あいかの「ノベルちゃん三題」(2018年節分から)

自分が参加した「ノベルちゃん三題」の備忘録を兼ねた自作まとめ。基本的に自分の作品しか載せていません。(ただし競作・リレーなどで協力いただいた方の作品は例外的に掲載しています)
掌編 ログ ノベルちゃん三題 小説 掌編小説
kaleidevoiceok 987view 0コメント
2
ログインして広告を非表示にする
  • 『ノベルちゃん三題』とは

    半自動bot「小説妖精ノベルちゃん」( @fairy_novel )さんが企画してくださっている掌編小説の創作企画。
    ハッシュタグ「 #ノベルちゃん三題 」で参加でき、同タグで他の参加作品を読むことができる。

  • リンク twitter.com 小説妖精ノベルちゃん (@fairy_novel) | Twitter The latest Tweets from 小説妖精ノベルちゃん (@fairy_novel). あるじの創作活動を応援する半手動bot妖精です。個人運営のしがない妖精です。. 本の隙間
  • ノベルちゃんの出す「3つのお題」に沿って、ツイート小説を投稿する。もちろん前述のハッシュタグは忘れずに。(お題を提示したノベルちゃんのツイートを引用ツイートに使って参加する人もいるけど)

  • じゃあ、このまとめって?

    このまとめは、私が参加した『ノベルちゃん三題』のうち、2018年2月3日から続けているものを、ちょっとだけまとめたものです。

    それ以前に散発的に参加した「三題」の作品もありますが、それらは今から探すの大変なので、まずはここから。

    ちょっと気に入っているものから、う~んなものまで、玉石混合。

    軽い息抜きから、企画に参加したい人の参考まで、お気軽に見ていただけたら幸い。

    ただし内容は最新ものではない場合もありますので、そのあたりはご容赦ください。

  • ちなみに書き手は思い付きゆるゆるを信条に、この企画に参加しています。あまりキチンとした掌編小説というワケでもないので、感想などに関して、あまり厳しいものはご容赦いただきたく思います。(そらもーポッキリ折れちゃうタチなので、私)

    さらにぷち凡例として。
    この色の表記」はノベルちゃんがリツイートしてくれた投稿です。
    この色の表記」はノベルちゃんではないけれど、別の方がリツイートしてくれた投稿です。
    「↑」はその直上に掲載してある1ツイートのみに対するコメントです。
    「↓」はその直下に掲載してある1ツイートのみに対するコメントです。

    では、どうぞ。願わくば、ごゆるりとお楽しみください。

  • ぴっぴ@あいか @kaleidevoiceok 2018-04-12 22:03:32
    夜も遅くなった。朧月は高く輝く。明日は会社を遅刻するかもしれないが背に腹は代えられぬ。人一人担ぐのも大変だ。菜の花畑の片隅に穴を掘り、腐臭を放つ遺体を埋める。パワハラ、セクハラ、超過労働…心から腐ってたヤツだが、その分肥料には最適だ。今年は良い花が咲きそうだ。 #ノベルちゃん三題 twitter.com/fairy_novel/st…
  • ぴっぴ@あいか @kaleidevoiceok 2018-04-12 21:08:05
    思うよりも早く菜の花が咲いてしまった。慌てて研究所へと走る。そこに菌のサンプルを常温で置いていた。まだ気温上昇は無いと思ったのだ。だが急激に咲いた花で温度予測が外れたと知る。研究室に入った途端に腐臭を感じ遅刻を悟る。サンプルは台無しだ。教授の激怒が目に浮かぶ。 #ノベルちゃん三題 twitter.com/fairy_novel/st…
  • ここより共作『フラワー・テール / 翡翠の犬歯 編』です。
    少女怪盗と少年探偵の闘い、ふたたび。

  • 神無月風@5/4東6の19b @misawo_kanna 2018-04-11 21:49:34
    春風に乗って桜の花びらがしっぽのように舞う。怪盗は「翡翠の犬歯、確かにいただいたわ!」と叫んだ。「美術館の金庫には厳重なパスワードがかかっていたのに!」悔しがる少年探偵に、花と共に飛び去りながら、怪盗少女はクスッと笑った。『出入りの花屋はなんでもお見通しよ!』 #ノベルちゃん三題 twitter.com/fairy_novel/st…
  • ぴっぴ@あいか @kaleidevoiceok 2018-04-11 23:55:42
    遠く消えつつある少女怪盗を睨む少年探偵。驚愕を浮かべていたはずの顔には、既に不敵な笑みがあった。「パスワードを抜かれた? 関係ないね」言うと端末を取り出す。そこには「翡翠の犬歯」に仕込んでいた発信機の位置が表示されていた。探偵はバイクを出し春風の如く飛び出す。#ノベルちゃん三題 twitter.com/fairy_novel/st…
  • 神無月風@5/4東6の19b @misawo_kanna 2018-04-12 02:01:32
    見事な脚力で逃げる怪盗は背後に響くバイク音に気付いた。「この翡翠の犬歯、発信機がついてるわね」一輪のポピーを宙から出し、怪盗は唱えた。「新しい発信パスワードは『春風』!ワン、ツー、スリー!」ポピーにつけ換えられた発信機は、怪盗とは反対の海の方角へ飛んで行った。 #ノベルちゃん三題 twitter.com/fairy_novel/st…
  • ぴっぴ@あいか @kaleidevoiceok 2018-04-12 10:45:58
    少年探偵はバイクを止めた。発信機が春風に吹かれ海側に移動している。状況をモニターするため端末にパスワードを打ち込むがエラーが返る。発信機を乗っ取られたようだ。だが諦めるワケにはいかない。これまでのデータから怪盗の行動を先読む。『翡翠の犬歯』を取り戻すために。 #ノベルちゃん三題 twitter.com/fairy_novel/st…
  • ぴっぴ@あいか @kaleidevoiceok 2018-04-12 11:15:48
    ついに少年探偵が怪盗を羽交い締めに捕らえる。「パスワードを破ったり変えたり、やってくれたな!『翡翠の犬歯』を返せ!」叫ぶ探偵。だが次の瞬間、怪盗の体は風船の如く膨れ爆発。横の壁がパラリと剥け本物の怪盗が出てくる。気絶した探偵に微笑んで怪盗は春風と共に消えた。 #ノベルちゃん三題 twitter.com/fairy_novel/st…
  • フラワー・テール / 翡翠の犬歯 編』はここまで。
    案の定と言えば案の定な結果に(笑

  • ↓ そして、以下より『三条の巫女 編』になります。
    公園のシーンは結構反応が良かった一編。

    「ノベルちゃん三題」と、シェアード・ワールド企画「タブレットマギウス」(通称:タブマギ)の(勝手に)コラボ投稿です。

  • ぴっぴ@あいか @kaleidevoiceok 2018-04-11 23:00:05
    公園のベンチでタブレットを起動させる。パスワードを打ち電子魔導書を開いた。春風に妙な風が混ざる。それは風に自らが使役する電位精霊を乗り移らせ使役する魔法。彼はニヤリと笑い犬歯を鳴らした。「探せ。三条の巫女を」その呟きで風の猟犬が放たれる。 #タブレットマギウス #ノベルちゃん三題 twitter.com/fairy_novel/st…
  • ぴっぴ@あいか @kaleidevoiceok 2018-04-11 23:15:59
    三条の巫女。それは電書魔法を動かすナノマシンMANAのうち一部の群体(レギオン)に仕組まれた制約にアクセスするパスワードを持つ者。それを求め悪しき魔法複合団体が犬歯鋭き猟犬達を解き放っていた。今、春風の麗らかな風景の裏で陰謀が蠢いている。 #タブレットマギウス #ノベルちゃん三題 twitter.com/fairy_novel/st…
  • ↑『三条の巫女』は『零条の少女』とも言います。以前に私が執筆したタブマギ作品『てのひらの中のねがい』(てのひらシリーズ)に登場するヒロイン、嶺上生乃(みねがみ いくの)嬢のコト。

    MANAに仕組まれた制約、というのはMANA研究者であった生乃の兄(故人)が、MANAに対して特殊な体質を持つ妹を守るために、自身の支配下に存在したMANAに仕組んだMANA間伝染性の特殊プログラム(内容はどこぞの三原則に近い)の事です。

    ともあれ『三条の巫女 編』はここまで。

  • タブレットマギウス」とは、ざっくり言うと「電子書籍化された魔導書(グリモワール)と空気中に散布されたナノマシンMANAの力で誰でもが簡単に魔法を使えるようになった」世界観を舞台に複数の同人作家が競作・共作しているシェアード・ワールド企画です。

    ちなみに私は主催者にお願いして、設定を勝手に使わせてもらっているダケ。(だから自分の作品が公式かどうかは知らない)

    タブレットマギウス公式サイトはこちら

  • リンク tabmagi.net 世界観共有企画-タブレットマギウス- いま、魔術はタブレットから発動する——ePUG(電子魔術書)をインストール!専用アプリ+SIMチップで魔術書を展開!空気中にあるMANAを消費し実行!「タブレットマギウス」電書魔術が切り拓く新たな世界、プロジェクト——起動!
  • ぴっぴ@あいか @kaleidevoiceok 2018-04-10 21:59:20
    北陸新幹線で富山へ行きレンタカーをくりだして山道を走る。熊が出ねばよいがと杞憂にかられるも、無事に動物園に着く。シマウマを堪能して帰途につく。帰りに寄った店でチューリップを原料としたという化粧品を土産に買った。母は喜んでくれるだろうか。 #ノベルちゃん三題 twitter.com/fairy_novel/st…
  • ぴっぴ@あいか @kaleidevoiceok 2018-04-10 21:41:12
    冬眠から目覚め、熊は洞窟から這い出る。何か食べるものは無かろうかと山をさまよう。すると白黒の景色。すわシマウマかと熊は狩りの体勢で走った。しかし、そこには白と黒のチューリップが植わるのみ。景色をシマウマと間違えたようだ。しかし熊は、その景色に心奪われた。 #ノベルちゃん三題 twitter.com/fairy_novel/st…
  • ぴっぴ@あいか @kaleidevoiceok 2018-04-09 21:37:23
    「SOSってさぁ、目玉焼きに似てない?」 言って笑う彼女に俺は「似てないよ」とおどけてみせる。 「じゃあアンタの顔に似てる」 「まさか」 否定するも彼女は。 「似てる。わさびをチューブで飲み干した顔に似てる」 「どんな顔だ」 俺は笑う。彼女は可愛く膨れてた。 #ノベルちゃん三題 twitter.com/fairy_novel/st…
  • ぴっぴ@あいか @kaleidevoiceok 2018-04-09 21:24:05
    壁にかかった寿司屋のメニュー。ギョク・エビ・エンガワ・トロ…の中に「目玉焼き」の札。興味本位で注文してみるとシャリにうずら卵の目玉焼きが乗った握りが出てきた。わさびをしっかりたっぷりと乗せて食べ…卵そのものにキツいラー油の辛味が!辛い!つか舌刺す!SOSーっ! #ノベルちゃん三題 twitter.com/fairy_novel/st…
  • ぴっぴ@あいか @kaleidevoiceok 2018-04-08 22:14:07
    「勘当だ!」藩の奥医師であった父の叫びが背に響く。だが俺は家伝の内科の道よりも俺の手に合う道を選びたかった。それが父が外道の科と呼ぶ外科でも。血の緋色の道を往く覚悟の果て修行を重ね故郷に戻る。久々に会った父は病魔に弱り柳の如く細かった。絶対助ける。刃を握った。 #ノベルちゃん三題 twitter.com/fairy_novel/st…
残りを読む(212)

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「やってみた」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする