編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

くっ…ころせ! 「戦いは数だよ!」は正しい!? #ガチ甲冑合戦 で集団戦をしたらこうなった。

1人で武装した3人以上には勝てなかったよ… 【国際ガチ甲冑合戦 in 三重】 ●11月3日(土) - 伊勢・安土桃山城下街 (伊勢市) ●11月4日(日) - 志摩スペイン村 特設合戦エリア (志摩市) ●主催:日本武術文化連盟/日本甲冑合戦之会   ●協賛:近畿日本鉄道株式会社(近鉄)/株式会社JTB   ●後援:三重県
槍で叩く叩く叩く突くーッ! 初陣OK 花の慶次 刀剣 槍術 剣術 ガチ甲冑合戦 甲冑武者がガチな組討を再現…? 甲冑戦 長槍をもって戦うカンタンなお仕事
10555view 35コメント
101
不滅の鉄人※元immortal iron @goooldenboy
甲冑戦。。。昨日のツイート実戦のところがあまり入ってなかったので。 #巌流島 pic.twitter.com/DTdWtcD0aI
吉村英崇 @Count_Down_000
甲冑をまとうような者は当然、武術を身に着けて戦場に来ている。 喉、脇、股など装甲が少ない所は甲冑武者の弱点といわれるが、当然のように防御してくる。 そこでまずは装甲の上から何度も叩き、弱らせて仕留める。 この #ガチ甲冑合戦 の動画では槍をたぐって短しながら走りこみ、突き刺してる pic.twitter.com/gAPs05jln2
お菓子なやつ @open_wagashi
@Count_Down_000 組打ちの時、昔の書いた物にある、相手を俯せにして片手を背中に回して膝で残りの片手を反対の足で踏みつけて錣を畳んでつかみ引き上げて伸びた首を掻くという方法は実際に有効なんでしょうか?
吉村英崇 @Count_Down_000
@open_wagashi #ガチ甲冑合戦 では集団戦の中で相手の首をとろうとすると大抵やられるのでそもそもNGですね。 一騎討ちのときでも首をとろうとした瞬間、どうしても接触するので相手がそれをねらって脇や喉を投げられたり、組付きながら刺されたり、斬ったりしますよ。 twitter.com/i/web/status/8…
ガチ甲冑合戦@雷神 @koroho_goshin
Armored Samurai Battle. 1st match on the undercard "One on one fight" ガチ甲冑合戦の番外編一騎討ち。一試合目 pic.twitter.com/FhtAYeXuWy
お菓子なやつ @open_wagashi
@Count_Down_000 ですよね、首をとるときは隙ができますから、反対に自分の首を掻かれてしまいそうですし

敵を討とうとする時は距離が迫るため、自分も討たれる事も多い。
そして自分を討つは目の前の敵だけでなく、敵の援軍の背後・側面からの攻撃の時も多い。

集団戦では横・後をとられないように仲間があつまって死角をなくし、その群れからはぐれないのが大事

相手の首をあげようと組討しているときに背後から他の敵兵に刺される。
一番槍をあげようと仲間たちから飛び出した瞬間に死角の斜めから刺されて、ろくに戦わないうちに討たれる。

そしてそれは腕に自信があるものほどその傾向が強い。
下の動画はその一例

ガチ甲冑合戦@雷神 @koroho_goshin
甲冑合戦!3人対3人どうなる? Armored Samurai Battle training / 3 vs 3 ガチ甲冑合戦*練習会 Videos  armored-samurai.com 組んだ瞬間、敵は短刀で刺してくる。グランドは周囲の敵にも刺れる。 pic.twitter.com/zZpFVLmDoI
吉村英崇 @Count_Down_000
#一般人の方が時々誤解しておられること #ガチ甲冑合戦 を再現してみると(1) (×)強い武術家・格闘家が生き残る  →強い人ほど敵を倒そうと1人で飛び出して敵兵に囲まれてやられがち (×)体力気力に自信がある人が活躍  →戦いに夢中で撤退命令に気がつかず、敵陣に1人残され討たれやすい pic.twitter.com/V58LSmwK7c
 拡大
島津中務大輔豊久 @kubi_oiteke
【22話、島津豊久】素人じゃ 突出する初陣首じゃ 掻き取るのは たやすか #ドリフターズ
吉村英崇 @Count_Down_000
#一般人の方が時々誤解しておられること #ガチ甲冑合戦 を再現してみると(3) (×)武術・格闘技の未経験者で体力がない人たちは攻撃力がない  →『1人の弱さ』をよく知っているため集団を形成する 集団での突撃は凄まじく、怒声あげて突撃されると卓越した腕の武者でも1人では簡単に討たれる pic.twitter.com/cdrm81jYEf
 拡大
吉村英崇 @Count_Down_000
「合戦というか集団戦のコツ1」 ⚫基本的にどんなに強くても1人では3人以上には必ず負ける ⚫1人で2人をしのいで撤退しきるすら難しい(勝つどころでない) ⚫仲間と並び「戦線」をつくると生存率が羽上がる ⚫仲間と離れすぎると助け合えないが、近すぎても互いが邪魔で持ち味を殺す
吉村英崇 @Count_Down_000
@Cainsystem_jp #ガチ甲冑合戦 の集団戦は #剣術 #槍術 #柔術 など1対1の勝負に自信ある人、初陣で興奮しているほど、目の前の敵に意識とられ、横や後をとられやすいので『集団戦は死角からの奇襲があるため、背後や側面の防衛能力』が低いと集団戦にでれません #ArmoredSamuraiBattle  #門同流 #MondoRyu pic.twitter.com/mV1bVnJoq4
 拡大
吉村英崇 @Count_Down_000
「合戦というか集団戦のコツ2」 ⚫たくさん人数が集まるほど強いが、すると戦場で隙間ができる ⚫それに合わせて敵は真ん中、左、右のどこかを撃ち抜き、背後や横をとろうとする ⚫勝とう、倒そうと戦列から飛び出るとスゴく簡単に殺される。 ⚫戦列を保ち、空間を侵食するのが大事かもね
吉村英崇 @Count_Down_000
#一般人の方が時々誤解しておられること #ガチ甲冑合戦 を再現してみると(2) (×)武術・格闘技の未経験者で体力がない人たちはすぐ討たれる  →弱さを自覚している人たちは集団で互いを守り合い、死角がないように動くため、防御力が高く奇襲にすぐ気がつく。合戦で最後まで生き抜きやすい。 pic.twitter.com/ODkagNTmBS
 拡大
吉村英崇 @Count_Down_000
#一般人の方が時々誤解しておられること #ガチ甲冑合戦 を再現してみると(5) (×)集団戦は1人vs1人の真正面からの戦いが複数ヶ所、同時に行われる  →ほとんどの人間は1対2以上は秒殺されるため、集団戦は集団からはぐれた少数の敵を死角(側面・背後)からより多い人数で襲おうとする pic.twitter.com/IRkw2VE63y
 拡大
兵法つぶやきアカウント @douten2
@Count_Down_000 日本人は武芸者や達人が好きですが、集団での戦いにおいては、たとえ素人でもとにかく人数を揃えた方が圧倒的に有利となります。 優勢必勝の法則というものはいかんともしがたく、これを無視し職人芸にこだわりすぎると、最後には「竹ヤリでB29に対抗する」という極端な話になってしまいます。 pic.twitter.com/BQeDkgEKjp
 拡大
ガチ甲冑合戦@雷神 @koroho_goshin
Armored Samurai Battle training 3vs 3 2:3となった瞬間、戦力差は1,5倍となり全滅。 よほど奇策を機敏に行わない限り少数組の逆転勝利は無理。 社会生活も同じかな?  少、小、弱>兵は奇道なり!! pic.twitter.com/6mK40lPoMI

上の3対3の集団戦、黒武者側がかなり数の局面で1対2という相手より多い数で戦う局面を作っています。

ちなみに真ん中の黒武者は槍働きをすてて、全体をみる「目」に徹して、交戦がおきた場所にたえず、近寄って黒武者が2人以上いる状況をつくっています。

直接攻撃していませんが、黒武者が2人いるとたとえ戦いを挑んでこなくても赤武者は黒武者2人ぶんに意識を向けなければいけないので充分な戦闘能力を出せません。

槍刀の攻防、組討の応酬など直接的な攻撃を考えがちですが、攻撃をしなくてただ近くに敵がいるだけで脅威であり、動きが制限されます。

兵法つぶやきアカウント @douten2
@SteamMarionette 大軍なら必ず勝てるというわけではないですが、相手の行動を制限させ、プレッシャーを与え抑止する事ができ、有利な展開をつくりやすいです。

ぶっちゃけ、実際に敵がいなくても、『後や横に敵の攻撃がくるかも?』とおもわせるだけでも集中できず、弱くなります。

これは真正面だけしか敵の攻撃がこない個人戦とは大きく違います

実は一般に強いと思われてる人は正面同士の戦いのベテランではありますが、側面・背後からの奇襲に対するトレーニングをしていない事が多いです。

この動画で私は全体の動きをみて、最後にのこった赤武者が背中をみせて、スキをみせたところを何度かシバいて、振り向いたところを、短くもった槍で体当たり気味でノドを刺してます。

「目」をしているものは個人として強くないので思いっきりって直接交戦をすてて「目」に徹し、1対2の局面をうまく作りだし、仲間を有利に導く動きをする者もいます。

1人では2人以上に襲いかかられる状況を作られると、ほとんどの人が対応できず、討ち取られます。

・・・ただし、一見サボっているようなこの働きはちょっと仲間から恨まれるかもしれません(苦笑)

集団戦はある意味、戦う前の打ち合わせなどが大事かもしれませんね。

10人vs10人以上の集団戦も行われることがありますが、今回は見やすさのため3人vs3人の集団戦を紹介いたしました。

ところでお気づきでしょうか?
3人vs3人の集団戦を3つ紹介してますが、勝つ方は無傷で、一方的に相手を全滅させています。

一旦、数が減ると横、背後から襲われる可能性が急激にあがって一気に殲滅させられるリスクがあがるからです。

このように本格的な集団戦はかなりハードなので一般参加者でなく、事前に試験をしてパスした人たちで構成された武将隊のみで行われます。

今回、紹介された
●ガチ甲冑合戦ってどんなイベント?
【過去に巌流島、という格闘イベントに出た時のインタビューより】

『日本には伝統的な武術があるわけですから、そういった武術を駆使して、リアルに合戦を再現したらどうなるのかと思ったんです。』
『現在行われている伝統武術の技が使えるのかどうか。甲冑をつけて闘う日本武術のルーツに戻してみたらどうなるか、というのが今やっている試みです。』

(「ガチ甲冑合戦」、 および 「総合実戦護身術・功朗法」 の主催者、横山雅始総師範より)

国際ガチ甲冑合戦 in 三重(2018)
●11月3日(土) - 伊勢・安土桃山城下街 (伊勢市)
 15:00 戦国の武術解説 / 銭振舞い 
 ガチ甲冑合戦『砦攻め』 ※弓・鉄砲・槍・刀で激突!
●11月4日(日) - 志摩スペイン村 特設合戦エリア (志摩市)
 15:00 銭振舞い 
 ガチ甲冑合戦『川中島の戦い』 

主催:日本武術文化連盟/日本甲冑合戦之会
後援:三重県
協賛:近畿日本鉄道株式会社(近鉄)/株式会社JTB

タイムスケジュールなど詳細は下記のリンク先を御覧ください。

リンク samuraijp.xsrv.jp 9 users 613 ガチ甲冑合戦 - 日本甲冑合戦之会 2018年11月3日(土)-4日(日) 武術家と一般参加者による合戦再現イベント。ガチで戦うので、両軍の勝敗は終わってみるまで判りません!
甲冑合戦之会おしらせ係 @koroho_goshin2
次回の #ガチ甲冑合戦 参戦希望受付がいよいよ開始です! 2018年11月3日(土) - 4日(日) 国際ガチ甲冑合戦 in 三重「砦攻め&川中島の戦い」 詳細:samuraijp.xsrv.jp/event.html 今度のガチ甲冑合戦は砦攻め! 「伊勢・安土桃山城下街」と「志摩スペイン村」をまたいで、 2日間にわたり開催します! pic.twitter.com/A70lQ9ayC8
 拡大
 拡大
 拡大

コメント

じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2018-10-15 19:07:48
一対一ならいざ知らず多対多の戦いでは脳筋の方が早死にしやすいって事なのかな?
infogain_bot @infogain_bot 2018-10-15 19:12:37
一人で多人数を圧倒することで強さを強調するっていうのはテンプレ表現の一つだけど、こういう背景を知るともっと楽しめるな
吉村英崇@ガチ甲冑合戦おつかれさまです! @Count_Down_000 2018-10-15 19:18:10
infogain_bot さんのおっしゃるような、1人である程度引きつけられるひとはいますが、そういう人は個人としての強さというより、ある程度、全体をみてどこにだれがいるか、頭がはいっている人です。個人の強さ+指揮官の素養がいりますね。 jigen_the3 さんのおっしゃるとおり、強いだけで頭をつかわないと、実はかなりの腕前でも始まるなり、討たれます。それでも互角にたたえるのは格下で2人、かこまれてもなんとか逃げ切れるのが3人の包囲網が今までの我々の合戦で、限界です。 マトメ作成人より
nekosencho @Neko_Sencho 2018-10-15 19:26:03
ちなみにランチェスターの二次法則が当てはまる戦いだと(鉄砲とかの、ぶっ放せる系武器の戦い)集団はさらに強くなる、これ豆な
義明_雑談用 @yoshiaki_idol 2018-10-15 20:34:30
清州での合戦に参加して、集団戦も体験して感じたのは、やっぱり体力はあるに越したことはないし、調練も大事だってことかなぁ。長槍での叩き合い、実際にやりあった時間は結構短い(1回につき1~2分くらい、3分は絶対無い)にもかかわらず疲れて槍の動きが鈍ってた人が居たし、守る側としては攻め手の槍を打ち払うのか盾を支えるのか、役割分担なり連携なり取れないとせっかくの集団の利が生かせなくなるだろう、と。
naruto,tousen @narutousen 2018-10-15 23:39:42
常々疑問なんだが、ランチェスター戦略の1次法則(飛び道具を使わない)だと兵力比が10:6では10-6=4 6人側が全滅すると10人側が4人残る。これだと10:1を10回繰り返すと10:10と同じ結果になる。これっておかしくない?
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018-10-15 23:48:32
> ⚫たくさん人数が集まるほど強いが、すると戦場で隙間ができる > ⚫それに合わせて敵は真ん中、左、右のどこかを撃ち抜き、背後や横をとろうとする サッカーの戦術にも通じるかも
ɐɥuıɥsnoʇʇɐɥ @hattoushinha 2018-10-16 00:24:27
やっぱりスパルタンとか少数精鋭って伊達じゃないんだなってなるよね。 肉体だけじゃなくて連携、智略も無きゃ自分の何十倍の兵士相手に勝てねぇよ
HWS Mk-1 @HWShosii 2018-10-16 00:55:53
囲んで棒で叩く!実際この密集してその場の数の有利を作るという戦法は塹壕と鉄条網と機関銃を従えた砲撃が戦場を支配する近代戦まで戦術や陣形の基本だったのだ
うにら @riafeed 2018-10-16 07:33:09
3人に勝てるわけないだろ(真理
VRAM01K @VRAM01K 2018-10-16 07:34:07
冒険者も群れたゴブリンにやられるわけですね
Daregada @daichi14657 2018-10-16 07:49:04
narutousen 交換比を1と単純化した場合、10:1の戦闘を1の方が全滅するまで継続すると、10-1で人数が多い方が9生き残る。これを10回繰り返すと、人数が多い方の生き残りの合計は、全体が一度に10:1で戦闘した場合と同じ9になる。なんで最後の比率だけ、死者同士を比べてるの? 交換比1のとき死者同士の比率が1:1になるのは当たり前なので
アプロ @rUyaCVtIiRxgC9M 2018-10-16 10:54:03
VRAM01K 逆に、冒険者も狭いダンジョンでガッチリとスクラムを組んで戦えば勝てるかな。もちろん、背後をしっかり警戒して。
Tadashi @tadashifx 2018-10-16 11:22:04
面白い。粗末な槍だけ持った体力だけはある素人(戦に駆り出された農民)vsフル装備の武芸者(武士)で短期決戦という条件だと何人で互角くらいになるのだろう? これを見るまではなんとなく10vs6くらいのイメージだったんだけど、10vs8くらいは必要になるのだろうか?
昆布出汁 @kobu_dasi 2018-10-16 13:11:38
三国志で張遼や曹仁が単騎で突っ込んで敵陣を撹乱して生還してるけど、やっぱり普通じゃやれないことだから特筆大書されるんだな、と。敵将の首とって帰ってきた関羽とかそら名前残すわな。人間じゃないわ。
Tadashi @tadashifx 2018-10-16 16:23:25
daichi14657 横からなんなんですが… narutousen は「10:1、9:1、8:1・・・1:1となった場合に10:10と同じく双方全滅するのっておかしくないか?」って言いたかったんじゃないか?と解釈してました。(個人的には一定以上の兵力差がある場合、一騎打ちの集合体を前提とした1次則を適用することに無理があると思っています。一騎打ちしか発生しない長い廊下なら成り立つと思いますが…)
聖夜 @say_ya 2018-10-16 17:35:37
演義の方ですけど一対多数をやるうえで橋の上という地の利を得る趙雲派です
吉村英崇@ガチ甲冑合戦おつかれさまです! @Count_Down_000 2018-10-16 17:58:34
集団戦を「一騎討ちの寄せ集め」と勘違いする人は多く、実は武道家、格闘家もかなりの人がそうです。一対一の正面をむかいあっての試合がメインで、横や後からの奇襲がないことになれてるからだと思います。 tadashifx さんの「一騎討ちしか発生しない長い廊下」、 say_ya さんの「一対多数をやるうえで橋の上という地の利を得る趙雲派」というように一対一を集団戦で作り出すには工夫(兵法)がいりますね narutousen daichi14657
吉村英崇@ガチ甲冑合戦おつかれさまです! @Count_Down_000 2018-10-16 18:05:42
「弓道家100人でガチ甲冑合戦に挑みたい」とおっしゃられた方がいます。弓道は真っ正面の相手には有効で tadashifx さんの「一騎討ちしか発生しない長い廊下」、 say_ya さんの「一対多数をやるうえで橋の上という地の利を得る趙雲派」みたいな戦いには向きますが、合戦でもとめられる弓使いはhttps://togetter.com/li/1271067のようなもので戦い方が違うと技術が違い、比較すべきでないと思います。narutousen daichi14657 マトメ作成人
吉村英崇@ガチ甲冑合戦おつかれさまです! @Count_Down_000 2018-10-16 18:07:02
「弓道家100人でガチ甲冑合戦に挑みたい」とおっしゃられた方がいます。弓道は真っ正面の相手には有効で tadashifx さんの「一騎討ちしか発生しない長い廊下」、 say_ya さんの「一対多数をやるうえで橋の上という地の利を得る趙雲派」みたいな戦いには向きますが、合戦でもとめられる弓使いは https://togetter.com/li/1271067 のようなもので戦いがが違うと技術が違い、比較すべきでないと思います。narutousen daichi14657 マトメ作成人
Daregada @daichi14657 2018-10-16 18:12:54
tadashifx 10:1の残った9が、敵の援軍1とまた戦い...みたいな想定かな。ランチェスターの法則では、互いの軍の装備や練度に由来する係数(α,β)を使うんだけど、上の話では交換比E (αとβの比)を1に単純化しているので、「連戦で疲弊した大軍vs逐次投入された1部隊」みたいな状況は考えてないよね
Daregada @daichi14657 2018-10-16 18:25:38
さらに言えば、挑発された農民などではなくて、集団戦闘を訓練された兵士が、兵力の集中を行なうのであれば、それはもう第二法則の範疇なので、人数の多い方がより有利になるのは何もおかしくない
gx9900 @GX9900GUMDAMX 2018-10-16 21:37:34
daichi14657 戦場が狭くて一度に同数しか戦わないのが第一法則の条件かねぇ。それを成し遂げたのがテルモピュライの戦い。
Durandal @Duliger 2018-10-16 21:46:10
これは面白い! 少数対多数というのは本当に不利なんですね。
seidou_system @seidou_system 2018-10-16 21:58:15
突出した状態で殺されない方法って「武器をぶん回しながら全速力で足を止めずに走り続ける」ぐらいかなあ。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2018-10-17 06:19:28
そうか、それで"攻めの三左"の異名を取る、十字槍の名手の森可成公も、討ち取られた訳か…。 #信長の忍び
昆布出汁 @kobu_dasi 2018-10-17 14:06:01
ふと思ったんだけど、幕末期の町中や家屋内での戦闘とかも研究されてる人とかいるんだろうか。
吉村英崇@ガチ甲冑合戦おつかれさまです! @Count_Down_000 2018-10-17 15:28:57
「君のような勘のいいガキは嫌いだよ」という言葉がありますが、そこらへんも師匠も研究してます(笑)それもまた機会がありましたら師匠より発表があると思いますからお楽しみに~!kobu_dasi マトメ作成人
義明_雑談用 @yoshiaki_idol 2018-10-17 19:43:36
Count_Down_000 合戦もいいけどむしろそういうの参加したいですwww>市中や家屋内の戦闘
昆布出汁 @kobu_dasi 2018-10-18 08:27:53
Count_Down_000 そりゃ楽しみだ、お待ちしています。
たけ @Eo554IijYfHOQqw 2018-10-18 08:46:58
家屋内の戦闘といえば新選組 幕末オープンゲットでござるよ
ソフトヒッター99 @softhitter99 2018-10-19 13:22:51
3対3の戦闘で、「戦闘は数だよ」じゃねえ。数が互角のときは質がものをいうに決まっていて、質に勝る奴が、さっさと1人倒して、2対1・1対1の2分戦にできて初めて「質と数だよ」になり、もう1人倒れて「3対1」になってやっと「戦闘は数だよ」になる。
ソフトヒッター99 @softhitter99 2018-10-19 13:25:02
で、戦闘終了時のトータルな交換比が、両軍の「質的な差」として認識できますね……がランチェスターの法則とうわけで。
naruto,tousen @narutousen 2018-10-20 08:24:58
daichi14657 それ第一法則じゃないですよね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする