10周年のSPコンテンツ!

男子中学生と成人女性の性愛関係は成立するか? 実例と考察

約15年前に身の回りで起きたことをまとめてみました。昔話とその考察です。とても長いです、ごめんなさい。時間がないかたはショートバージョンをご覧ください
Togetter文学 童貞 非モテ ナンパ 坂口健太郎 実話 恋愛 宮台真司 イケメン トラウマ
37
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
時間がない人はだいぶ端折って書いたショートバージョンをご覧ください。 togetter.com/li/1265905
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
今から15年ほど前、20代後半の頃に個別指導系の学習塾で数年間働いていた。担当は男子中学生ばかりだったがその中に明らかにオーラが違うイケメンがいた。今で言えば坂口健太郎によく似ていたので、ここでは彼を坂口君と呼ぶ。坂口君は身長180弱、不良っぽさと中性的な部分を併せ持ったルックスだった pic.twitter.com/rnwLtq3L7j
拡大
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
実際、彼はよくモテていた。恥ずかしい話だが、私は女性の生態についての知見をほとんど彼から得たと言っても過言ではない。30歳手前の大人が14~5歳の少年から女について教わるという屈辱は私を大いに苦しめたが、童貞だった私には坂口君が無邪気に話すモテ話が抗いがたい魅力を持っていた
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
「さっき逆ナンされてカラオケでセックスしてきちゃった」私が担当してすぐの頃、彼が述べた遅刻の理由である。成績の良い子が行くような塾ではなかったから真面目に勉強しに来ている生徒は少ない。それでもこの発言は衝撃的であった。事の真偽はともかくとして、私は注意するよりも呆然としてしまった
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
イケメンの中でもよりすぐりの「超イケメン中学生」には凡人には想像し得ない奇跡のような出来事が毎日起きている。逆ナンパはそれこそ日常茶飯事だ。家電量販店で暇をつぶしていたら、見知らぬ40代のマダム風女性に当時、流行っていたゲームボーイアドバンスを買ってもらったこともあるという
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
奇跡というのはたとえば、繁華街ですれ違った20代の女性に道を聞かれ、親身になって教えたところ連絡先を聞かれ後日、お礼がしたいと食事に誘われる…といったようなことだ。そんなことがあるのだろうかと思う。私は42年間生きて、宗教の勧誘以外で一人歩きの女性に声をかけられたことがない
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
こうしたエピソードの一つひとつに何とも言えない迫力を感じ、私は授業中の彼の雑談、自慢話を黙認した。そういった話に私自身が興味を持っていた。彼の携帯電話の画像フォルダには今まで関係した女性との画像が収められていた。その数の多さ、写真に収まった女性の美しさには圧倒される思いであった
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
そのフォルダを全部見たわけではないが、一際目を引いたのは坂口君と同世代であろう白人とのハーフの美少女だ。玉城ティナ、トリンドル玲奈に似た雰囲気の彫刻のように美しい顔だった。とても中学生には見えない。そしておっぱいも、服の上からでもそれなりの大きさになっているのがわかった pic.twitter.com/qggqZMsAuj
拡大
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
何枚かの画像には私と同世代、もしくは30代であろう女性も写っていた。私には視線すら合わせない同世代の美女が15歳の少年には心を開き体も許しているのかと思うと、やるせない思いであった。自分の私生活がとてつもなく惨めに感じ、オスとしての能力の違いを見せつけられる思いであった
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
当時の私生活は今よりも悲惨であった。休日ともなれば昼近くまで惰眠を貪り、起きれば近所のコンビニへ行く。道中、美少女とすれ違えばその顔や胸の膨らみを凝視して目に焼き付け、帰宅後はその美少女を想像しながら自慰をする。そしてコンビニ弁当を食べテレビを見ながら夕方になるとまた自慰にふける
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
坂口君が恋愛ゲームを楽しみ女性を楽しませ、そして愛されている一方で、私は道行く美人を盗み見ては服の上から伺えるおっぱいの大きさを確認して脳裏に焼き付け、その乳房を揉みしだく妄想にかられながら一人慰め、果てる。東京砂漠とはこのことだろう。私は自分の情けなさに消え入りたくなった
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
坂口君を教えていて気付いたことがある。それは女も男と同じように気になる異性をチラ見するという事実だ。教室で隣り合って座っていた私にはそれが手に取るようにわかった。そしてチラ見された側は視線に完全に気付く。チラ見されている事に気付かれまいとあえて見ないようにする行為すらもほぼわかる
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
授業時間が終わり坂口君が帰宅しようとすると、いつも奇妙な光景が繰り広げられた。女子生徒たちがみなソワソワしながら坂口君の様子を気にしているのである。女子生徒の中でもカースト上位と思われる、沢尻エリカ似のリーダー格はいつも偶然を装って坂口君の周囲をうろつき会話の機会を伺っていた
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
沢尻の積極性に私は驚いた。女の子は相手次第でこれほどまでに積極的になるのである。カースト下位の女の子には坂口君と話す機会は与えられない。女子リーダー格の沢尻は、その地位を生かして他の女の子を牽制していたのかもしれない。授業が終わると上位グループが坂口君を取り囲むこともあった pic.twitter.com/0brpUDGoUA
拡大
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
坂口君と沢尻はもしかしたら関係を持っていたのかもしれない。なぜなら沢尻が坂口君に夢中になっていたのは誰の目にも明らかだったからだ。坂口君に入れあげていたのは沢尻だけではない。女性社員にもまた坂口君は人気があった。中でもある20代後半の女性社員が取った行動は生々しかった
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
その女性社員は波瑠に少し似ていたのでここでは波瑠さんと呼ぶ。長身でスレンダー、キリッとした顔つきが近寄りがたい雰囲気を出していて仕事が速かった。その波瑠さんは、愛想が良いほうではなかったが、坂口君と話すときだけは満面の笑みになるのである pic.twitter.com/LzCNkIa9vw
拡大
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
志望校などを調査する資料を坂口君が提出し忘れたことがあったが、その時の波瑠さんの動きは凄かった。坂口君の席の隣にひざまずいて「ここに名前を書いて」「学籍番号はここ」と、手取り足取り教えながら書かせているのだ。どこに名前を記入するかなどバカでもわかる。波瑠さんの魂胆は明らかだった
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
波瑠さんが坂口君に資料を書かせている間、二人の物理的な距離が徐々に近づいていくのがわかった。波瑠さんは時に坂口君に覆いかぶさるように資料の書き方を教えていた。私には波瑠さんのおっぱいが坂口君の背中に当たっているように見えて仕方がなかった。いや、間違いなく胸と背中が触れ合っていた
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
波瑠さんは長身だったが胸はそんなに大きくなかった。体の線がはっきりとわかるような服を着てくることもなかった。私はそんな波瑠さんが自らの女の部分を強調していることに衝撃を受けた。よく恋愛マニュアルに「OKサインを見逃すな」なんて書かれているが、こういうことなのかと思った
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
女のOKサインとはかくも露骨なものなのだ。本物のOKサインとはこのようなものなのだと思い知らされた。恋愛マニュアルに書かれた「酔っちゃった~」なんていうセリフや、普通の男が「もしや」と感じるセリフなど、このときの波瑠さんのOKサインに比べれば勘違いに近い
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
手取り足取り教えられながら資料を書き終えた坂口君の行動も私を驚かせた。「疲れた~」と言いながら席を立った坂口君は「波瑠さんの肩揉んであげます」といって肩のあたりを揉みはじめたのだ。波瑠さんは顔を真っ赤にしている。あのクールビューティの波瑠さんが真っ赤になって動揺している
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
波瑠さんにひそかに思いを寄せていた私は激しく嫉妬した。童貞ゆえの自信のなさで会話すらままならなかったが、いつも彼女を盗み見ていた。服の上から伺える乳房の形を想像しながら自慰したこともある。年上の彼氏がいるという噂にうちのめされたこともあった
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
そんな高嶺の花だった波瑠さんが「どうぞ私を抱いて」と言わんばかりにオンナの表情をしていたことがショックだった。一見、ツンとしているように見える女性でもイケメンに見つめられたらイチコロなのだ。しかも相手は15歳の少年である。この事実は私を苦悩させた
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
その日、自宅に帰った私は波瑠さんの表情を思い出していた。肩を揉まれた時の波瑠さんはなんと幸せそうな表情をしていたことか。坂口君が波瑠さんを抱いている姿を想像してみた。すると嫉妬と悔しさで不思議と興奮してくるのがわかる。寝取られ好きの気持ちがわかった。私はその夜、何度も自慰をした
朝比奈潤(ドMおじさん) @doemojisan
この一連の出来事は童貞を捨てたいという思いを強めた。風俗でもいいから童貞を捨てれば嫉妬に苦しまなくてもすむかもしれないと思った。次の休日、ネットで入念な下調べをし風俗へ向かった。初めての記念だからと一番美人でゴージャスな容姿の女の子を指名した
残りを読む(72)

コメント

デンデン @Tirinuruwo_yasu 2018年9月15日
冷静に考えればその学生自身が女性と肉体的にのみ関係を築けるという深い闇を持っている。対照的に、この方は肉体的な関係を築けないという闇を持っている。こんな相対的な二つの事象が却って、あるものごととあるものごととの距離を遠ざけている気がしてならない。
デンデン @Tirinuruwo_yasu 2018年9月15日
男であるという自覚と醜悪な容姿を持つという自己卑下の二つを持つ者にとり、性愛の嫉妬が激甚であることは想像に難くないが、憎悪に塗れてしまった観念は極端な結論を導いてしまうという実例としても読める。しかし、残念ながら容姿だけが人間全てを包もうというのは、容姿への憎悪と憧憬とに取り憑かれた人間の戯言である。
ehoba @htGOIW 2018年9月15日
坂口くん関係ないただのこじらせエピソードだな
まあ @666maamaa 2018年9月15日
面白かった。このかたのように、自分の性的衝動を気持ち悪い最低だと言いつつ、暴行や犯罪などへ向かわせない人は偉いと思う
無用な受難 @mea_querela 2018年9月16日
「成立するか」なんていうから法的・倫理的に許容されるかどうかの話かと思ってしまったが、ただの文学作品だったらしい。紛らわしいことだな
f。 @_ffff 2018年9月16日
この話を複数視点で15年前と現在を往き来させながら書いたら結構面白いものが出きるんじゃないかと思った。視点は四人に絞るかあるいは一部除いて一人一章ずつとかに限定して多人数視点もありかも。
にゃんこ @mnedfg 2018年10月11日
確実に坂口くんは結婚できるけど坂口くんに抱かれた女どもは確実に結婚できないって事がわかる間違いない