4
妖怪あんかけ/ピクルス @youkai_ankake
コミッションの料金設定でかなり安い金額をツイートで見かけたので参考値を イラストレーターは背景あり着色キャラ絵は2万5千円がど新人の最低価格です これ以下は基本的に暮らせないので描き手の好意の価格と考えると吉 なのでお願い時は新人へのお礼でも3万以上を目安にすると失礼にならないです
工数と人件費
青木隆志@HTML5アニメータ @jigokuhen
@youkai_ankake こういう価格の理由を伝えればよいのです。出す方はぐうの音もでなくなる studio-boiler.com/pro_meyasu.htm
妖怪あんかけ/ピクルス @youkai_ankake
@jigokuhen 週二枚のスピードで描ける描き手で 2万五千円なら月8枚 予定が完全に埋まったのを淡々とこなせて20万円 ですが現実的には週2枚は結構大変な上、打合せ、修正、予定がバラけたり等でズレがあり調子がよくても15万円が精一杯でしょう この辺りが暮らす最低ラインとなり デザイナー達の経験則ですね
Ke☆Ke@世界一のシャボン玉.フェチP @keke_luck
@youkai_ankake FF外から失礼します。 これって「イラスト業界としてはその価格の感覚を持ち込まれると困る」って話ですよね? コミッションってイラスト業界の出版やゲーム用のイラストといった事業としての話ではないですよね? (続く
妖怪あんかけ/ピクルス @youkai_ankake
@keke_luck この価格を下回ると受ければ受けるほど困窮する 可能性が出てきます 週2枚ペースの人が1万円で受けるとします 1万円だと1枚だと好意で受けれますが 8枚だと経済的に破綻するわけですね(8万円では生活できませんから) バイトしながら好意で描くことになります つまり無理が出てきます
妖怪あんかけ/ピクルス @youkai_ankake
@keke_luck この限界ギリギリンがおおよそ2万5千円というのが経験則ですが。これはプロアマ同じです 本業がないと枚数を数多く受けると破綻します ですので、それを知っておくと受ける意味でもお願いする意味でも 一つの目安になるかなと記してみました
Ke☆Ke@世界一のシャボン玉.フェチP @keke_luck
@youkai_ankake それは、あなたをはじめとした「絵で生計を立てる上での話」でしょ? もともと別の職業で生活の後ろ盾がある人がそれ以下の値段でコミッション受けたり、その人に依頼するのに、それを考慮する必要はないのでは?と。 そういう人たちで回ってる文化なのに生計立てる人のそれを持ち込む必要あるの?と。
妖怪あんかけ/ピクルス @youkai_ankake
@keke_luck 本業が別にある方は余白の時間で描きます その方々が安く設定される場合は、それはその描き手さんの「好意」ですので感謝してお願いするといいでしょう
Ke☆Ke@世界一のシャボン玉.フェチP @keke_luck
@youkai_ankake 自分が聞きたいのは、本業が別で生活の後ろ盾がある人は、別に本業の人の値段に合わせる義務はないよね?に「はい」か「いいえ」かということです。そこをボカさないでください。 筋を通しての「はい」でもいいですし、後々自分の生活に影響出ることを危惧しての「いいえ」でもいいです。
妖怪あんかけ/ピクルス @youkai_ankake
@keke_luck もちろん業界値段に合わせる必要はないです 描き手の自由裁量ですね
Ke☆Ke@世界一のシャボン玉.フェチP @keke_luck
@youkai_ankake ありがとうございます。その前提があることがわかったので良かったです。 今回は長々と質問責め失礼しました。
Hiloshi @Hiloshi_t
@youkai_ankake 初めまして、外から失礼します。 業界外の人間ですが少し。 この価格は、デビューしたてのド新人でも「暮らしていけないから」この価格なんですか?創作を主とする方々って、経験や知識がまだまだだと他の仕事しながら〜が普通という印象があるのですが、どういった「ド新人」を想定されてるのかなと
妖怪あんかけ/ピクルス @youkai_ankake
@Hiloshi_t 中堅の人は企業から低賃金を提示されても受けませんから、低価格帯はネームバリュー0の新人さん達が受けるお仕事となります かつ暮らしてゆける最低額ですね
Hiloshi @Hiloshi_t
@youkai_ankake ありがとうございます。 しかし、企業に属しているのならまだしも個人受注型(で間違いないでしょうか)のド新人に低価格帯でも最初から「これ一本で暮らしていける金出すべき」は無理があるのではないでしょうか?音楽でも作家でも、個人からならば最初は兼業が当たり前の世界という印象なのですが
