1
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
「議会図書室改革勉強会 vol.5 図書館と議会の連携」 2018年7月3日 文京区茗荷谷にある日本図書館流通センター。 オープニングでは、議会図書室として法設置である意義と課題について、問題提起 pic.twitter.com/pHJPvceBeZ
拡大
拡大
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
「議会図書室改革勉強会 vol.5 図書館と議会の連携」 続いて、海外の複合施設での図書館の紹介。 pic.twitter.com/lJK8W3Krs9
拡大
拡大
拡大
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
「議会図書室改革勉強会 vol.5 図書館と議会の連携」 行政文書管理に関する支援業務について TRC-ADEAC株式会社  現用(期限内)、非現用(期限終了)文章を包括した2009年公文書管理法 非現用でも、歴史的価値。自治体史作れない。あっても、整理されていない。 そのサポートについて学びました。 pic.twitter.com/3EH8UposiW
拡大
拡大
拡大
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
議会図書室改革勉強会vol5 図書館と議会の連携 茗荷谷にある図書館流通センターでの研修に伺っています。 公文書管理条例制定は、1750自治体中わずか15 意識薄く、自治体の歴史を振り返ることができない。 現用文書から保存までの一元管理が必要。 pic.twitter.com/Mt7UKCwr20
拡大
拡大
拡大
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
公文書館を作るよりも大切なのは公文書管理条例。 歴史的公文書の規定。 ただ、段ボールで積み上げるだけでは、ダメ。検索システムとアーカイブ化。 自治体史ー作れない、意思か決定の歴史を残ってない。 豊島区は、動き出している。 pic.twitter.com/pDpPGNALDt
拡大
拡大
拡大
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
永年保存文書の保管状況 目録なく、一定のルールで保存されていない。 条例の制定 適正管理の(実践目録作成) 公文書館(余裕があれば) 市民への公開や職員向けの検索 公文書館は、機能として 電子化対応 公共図書館の役割と近しい 参議院付帯決議ー公文書館と図書館の連携 pic.twitter.com/8YaMfBXVlx
拡大
拡大
拡大
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
愛知県田原市 議会図書室への公共図書館の見方、関わり方 七原千紘 田原市中央図書館 公共図書館は、地域課題解決に 行政課題にも対応 pic.twitter.com/VpGU4BYnko
拡大
拡大
拡大
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
市役所との各部署との連携 そして議会との連携 平成26年議会事務局から相談 行政支援サービスの一環として対応。 pic.twitter.com/IienOkKzxb
拡大
拡大
拡大
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
団体貸出を活用 連携マニュアル作成 団体貸出100冊、調査件数24件 図書室の蔵書の登録等、図書館のホームページからも検索可に 他部署からの雑誌も登録 議会支援から行政議会支援へ pic.twitter.com/QcPtsfGmel
拡大
拡大
拡大
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
議会報告会での展示など 図書館内での意見交換会も模索 視察対応も。議員さん向けの図書館案内も必要に気づく。 仕事に使えるデータベース講習会開催等も。 pic.twitter.com/6yj8hgn50h
拡大
拡大
拡大
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
レファレンス調査の流れ レファレンスインタビューで図書館から聞き出す。 図書、雑誌、新聞コピー、URL一覧を提供。 管理は議会事務局に任せている。 pic.twitter.com/qAn6M1Xp7q
拡大
拡大
拡大
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
議会におけるBCP 廃校の利活用 その他の事例 pic.twitter.com/uDndgirlk3
拡大
拡大
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
行政、議会支援を支える資料 地域資料(非売品のものも) 納本制度が徹底されるようになった 総合計画、計画書、会議録 議会からのリクエストは、貴重な情報 議会だよりを図書館の蔵書のにも。 現状アンケート、議会図書室のよく利用は、ゼロ。図書館からの調査情報が役立っている。 pic.twitter.com/wqCER00FLq
拡大
拡大
拡大
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
田原市図書館と議会の取り組みは、これからも続いて行く。 平成28年人事異動で担当職員変わってしまったけれども、その連携は続いている。 pic.twitter.com/xb6nBptviZ
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
江藤俊昭 山梨学院大学教授 との論点整理。 議会図書室の機能を議論進めるべき。住民自治の根幹。 公立図書館、市政資料室、議会図書室の連携は、必然的。 住民に開かれ、政策提言に資するものに。 選定基準に何かモデルはあるか。行政文書と公文書違いは。 138条で議会事務局。議会局で対等に。 pic.twitter.com/jfIKJrxyMC
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする