2018年8月28日

レゲエ・ウィークエンド・406 ー アメリカで頑張ってみよう! パート15

毎週末にお届けしている「レゲエ・ウィークエンド」の第406回目の、「アメリカで頑張ってみよう! パート15」のツイートをまとめました!
0
RSマガジン☆レゲエ・ラヴス・ユニティー @RSmagazine

「レゲエ・ウィークエンド406 1」 毎週末にお届けしている「レゲエ・ウィークエンド」の第406回目は、「アメリカで頑張ってみよう! パート15」です! 前回のダンスホールクイーンの間違った助言により女性が米国で入国禁止、逮捕などに関しての追記です! bit.ly/2MOd4Wg

2018-08-14 16:21:55
RSマガジン☆レゲエ・ラヴス・ユニティー @RSmagazine

「レゲエ・ウィークエンド406 2」 アメリカ国内では、少量のマリファナ所持なら警察に逮捕されても米国市民なら罰金程度ですが、ヴィザを所持している又は観光で来られれている外国人には今後の米国入国を拒否される可能性もあるので十分注意が必要です。

2018-08-14 16:26:01
RSマガジン☆レゲエ・ラヴス・ユニティー @RSmagazine

「レゲエ・ウィークエンド406 3」 ある女性レゲエダンサー、Mさんの話なのですが、12年程前にジャマイカからマイアミの空港に到着した際、ポケットの中にマリファナを所持していたとの事で空港で逮捕されたそうです。誓約書と罰金約5万円を支払う事でそのまま帰国する事は許されたそうです。

2018-08-14 16:28:59
RSマガジン☆レゲエ・ラヴス・ユニティー @RSmagazine

「レゲエ・ウィークエンド406 4」 その Mさんはマイアミ空港で大麻所持で逮捕されていたにも関わらず、11年前にニューヨークにレゲエのダンスに修行をしに行きます。その入国の際「あなたは大麻所持での逮捕歴があるから、次の入国の際にはヴィザを取得してくるように」と伝えられたそうです。

2018-08-14 16:31:32
RSマガジン☆レゲエ・ラヴス・ユニティー @RSmagazine

「レゲエ・ウィークエンド406 5」 その Mさんは米国への入国をゆるされ、レゲエダンスなど修行を終えて帰国するのですが、それから数ヶ月後、再度ニューヨークに行く事を決めます。入国審査が心配だったためダンスホールクイーンに相談してみた所「そんなの全然大丈夫!」と勧めたそうです。

2018-08-14 16:35:55
RSマガジン☆レゲエ・ラヴス・ユニティー @RSmagazine

「レゲエ・ウィークエンド406 6」 ダンスホールクイーンから「大麻なんて対した事じゃないんだから、ガッツんと胸張って、相手を怒鳴る感じで文句言えば通してくれるよ!」と言われた Mさん、その通りにニューヨークの JFK 空港で喧嘩腰でいったら、逮捕され、その場で強制送還されました。

2018-08-14 16:39:12
RSマガジン☆レゲエ・ラヴス・ユニティー @RSmagazine

「レゲエ・ウィークエンド406 7」 姉妹のように仲が良かった2人、その後、そのダンスホールクイーンとその Mさんは仲が悪くなってしまったようですが、ダンスホールクイーン本人はどうして仲が悪くなってしまったのか未だに分かっていないようです。

2018-08-14 16:41:30
RSマガジン☆レゲエ・ラヴス・ユニティー @RSmagazine

「レゲエ・ウィークエンド406 8完」 法的な助言は必ず米国の弁護士に尋ねて下さい。麻薬や大麻所持で逮捕されるのはヴィザ取得にも影響します。下手な助言は訴えられる事もありますので弁護士に尋ねるように勧めて下さい。このケースの場合、旅行費や慰謝料まで請求されてもおかしくありません。

2018-08-14 16:52:13

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?