2
  • フランスにおける「表現の自由」 濵野 耕一郎 教授から一部抜粋
    「ただ、ユダヤ人を相手に言えば法的に罰せられることを、(フランスにおいて同じようにマイノリティーであり、弱い立場にある)イスラム教徒には浴びせて構わない————そうなると事情はかなり複雑化します。」

  • フランス式「言論の自由」は、普遍的ではない パリ政治学院教授に聞く「文化と歴史」から一部抜粋
    「ただし、フランスに絶対的な言論・表現の自由があるわけではない。例えば人種差別的表現、特に反ユダヤ主義的表現やホロコースト(ユダヤ人の大虐殺)の否定は確実に罰せられる。特に厳しいのがホロコーストの否定だ。この意味で、フランスの言論の自由には「二重基準」の側面がある。具体例がフランスのコメディアン、デュドネだ。過去に反ユダヤ主義を扇動した罪で有罪判決を受けた人物だ。」

  • 「私はあなたの意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」ヴォルテール

  • 「1人を除く全人類が同一の意見を持ち、ただ1人が反対の意見を抱いていると仮定しても、人類がその1人を沈黙させることは不当である。それは、仮にその1人が全人類を沈黙させられる権力を持ち、それを実際にすることが不当であるのと同じである。」JSミル

  • 「ヘドが出るような思想に対しても表現の自由が保障されなければ、本物の自由とはいえない。」Nチョムスキー

こんなあからさまな二重基準、宗教差別を許していたらパレスチナ人虐殺を肯定する言論が法律で罰せられる世界が実現しかねません 表現の自由を取り戻すために全人類が一致団結すべきです
青木文鷹 @FumiHawk
仏に「ゲソ法」という法律がある。これはホロコースト否認や人種差別的言動を禁止している。仏人が誇りとする「表現の自由」は、その実法的にホロコースト否認を認めない。人種差別や拝外的行為抑制の為には表現規制を受け入れているのに、なぜ他者の信仰への「侮蔑」は無制限にゆるされると思うのか。
高須克弥 @katsuyatakasu
南京もアウシュビッツも捏造だと思う。 twitter.com/harupuu/status…
高須克弥 @katsuyatakasu
収容所チクロンによる衣服の消毒はノミやシラミを退治するために行います。 やらないとチフスやペストになるからです。 衣服だけに行います。 消毒が終わるまでに持ち主がシャワーを浴びて、その後その衣服を着ても死にません。 僕たちは服を着たまま進駐軍にDDTをかけられました。誰も死んでません twitter.com/TomoMachi/stat…
高須克弥 @katsuyatakasu
僕は防空壕で生まれ進駐軍のペニシリンで命が救われDDTの洗礼を受けて成長しました。学校給食はユニセフの脱脂粉乳。 進駐軍の兵士にチョコレートをもらいました。ギブミーチョコレート。 twitter.com/h_same481hm/st…
高須克弥 @katsuyatakasu
自由な発言や研究を禁止する法律は真実を隠蔽するために作ります。 猿の惑星。 twitter.com/7G9B7uWE8PUgzT…
高須克弥 @katsuyatakasu
真実と違った歴史は正しく書き換えられるべきです。 書き換えていけないと言う人は科学者ではありません。原理主義の宗教信者です。 twitter.com/fuckjimin821/s…
高須克弥 @katsuyatakasu
理解してくださりありがとうございます。 twitter.com/merdeka2670/st…
高須克弥 @katsuyatakasu
僕は1970年イスラエルを訪問し多くの友人ができました。首相ともお会いしました。ユダヤ教徒の方々との友情は今でも続いております。 科学者として真実の歴史を検証しようとするのが何故罪なのでしょうか? 検証と訂正を拒否するのは科学ではありません。 僕は科学者として生きたいのです。 twitter.com/AuschwitzMuseu…
高須克弥 @katsuyatakasu
怒っているのは僕のほうです。 その人権団体とやらら僕をブロックして逃げました。 twitter.com/hayato_88108/s…
松下幸 @Cruise_kou
そもそも高須院長は「ホロコーストの死体の写真の死因は言われてるものと違う」というところからで、思想とかそういうものじゃなく医師としての判断なんだから、それを無視するのは、そちらの方が何か不都合があるからとしか思えない、わな。 twitter.com/katsuyatakasu/…
太郎 @RPIKL6OBfiyenyK
@Cruise_kou じゃあ死因はなんなの。残念。
社会を分断する民族主義に反対するメタキャット @g_ore_t
@Cruise_kou ホロコーストの死体とは具体的に何を指摘しているのかわかりません。大概は栄養失調やチフス死者の写真です。そもそもガス死者は焼却されているのですから写真なんかありません。高須先生は栄養失調やチフス死者の写真をみて違うといっているのですか?写真だけで判断できれば解剖なんていらんでしょ。
松下幸 @Cruise_kou
@g_ore_t そうそう、あれらは栄養失調などの写真なんですよね。ガス室のそれとは違う、と。 そしてなぜガス死者の写真が無いのか、ってのも疑問です。 焼却という意味ですが、遺体の焼却処分で写真が残らない理由が解りませんし、写真の焼却処分って意味でも、全くゼロってのは疑問です。
社会を分断する民族主義に反対するメタキャット @g_ore_t
@Cruise_kou ガス死者の写真はどこかにあるかもしれませんが、そもそもガス死の証拠を隠滅するために焼却して捨てているのですから、基本的になくて当たり前でしょうが。屁理屈ばかり先行しすぎです。根本的に俯瞰的に状況を見ないから瑣末な部分で因縁をつける。
社会を分断する民族主義に反対するメタキャット @g_ore_t
@Cruise_kou いいですか?学校でイジメがあって、イジメられた生徒はひどい目にあっているが詳細の細かいところまで目が届かないから知らない。それを理由に瑣末の食い違いを大げさに取り上げてイジメはなかったのだと主張しているのと同じですからね。
社会を分断する民族主義に反対するメタキャット @g_ore_t
@Cruise_kou そして、あなたの態度の問題は、ちょっとした「疑問」が出たらそれをもって「結論」みたいに吹聴している事です。疑問があったら「調べたら」どうですか?直接答えを探すだけではなく、関連項目をはじから当たっていけば、なるほど写真がないのはそういうことか。とわかってきます。
松下幸 @Cruise_kou
@g_ore_t そこまで徹底的に証拠隠滅する能力が末期のドイツにあったのか、と。 今言われるように大規模にガス室をやっておいて、その証拠写真ゼロってのは不思議に思います。 自分が言ってるのは「そのガスって手法はホントにあったのか?」ってところです。
松下幸 @Cruise_kou
@g_ore_t それは論点のすり替えですね。 それでは「徹底的に証拠隠滅が図られ、それが確実に実施された」ってソース・公文書がどこにあるのか、自分は調べても出てきませんでしたが、どこでしょうか。 それこそ口伝、ではダメですよ。
社会を分断する民族主義に反対するメタキャット @g_ore_t
@Cruise_kou は?「徹底的に証拠隠滅が図られ、それが確実に実施された」って誰がいったんですか?証拠隠滅は図られましたが、完全ではありませんでした。だから証拠が逆に残ったのです。しかしだからってガス死の遺体写真がないというのは、別問題です。
社会を分断する民族主義に反対するメタキャット @g_ore_t
@Cruise_kou そもそも、ガス死の遺体写真を「誰」が撮影するのですか?目的は何ですか?ガス死の遺体写真を撮影せよという命令書でもあるのですか?そんな命令もないのに兵士が自主的に撮影しますか?
松下幸 @Cruise_kou
@g_ore_t ですよね、証拠隠滅は確実には行えないですよね。 じゃあガス死の遺体写真が無いのは、なんででしょうか。 それだけ完全に証拠隠滅できてた、って事でしょうか。 単純でシンプルな疑問です。
社会を分断する民族主義に反対するメタキャット @g_ore_t
@Cruise_kou そもそも殺人者はいちいち殺害した遺体を撮影するものですか?撮影された遺体の写真がないから、その殺人者の殺害行為はなかったと認定されるのですか?そんなご都合がまかり通るなら、世の中殺人はやり放題ですわね。証拠写真がなければ無罪でいいのであれば。
残りを読む(87)

コメント

メメタァ @memetaa_77 2019年3月18日
アウシュビッツて、絶滅収容所の伝説とは裏腹に、囚人用の遊泳プールがあったりして面白い
こねこのゆっきー @vicy 2019年3月18日
医院長が医者なの正直忘れてたわww
nob_asahi @nob_asahi 2019年3月18日
人は自分では打破できない状況下でストレスを受け続ければ、認知を歪めてでもストレスを軽減せざるを得ない。だからこそ、その人が打破することのできない起因で人を非難したり、貶めたりすべきではないと言える。
良月 @ryogetw 2019年3月18日
高須院長は「アポロの月面着陸は陰謀」とか言ってるし、まともに受け取ってはいけない。陰謀論のエリートコースを着々と歩んでらっしゃる
ニートその3 @apribi 2019年3月18日
あったかなかったかの二択にするからモメるわけで、現実はもっと複雑なんだろう 日本軍でも捕虜が腐った芋や木の根を食わされたなんて話が里芋とゴボウって話あったよな 何にしても相手の主張を院暴論で片付けて頑なに拒絶されると疑ってしまうわw
もこ @mocomb 2019年3月18日
まあ戦争のできごとをいろいろ調べている人なら常識だけど、この手の施設って初期、中期、後期と戦争の展開とともに徐々に性質が変わっていくことは往々にしてあるわけで、その断片だけを切り取って語ることにあまり意味はない。
@onpu_original 2019年3月18日
ryogetw 真偽は置いといて自由に議論できるべき、って、主張かと…
叢叡世Степин Будимир @kusamura_eisei 2019年3月18日
この人、「思う」って言っているだけなんだよね。「である」とは言っていない訳で。
まるい りん @maruirin 2019年3月18日
発言はヘイトスピーチという立ち位置で禁止してるけど、研究そのものって禁止されてるのかな。研究禁止のソースが見つからない。新しく研究が更新されてたり、書籍は出てたりするので、再検証はやってるんじゃないかと思うんだけど。
まるい りん @maruirin 2019年3月19日
やっぱり『研究が禁止』されてる事実はないのでは。『2006年5月16日、ルクセンブルクで開催されたドイツを含む関係国11か国と赤十字国際委員会 (ICRC: The International Committee of the Red Cross) による年次総会で一般公開に関する合意が得られ、ナチス政権下におけるドイツ政府の公文書が一般公開されることが決まった』
まるい りん @maruirin 2019年3月19日
maruirin 『同公文書はドイツの行為の直接被害を受けた者あるいはその遺族だけが特別に閲覧を許されてきた。同公文書館には毎年15万件もの問い合わせがあったというが、一般閲覧できる資料が限られていたため、研究者にとっては調査の障害となっていた。』なので、むしろ研究は開かれてる。
まるい りん @maruirin 2019年3月19日
maruirin 『ドイツ政府は国家賠償問題が新たに発生することを懸念して、プライバシー保護を建前としてこれまで一般公開を拒んできたが、その他のITS管理者、つまり関係10か国と赤十字国際委員会は一般公開を希望していた。アメリカやフランスなど関係国の圧力と、戦後60年という歳月が流れた事実が、ドイツが一般公開を受け入れることになった要因となったとされる。』https://www.weblio.jp/wkpja/content/ホロコースト_ホロコースト否定禁止法および関連法