[療育]広汎性発達障害の小三男子がお母さんと『きゃはきゃは盛り上がって』自分で手作りのカタログをつくったアナログゲーム[かたろーぐ]

『何よりいいなと思ったのは「相手の好きなことをあてる」ということは相手にプラスの興味を持って、好きな気持ちを共有するのでとってもあったかい気持ちにもなります。』
9
かわぐち(ちゃがちゃがゲームズ)kawaguchi(ChagaChagaGames) @guchi_fukui

「広汎性発達障害児ママの子育てブログ」にてママ様と小3の男の子とで「かたろーぐ」を遊んでいただけました。男の子が自分でカタログをつくりだすなど、とっても楽しそうな遊び方でしたのでご紹介させていただきます。#たっくんろーぐ pic.twitter.com/YttAUhWMjH

2018-03-06 12:28:56
拡大
■コミュニケーションの練習に
かわぐち(ちゃがちゃがゲームズ)kawaguchi(ChagaChagaGames) @guchi_fukui

『かたろーぐは『相手の好みをあてる』ゲームで、ゲームをすることで自然と会話がうまれて相手の気持ちを察したり、コミュニケーションの練習になります。』#たっくんろーぐ pic.twitter.com/LswYtt4se5

2018-03-06 12:22:09
拡大
■「自分で書いてみたい!」
かわぐち(ちゃがちゃがゲームズ)kawaguchi(ChagaChagaGames) @guchi_fukui

『本当はカタログそのものでいいのですが、たっくんが自分でカタログ的なものを書いてみたいと言ったので任せました。 今回は「せいかつえほん」の中の動物ページからたっくんが気になる動物を書いて自作カタログを書きました。』#たっくんろーぐ pic.twitter.com/LVTSVgRKyW

2018-03-06 12:22:31
拡大
拡大
■「うふふふ」とニコニコ笑顔
かわぐち(ちゃがちゃがゲームズ)kawaguchi(ChagaChagaGames) @guchi_fukui

『たっくんもゲームをしているときはニコニコ。「次は何だと思う~?うふふふ」と笑顔が見れたのがよかったです。』#たっくんろーぐ pic.twitter.com/AMqLsUFNM6

2018-03-06 12:24:29
拡大
■「とってもあったかい気持ちになる」
かわぐち(ちゃがちゃがゲームズ)kawaguchi(ChagaChagaGames) @guchi_fukui

『きゃはきゃは盛り上がります。そして、何よりいいなと思ったのは「相手の好きなことをあてる」ということは相手にプラスの興味を持って、好きな気持ちを共有するのでとってもあったかい気持ちにもなります。』#たっくんろーぐ pic.twitter.com/RY0Cjs7x37

2018-03-06 12:24:49
拡大
拡大
■ 『広汎性発達障害児ママの子育てブログ』
かわぐち(ちゃがちゃがゲームズ)kawaguchi(ChagaChagaGames) @guchi_fukui

『広汎性発達障害児ママの子育てブログ』様では、1歳半から療育で実践してきたことや、ママの気持ちの変化などをご紹介されております。ぜひご覧くださいませ。 goo.gl/MjSQsu  #たっくんろーぐ

2018-03-06 12:25:34
リンク 広汎性発達障害児ママの子育てブログ 自然に会話が増える コミュニケーションが楽しくとれる!相手の気持ちに注目できるかたろーぐで遊びました。(小3) | 広汎性発達障害児ママの子育てブログ 発達障害児(自閉症スペクトラム)育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 幼児期の病院での療育のOT(作業療法)でもコミュニケーション見る力、考える力を訓練する方法として カードゲーム に親しんでいたので、たっくんはカードゲーム・ボードゲームが大好き! 秋頃にブログでアナログゲームの製作者様からお声をかけて頂き、「かたろーぐ」というゲームを試してみませんかと誘っていただきました。たっくんにも相談してみたらぜひ遊んでみたいとのこと。 一言でいうと、 かたろーぐは『相手の好み 1
■遊ばれた方の声

「自分で質問を考えたり、逆に質問に答えがばれないように答えたりするのもいい勉強になりますね」

「面白い!と30分くらいやってしまいました(笑)」
「ルールはすぐに理解してくれました!」
「自分で質問を考えたり、逆に質問に答えがばれないように答えたりするのもいい勉強になりますね」

(発達に障害のある子供のための塾「ばうむのきょうしつ」様)

リンク 例えば子供の引き出しの中 『今日のばうむのきょうしつ(かたろーぐを使ってみた)』 土曜日のばうむのきょうしつです。小学生の男の子はいつものように元気良くやってきました!先週、ちょっとブログ、上げそこなったんですが、ビジョントレーニングの線な… 10

「療育的な点からもいきなり素晴らしい効果があった。」

「きい君がかたろーぐで遊びながら「これがどうして1番好きなのか聞いて」「もっと教えたい、わかってほしい」と、自己主張をしてきたことだ。

きい君は受動的で自己表現が苦手な面がある。
自分の気持ちを言葉にするのも不得意なので、日常生活のいたるところで衝突や不具合が発生している。

自他の境界が曖昧で「言葉にしなくては伝わらない」という理解がすすんでいないようにも思える。それがかたろーぐでなら自然と自分のことを声に出して話すことが出来るようだ。」

(ブログ「夜明け前の心臓(仮)」様)

リンク 夜明け前の心臓(仮) アナログゲーム“かたろーぐ”は誰でも遊べて会話がはずむ、興味はひろがるゲームだよ - 夜明け前の心臓(仮) カタログを見るのが楽しくない人なんている?自分の関心のある分野のカタログって、ただ眺めているだけでも楽しいよね!小さい頃、クリスマス前にハローマック(今は亡きおもちゃ屋さん)の大判チラシが届くのが楽しみでしかたなかった。フルカラーの紙面をぎっしりと埋め尽くす色とりどりのおもちゃ達は、見ているだけでワクワクが止まらない。 ハローマックのチラシが届いたら、まず床に広げて、弟と一緒に隅から隅まで舐めるようによーく眺める。ひととおり目を通したら、めいめいチラシの中で一番欲しいものを決める。 「いっせーの、せ!」で 27 users

『子供達にどんなことが楽しかった?と聞くと、相手の気持ちを想像するのがおもしろかった、当てられた時が嬉しかったと言っていました。』

発達障害児が苦手とするイマジネーション、コミュニケーションの両方を楽しくトレーニング出来る、なるほど、療育的にもとても良いものだなあと思いました。』
(ブログ[うちの子流~発達障害と生きる]より)

リンク うちの子流~発達障害と生きる アナログゲームでコミュニケーショントレーニング - うちの子流~発達障害と生きる 最近ツイッターの私のタイムラインではアナログゲームの話をよく見かけます。 ボードゲームが発達障害児の療育に用いられているという話でした。 前記事にもゲームのことを書きましたがデジタルゲームと違いアナログゲームはリアルな人間を相手に勝負ですし相手とのやりとりなどコミュニケーションにはとてもよい練習になります。 <a href="http://nanaio.hatenablog.com/entry/2015/05/19/103054" data-mce-h 22 users 47

かたろーぐとは

「世の中全てがゲームになる」 簡単でおもしろい 当てっこコミュニケーションゲームです。

かたろーぐ公式ホームページ

←画像クリックで公式ホームページへジャンプ