高橋源一郎×佐々木敦「高橋源一郎についての評論を執筆せよ──文学(2nd cycle)」【ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 第4期 #3】

実作者のゲスト回は毎回、ゲスト講師を対象とした批評文の執筆が課題となります (通常、実作者ゲストは各サイクルの最後となります)。 したがって今回受講生の皆さまには、文学回の実作者講師である高橋源一郎さんについての評論を書いていただきます。 内容、形式などは原則として自由。文字数も従来と同じく4000字を目安とします。 続きを読む
0
リンク ゲンロンカフェ 高橋源一郎についての評論を執筆せよ – ゲンロンカフェ 株式会社ゲンロンが運営するイベントスペース
リンク 新・批評家育成サイト 高橋源一郎についての評論を執筆せよ – 新・批評家育成サイト 昭和90年代、批評は再起動する。ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 新・批評家育成サイト

以下3名が今回の得点上位者です。

1位(130点):岡俊一郎さん 「小説を通して考える」

リンク 新・批評家育成サイト 小説を通して考える – 新・批評家育成サイト 昭和90年代、批評は再起動する。ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 新・批評家育成サイト

2位(75点):白石三太「鎮魂の脱獄論」

リンク 新・批評家育成サイト 鎮魂の脱獄論 – 新・批評家育成サイト 昭和90年代、批評は再起動する。ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 新・批評家育成サイト

3位(55点):小川和キ「フィクションという焚き火 – 想起の文学」

リンク 新・批評家育成サイト フィクションという焚き火 – 想起の文学 – 新・批評家育成サイト 昭和90年代、批評は再起動する。ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 新・批評家育成サイト 1
前半の講義はチャンネル会員限定で7/18(水)までご覧いただけます!↓
リンク ニコニコ生放送 【講義・会員限定放送】高橋源一郎 × 佐々木敦「高橋源一郎についての評論を執筆せよ 」【ゲンロン 佐々木... ※開始は「19:30」です。ご注意ください。〈ゲンロン佐々木敦批評再生塾〉の講義を生中 1
白石三太 @YsafS8nk5yPGsT7

そして、木星人が出て来たときに『さようなら、ギャングたち』第2部を思い出してしまった僕は次回の課題に取り憑かれている。

2018-06-20 22:11:51
naruhipom.個展おわた @naruhipom

1988年に刊行された「ジョン・レノン対宇宙人」の作品寿命は予想通り30年後の2018年に限界にきていて「平成」って名前が潔癖で文学の不幸だったから、新しい時代の「名前/元号」を考えるにしても、潔癖的深淵が持つ思考の結末は自殺しかないよな、と書き終えてあまりに虚しくなってやめた。#批評再生塾

2018-07-03 00:51:40
黒井緑朗 @kuroi696

折口信夫→鎮魂→名付け。見事な『さようなら、ギャングたち』論。 「未成霊」は概念は知っていたが、コトバとして知らなかったので調べてみよう。 白石三太 - 鎮魂の脱獄論 – 新・批評家育成サイト school.genron.co.jp/works/critics/… #批評再生塾 @genronschoolから

2018-07-03 08:39:21
sr_ktd @sr_ktd

#批評再生塾 高橋源一郎回、面白いものがいくつかあった。今回の登壇者は前回から総入れ替えになりそうな予感。

2018-07-03 09:40:49
sr_ktd @sr_ktd

僕の推しはこれ! 実作者を相手どって「手紙」という形式を採用した挑発的な内容、3期でもなかった。登壇して近作についての持論も展開されることを期待したい! / 春木晶子 - 1988年、高橋源一郎様 – 新・批評家育成サイト school.genron.co.jp/works/critics/… #批評再生塾

2018-07-03 09:42:59
カート・コ・バーン @cart_co_burn

狙ってやっているんじゃないかしら、と疑わざるを得ない愛くるしさ。sparklesさん→文乃つきさんのページはこちら。#批評再生塾 school.genron.co.jp/works/critics/… twitter.com/sparkles648/st…

2018-07-03 14:13:12
カート・コ・バーン @cart_co_burn

長江くんの嘘つき・・・長文を書くのは苦手って言ったじゃない! #批評再生塾  school.genron.co.jp/works/critics/…

2018-07-03 15:05:04
カート・コ・バーン @cart_co_burn

ただ気になったのは、導入部が長く、今回の評論の核になる「高橋源一郎」に、なかなかたどり着けないこと。この構成だと、長江くんを知っていたり、哲学に興味がある読者だけしかついてこれないんじゃないだろうか。

2018-07-03 15:05:04
山中貴矢 @kimie_tukasa

提出作ぼちぼち読んでいくぞ〜。高橋源一郎ほど批評する側のセンスが問われる作家はいないと思うので、早くも山場って感じ。#批評再生塾

2018-07-03 21:32:40
(^^) @y_ohyama_

良い良い。ただ前半をもう少し減らせた気がする。その分後半が多かったら、もっと豊潤な感じになったかも?あと普通に「高橋氏の作品読みたくなる」(←※重要)点が、やっぱ良い。 NIL - 高橋源一郎の可能世界 – 新・批評家育成サイト school.genron.co.jp/works/critics/… #批評再生塾 @genronschoolさんから

2018-07-04 16:28:57
(^^) @y_ohyama_

1、2つ目部分と、3つ目部分がそれぞれ独立しすぎ感ある。ソレすぎたら「前半要らなくね?」になり得るので、もう少し絡めた方が魅力UPしそう。 浦戸十郎 - 非線形的、間主体的歴史観の可能性―――高橋源一郎『日本文学盛衰史』をめぐって school.genron.co.jp/works/critics/… #批評再生塾 @genronschool

2018-07-04 16:47:20
(^^) @y_ohyama_

分かりやすくシンプル。このバランス感覚を保ちつつ、いかにもな固有名を挿入して膨らませれば良いのではないか。文字数まだあるし、次は固有名入れるレッスンできたらいいかもね。 内海 凪 - 個から自然発生する連帯社会 – 新・批評家育成サイト school.genron.co.jp/works/critics/… #批評再生塾 @genronschool

2018-07-04 16:56:09
(^^) @y_ohyama_

普通に面白いんだけどラスト終わり方が唐突すぎて物足りない。もう500文字でいいからオチっぽい綺麗な一文が欲しい。いちおう読み物だし…。 筧 大洋 - 戦略家と小説家 – 新・批評家育成サイト school.genron.co.jp/works/critics/… #批評再生塾 @genronschoolさんから

2018-07-04 17:07:54
残りを読む(129)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?