10周年のSPコンテンツ!
1
往古来今(元融点0) @youten0
1)菅野完の #凍結 について、かなり彼に対して甘い考え方をしていたけれど、今日、少し考えてみた。「氏ね」「氏ぬべきである」という台詞について。で、「…やっぱ凍結は妥当だな」という結論に至った。続
往古来今(元融点0) @youten0
2)又吉イエスという人物が居る。この人は税金で設置がなされている選挙ポスターで「腹を切って氏ぬべきである」とか公言している。あれは許されていて、SNSで「氏ね」「氏ぬべきである」は許されないのか?又吉イエスが許されて菅野が許されないのはおかしい、は、一考の余地はある。実際考えた続
往古来今(元融点0) @youten0
3)…で、あまり問題を主観的にし過ぎるのは良く無いなとも思うんだけど、「自分が言われたらどう思うか」を考えてみた。やっぱ言われた被害者の身になるのは、必要な思考実験だから。続
往古来今(元融点0) @youten0
4) 又吉イエスに「融点0(実名に置き換える)は氏ね」と言われる…怖く無い 又吉イエスに「融点0(実名)は氏ぬべきである」と言われる…怖く無い 菅野完に「融点0(実名)は氏ね」と言われる…怖く無い 菅野完に「融点0(実名)は氏ぬべきである」と言われる…【怖い】
往古来今(元融点0) @youten0
5)「氏ね」より「氏ぬべきだ」って台詞の方が、菅野完のような人間から言われる台詞としては、怖いし、実害がある。「氏ね」は菅野完が自分の手で○す事は考えられないから怖く無いし「汚い罵倒」止まりだけど、「氏ぬべきである」は、6万人フォロワーにどんな人間が居るか分からない以上、怖い。続
往古来今(元融点0) @youten0
6)例えばビートたけしとかが社会評論する時に、「○○という政治家は氏ぬべきなんだよ」と言ったら、触発されたテロリストとか出かねない訳でしょ。影響力ある人が「氏ぬべき」とか、やっぱり「汚い罵倒」の域を越えているよな、と思う。実際「そういう事」が起きたらどうするの?っていうね。続
往古来今(元融点0) @youten0
7)で、ツイッター社も色々考えたんだと思うよ。で、完全に想像なんだけど、「氏ぬべきだ」って台詞に触発された暗殺(未遂)・破壊行為などが起きた場合、会社として責任取れるか?って事まで考えたんじゃないかな。これを議論の俎上に乗せたら、「凍結」って結論以外見えないよね。続
往古来今(元融点0) @youten0
8)「6万人もフォロワーが居るほどの著名人なのに、言論を制約していいのか?」じゃない。その6万人の中には、実際に菅野に触発されて殺人・強盗・破壊行為をしかねない人が居るかもしれない。菅野完には「6万人のフォロワーが居る人間が持つべき想像力が欠けていた」と思うべきなんだと思う。続
往古来今(元融点0) @youten0
9)ここで大事な但書。「ノンフィクションとフィクションには大きな責任の差がある」事は強調しなければならない。「刑事ドラマ見たら、アニメ見たら、犯罪に走る人間が出るかもしれない!規制しなければ!」に対しては、「フィクションは表現の自由だよ」でOK。 菅野完はフィクションじゃない。

コメント

ゴマすりクソバード@たつき監督を返せ! @animefigure3d 2017年10月17日
一企業が持つプラットホームと、公的なプラットホームでは許容されるレベルが違うと考えるべきなのでは。代替となる他のサービスが存在する企業提供のミニブログでは、それぞれの企業が独自の基準で利用者・顧客を選別できる(当然顧客も企業を選別できる)。一方、公的な選挙は替わるものがないので最大限言論の自由が保持される。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする