2018年8月18日

Cutie Honey Universe感想

キューティーハニーユニバース全12話の視聴感想となります。アニメの方は初代~Reまでは一応目を通して、原作漫画版は過去に読んだ記憶はあります。
1
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

そんな訳で、初代キューティーハニーに代わってCutieHoneyUniverseの視聴感想でも始めることにする。大体4話ずつの全3回に分けて書きたい。何気に葦ロボットアニメとしてはダンクーガノヴァ以来とこれでも11年ぶりになるということだろうか。 #cutiehoneyuniverse pic.twitter.com/FIagujoYr2

2018-08-18 13:25:34
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

今作では原作漫画版がベースっぽいが、キューティーハニーが最初から体制側の人間であり、正体を知る者も既に最初から何人かいるとのネタは新を彷彿させなくもない。青児が刑事っぽいのはFの設定を思い出す。また夏子が最初からハニーの正体を知っているネタは #cutiehoneyuniverse pic.twitter.com/ujwg7k8l3q

2018-08-18 13:27:22
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

何気にこれが初めてかもしれない。夏子の中の人がReでハニー役をやっていた堀江由衣さんであり、久々にコケティッシュ系の役のような気がする訳で、夏子としてはFを彷彿させなくもない。如月ハニーの私服も初代ではなくF準拠であり…… #cutiehoneyuniverse pic.twitter.com/vfvaNYXaWR

2018-08-18 13:28:38
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

そして一方シスタージルだが、今作では女刑事ジュネとして表の顔ではハニーや青児達の協力者になっている。田中敦子さんの演技ともども過去作よりクールビューティーな印象があり、ハニーがジュネに対して淡い憧れを抱いているような場面もある。彼女は何やらハニーを #cutiehoneyuniverse pic.twitter.com/7Et0wWbCU0

2018-08-18 13:31:06
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

じっくりといたぶりたいスタンスっぽいようだが……協力者のようで実は敵側の主要人物の立ち位置はFの黄昏のプリンスを思い出さなくもない。どちらともハニーが淡い憧れを抱くキャラクターだったが、黄昏のプリンスに関しては気になる異性の人といった立ち位置で、この辺りはFが #cutiehoneyuniverse

2018-08-18 13:32:53
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

当時の女児向けのスタンスも関係あるかもしれない。こちらではジュネに対してハニーだけでなく夏子が淡い憧れを寄せていたり、女番長こと直子(とうてい女に見えないのはともかく)がハニーへ惚れていたり、原作漫画が元々その傾向があったような気もするが、女性同士の恋愛…… #cutiehoneyuniverse pic.twitter.com/MDP2FvwsCi

2018-08-18 13:35:21
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

といった所だろうか。一方キューティーハニー関係の描写として、今作では各形態ごとに中の人が変わる事をアピールしていたが……正直第3話までハリケーンハニーしか登場せず、第4話でミスティーハニーが登場したことでやっとかと思う所はあった。正直ハリケーンもミスティーも #cutiehoneyuniverse pic.twitter.com/oV93Uo4RMz

2018-08-18 13:37:51
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

台詞があったかどうかになると怪しい感じはあり、正直この各形態ごとに中の人が変わるネタについて活かせていないと思う(こう指摘すると凄い葦アニメらしい)第2話で如月博士がハニーを開発してから、パンサークローに殺害されるまでの経緯が触れられる形で、第1話は彼女の活躍を #cutiehoneyuniverse pic.twitter.com/vlLnwcsDai

2018-08-18 13:40:05
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

描くわけなので、正直初代のように第1話で七変化を披露するくらいの意気込みを中の人が変わる点も含めてやったらよかったのではないか?と思う節はある。ただアクションシーンについてはハニーブーメランの殺陣が結構際立つ。初代と異なり何発も生成して連射することが可能なほか #cutiehoneyuniverse

2018-08-18 13:41:12
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

ハニーブーメランからエネルギーフィールドが展開されることで、バリアーとして、足場としてまた相手を拘束した状態でシルバーフルーレで一刀両断するなどなかなかトリッキーなアクションに繋げている。この点は素直に評価したい。ちなみにパンサークローの刺客について #cutiehoneyuniverse pic.twitter.com/CH59zeLjLF

2018-08-18 13:44:03
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

今作では人間がシスタージルの手で変貌したものとして描かれている。この辺りの背景は初代の第12話(妹の復讐の為に改造された人魚)ぐらいしか触れられることがなかったような気がする。第1話のブレストクローはまだしも、第2話のファイアークローは #cutiehoneyuniverse pic.twitter.com/ibpfMHAxRP

2018-08-18 13:48:42
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

人間時の頃と改造後の外見に全く面影がないので、何というかその残酷である(汗)前者はジュネへの憧れからで、後者は恋人にDVを受けていたことでわが身を守るために殺害して自分も死のうとしていた所から改造された経緯だった。ただ前者はまだしも後者はやむを得ない事情が #cutiehoneyuniverse

2018-08-18 13:50:23
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

結構あったような気がするが、本編ではハニーはそんな事情を知ったことはないと仕留めている。基本パンサークローの刺客に容赦しないのは変わりないかもしれない。一方刺客の中で幹部ポジと思われるタランチュラパンサーが、シスタージルに対してレズ的な好意を寄せており #cutiehoneyuniverse pic.twitter.com/tvyePQWZCA

2018-08-18 13:52:06
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

それ故にハニーへジュネとして好意を寄せている所には嫉妬を覚える所もあるっぽい。それ以外の小ネタとして今作ではキューティーハニーのエネルギー切れが結構見られる。確か原作漫画でもあったような記憶があるが、アニメシリーズでは何気にこれが初めてのような気が #cutiehoneyuniverse pic.twitter.com/RkcreBM381

2018-08-18 13:53:46
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

その為、如月ハニーとキューティーハニーの中間ともいえるヘアースタイルを披露しているのは貴重かもしれない。また第4話では空中元素固定装置を応用して、自分の身代わりを作ってパンサークローのアジトに潜伏している。無から作り出す空中元素固定装置なら、自分の身代わりを #cutiehoneyuniverse pic.twitter.com/lL9z9ULTOy

2018-08-18 13:56:17
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

作ることも可能かもしれないが、何気にとんでもない気がする。とそんな感じ。あと今作では東映関係と一切無縁(新は一応東映ビデオが関わっていた)だからか、OPがキューティーハニーではない。ただそれはまぁともかく、EDが男性ボーカルとの点については流石に #cutiehoneyuniverse

2018-08-18 13:57:50
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

合わないかなーとの事はある。関係ないが葦プロとダイナミック企画については確か80年代にOVA版バイオレンスジャックを手掛けており、またお蔵入りした企画として比較的知られているマッドマシンもダイナミック企画が関与していた。ただ画風は当時の葦アニメに大分近く #cutiehoneyuniverse

2018-08-18 13:58:53
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

一目でダイナミック企画が関与しているものとはなかなか気づきにくい。とそんな感じ。 #cutiehoneyuniverse

2018-08-18 13:59:16
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

そんな訳でキューティーハニーユニバースについて第5~12話と今回で最後まで見たので書いていくことにする。復帰早々申し訳ないがまぁ全体的には微妙というか、キューティーハニーのアニメ化作品について一通り目を通したが、これは正直どうもパッとしなかったと #キューティーハニーユニバース

2018-09-09 21:18:42
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

一応擁護すると致命的な問題とかは左程ないので、まぁ見れなくもない。あとユニバースについてキューティーハニーのアクション関係はシリーズの中で大分頑張っていた。ハニーブーメランが連射可能になった他応用でバリアーや足場、ホールド技、ドリルなどと多種多彩な #キューティーハニーユニバース pic.twitter.com/niKyGY1AXX

2018-09-09 21:21:13
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

技へつなげていく点や、シルバーフルーレからの重力波、バリアーまたクレッセントといった大剣に変形させるなどの点もけれん味があるもので、一応キューティーハニーのアクションものとすれば個人的にシリーズで1番味わいがあったとは書いておく。ただ正直なところ #キューティーハニーユニバース

2018-09-09 21:22:24
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

作品としてのパワーはあまり感じられなかった。作画演出面も淡々としているといった印象で、合間にちょこちょこギャグが入るとしても大体滑っていた感じかと……真マジンガー辺りだと突拍子に入れるギャグもまだ勢いで押し切って笑いを取らせるような姿勢は感じなくも #キューティーハニーユニバース pic.twitter.com/JZm0PIsPCK

2018-09-09 21:28:03
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

正直こっちは特に勢いもなく、ギャグシーンに対してリアクションに困るものが多かったかもしれない……。また1クールしかない事もあるがサブキャラ関係まで描写が及ばなかったことと別に、ハニーの七変化をそれぞれ別に声優を立てることについてあまり意味を #キューティーハニーユニバース

2018-09-09 21:29:28
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

成していなかったのでは?と。確か今作のウリとしてアピールされていたと思うが、本編を見ていたら正直別に真綾さんが全員演じても問題なかったのでは?との印象。このあたりについて1クールの尺と別にやはりハニーの七変化が全体的に少なかったことが否めず #キューティーハニーユニバース

2018-09-09 21:30:47
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

このあたりで七変化ごとに声優を立てるとしても、七変化のハニーのそれだけ独立したキャラクターを与えさせるのは難しかったと思う。真綾さん一人でハニーの七変化の1つといった過去作品と同じような試みでも別によかったのでは……と。こうやって書くと葦アニメだと #キューティーハニーユニバース

2018-09-09 21:32:35
残りを読む(20)

コメント