妖怪あんかけ/ピクルス @youkai_ankake
@Hiloshi_t 絵師側が安くするのは自由です 「俺今修行期間中だから、千円で描くぜ~」という絵師にはガンガン千円で依頼していいでしょう ですが「千円で描いて」と依頼主が持ちかけるには無理がある(絵師の負担が大きい)ってことですね
Hiloshi @Hiloshi_t
@youkai_ankake 続きです。 食っていけるようになるまでが大変という創作の世界で生活最低保証は中々難しいのでは…と思った次第です。 最近ちょくちょく見かける、依頼側や購入側がいわゆる技術料を一切考慮しない素人でボッタクリ買値を提示することに対する提言だったのなら首を10000回縦振りしたのですが。
妖怪あんかけ/ピクルス @youkai_ankake
@Hiloshi_t 技術料は人件費にさらに加算されるもので 「信用出来ないこと」を理由に技術料を0にするだけでなく人件費まで絵師の生活が立ちゆかなくなる以上に減額を求めるのは無茶があるろうかと私は考えています
Hiloshi @Hiloshi_t
@youkai_ankake 何度も返信ありがとうございます。人件費の話をされてようやく合点がいきました。 そもそも基礎コストである人件費だけで見ても、時間換算で計上すると本来それだけでも最低限の生活ができるくらいの収入になるはずですものね。削られる側の労働者ですがほんとクソです…。 長々と失礼致しました。
リンク 棘を抜く 創作活動に関するまとめのまとめ - 棘を抜く イラストのコツ、技法や、創作活動で生計を立てるため、商業の経験などをまとめたものの目次です。 創作活動の始め方: 行動力を発揮し、モチベーションを維持する方法 (MOCOPOCO) 作者: ふるかわれもん 発売日: 2018/09/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る とにかく作れ 技法、資料 理論 お金に関する話 作画動画 とにかく作れ togetter.com togetter.com togetter.com ..

コメント

ちょちょまる @sakuya_little 2019年5月27日
「生活費のために25000円です」って言うのと「この絵の値段は25000円です」って言うのは天と地の差がある。 お互いの合意があるなら100円でも100万円でもいいんだから、大切なのは相手に納得させることだぞ。
boneless @boneles35516503 2019年5月27日
専業か副業かなんて発注側には関係ないことなので、こういう自称最低ラインにどれほどの意味があるのか
おちゃづけ @kusarechazuke 2019年5月27日
「プロのド新人」の値段に他に収入のあるアマチュアが合わせる義務は無いけど、プロのど新人くらいの腕があるのに叩き売りすることは「年金あるから成立する採算度外視でその商圏の価格を破壊しつくした老舗、当然年金の無い年齢の弟子は生活できないので辞めていき後継が育たず閉店」現象を起こすので、プロのど新人を殺したくないならやめといた方がいいよね。 まぁ別にそんなのどうでもよくて目の前の五千円のお小遣いが大事な人が多いわけだけど。
nekosencho @Neko_Sencho 2019年5月27日
安く請け負ってると、「この人は安く絵を描いてくれる人」扱いになって、専業でやりたくなっても、すごく腕が上がっても安い報酬で買いたたかれるぞ
あのこのきなこ @anokogam 2019年5月27日
『依頼側が安い金額を提示して買い叩こうとするのは問題外』『アマチュア絵師が実績作りに安い金額を提示するのは自己責任』という当たり前の話に落ち着いたようで良かった良かった。
北邑直希 @naoki_ng08 2019年5月27日
「週2枚ペースの人」、週5日8時間勤務と仮定すると「20時間で1枚」なわけで、1万円では時給換算500円になるもの。そら無理だわ。
ヘルヴォルト @hervort 2019年5月27日
そもそも値段と技能が釣り合ってないと思われて依頼が来ないと本末転倒だから、値段を吊り下げるのはある程度は仕方ないと思う。それを否定しちゃうとお前の絵には適正価格の価値ねぇから辞めろって意味にしかならないし
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2019年5月27日
https://togetter.com/li/1276834 「安価なイラストレーターの件に関する、まとめのまとめ」に追加しました。