ヴィパッサナー瞑想について思ったこと。

個人的な体感の感想です。
4
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

まだまだ、コルカタに滞在しています。マザーハウスでボランティアをしているのだけど、思うこと色々ありで、これはアヤワスカやヴィパッサナー瞑想に通ずるものがあるのではないかと思った。他者を通じて内面に浮かび上がってくることがある。

2014-06-01 00:04:31
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

ちょっとアンケートしたいと思います。 あなたは #ヴィパッサナー瞑想 を知っていますか?

2018-08-15 17:06:21
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

自分のフォロワーの方々なので、約半数が知ってるとの結果に。 興味深いアンケートでした。 ヴィパッサナー瞑想は一般的に「10日間、誰とも話さず瞑想を続ける」と説明されることが多い。補足するとアイコンタクトやメモも禁止されている。

2018-08-24 14:06:09
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

自分がヴィパッサナーを知ったのは、だいたい5年前くらいだろうか。4年前くらいからずっと参加してみたいと思ってましたが、今回ようやくタイミングが訪れ実現し、その体験は予想を上回るものでした。

2018-08-24 14:08:38
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

10日間、食事の時間以外基本的にずっと瞑想しているのだけど、夜になると一時間半の講話があります。その講話が素晴らしいもので、滞在中講話の時間が一日の締めの楽しみになっていた。ヴィパッサナー瞑想は日中の瞑想と講話のセットで成り立っていると感じた。

2018-08-24 14:12:10
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

講話の中でも強調されていたのだけど、ヴィパッサナー瞑想も直接体験、自分自身で神秘体験を実感することが重要視されていた。しかも驚いたのが、自分が思っていたよりも、その境地に向かう方法が理論的であったこと。

2018-08-24 14:25:56
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

ケン・ウィルバー著、吉田豊訳『科学と宗教の統合』より もう一つ、人類が忘れ去り、宗教の根幹の部分に保持されている認識装置がある。それは心自体だ。目を閉じて黙想して、内面的な探求の中で客観的な真実をつかんでゆくことができるのだといいます。それを「スピリチュアリティ科学」と呼びます。

2018-08-24 14:31:03
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

なぜ、科学なのかというと、こうすればどうなるという最初に指示があります。 その指示にしたがって実行します。そうして最初の指示どおりの事実を体験できたかどうか検証できます。それを実行者が互いに共有することによって、その宗教教義を信じ込むという非科学的な信仰ではなく(続く

2018-08-24 14:31:40
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

続き)、黙想による内面的な体験という事実で検証した科学的確信になるというのです。 〜略〜 黙想による「直観科学」もふくめて、ケン・ウィルバーは、科学的であるために次の三つが必須だとしています。

2018-08-24 14:32:30
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

「1、介助的指示、もし、これを知りたければ、これをせよ。 手本、パラダイム、実験、手順である。 2、直接的体験、ないしデータの感受、 3、共同体的確認、これは指示と感受の要求をみたした他の人々とデータ、証拠を照合することである」同書、202ページ

2018-08-24 14:32:50
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

ケン・ウィルバーがこういうようにヴィパッサナー瞑想もまさにこの通りでした。現代科学では観測出来ないが、手順をしっかりと押さえて修行を実践すれば、誰にでも「それ」感じ取れる瞬間が訪れる。そのためには、なるほど10日は必要だなと思った。

2018-08-24 14:37:07
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

ヴィパッサナーは仏陀が悟りを開いたと言われる瞑想方法で、仏教の基本的な教えは簡単に一言でまとめると「全ての苦しみは執着から生じる。執着をなくすべし」というのような感じ。では、どう瞑想をし、実践すればそれが出来るのか。

2018-08-24 14:38:34
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

3.5日まではアーナパーナというひたすら呼吸を観察する瞑想方法で、それから本番であるヴィパッサナー瞑想が始まる。その際一日三回「決意の時間」というものがあり、そのグループ瞑想のときは決して身体を動かしてはいけないと教わる。

2018-08-24 14:40:42
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

自分は半跏趺坐という座り方で瞑想を行っていたのだが、普段自分で瞑想するときは20分ほどで足がしびれてきてしまう。もう1時間なんてとても出来る気がしないのである。初回なぞは、終わったあと足の痺れハンパではなかった。

2018-08-24 14:44:34
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

ヴィパッサナーは「観察する」を意味する。また、ヴィパッサナーとは「分けて観る」「物事をあるがままに見る」という意味である。 この教えの通り、どんなに足が痛くても痺れてもこれを実践していくと、なんと、痛みがなくなる瞬間が訪れる。身体感覚に対する執着がなくなるときがくる。

2018-08-24 14:46:31
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

心と身体は心身相関であるので、身体に対して執着がなくなったときは心の執着がなくなる。こういう仕組みでそれがわかったとき、個人的に「思ったより、理論的だなぁ」と感じた。ハイというより涅槃、という言葉の方が合うなぁと思った。

2018-08-24 14:49:21
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

ずーっと身体を観察していると、身体がどんどん精妙に感じとれるのだけど、この感じはアヤワスカ・アナログをやったときに近いなぁと思った。 不思議なことに、ヴィパッサナー瞑想やっていく中で、足がしびれることはなくなった。足首を伸ばしている筋は相変わらずいたくなるけども。

2018-08-24 14:52:01
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

この体験はとても不思議であった。足がしびれるとか、痛くなるとかは(血管が圧迫されたり)物理的なことで生じる結果だと思っていたのだが、そうでもないのかと。この感じは痛み止めに使われる薬物(オピオイド系とか大麻に)を取ったときに近いのではないかと思った。

2018-08-24 14:55:52
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

自分は医学のことはよくわからないが、痛み止めって何故作用するかよくわかっていないらしいです。痛みを普段とは別の知覚で感じるから、作用するのだろうか。例えば、火渡りなどの神事は伝統的な手順を踏めば火傷することなく火の上を歩けるよう。 pic.twitter.com/pyOQRO4PIq

2018-08-24 15:01:30
拡大
拡大
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

このことに関してはアンドルー・ワイル著「ナチュラルマインド」に詳しく書いてある。 しかし、執着することなかれ!と言っても生き物は本能的に痛みを避けるように出来ているのに、それに真っ向勝負のヴィパッサナー瞑想はハードコアでした。まさに『忍耐』という言葉がぴったりでした。

2018-08-24 15:04:13
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

ヴィパッサナー瞑想を世界中に広めたシュリ S. N. ゴエンカ氏も頭痛を治したくて、実践し始めたとか。そのときモルヒネ中毒になる一歩手前だったよう。 うちの父は前立腺がんが原因でなくなったのだが、痛み止めの処方でオピオイド系のオキシコドンとかオキシコドンを処方されていた。

2018-08-24 15:10:10
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

@bongasta 火渡りはそうなんですね〜 これはわかりやすい例ですが、アンドルー・ワイルのナチュラルマインドには他の例も載ってます。 例えば妊婦が麻酔薬なしで帝王切開した話とか。

2018-08-24 15:11:19
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

オピオイド系のものは耐性が増えて中毒になるのと、意識まで混濁してしまうのがデメリットのよう。 もし、自分が同じような状況に陥ったとき、ヴィパッサナー瞑想を体験した経験はとても大きな手助けになるだろうなと思った。

2018-08-24 15:13:48
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

この一連のツイートが瞑想修行に対しての感想でした。 もう一面ヴィパッサナー瞑想を気に入った側面があるのですが、それは奉仕の心でこの施設が運営されていることでした。それは自分が思っていたスピリチュアリティと100%合致していた。

2018-08-24 15:19:09
ૐyusuke_suzuki⁴²º @approach_ys

オルダス・ハクスリーの『島』という小説の中でマジックマッシュルームを通過儀礼に取ることが主題になっているのだけど、自分はこれをヴィパッサナー瞑想に置き換えてもいいくらいだなと思いました。違法薬物を使ってない分より現実的かと。

2018-08-24 15:23:55
残りを読む(8)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?