10周年のSPコンテンツ!
5
伊藤正宏 @ito3com
午前中は妻と長男が不在だったので、長女と二人で東京都美術館の「クリムト展」へ。ラッキーなことに館内は比較的空いてたので、のんびり観られた。厨二病だった中学時代、同級生のしきっちょに教わって以来自分の大好きな画家の一人を、娘に紹介できるのが嬉しい。かなり気に入ってくれたようだ! pic.twitter.com/DZp9a441Fp
拡大
伊藤正宏 @ito3com
活躍時期からだいたい百年経った20世紀末頃から、その作品の価格が突然高騰してきたクリムトだけど、今日の混み具合を見ると、日本ではまだまだという感じかな。あと、今回は上野と六本木(こっちはシーレ等と合同)で同時開催というのも影響してるかも。個人的にはこれくらいの混み具合は大歓迎!
伊藤正宏 @ito3com
それはそうと、初めて生で観た「ベートーヴェン・フリーズ」にはシビれた。ベートーヴェンの第九をモチーフにしている。とくに、中央の「敵対する勢力」は最高。不気味な間抜けさと淫靡な美しさとが同居する作品。巨大絵画には、現物でしか味わえない興奮が確実にある。正直、何時間でも見ていられる!
伊藤正宏 @ito3com
他にも、「女の三世代」「ユディトⅠ」「オイゲニア・プリマフェージの肖像」「《医学》のための秀作」など、いかにもクリムトな作品も楽しいが、「葉叢の前の少女」「ヘレーネ・クリムトの肖像」など、女性肖像も印象深かった。個人的には、舞台美術のスケッチやポスターもオススメ!
伊藤正宏 @ito3com
あと、クリムトがステッチ帳として愛用してた「赤いスケッチブック」が展示されてた。絵画の構成プランを具体的に立ててたというそのノートの中身をもっと見たいなと思っていたが、お土産ショップでそれを簡易コピぺしたようなメモ帳を売ってたので早速買った! pic.twitter.com/Dmmh1183tv
拡大
拡大
拡大
伊藤正宏 @ito3com
訂正:「ステッチ帳」→「スケッチ帳」…それにしても、今回は誤字が多いなぁ。
伊藤正宏 @ito3com
長女と、今度は六本木・国立新美術館の「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」に行く約束をした。…あ、長男にお土産買わなきゃ! pic.twitter.com/GGN0YTbSkN
拡大
伊藤正宏 @ito3com
ちなみに、クリムトにまったく興味を持ってくれない長男へのお土産は、この「ベートーヴェン・フリーズ〜敵対する勢力」のクリアファイルにした。帰宅後に渡すと、私が「不気味な間抜けさ」と表現した魔物を、長男は「可愛い!」とえらく気に入ってくれた!
さんぽஐ⋆𓆉 @Starlit_sanpo
@ito3com 今朝見たら程よい感じで混んでなかったです。物販が魅力的でした!
伊藤正宏 @ito3com
@Starlit_sanpo シーレも好きなので、そっちも楽しみです。あ、六本木は見てないけど、物販は上野も充実してましたよ。
さんぽஐ⋆𓆉 @Starlit_sanpo
@ito3com 上野も行く予定です❣️楽しみが増えました‼️
伊藤正宏 @ito3com
上野公園の屋台で、木彫りの独楽職人さんが駒を目の前で作ってくれて、しかも子供に色塗りさせてくれるサービスをやっていた。500円。長女がやりたがったので、挑戦。ちょっとして和風総本家気分! pic.twitter.com/0dag6REFLC
拡大
拡大
拡大
拡大
伊藤正宏 @ito3com
訂正:「木彫りの独楽職人さんが駒を」→「独楽職人さんが木彫りの独楽を」
伊藤正宏 @ito3com
訂正2:「ちょっとして」→「ちょっとした」…それにしても、間違いすぎだな、このツイート。
伊藤正宏 @ito3com
ところで、クリムト展の音声ガイドは稲垣吾郎。繊細な声で、らしさを発揮してた。そう言えば、水曜には渋谷でKERAさん演出の「LIFE LIFE LIFE」を観たばかりだし、今週は稲垣吾郎度の妙に高い週だったw
伊藤正宏 @ito3com
ちなみに、「クリムト展」開催中の東京都美術館では、すぐ隣の部屋で5/2まで「日彫展」を開催中。ここでは、TLで話題の「オカン信仰」が展示されている。娘と一緒じゃなかったら私も見たかった。クリムト展の途中で、日彫展のチラ見せも。twitter.com/aibajun0607/st…
伊藤正宏 @ito3com
なお、上野のクリムト展のアカウントはこちら。:@klimt2019 六本木のウィーン・モダン展のアカウントはこちら。:@wienmodern2019

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする