Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

知らなかった!甲状腺がんのあれこれ

「がんは早期発見早期治療」私はそう思い込んでいました。 母の大腸がんの発見が遅れたこともその思いを強くした要因でした。 でも、がんによっては、 早期発見早期治療が必ずしも患者のメリットにならないことがあることを なんと近頃知りました。 続きを読む
34

原発事故後、福島県では甲状腺検査が行われてきました。
来年の3月で事故からまる7年になります。
検査を実施する中で様々な問題点が指摘されるようになってきました。
私は検査をどうすべきなのかということをここで論じることはしません。
ただ、甲状腺がんというがんの特徴を知ることは大事なことだと思っています。
甲状腺がんについて新たにわかったこともあるようです。
そこで、メモとしてまとめました。
     

あふらん/afran @pinwheel007

「がんは早期発見早期治療」私はそう思い込んでいた。母の大腸がんの発見が遅れたこともその思いを強くした要因。でも、がんによっては、早期発見早期治療が必ずしも患者のメリットにならないがんもあることをなんと近頃知った。甲状腺がんの特徴をまず知ってもらうこと、そこが第一歩だと思っている。

2017-12-03 10:12:13

以下のツイートは、
こちらに↓書かれていたことの中で私が把握しておきたいなと思ったことです。
    
【10分でわかる甲状腺がんの自然史と過剰診断】
大阪大学大学院医学系研究科甲状腺腫瘍研究チーム
http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/labo/www/CRT//OD.html
        
なお、これはメモのつもりなので、
リンク先の全文を読んでいただくのが一番いいと思います。
    

あふらん/afran @pinwheel007

がんという病気は、早く見つけて早く治療すること、すなわち早期診断・早期治療が常識とされてきました。ところが最近、甲状腺がんにおいて・・・なぜかある程度で成長を止めてしまうため一生患者に悪さをしないものが多数存在することが証明されるようになりました。#memo med.osaka-u.ac.jp/pub/labo/www/C…

2017-12-03 14:21:46
あふらん/afran @pinwheel007

患者を殺してしまうような甲状腺がんは若者に高頻度で見られる小さな甲状腺がんではありません。中年以降突然発生し、最初の増殖が極めて速いため見つかった時点ではすでにかなりの大きさになっているようながん(これを高齢型甲状腺がんといいます)#memo med.osaka-u.ac.jp/pub/labo/www/C…

2017-12-03 14:28:39
あふらん/afran @pinwheel007

若年型甲状腺がんと高齢型甲状腺がん 中年以降突然発生し、最初の増殖が極めて速いため見つかった時点ではすでにかなりの大きさになっているようながん(これを高齢型甲状腺がんといいます)、これらは若年型甲状腺がんとは全く別物と考えられます。#afrmemo med.osaka-u.ac.jp/pub/labo/www/C… pic.twitter.com/wpaAtOwhNR

2017-12-03 15:08:41
拡大
あふらん/afran @pinwheel007

超音波でしかわからないような甲状腺がんは子供のうちからできているのですが、その多くは途中で成長を止めて臨床的ながんにまで進展しないのです。#memo med.osaka-u.ac.jp/pub/labo/www/C…

2017-12-03 14:25:00
あふらん/afran @pinwheel007

従来若年者の甲状腺がんは首に大きなしこりがある、レントゲンで転移がある、等、既にかなり進展した状態で発見されてきました。それでも治療に対する反応性が良いので、甲状腺がんが原因で死亡することは極めてまれであったのです。#memo med.osaka-u.ac.jp/pub/labo/www/C…

2017-12-03 14:33:23

    
大阪大学大学院医学系研究科甲状腺腫瘍研究チームの指摘です。

【若年者の甲状腺超音波スクリーニングの問題点】
若年型甲状腺がんを超音波検査で早期に見つけるメリットはありません。
・・・
甲状腺がんがいかに経過の良いがんだといっても、
世間一般には普通のがんと同じと見なされます。
若いころに甲状腺がんと診断されてしまったこどもは
これから何十年もその十字架を背負って生きていかねばならないのです。
「見つけて手術すれば助かるんだから」
といった安易な考えで見つけたり手術したりすべきではない病気なのです。
http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/labo/www/CRT//OD.html
      
               
ほかにも甲状腺がんに関する情報はたくさんあると思います。
いろんな情報が流れます。
混乱する方もいらっしゃると思います。
そんな中、
大阪大学大学院医学系研究科甲状腺腫瘍研究チームがもたらしてくれたこの情報は、
「そういうがんもあるのか」という驚きでした。
私が今まで持っていたがんに対する考え方は狭かったんだなと思いました。
がんとひとくくりにはできないのだなと思いました。
  

コメント

あふらん/afran @pinwheel007 2017年12月3日
がんとひとくくりにはできないんですね。甲状腺がんの特徴をまず知ろうと思い、メモとしてまとめました。
3
neologcutter @neologcuter 2017年12月3日
http://archive.is/2aQQG 「被曝の影響がまだよくわかってない」と言うとぼけた #反原発 いるけど、それだったらなぜ甲状腺ガンが被曝由来と言い切れたのか?っつー話だよね。
3
neologcutter @neologcuter 2017年12月3日
結局 #反原発 がさんざん甲状腺ガン(特に若年型)を煽ったのは「ガン」という言葉のインパクトに頼って扇動しようとしたからでしょうね。
3
あふらん/afran @pinwheel007 2017年12月4日
まとめを作った後「私もあなたも、死んだ後解剖したら甲状腺がんがあった、そういうことがあるかもしれないんだね。子どものころにできたものが、悪さをしないまま一生を終えるということもあるんだね」と夫と話しました。
2
nao @parasite2006 2017年12月5日
こういう情報こそ福島県立医大がホームページの甲状腺検査の解説ページに出して誰でも見られるようにしておくのが筋
2
tarako @AodamaSuika 2017年12月7日
代謝の落ちたお年寄りがガンと共存することはある(細胞が増える力が無いからガンも増殖できず、ガンが育つより寿命のほうが先にくる)ってのは聞いたことあるけど、細胞活性MAXな若い頃できたガンが途中で成長を止めるなんてのもあるんだなぁ。医学は日進月歩、今の知識を鵜呑みにせずに常に更新していくの大事だね。
2
あふらん/afran @pinwheel007 2017年12月28日
甲状腺がんの特徴について、以前私がまとめたものですが、再掲します。今日アップされた甲状腺検査に関する記事 https://synodos.jp/society/20846 を多くの方に読んでいただきたいです。
1
あふらん/afran @pinwheel007 2018年2月5日
甲状腺がんの特徴について、以前私がまとめたものです。再再掲します。甲状腺検査に関する記事 https://synodos.jp/society/20846 も多くの方に読んでいただきたいです。#afrmemo
1
あふらん/afran @pinwheel007 2018年8月5日
私は難しいことはよくわかりません。ただ、どんながんも早期発見・早期治療だ!と思っていたけれど、がんによってはそうではないがんもあるんだということを知りました。そして、このことは、自分や家族のためにも知っておくべきことだと思いました。
1
akiteru @akiteru000 2018年8月5日
この甲状腺がん検査が、反原発にとっての「最後の砦」なんだろうね。
0
あふらん/afran @pinwheel007 2018年10月6日
どんながんも早期発見・早期治療だ!と思っていたけれど、がんによってはそうではないがんもあるんだということを知りました。そして、このことは、自分や家族のためにも知っておくべきことだと思いました。
0
あふらん/afran @pinwheel007 2018年12月1日
【再掲します】どんながんも早期発見・早期治療だ!と思っていたけれど、がんによってはそうではないがんもあるんだということを知りました。そして、このことは、自分や家族のためにも知っておくべきことだと思いました。
0
あふらん/afran @pinwheel007 2019年6月4日
2017年のまとめです。どんながんも早期発見・早期治療だ!と思っていたけれど、がんによってはそうではないがんもあるんだということを知りました。そして、このことは、自分や家族のためにも知っておくべきことだと思いました。
0
あふらん/afran @pinwheel007 2019年7月2日
2年前にまとめたものです。「過剰診断」という概念を理解するのに私はかなり時間がかかりました。母を大腸がんで亡くし「がんはすべて早期発見・早期治療」とかたく信じていたからです。「過剰診断」についてすぐには納得できなくても「そういこともあるのか」と思っていただけたら。
0