SOUL CATCHER(S) 初見感想まとめ

ジャンプ+の無料公開でSOUL CATCHER(S)を読んでハマり、全巻購入したので感想投稿します。 1巻分できたらその都度まとめるつもりです。 #ソルキャ初見感想 ←こちらのタグよりどうぞ
マンガ 週刊少年ジャンプ ソウルキャッチャーズ SOULCATHER(S)
7

☆1、2巻収録分

みり @dkhgb_jmiri
SOUL CATCHER(S) 7話 演奏するのは「トランペット吹きの休日出勤」「過労」とも揶揄される「トランペット吹きの休日」か…w 曲名知らなくても聴いたことある人多いだろうし、音羽だけでなく奏馬も助けるには良い曲選なのでは
みり @dkhgb_jmiri
今回は音羽先輩が自分を縛り付けてる父親と対峙するってのがメインだから、彼自身が父親に打ち勝つっていうのが目標な訳だけど、同時に彼1人が少し折れても「奏馬がいれば大丈夫」って部員たちにも、音羽にも、読者にも思わせる そんでその奏馬自身が抱える心の問題も解決させる すげぇ力業だな…
みり @dkhgb_jmiri
SOUL CATCHER(S) 8話 打樋先輩の時は、神峰君の単純な観察力のスゴさを示してたけど、今回は「指揮者としての素質」を見せたって感じか それにしても、即興でパート入れ替えるってすごいな…指示した神峰も凄いけどそれに即座に対応できる2人が凄い
みり @dkhgb_jmiri
私の部活でも、トランペットの支えとしてサックスが同じパートに入ることがあったから、刻坂くんが入る理由としても自然だったかな そんで、打楽器の人が管楽器の真似したがんの、分かるんだよなー 管楽器の人も打楽器触って遊んだりするけど、根本的に違う楽器だから興味あるんだよね…w
みり @dkhgb_jmiri
SOUL CATCHER(S) 第九話 なんだなんだこのツンデレは…かわいい(正直) まぁ連れ回してるせいでパート練習できなくて迷惑してるっていうのはごもっともだからな… そんで、この吹奏楽部の問題点がここで提示される訳ね
みり @dkhgb_jmiri
まぁ、これ、なにも「全国大会への考え方」じゃなくてそもそも「コンクールへの考え方」が人によってバラバラなのが殆どなのよね 例えば、団体スポーツ漫画ってせいぜいレギュラー7〜11人くらいだけど、吹奏楽部ってコンクールメンバー最多で55人なのよ 55人の足並みをそろえるってもう不可能な訳さ
みり @dkhgb_jmiri
そこで打開策になり得るのが強豪校からの刺激と神峰の能力、ってわけか で、いざ潜入、だけどこれヤバくない? ハイキューでいえば、白鳥沢と稲荷崎が合同練習してるみたいな感じだろ… で、登場するもう1人の学生指揮の強キャラ感、すごいテンポだな…
みり @dkhgb_jmiri
SOUL CATCHER(S) 12話 忍くんからの課題は「写譜」か! いやぁ写譜ねー、私写譜大嫌いでね…(時間かかるしめんどくさい) それを100曲分やらされるだけでウゲェってなるのに、与えられた以上のことをやってきた神峰 やってることはクッソ地味なのに、なんだこの王道少年漫画感は 刻坂と三人の反応も良い
みり @dkhgb_jmiri
SOUL CATCHER(S) 13話 邑楽先輩はコンクールで心折られちゃった感じなんだね… スポーツの勝敗って実力とその時の運も込みで自分たちでもぎ取ることができるけど、芸術系のコンクールって完全審査員の主観だからな…
みり @dkhgb_jmiri
さらに「吹奏楽が好き」「音楽が好き」って言うことが=コンクール勝ちたいってこととはまた違うからな…これもスポーツとは違うところかな コンクール以外でも演奏会とかはある訳だし、そもそも勝負事ではないし、コンクールに対してやる気がないってことは100%悪いこととは言い切れないんだよね…
みり @dkhgb_jmiri
だから、神峰が邑楽先輩にすべきなのは、彼女に外の世界を見せてあげることなのかな 外の世界に触れさせて、その上で彼女がどうするかは彼女次第 で、そこに御器谷先輩がどう絡んでくるのか そのタイミングで丁度良く「邑楽先輩に無理やりにでも外の世界に触れさせる機会」が舞い込んできた、と
みり @dkhgb_jmiri
これが13話ってすげぇな…!めっちゃ続き楽しみだし、まだ神峰を認めてない他のパートリーダーも気になってくるんだよな…!
みり @dkhgb_jmiri
SOUL CATCHER(S) 14話 なんだこの神回!!!??!?
みり @dkhgb_jmiri
内容に触れる前に この漫画は「三度美味しい」漫画だと思う まず、普通に読む それだけでも「視覚型音楽漫画」っていうキャッチコピーに違わず圧倒的パワーと演出力を楽しめる
みり @dkhgb_jmiri
次に、実際に曲を聴く この時、きっと吹奏楽を知らない人からしたら楽器名すら判別つかなくて神峰が指示してることが分からない人も多いと思う、多分それで良い 今後、今までみたいに他のパートの掘り下げもやっていくんだろうから
みり @dkhgb_jmiri
で、だいたいの掘り下げが終わって、吹奏楽にはこんな楽器がいてこんな音を出してるって分かった時点でもう一回読み直すと、多分神峰の指揮が凄い分かるようになるんじゃないかな そうなった時、多分段違いに面白くなるはずだ、この漫画 まだ14話しか読んでないけど! だから!曲を!聴いてくれ!!
みり @dkhgb_jmiri
興奮し過ぎて、内容に触れていなかった… 演出に関してはさっき言ったことが全てなんだけど、口に出さないと指示できなかった神峰が、何十人もいて、色んな音を吹いてるバンドに向けて細い指揮棒一本で伝え切った、この細い棒から生み出される色んな景色が最高に良いよね
みり @dkhgb_jmiri
そして打樋たちはその成長を実感してる、まさに「実践型の指揮」か やったことは譜面をひたすらに書き写すこと、それだけで楽器や構成の知識も、曲の雰囲気も、実際に求める音を掴むことも、それを伝える手段も手に入れた すげぇな…
みり @dkhgb_jmiri
でも、限界の壁を超えられてないの邑楽だけじゃなくきっと御器谷もなんだよね 2人に対し、どう荒療治をするのか 2人を味方にできるのか いや、めっちゃ楽しみっすね
みり @dkhgb_jmiri
SOUL CATCHER(S) 15話 相変わらず、展開と曲のかみ合い方が素晴らしい 冒頭ソロのテナーサックス、二楽章のパーカッション、四楽章始めのトランペット、ティンパニソロ、って神峰を認めた奴らが目立って活躍してリードして、最後の最後に今回の攻略対象であるクラ&バスクラの見せ場ってもう完璧だよ
みり @dkhgb_jmiri
神峰は実践的な指揮を覚えたとはいえまだまだ未熟だから、神峰1人の力で2人の心を掴むのは難しい そこで、個人としても部内でトップレベルの実力をもつ刻坂&音羽、そんで曲の要のパーカッションが神峰の意志に応えてリードしてくれる 「必然的に」リードしてくれるような曲構成になってるんだよね
みり @dkhgb_jmiri
入部した時に、神峰がまずパーカッションに行ったのは大正解だと思ってる それは「叩けば音が出る」っていう打楽器の特徴が初心者入門に向いてるから、っていうのもそうなんだけど、パーカッションは「常にソロ」だからなんだよね
みり @dkhgb_jmiri
例外はあるけど、他のパートは数人が揃って一つのパートとして音を奏でてる でも、打楽器は1楽器につき1人 そんで、その1つ1つの楽器がバンドを壊してしまえるような音量とパワーを持ってるわけ そんな楽器たちが神峰の意志に応えるっていうんだからバンド全体が引っ張られてもおかしくない
みり @dkhgb_jmiri
しかもリズムの要も担ってくれてるから、例え神峰が少し崩れてもパーカッションがリードしてくれると思うんだよ 描写はないけど! 元打楽器による打楽器贔屓の考察でした
残りを読む(34)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする