2019年5月29日

2018-2019 NBAイースタンカンファレンスファイナル:TORvsMILのレビュー

特にMILについて色々と言いたいことがあったのでまとめました。
1
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

TORvsMIL Game1から、TORレナード/ダニー・グリーンのプレー。 ボールスクリナーのダニーがFlat Screenを仕掛けるフリをしてSide PNRへとflip。 相手のショウDFの裏をかくアクション。 この手のボールスクリーンの基本スキルについては→ mbtr.hatenablog.com/entry/2019/02/… pic.twitter.com/K72LULGcsj

2019-05-18 12:45:03
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

TORvsMIL Game1から、TORのElbow Flare Slip。 ミドルトンはFlare ScreenのあとのDHOを警戒したのかもしれないが、完全に裏目に出た。 pic.twitter.com/w4M9roK701

2019-05-18 12:47:39
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

TORvsMIL Game3から、TORのAIセット。 AIカットを先読みし過ぎたMILのDFに対し、AIユーザーのラウリーがミドルレーンでBackdoor。 そこにエルボーのマーク・ガソル経由でパスが通った形。 pic.twitter.com/LLChO4GbS5

2019-05-23 02:36:20
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

MILvsTOR Game3から、MILのDF。 TORラウリー&マーク・ガソルのPick&Popに対し、Drop→Late Switchを行なってセパレーションを最小化。 pic.twitter.com/kulUJmbtfa

2019-05-23 02:39:34
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

MILvsTOR Game3から、MILイリヤソバのいまいちな判断。 相手のスイッチDFの裏をかいてSlip inするまでは良かったと思うのだが、サイドチェンジに合わせてTORシアカムに対してClearout(Seal Screen)することが出来れば、ブログドンのドライブをもっと簡単にすることができたのではないか。 pic.twitter.com/fspqR66M2h

2019-05-23 02:44:22
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

TORvsMIL Game3から、TORのDelay Flare Slip。 SlipをケアしすぎるとFlareユーザーのセパレーションが大きくなってしまうので、シンプルながら守るのが難しいオフェンスコンセプト。 pic.twitter.com/ElzGMiUMeg

2019-05-23 02:47:04
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

TORvsMIL Game3から、TORのオフェンス。 twitter.com/mbtresearch/st…で挙げたように、MILはDrop→Late Switchを採用してきたが、それに対してTORラウリーは、わざとLate Switchさせてvsブルック・ロペスのスピードミスマッチを作って攻めるという対策を取った。 pic.twitter.com/YqD7WI9hbS

2019-05-23 02:50:39
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

MILvsTOR Game3から、MILのDelay Rip STS。 最後はSTSに対するスイッチミスをついたスクリナー(イリヤソバ)のSlip inでスコア。 pic.twitter.com/goejpmCsrd

2019-05-23 02:53:41
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

TORvsMIL Game3から、TORのDF。 ヤニスvsダニー・グリーンのミスマッチに対して、ウィークサイドのマーク・ガソルがダブルチームに向かい、そのマークマン(ミロティッチ)にはヴァンブリートがローテーション。 one pass awayからではなくウィークサイドから寄るのは、ローテーションのしやすさのため? pic.twitter.com/7hy4YziG1N

2019-05-23 02:59:01
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

MILvsTOR Game3から、MILのEnd of Gameセット。 mbtr.hatenablog.com/entry/2017/08/…でも紹介したX highと呼ばれるEOG。 最後のトップでのヤニス/ブルック・ロペスのRipに気を取られて、ミドルトンが攻め切る隙が出来た印象。 pic.twitter.com/TY9Bz6g8Xg

2019-05-23 03:05:17
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

TORvsMIL Game3から、TORのオフェンス。 Stack Out → Step−upに合わせて、ボールサイドでExit&Screen。 pic.twitter.com/kpmn9ei32a

2019-05-23 03:07:57
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

MILvsTOR Game3から、MILブロック・ロペスのオフェンスミス。 変にミロティッチへスクリーンをかけにいってしまったので、マークマンがマーク・ガソルからシアカムに変わってしまい、ブログドンへのピックでスピードミスマッチが生まれず仕舞い。 pic.twitter.com/7E7e1EbKXH

2019-05-23 03:11:20
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

MILvsTOR Game3から、MILの終盤の酷すぎるオフェンス。 ・せっかくのDouble Dragなのび、ミロティッチもブルック・ロペスもストレッチしてしまってスペースが悪い。 ・さらにミドルトンが(気持ちは分からなくもないが)スペース無視パスを受けに割り込んできて、しかもキャッチミス。 pic.twitter.com/fpAmuw9sQC

2019-05-23 03:17:23
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

MILvsTOR Game5から、MILのオフェンス。 ミドルトンvsイバカの1on1を狙い、ボールサイドからウィークサイドへ2人カットアウトしていく……と見せかけて、ジョージ・ヒルがボールサイド・コーナーへ再び戻る。 DFはヘルプする気満々だったので、突如のコーナー3Pに対処が追いつかず。 pic.twitter.com/aMf9bcofsd

2019-05-25 13:06:02
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

MILvsTOR Game5から、MILイリヤソバのDF。 シアカムの3P、コンテストしようとすれば出来たはず。 なぜしなかったのか。 第一に、この日のシアカムはシュートが当たっていなかった。 第二に、ウィングからマーク・ガソルがダイブしていくのが見えており、そこへのパスやOREBを防ごうとしたのだろう。 pic.twitter.com/zUOSpsGs54

2019-05-25 13:12:18
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

MILvsTOR Game5から、MILの謎のオフェンス。 なぜわざわざPNR Switchでvsダニー・グリーンにするのだろう? サイズミスマッチを攻めたいならvsラウリーを作りにいくべきでは? MILはとにかくPNRで作るマッチアップが謎な印象がある。 pic.twitter.com/7Z22RHCLsH

2019-05-25 13:14:30
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

TORvsMIL Game5から、TORのマッチアップメイキング。 マッチアップメイキングが謎なMILとは違い、TORはvsブルック・ロペスのスピードミスマッチというコンセプトがはっきりしている。 pic.twitter.com/lNgriXZViD

2019-05-25 13:16:34
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

TORvsMIL Game5から、TORのWedge Roll。 Wedge Rollに対して、オフボールスクリーンをオーバーしてハードショウに備えようとすると、以下のように、ハンドラーによるリジェクトドライブにやられやすくなる。 他にも、ボールスクリナーによるSlipにも弱い。 pic.twitter.com/XkLcRhV9Jh

2019-05-25 13:28:26
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

さて、似たシーンでGSWドレイモンドがどう対応していたか見てみよう。 twitter.com/mbtresearch/st… ドレイモンドはWedge Rollに対するハードショウの弱点がリジェクト・ドライブとスクリナーSlipだと言うことを重々承知なので、ウィークサイドからあらかじめヘルプに出てきているわけである。

2019-05-25 13:31:02
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

twitter.com/mbtresearch/st… そしてリラードは、そのさらに上を行って、ウィークサイドのハークレスにパスを通したわけである。 こうしたPORvsGSWの攻防を見ていると、TORvsMILの攻防より次元が1つ上だな、と感じるのが正直なところ。

2019-05-25 13:32:43
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

MILvsTOR Game5から、MILのいまいちなOF。 最初のブログドン/ロペスのPNRでスイッチせずに対応してみせたTORのDFが一枚上手というのもあるが、それにしてもvsレナード、シアカムでオフェンスが終わってしまうのはいただけない。 攻めるならウィークサイドのラウリー、ヴァンブリートでは? pic.twitter.com/GA5HqEpOL3

2019-05-25 13:37:05
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

これに対してTORは、やはりvsロペスをきちんと狙っているわけで、少なくともマッチアップメイキングという一点において、TORの方が上手というか、MILがあまりにも拙劣すぎるのではないだろうか。 pic.twitter.com/xXCYxnG0mL

2019-05-25 13:39:08
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

MILvsTOR Game6から、MILのDF。 MILブルック・ロペスの徹底したDrop(Deep Drop)でTORのオフェンスを目詰まりさせることには成功しているのだが、最後にヴァンブリートのオープン3Pを許してしまっているのが惜しい。 それとも、二回もポジションチェンジしたヴァンブリート&パウエルが一枚上手か。 pic.twitter.com/Qayd3fElWP

2019-05-29 20:59:48
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

ちなみに、ブルック・ロペスがうっかりスイッチしてしまうとこのようにイージーに失点してしまう。 このことがわかっているのでTORは徹底的にvsロペスを意識していたし、MILはMILで可能な限りDropで守ろうとしていた。 pic.twitter.com/GIYrGsMKRK

2019-05-29 21:02:04
残りを読む(15)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?