10周年のSPコンテンツ!
2
桃岩荘人 @namihei1224
入学式の日、中国合宿という魅惑の響きに憧れて世界旅行研究会に入会した。高校時代、北浦和駅ホームのキオスクで「女中国自転車一人旅」という本に出会って以来、大学に入ったら三国志の舞台、中国を一人旅することを夢見てきた。写真はいまは無き3号館地下の部室。 pic.twitter.com/QrkkoVWrLs
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
世旅研で出会った先輩、同輩たちに大いなる刺激を受け、1年次の中国合宿、それに先立つ中鍋背負っての一人旅、さらには国内ヒッチ合宿などで経験値を積み、今日のこの日に至った。写真は3号館地下の世旅研部室。欧州班のイベントとしてのチーズフォンデュ。 pic.twitter.com/QZxR8kmmq3
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
1年間の旅に出るために必要な2つの条件のうち、資金は在学2年間で貯めた。 主にカテキョー、塾講。鳩ゼミさまさま。写真は川越の塾での中3夏期講習。受験生にいったい何を教えているのやら。 pic.twitter.com/XAXEI9QEcf
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
2年間のバイトで貯めた旅行資金。3/18に116万円をおろしてきた時は、鳥肌が立った。ベッドの上で、札を撒いてみた。 pic.twitter.com/u2JrEHmR56
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
トラベラーズチェックに変えたり、必要な旅のグッズを買いそろえたり。保険に入ったり。相当額は休学のために大学に納める半額の学費に充てた。そう、長旅に出るもう一つの条件は、大学の休学だ。ただ半額払えばいいわけじゃない。旅を理由に休学は認められない。どうするか。 pic.twitter.com/CIrrV3hVIQ
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
先輩に教わった方法で、米国留学を方便とした。これも先輩から教わったアリゾナ大学に100$払うと、簡単に短期間の語学スクールの入校許可がもらえる。 pic.twitter.com/StYhBcbRuh
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
これがその語学スクールの入校申請書の控え。 pic.twitter.com/Oncl5UOXWK
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
そしてこの許可証を持って、米国大使館でビザも取得する。(行くつもりないのにだ) pic.twitter.com/2rpaCnlRnq
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
入校許可証とビザを学部当局に見せて、語学スクール卒業後、本格的に1年留学しますから、休学認めてくださいよ~というわけ。ここまでしないと、少なくともうちの学部は休学を認めてくれなかった。そして各種予防接種にも資金が飛んでいく。 pic.twitter.com/xrmMNfBvxg
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
黄熱病の予防接種の前夜、徹マンをしてしまったため、体力が落ちていて、高熱が出たときは焦った。 pic.twitter.com/mt911VRUQ2
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
香港までの片道切符を先輩のやってる旅行会社で手配し、もろもろのグッズを買いそろえ。 pic.twitter.com/Q349lMqA0B
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
旅の情報は世旅研先輩のほか、八重洲にあったJTBの旅の情報図書館に通い詰めてメモした。 pic.twitter.com/FFVNqZ8xkh
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
ウニコにも手伝ってもらって、必要な情報を抜き書き。 pic.twitter.com/Y40J6ufHBB
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
この2年でふくらんだ行きたいところ、やりたいこと、てんこ盛り。どこまで実現するか。 pic.twitter.com/ZlGe2yPmqX
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
アメリカや韓国、台湾は、就職すればいずれ行かねばならぬ国だろうからと、旅程から外した。目指すは2度目の中国、そしてユーラシア一周。 pic.twitter.com/hjS71LkjbO
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
スクールでなくセンターだね。
桃岩荘人 @namihei1224
上野の西郷さんの前で世旅研一同と一升瓶を回し飲み、校歌とエールで京成上野駅へ送り出される。1400、高校の同級生4人(草野球チームを結成中)が見送りに。みんなありがとう。 pic.twitter.com/6I7sFJKXRp
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
成田まで見送りに来てくれた世旅研の友人たち。ありがとう。 pic.twitter.com/KAhPyJAC5q
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
香港までの片道切符で、日本を出国。 pic.twitter.com/Ia687i50rz
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
深夜零時前、啓徳空港着。 両替中に関西弁の旅オジサンと出会い、タクシーに10ドル払って20ドルの安宿目指す。 香港の紙幣は同じ金額なのに二種類ある。二つの民間銀行が別のデザインで発行してるから。 pic.twitter.com/WDvp8Zxf7f
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
啓徳空港で無料の和文地図ゲット。2年前と同じもの。 pic.twitter.com/cKrSDIw3iR
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
佐敦上海街の日本人宿ラッキーゲストハウス着。すでに満員。関西オジサンに唯一の空きベッドをゆずり、俺はソファーでシュラフに潜り込む。 地図上に、宿の場所を印す。 pic.twitter.com/4VdSiYLy1m
拡大
桃岩荘人 @namihei1224
5ドル得したが、0200過ぎまで話し込んで眠れず。ちょい暑くシュラフカバーにもぐる。右が宿主の對馬さん。 pic.twitter.com/zmgOJBSWV9
拡大

コメント

桃岩荘人 @namihei1224 2018年3月28日
まとめを更新しました。
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku 2018年6月25日
Togetterからたどった、桃岩荘人氏(@namihei1224)氏の1988年の海外旅行日記の一番最初と思われる部分。ほとばしる情熱を感じるぜ……
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする