2019年8月1日

NBA 2018-19 ECF TORvsMILから、マッチアップメイキングの”差”、戦術対策の”差”

2018-2019 NBAイースタンカンファレンスファイナル:TORvsMILのレビュー https://togetter.com/li/1360870 から、テーマを絞って抜粋。
1
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

MILvsTOR Game3から、MILのDF。 TORラウリー&マーク・ガソルのPick&Popに対し、Drop→Late Switchを行なってセパレーションを最小化。 pic.twitter.com/kulUJmbtfa

2019-05-23 02:39:34
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

TORvsMIL Game3から、TORのオフェンス。 twitter.com/mbtresearch/st…で挙げたように、MILはDrop→Late Switchを採用してきたが、それに対してTORラウリーは、わざとLate Switchさせてvsブルック・ロペスのスピードミスマッチを作って攻めるという対策を取った。 pic.twitter.com/YqD7WI9hbS

2019-05-23 02:50:39
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

MILvsTOR Game3から、MILブロック・ロペスのオフェンスミス。 変にミロティッチへスクリーンをかけにいってしまったので、マークマンがマーク・ガソルからシアカムに変わってしまい、ブログドンへのピックでスピードミスマッチが生まれず仕舞い。 pic.twitter.com/7E7e1EbKXH

2019-05-23 03:11:20
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

MILvsTOR Game5から、MILの謎のオフェンス。 なぜわざわざPNR Switchでvsダニー・グリーンにするのだろう? サイズミスマッチを攻めたいならvsラウリーを作りにいくべきでは? MILはとにかくPNRで作るマッチアップが謎な印象がある。 pic.twitter.com/7Z22RHCLsH

2019-05-25 13:14:30
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

TORvsMIL Game5から、TORのマッチアップメイキング。 マッチアップメイキングが謎なMILとは違い、TORはvsブルック・ロペスのスピードミスマッチというコンセプトがはっきりしている。 pic.twitter.com/lNgriXZViD

2019-05-25 13:16:34
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

MILvsTOR Game5から、MILのいまいちなOF。 最初のブログドン/ロペスのPNRでスイッチせずに対応してみせたTORのDFが一枚上手というのもあるが、それにしてもvsレナード、シアカムでオフェンスが終わってしまうのはいただけない。 攻めるならウィークサイドのラウリー、ヴァンブリートでは? pic.twitter.com/GA5HqEpOL3

2019-05-25 13:37:05
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

これに対してTORは、やはりvsロペスをきちんと狙っているわけで、少なくともマッチアップメイキングという一点において、TORの方が上手というか、MILがあまりにも拙劣すぎるのではないだろうか。 pic.twitter.com/xXCYxnG0mL

2019-05-25 13:39:08
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

MILvsTOR Game6から、MILのDF。 MILブルック・ロペスの徹底したDrop(Deep Drop)でTORのオフェンスを目詰まりさせることには成功しているのだが、最後にヴァンブリートのオープン3Pを許してしまっているのが惜しい。 それとも、二回もポジションチェンジしたヴァンブリート&パウエルが一枚上手か。 pic.twitter.com/Qayd3fElWP

2019-05-29 20:59:48
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

ちなみに、ブルック・ロペスがうっかりスイッチしてしまうとこのようにイージーに失点してしまう。 このことがわかっているのでTORは徹底的にvsロペスを意識していたし、MILはMILで可能な限りDropで守ろうとしていた。 pic.twitter.com/GIYrGsMKRK

2019-05-29 21:02:04
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

これはMILロペスによるDropが功を奏したシーン。 わざとレナードにDeep Driveさせて、ロペスがリム周りでDF力を発揮しやすい局面をMIL側が意図的に作り出しているというわけ。 pic.twitter.com/FLgd4T47Cb

2019-05-29 21:04:21
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

もちろんTOR側もロペスのDropを対策する。 右側の高い位置のFlat Screenで、レナードの右ドリブルからのプルアップ3P。 ロペスはDropしているので当然ショットコンテストできないし、右側にドリブルをつかれているのっdハンドラーDFによるコンテストも出来ない。 pic.twitter.com/cWQ4IAyyap

2019-05-29 21:07:05
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

次のシーンでも、全く同じ形で右サイドでのレナード/シアカムのボールスクリーンを狙っていた。 そのことからも、ロペスのDropを逆手に取ったこのオフェンスを意図的に行っていたことは明らか。 pic.twitter.com/WH6ITTAq2T

2019-05-29 21:10:47
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

後半でもレナード/シアカムの右方向へのボールスクリーンで、ロペスのDropに対するプルアップのアタックを一貫して狙っている。 pic.twitter.com/eGPnhMd0Ko

2019-05-29 21:15:54
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

SLOBでも、SLOB DHO PNRで、レナードに右ドリブルを突かせて、ドロップするロペスに対してプルアップを狙うという方針は一貫。 pic.twitter.com/hp6UWZJUfQ

2019-05-29 21:29:02
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

試合終盤、ロペスのDropに対してレナード/シアカムでうっかり(?)左ドライブで深く入ってしまい、MILの術中に嵌ってしまった……かと思いきや、キックアウト先のガソルになぜかアデトクンポがクローズアウトせず失点。 前半でも似た形でヴァンブリートに決められており、詰めが甘いとしか。 pic.twitter.com/nmMXBh0bVI

2019-05-29 21:32:54
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

とにかく、MILはTORのレナードによるボールスクリーン&右ドライブ→プルアップという形にどう対抗すべきだったのだろう? 案としては、ボールスクリーンの方向に関係なく、ウィーク方向(左ドリブル)に誘導するハードディレクションを取って、ドライブを誘発しつつ簡単なプルアップを許さないDFかと。

2019-05-29 21:35:57
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

MILvsTOR Game6から、MILのいまいちなオフェンス。 パスミスしたアデトクンポが悪いといえば悪いのだが、それ以前に、せっかくトランジションでアデトクンポvsラウリーのミスマッチになったのに、ブログドンがウィングからカットアウトしてその1on1をアシストしようとしないことの方がかなりひどい。 pic.twitter.com/11q9UupXFw

2019-05-29 21:42:50
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

このシーンのMILのオフェンスも良くない。 twitter.com/mbtresearch/st…などでも指摘したが、MILはマッチアップメイキングの意識が欠けており、このシーンもヒルvsイバカでOKなのにロペスの不要なスクリーンでヒルvsシアカムといういまいちなマッチアップになってしまっている。 pic.twitter.com/mDxzQob56Q

2019-05-29 21:47:37
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

時系列的に前後しますが、このシーンも色々と問題で、 ・ブレッドソーvsパウエルにしたいなら、アデトクンポはダイブあるいはカットアウトすべき。 ・最終的にロペスとのピックでvsシアカムといういまいちなマッチアップに。 pic.twitter.com/NnFoOaaqUT

2019-05-29 21:55:21
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

というか、『困ったらロペスでピック』というMILの癖が見透かされた上での、ロペスvsシアカムのマッチアップですよねこれ。

2019-05-29 21:56:20
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

翻って、このMILのオフェンスは良かった。 アデトクンポ/ヒルの、ややInvert PNRチックな形でのサイズミスマッチ・アタック。 たまらず収縮したTORのDFに対して、その裏をかくロペスへのキックアウト&3P。 pic.twitter.com/3cDIfdoC6M

2019-05-29 22:01:45
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

このシーンのMILもオフェンスも面白い。 狙ったのかどうか分かりませんが、ロペス/ミドルトンのスクリーンでスイッチさせてロペスvsイバカを作ってから、ヒルvsロペスのPNR→Jail Clearoutに移行。 こんな感じのオフェンスが前半から出来ていれば……。 pic.twitter.com/hvBwblYzRw

2019-05-29 22:04:57
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

ECF:TORvsMILまとめ togetter.com/li/1360870 ポイントをピックアップすると ・TORは攻めたい相手、作りたいマッチアップが明確だが、MILはマッチアップへの意識に欠いている。また、ある選手の1on1を周りがアシストする意識にも乏しい。 (続く)

2019-05-29 22:13:31
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

(続き) ・MILの(ロペスによる)Dropや、DropからのLate Switchは概ね悪くなかったが、TORがそれに対する対策を確立しつつあったのに上手く対応できていなかった。 過激なことを言うと、白熱したシリーズに見えて、実はTORが勝つべくして勝ち、MILが負けるべくして負けたシリーズではないかと。

2019-05-29 22:15:14

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?