グローブをつけないミャンマーの格闘技ラウェイလက်ဝှေ့に関するまとめのまとめ

日本では余りその存在を知ることがなかったミャンマーの格闘技ラウェイが紹介され本格的な興行を打つようになってから1年が経つ。 後楽園ホールを主戦場としてラウェイに挑む日本人が多数いたが顔を腫らしながら敢え無く負けを繰り返すということが続いた。 それでも注目度は高く、いつか勝てる日を夢見ていたのである。 因みに我が国のラウェイの王者は高橋奈七永と金子大輝と、そして大晦日那須川天心と対決することが決まった浜本キャット雄大である。
金子大輝 lethwei 格闘技 自民党 ミャンマー 浜本キャット雄大 高橋奈七永 まとめのまとめ လက်ဝှေ့
5
まとめのまとめ
まとめ 女子プロレスラー高橋奈七永、ミャンマーラウェイでKO勝利する! プロレスラーは強いんです! ラウェイは言わずと知れた危険な立ち技挌闘技。 全くのラウェイ初心者である高橋奈七永がミャンマーの地で挑む。 対戦相手はシューシュン・ミンで向こうでの高橋のリングネームはMOMOKOとなっている。 4137 pv 2
まとめ 世界一過激な挌闘技で知られるミャンマーのラウェイが後楽園ホールで開催される! 2016年10月27日後楽園ホールで日本初の危険と目される挌闘技が開催された。 ラウェイ(Lethwei လက်ဝှေ့)とは、ボクシンググローブを付けずにバンテージを巻いただけのほぼ素手の状態で挌闘するミャンマーの競技のことで、歴史は1000年続いているとされ、ムエタイと似てはいるが、頭突きや金的もありで判定勝ちのない全てKOというルールのもとで行われる。 プロレス団体ZERO1の運営会社であったファーストオンステージがこの試合を行う権利を獲得しており今回が初の興行となった。 それ故に、ZERO1やIGFで活躍する選手もこの試合を観に来ていたという。 因みに、K-1の王者のゲーオも観戦していたようである。 ※追記、現在のZERO1はドリームオンステージが運営を行っている。 4795 pv 1
まとめ 師走の翁、JKラウェイを描く! ラウェイは言わずと知れた危険な挌闘技。 JKプロレスを描いてきた師走の翁が今度はラウェイの模様を描くのであった。 ※ラウェイ部なんてあるのか…。 7537 pv 5 2 users
まとめ ラウェイ日本公演第二弾にIGFの奥田啓介が参戦する 前回に引き続き今回も日本でラウェイが開催された。 日緬対抗戦がメインであり、5人の日本人選手たちが参戦することに。 中でも本場ミャンマーでタイトルを獲得した高橋奈七永も前回に引き続き今回も参戦し、IGFで活躍していた奥田啓介も参戦することとなった。 2294 pv 1
まとめ 第三回ラウェイが開催されて 日緬対抗戦でもあるが今回はミャンマーVS多国籍もあってメインはミャンマー人以外の外国人による試合だった。 観客は途中から帰ることもなく閉会式まで観ていたと言う。 毎度の事ながら観客の関係者に刃牙の作者板垣恵介や桑野信義やレスリングの栄和人もいたという。 そして自民党の二階俊博幹事長から自民党杯と言うものが贈られるのであった。 2748 pv 2
まとめ 浜本“キャット”雄大、ラウェイでの入場曲に石川智晶のアンインストールを流す! 実は以前から入場曲として使用しているが、この曲が『ぼくらの』のテーマ曲で死ぬ気で勝つことを暗示していたかのようであった。 2173 pv
まとめ 日本で開かれるラウェイのファイトマネー1試合の方がMMAの試合の合計より良いとのこと ラウェイ大会も今回が5回目。 ヘビー級の試合が組まれたり、ムエカッチャVSラウェイの泰緬対決が行われたり日緬対抗戦は主軸ではあるが興行としては多彩であった。 2度目の出場となった渡慶次幸平は元々MMAのファイターではあるが、なんと今までの自分が出場していた試合のギャラよりもラウェイの試合のギャラの方が高いという。 よく考えて見れば国会議員や各種スポーツの重鎮やら有名人も観戦しており、メインの試合は自民党杯と言う杯が掲げられるのである。 この大会に一体どんだけのお金が入っているのだろうねえ? 4286 pv 1
まとめ 日本でのラウェイが一周年を迎える 人も入るし、補助金でどうやら運営されているようだし、ラウェイも今のところ勝ち組団体のイベント。 2001 pv 3
まとめ ミャンマーラウェイのヤンゴン大会に日本人選手が参戦する! 当初日本人はラウェイルールに慣れなくて常に顔を腫らしながら負けていたが、一年経って段々とルールに順応し勝利若しくはドローに持ち込むことが出来るようになっていくのであった。 2177 pv 5

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする