Chikatomo in the sea プリンセスと進化の種 その6

YouTubeでup予定の漫画です。今回は101コマ目から120コマ目までまとめています。
0

どうも、半藤礼二です。

大変ご無沙汰してしまいましたが今回も『Chikatomo in the sea プリンセスと進化の種』をまとめます。

遅くなってばかりで大変申し訳ありませんm(__)m

前回は81コマ目から100コマ目までをまとめさせていただいたので……

まとめ Chikatomo in the sea プリンセスと進化の種 その5 You Tubeでup予定の漫画です。今回は81コマ目から100コマ目までまとめています。 1109 pv 1

今回は101コマ目から120コマ目までをまとめます。

半藤礼二 出直しを図る @reijihandou

前回までのあらすじ。 命がけの体当たりで鮫を気絶させたプックリでしたが彼自身もぐったりして動けなくなってしまいました。 一方ようやく起き上がったハンスターはドルフの話を聞いてプックリ達の手当てのために一刻も早くこの場を離れることを提案しましたが、その時鮫も起きてしまったのです。 pic.twitter.com/GuNxmgzn3F

2017-05-04 23:00:20
拡大

101コマ目。

半藤礼二 出直しを図る @reijihandou

「おのれ…いまいましいフグめ、どこに行った…?」 起き上がった鮫は辺りを見回しました。 両目に怪我をした鮫には周りの景色がぼんやりとしか分かりませんでした。 「…あんな所にいたか…」 鮫はプックリの尻尾のようなものを見つけました。 しかしそれはプックリの尻尾ではなく不発弾でした。 pic.twitter.com/HSYMbRntQw

2017-05-04 23:05:34
拡大

恐ろしいことが起きそうな展開ですが、恐らく皆さんの予想通りになると思います(汗)
鮫の登場以降苦手な方には申し訳ない展開ばかりが続いていますが、これもまたストーリーの重要な部分なのでどうかご理解下さい。

102コマ目。

半藤礼二 出直しを図る @reijihandou

ドルフ達は鮫が起き上がったことに気が付きぞっとしました。 しかし鮫はドルフ達の方ではなく不発弾の方を向いています。 ドルフ達が不思議に思っていると今度は鮫はまっしぐらに不発弾に向かって行きました。 「な、何をするつもりだ?!」 「危ない!」 「やめてーっ!」 皆は口々に叫びました pic.twitter.com/TlacMI5u2w

2017-05-05 23:42:00
拡大

ちなみにこの頃とっていたアンケートでは……

半藤礼二 出直しを図る @reijihandou

アンケートは残り三日。 現在入っている票は1票です。

2017-05-07 00:12:38
半藤礼二 出直しを図る @reijihandou

この箇所を含めていくつ鮫との戦いを回避できたかもしれない箇所を見つけたか教えて下さい。

2017-05-03 00:18:08
半藤礼二 出直しを図る @reijihandou

アンケート結果出たのに発表が遅くなって申し訳ありませんm(__)m 1票しか入らなかったのは残念ですが、貴重な1票をありがとうございます。 鮫との戦いを回避できたかもしれない箇所結構たくさん見つけられたんですね。

2017-05-11 02:05:12

……という結果が出ていました。

鮫との戦いを避けられればあるいは……

103コマ目。

半藤礼二 出直しを図る @reijihandou

鮫は自分が向かっている先にあるのが不発弾だということに気付きませんでした。ドルフ達が自分を止めようとしているのはプックリを守ろうとしているからだと思い込んでいたのです。 「安心するがいい!皆同じ所に送ってやるさ!」 ついに鮫は不発弾に尻尾を打ちつけてしまいました。 pic.twitter.com/Z7qQcBcyL9

2017-05-07 00:22:50
拡大

104コマ目。

半藤礼二 出直しを図る @reijihandou

それは全てを消し去ってしまうような恐ろしい爆発でした。 ナチュラル・キャノンをはるかに凌ぐ眩い閃光でドルフ達には何も見えなくなってしまいました。 海底中に伝わるような地響きと凄まじい爆風で、辺りには何もなくなってしまいました。 pic.twitter.com/HrHEw3M6em

2017-05-09 00:27:07
拡大

鮫との戦いを避けることができればこんなことにはならなかったのに……

でも忘れてはいけないのはこうなってしまった一番の責任は恐ろしい爆弾を作りだして海底に落としてしまった人間達にあるということです。

ちなみに誤解のないように先にお伝えしておくとお話はここで終わるわけではありません。

4コマ毎のストーリー振り返り。

半藤礼二 出直しを図る @reijihandou

前回までのあらすじ。 両目に怪我をしていた鮫は不発弾をプックリと勘違いしてしまいました。そしてドルフ達の制止も聞かずに不発弾に自分の尻尾を打ちつけてしまったのです。 不発弾は眩い閃光を放ち、海底中に伝わるような地響きと凄まじい爆風で、辺りには何もなくなってしまいました。 pic.twitter.com/B5QrtvS4hR

2017-05-11 02:15:27
拡大

105コマ目。

半藤礼二 出直しを図る @reijihandou

「今の地響きは一体…?まさかドルフ達の身に何かあったのでは…?」 ナライは気が気ではありません。 「ナライ、ドルフ達の様子を見に行きたいのだな」 ポセイドンは言いました。 「ポセイドン、よろしいのですか?」と、ナライ。 「お前がいない間この広場は私とペンギンのピコで守っていよう」 pic.twitter.com/8lcWqnCUn6

2017-05-11 02:27:32
拡大

こうしてナライはドルフ達の安否を確かめるべく、彼らの後を追いかけました。

そして……

106コマ目。

半藤礼二 出直しを図る @reijihandou

ナライはドルフ達の様子を見に行きました。 海底広場に残っているポセイドンにピコが声をかけます。 「ポセイドン、あなたも辛い立場ですね。本当はナライと一緒にプリンセスやドルフ達の様子を見に行きたいのではありませんか?それに彼女のことも…」 「私情で動くわけにはいかん」と、ポセイドン pic.twitter.com/LyDEs25J4j

2017-05-12 01:02:59
拡大

ポセイドンもまたプリンセス達のことが心配で様子を見に行きたいのを堪えているんですね。

しかしピコが言う「彼女」とは一体……?

お気づきになられた方も多いだろうとは思いますが、ここではまだ伏せておきますね。

ちなみにこの時僕は一番初めに悪役として登場したクラゲの名前を決めていなかったことに気付いたので……
https://twitter.com/reijihandou/status/669537805521981441
今までの例通りアンケートを取ることになりました(汗)

半藤礼二 出直しを図る @reijihandou

今日は漫画を更新するつもりだったんですが、今回は急きょ一番初めに小悪党として登場したクラゲの名前が必要になったのでアンケートを取りたいと思います。 クラゲの名前は何がいいと思いますか?

2017-05-13 00:51:39
半藤礼二 出直しを図る @reijihandou

1票しか入らなかったのが残念ですが、貴重な1票をありがとうございます。クラゲの名前はムーンに決定させていただきますね。

2017-05-15 00:25:34

……というわけで、クラゲの名前はムーンに決まりました。

107コマ目。