Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2018年7月2日

ブブキ・ブランキ感想

ブブキ・ブランキ全24話の視聴感想になると思います。
0
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

そんなわけで、フルメタふもっふに代わりまして今回からブブキ・ブランキについて取り上げていきましょう。大体4~6話ずつの全5回ぐらいを予定、今回はさわりの第1~4話までを少し #ブブキブランキ pic.twitter.com/e5D5zd8nf8

2018-07-02 20:44:12
拡大
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

さて、この作品について正直サンジゲンのフルCG作品ということしか知らなかった。比較的最近の作品だと思うがあまりタイムラインにも当時出てこなかった記憶があり、なかなか見る機会が訪れなかった。ほとんど予備知識がない状態で見ていたが、まぁまぁ出だしを見る限り #ブブキブランキ

2018-07-02 20:45:13
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

期待はできそうだと思う。とりあえず思ったこととすれば、ポスト・アクエリオン及びアクエリオンロゴスの異母兄弟的な作品になりそうか?という印象だ。最もアクエリオンシリーズでロゴスだけ未だ見れていないので深く書くことができない。接点はあまりないと思うがロゴスの #ブブキブランキ

2018-07-02 20:46:24
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

なんとなく覚えていた設定とかと重なるなぁとの所がちらほらある。ブブキの後にロゴスを見ようとは前々から考えていたがその時に色々発見があるかもしれない。アクエリオンシリーズのポスト的作品として私が書いた理由は、合体ロボットものとの観点であり #ブブキブランキ

2018-07-02 20:47:21
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

特にこの作品での主役ロボットとなる王舞については、胴体と両手足が合体する5体合体であり、5人が乗り込む……いや、厳密には王舞の上に立っているといった方が良いかもしれない。いずれにせよ近年のロボットアニメで普段から4人以上のパイロットが乗り込む設定は #ブブキブランキ pic.twitter.com/l1n28Qc5JJ

2018-07-02 20:50:02
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

意外と珍しい。ふと気になって調べたら10年代ではアクエリオンロゴスのアクエリオン天形態が他にあるぐらい……ただロゴスをまともに見れていないので、そちらの5人乗り形態がイレギュラーとか最終盤用だとしたらこの王舞が現時点で唯一になるかもしれません。#ブブキブランキ pic.twitter.com/bUXscBfYi5

2018-07-02 20:52:05
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

また先ほど調べたがコン・バトラーやダンクーガのような4人以上で動かす主役ロボは意外と80年代後半からは下火になっていた。もしかしたら戦隊シリーズとの競合も関係あったのかもしれないが、90年代の時点でレギュラーではゴウザウラーのみと意外な結果であり、00年代でも #ブブキブランキ

2018-07-02 20:53:49
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

グラヴィオンやダンクーガノヴァなどに限られる。アクエリオンシリーズに関しては無印やEVOLなどでは複数のパイロットとなる少年少女たちがいる者の、基本3体合体の関係から1つのアクエリオンには3人乗りが大体で、4人乗り以上はロゴスの天まで多分ないと思う #ブブキブランキ

2018-07-02 20:55:06
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

個人的にブブキ・ブランキとは、コン・バトラーやダンクーガが属してグラヴィオンやダンクーガノヴァなどの大所帯のチームで動かす合体ロボットものの系譜に位置する作品であり、アクエリオンシリーズのポスト・異母兄弟的な立ち位置の作品でもあるかもしれないと #ブブキブランキ

2018-07-02 20:56:21
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

何となく思う。アクエリオンシリーズについては無印やEVOLが近未来の神話系ロボットアニメと例えるならば、ブブキ・ブランキは一応現代の伝奇系ロボットアニメになるのではないかと思う。ロゴスはどうやら前2作とのつながりが現時点で判明していないようで、同じ現代を舞台にして #ブブキブランキ

2018-07-02 20:58:10
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

ブブキ同様パイロットは全員日本人の少年少女で構成されている。早くロゴスを見なければ……だが。ブブキの方に話を戻すと、王舞らブランキは5つのブブキが合体する訳だが、その5つのブブキは遥か太古からブブキを継ぐ者が代々子孫に継がれていた訳で #ブブキブランキ

2018-07-02 21:00:01
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

主人公の一希東は王舞の心臓、いわば5つの家を束ねる一希家の跡取りであり母から心臓を継がれた、黄金、柊、乃亜、静流の4人も一希家に仕える4つの家の跡取りであり、親からブブキの両手足を託されている。いわば主君と従者の関係になるかと思えば、心臓が手足を動かすには #ブブキブランキ pic.twitter.com/3x0eYTEbDO

2018-07-02 21:04:25
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

単なる従属関係では動かすことはできない。そして東の母・汀はかつて東達家族とともに宝島という天空の島でブランキ達を封印していて日本の平和を保っていたが、妹の薫子が母に代わって王舞を動かそうとしたためにブランキ達が暴走して地上に降り立ってしまい #ブブキブランキ pic.twitter.com/pYIEpK8NCm

2018-07-02 21:07:00
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

汀は自分が宝島にとどまってブランキ達を封印する傍ら、この戦いに巻き込まないために夫と子供たちを王舞とともに地上へ逃がした。だが彼女の力だけでブランキを防ぎきることはできず、日本に落ちてきたブランキと戦ったのが炎帝を操る万流礼央子。一希家とはブブキを持つ家同士 #ブブキブランキ pic.twitter.com/bt6706dz6H

2018-07-02 21:11:35
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

因縁の関係であり、太古より一希家と万流家の対立は続いており、24年前に汀に礼央子は敗れていた。しかし日本にブランキが飛来してからは彼らを倒して日本を守った……ではなく、その力を誇示して日本を支配下に置き、ブランキを落とした張本人は汀だと情報操作して、 #ブブキブランキ pic.twitter.com/FHkNZpnbtD

2018-07-02 21:14:37
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

東達をお尋ね者として追い、ブブキを持つもの達も狩っていた。この万流家による日本支配を打破するため、東は裏切者の汚名を晴らすためだが、黄金や柊らも万流家の支配によって親を殺されたり廃人にされたりと屈辱を味わっている。この復讐のために汀の待つ宝島を目指しての #ブブキブランキ pic.twitter.com/twqaqKVk11

2018-07-02 21:17:59
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

東達の旅が始まる訳だが……一方万流家にも四天王と呼ばれ、同じブブキの手足を持つ(彼らの場合過去形でもあるが)従者たちがいる。同じ部位のブブキを持つ者同士には因縁があり、互いのブブキを賭け(厳密には王舞の部位を万流家側が狙っている)ての戦いが待ち受ける。#ブブキブランキ pic.twitter.com/Ba2OOYfksU

2018-07-02 21:21:19
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

この合体ロボット・ブランキを構成する部位は太古から2つの流派に属する家の者たちが継、その流派には主君と4つの従者ともいえる5つの家が存在しており、同じ部位を持つ者同士には因縁があり戦う宿命であり……この太古から続く流派と主従関係、流派と家同士の因縁など #ブブキブランキ

2018-07-02 21:23:22
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

つい個人的に陰陽大戦記やゲキレンジャーの辺りを彷彿させるものがあるが、アクエリオンが北欧神話と例えるなら、ブブキ・ブランキは東洋っぽい伝奇・武術もののテイストで味付けられている作品と思う。そして5人のチームだが、母に再会することを目的として戦う東と #ブブキブランキ

2018-07-02 21:27:06
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

万流家による支配下で、かつてブブキ使いとして名をはせていた父が堕落したことから、父に対して複雑な感情を抱く柊との間では衝突も絶えない。東がやや達観しているようで少し天然でつかみどころがないタイプに対して、柊が社に構えた直情型といった関係はどことなく #ブブキブランキ pic.twitter.com/pTZSD9Thnb

2018-07-02 21:28:59
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

グラヴィオンの斗牙とエイジの関係を思い出さなくもない。この二人が主従関係、いやそれを超える絆を結ぶまでの流れは気になる所。柊は東はその器じゃないと自分がリーダーになろうとするが、リーダーと呼ばれると調子に乗って利用されるなど良くも悪くも感情に素直な所はあるのだが #ブブキブランキ pic.twitter.com/7mXPpbIKUl

2018-07-02 21:32:05
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

また女性陣でも、マスコットポジっぽいような黄金が父を殺した的場井に対しては仕留めなければ気が済まないとかなりキャラが変わる訳でなかなか強烈だ。そして眼鏡系女子のようでバリバリヤンキーな乃亜はこの中では一番普通の人っぽいというか、柊とケンカすることもあれば、 #ブブキブランキ pic.twitter.com/zWVxadJDcT

2018-07-02 21:35:02
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

素直になれないところのある柊をちゃかしたり、リーダー扱いしてコントロールしたりと少なからず彼とフラグを立てそうな様子はある。あと一人静流は東以上につかみどころのない人物で何を考えているか多分本人しかわからない。そんな5人の面々が単なる主従関係以上の絆を #ブブキブランキ pic.twitter.com/mZMAfmGJHo

2018-07-02 21:36:36
拡大
拡大
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

深めるまでの旅はどのようなものか。またブランキについて出番とすればそこまでない感じで、普段はブブキを武器として駆使する能力バトルの要素が強いか。万流家の四天王がみな完成された大人に対して、未熟な彼らがブブキを賭けた真剣勝負の中で #ブブキブランキ pic.twitter.com/0TKpAWtYxV

2018-07-02 21:39:44
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(おめでとうマシーンブラスター) @nanashiborger

親から託されたブブキを守るために、必死に立ち回り時に仲間の助けを借りながら戦いに勝っていく。そんな感じで現時点ではおそらく最後となる4人以上の多人数が乗り込む合体ロボットものに、東洋的な伝奇・武術ものの要素を併せ持ったロードムービーとしてなかなか独創的な作品と #ブブキブランキ

2018-07-02 21:42:02
残りを読む(122)