10周年のSPコンテンツ!
1
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
気が付いた。  英語できます=私は特別パスポートを持っています なのだと。坂本龍一がオスカー獲得について「どの国でも仕事がしやすくなった。パスポートを貰ったんだと実感した」とたけしに語っていたのを思い出した。(この写真よりもっともっと若い頃) pic.twitter.com/w2Y5CZ4pIg
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
ほかのひとたちには越えることが難しい境界を、やすやすと乗り越えていけるパスポートpic.twitter.com/aaeS1JMyBY
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
SNSを介して、世界を駆け巡る。 これは私自身がインターネットと出会ってまもなくこういう経験をして、とても興奮したのでした。 pic.twitter.com/GH2oWyLsMg
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
しかし現実にエーゴができるおかげで何か境界をスイスイ乗り越えていってまわりからキャーかっこいいうらやましーと見られたことなんてさっぱり思い出せない。「乗り越えていけるんですよねいいなー」ならあるけれど、それはイメージ語りでしかないし。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
「それはそのくらい上級者だから自分では何とも思わないんだよ」 その見解は否定しないとして、そう思われてしまうのは、誰もが新制の下で一度は習わされ、大なり小なり痛い目に遭っているぶん、身体的記憶からそう思ってしまうからだと思う。幻想に近いのにリアルを感じるのは、己の身体が根拠だから
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
夕日が大きく見えるのと同じくらいいいかげんな体感。そうなんだけど主観ってそういうものだから。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
ええいリッチテンソル!クリストッフェル記号!計量行列!時空の歪みは guv で表されるの法則っ!なんとかの一つ覚え攻撃っ!!!

コメント

ローストの肉 @ROM69787270 2019年5月16日
日本人のできます=パーフェクトに使えます。 アメリカ人のできます=数フレーズ覚えてて使えるんだぜ、スゲーだろ!