英国女王陛下の守護獣

まとめました。
29
ヤスキハガネ試作型 @wiener_kongress

【英国女王陛下の守護獣×10】 イギリスのエリザベス女王は今日が誕生日だそうですが、彼女が1953年に即位した戴冠式のでは王家を象徴する10体の”守護獣”の像が造られてウェストミンスター寺院に設置されていたそうで、めちゃくちゃ中二心が揺さぶられています・・・! pic.twitter.com/UcKN2g0NYX

2018-04-21 20:19:53
拡大
拡大
ヤスキハガネ試作型 @wiener_kongress

選定された10体の獣は以下の通り。 ①イングランドのライオン ②スコットランドのユニコーン ③ウェールズの紅龍 ④クラレンスの黒牛 ⑤プランタジネットの鷹 ⑥モーティマーの白ライオン ⑦ボーフォートのイェール ⑧リッチモンドのグレイハウンド ⑨ハノーヴァーの白馬 ⑩エドワード3世のグリフォン pic.twitter.com/b5X5iX2nkm

2018-04-21 20:28:36
拡大
ヤスキハガネ試作型 @wiener_kongress

いくつか空想上の動物もいるようですが、それぞれの動物が一体何を表しているのか順を追って説明していこうと思います。 いやしかしエリザベス2世のバトル漫画とかあったらぜひ使ってほしいネタですねこれ。(そんなものはないだろうと思ったけどムダヅモがあった・・・。)

2018-04-21 20:32:29
ヤスキハガネ試作型 @wiener_kongress

①イングランドのライオン 勇気や強さの象徴としてかなり早いうちからイギリス王家で使われ始めました。この紋章で有名なのは黄金の獅子の紋章を使うことを許されたアンジュー伯ジョフロアやその孫の『獅子心王』リチャード1世辺りでしょうか。 pic.twitter.com/o3W1IEaQTO

2018-04-21 20:45:24
拡大
拡大
拡大
ヤスキハガネ試作型 @wiener_kongress

②スコットランドのユニコーン 16世紀にイングランド女王だったエリザベス1世の後を継いだのはスコットランド王ジェームズ6世であったのですが、彼がイングランド王として即位する際に王家の象徴として加えたのがユニコーンでした。金色の鎖が付いているのは忠誠の証しということみたいです pic.twitter.com/v87egi7pY9

2018-04-21 20:53:10
拡大
拡大
ヤスキハガネ試作型 @wiener_kongress

③ウェールズの赤い龍(ドライグ) 赤い龍はウェールズではアーサー王の父の称号であるペンドラゴンの由来だったり、魔術師マーリンが深く関わるなど色々とゆかりのある動物なのですが、イギリス王家としてはヘンリー7世がウェールズの勢力を取り込むためにこの龍を旗印に採用しています。 pic.twitter.com/vQB6GljCvj

2018-04-21 21:08:38
拡大
拡大
ヤスキハガネ試作型 @wiener_kongress

④クラレンスの黒牛 黒い雄牛が王家の象徴として使われ始めたのは、イングランド王位を巡ってランカスター家とヨーク家が争ったバラ戦争の間に即位したヨーク家のエドワード4世が採用してからと言われています。この人昔は超イケメンだったんですが戦争終わると超太ってしまうんですよね・・・。 pic.twitter.com/KlTYL8lGEN

2018-04-21 21:19:09
拡大
拡大
ヤスキハガネ試作型 @wiener_kongress

⑤プランタジネットのハヤブサ(訂正) 百年戦争前期にフランスと戦ったエドワード3世(アーサー王物語が好きすぎてガーター騎士団やガーター勲章の制度を作った王様です)が王家のシンボルとして採用したのがきっかけ。ハヤブサの後ろに描かれている錠のようなものはD字型足枷と思われます。 pic.twitter.com/1VIsgpGI6v

2018-04-21 21:31:15
拡大
拡大
ヤスキハガネ試作型 @wiener_kongress

⑥モーティマーの白ライオン さっき↑に出てきたエドワード4世の祖母アンは有力貴族モーティマー家の出身なのですが、エドワード4世の治世の時にイングランド王家の象徴としてモーティマーの白ライオンが取り込まれたようです。舌が赤ではなく青というのはなんでなのか気になりますね・・・。 pic.twitter.com/qhEVKVLlsr

2018-04-21 21:38:34
拡大
ヤスキハガネ試作型 @wiener_kongress

⑦ビュフォートのイェール(エアレー) バラ戦争を終結させたヘンリー7世の祖母マーガレットの実家のビュフォート家が旗頭に使っていたのがイングランド王家に取り込まれたのが起源です。古代ローマの博物学者のプリニウス曰く右のような外見らしいのですがどうしてこうなったんでしょうか。謎です。 pic.twitter.com/m3gKnJNFbZ

2018-04-21 21:48:16
拡大
拡大
ヤスキハガネ試作型 @wiener_kongress

⑧リッチモンドのグレイハウンド ヘンリー3世の息子として百年戦争の前半で活躍したランカスター公ジョン・オブ・ゴーントが好んで使っていたのが白のグレイハウンドの紋章でした。この人の元々の領地はリッチモンドという所にあったのですが、そこで非常に好まれた動物がグレイハウンドだったとか。 pic.twitter.com/fGC1za218A

2018-04-21 21:58:18
拡大
拡大
ヤスキハガネ試作型 @wiener_kongress

⑨ハノーヴァーの白馬 白馬については1714年にドイツのハノーファーから海を渡ってイギリス王に即位したジョージ1世が王家の象徴として取り入れたのが最初と言われています。あとこの紋章細かく見てみると他の動物も盾に描き込まれてますね。 pic.twitter.com/DU6Jfb6UgX

2018-04-21 22:06:59
拡大
拡大
ヤスキハガネ試作型 @wiener_kongress

⑩エドワード3世のグリフォン グリフォンは想像上の動物ですが、迅速さや警戒心を表す象徴としてエドワード3世が好んで使用していたのが発端です。伝説によるとグリフォンは金や財宝を守護する存在らしいのでそういった意味合いで使われていたのではないかと思います。 pic.twitter.com/beN3nskmFB

2018-04-21 22:16:27
拡大
ヤスキハガネ試作型 @wiener_kongress

⑩エドワード3世のグリフォン グリフォンは想像上の動物ですが、迅速さや警戒心を表す象徴としてエドワード3世が好んで使用していたのが発端です。伝説によるとグリフォンは金や財宝を守護する存在らしいのでそういった意味合いで使われていたのではないかと思います。 pic.twitter.com/beN3nskmFB

2018-04-21 22:16:27
拡大

コメント