用・ノンフィクションならむしろ対象への著者の愛とか書いてない固いやつ、あと対談(これも会話のみ)とか
foxhanger @foxhanger 2017年9月12日
まとめを更新しました。
Turbo @turbo81314 2017年9月12日
池上彰さんの本。
風祭摂津 @s_kazamaturi 2017年9月12日
すきなジャンルまで絞らないと何を薦めたらいいかわからないな。好きなの読めば? 位しか。
シーライオン+@浮上 @sealion0313 2017年9月12日
学歴も高く知的レベルもぜんぜん低くない知人の本棚に学術書とハウツー本、数冊のエッセイしかなかったのを見たとき、あーこれが読書する習慣のない人の本棚か、と納得した。他人の書いた文章に「知識を補填する」以外の価値を見出さない人に小説を勧めるのは、文章に触れる経験自体が少ない人に勧めるより、ずっと難しい。
foxhanger @foxhanger 2017年9月12日
sealion0313 読書の機能には「知識を補填する」というのもあるし、読書は小説を読むことだけじゃないとは思います。
シーライオン+@浮上 @sealion0313 2017年9月12日
foxhanger 目的を補完する手段として本を読む、というのは、ここで揚げられている「(狭義の)読書」には当たらないと思うのです。料理を作るためにレシピ本を見るとか、電気製品の使い方を知るために取説を読むという行為は「読書」とは言わないですよね? 本を読むことそのものが目的、そんなのが「読書」な気がします。前コメが言葉足らずでうまく伝わらなくて、すみません。
るいせ @ruise2 2017年9月13日
ホームズは読みやすいよなんだかんだで。 ラノベならキノの旅だなあ
通りすがりのだいこん @KansaiF 2017年9月13日
ラノベの表紙カバーを外して、本屋の無地カバー付けて渡せばいいと思うの。
通りすがりのだいこん @KansaiF 2017年9月13日
読書経験のない人は存在するかも知れないけど、文章を読みなれてない人は居ないでしょ、このネット時代で。ツイッターの纏めだのラインの記事だの、幾らでも文章読んでるけど、小説は嫌だってだけの話でさ。他の媒体で小難しい理屈の話も見慣れてるだろうし、ラノベの平坦な文章で中身の濃いのを出せばいいと思うけどなぁ。
眼鏡猫 @scope_cat 2017年9月16日
「パワポでプレゼン資料作成する勉強のためです!」というふりをして「なるほどデザイン」https://www.amazon.co.jp/dp/4844365177/ 「伝わるデザインの基本」https://www.amazon.co.jp/dp/4774183210/ あたりから読んでみるとか。絵がついてるから文章が何を言いたいのか視認しやすいと思うし。ちょっと高いけど…。
眼鏡猫 @scope_cat 2017年9月16日
あと、日刊工業新聞社の「今日からモノ知り」シリーズ(トコトンやさしい〇〇の本)http://pub.nikkan.co.jp/books/search/series:001 は、完全な門外漢を想定してるからわりと読みやすい気がするし大人が読んでても恥ずかしくない気がする。工学書だけど…。
眼鏡猫 @scope_cat 2017年9月16日
あと、英会話の本で、対訳の日本語がちゃんとついてるやつとかもいいんじゃないかなぁ…。 「ムー公式 実践・超日常英会話」https://www.amazon.co.jp/dp/4054065805/ とか…。
眼鏡猫 @scope_cat 2017年9月16日
…。あと、土門拳「風貌」https://www.amazon.co.jp/dp/4096811521/ みたく有名人の顔写真がばーんと載ってるエッセイとか、前野ウルド浩太郎「バッタを倒しにアフリカへ」https://www.amazon.co.jp/dp/4334039898/ みたいな実録ものとか…。小説ってハードル高い気がする…。ラノベも最近はオタク教養必須みたいのも多いし…。「え?魔法陣ってタテヨコナナメどこをとっても数字の和が同じ奴とは違うの!?」みたいな。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする