『見たままを書く』ということが、いかに難しいか…伊勢湾台風の被災地を取材した新聞記者の話

まとめました。
疋田桂一郎 抜井規泰 新聞 大相撲 朝日新聞 ジャーナリズム 伊勢湾台風 藪下彰治朗 新聞記者 コメント欄もお読みください
615
抜井規泰 @nezumi32

新聞記者。元大相撲三賞選考委員。朝日カルチャーセンターで相撲講座担当。一片氷心在玉壷。ムンプス難聴で左聴力ゼロ。週刊朝日、調査報道、スポーツ部等をへて社会部記者。06年雑誌ジャーナリズム賞スクープ賞。著書に「知らないと怖いインプラント治療」ほか。趣味は靴磨きと芝刈り。HC14。ベスト79。ホールインワン1度。パンダ好き

https://t.co/N61UKkXSQj
抜井規泰 @nezumi32
この会社で学んだこと① 1995年秋 「2年生記者研修」にて 籔下彰治朗・元朝日新聞編集委員 《(前略)あなた方にはいま、自分は見たままを書けるという自信があると思います。入社以来、徹底して見たままを書けばいい、率直に書けばいいとの教育をされていると思います。》
抜井規泰 @nezumi32
《みなさんも見たままを一応書けるという意識をお持ちだと思います。しかし、本当にそうなのだろうか。見たままを書くということはそんなにたやすいことなのだろうか》
抜井規泰 @nezumi32
《1959年9月26日。忘れもしません。このときに伊勢湾台風という超弩級の台風が東海地方を襲いました。私は当時、津支局(現総局)におりました。5千人も死んでいます。発生直後に支局から現地へ入りました。》
抜井規泰 @nezumi32
《見渡す限り死体です。泥海の中に死体がプカプカ浮いているんです。何百という死体が腐敗して、パンパンにふくれあがって、皮膚が紫色や青色に変色して、しかもテラテラに光っているというものすごい光景でした。真っ昼間から夜にかけて、切れ残った堤防の上で何十カ所と火が燃えている。》
抜井規泰 @nezumi32
《廃材で肉親の死体を焼いているわけです。度肝を抜かれました。何も書けやしません。立ちすくみました。それでも書かなきゃいかん。がんがんデスクから原稿を送れと言ってくる。》
抜井規泰 @nezumi32
《それで私はどうやったかというと、見たままを書くつもりで、一生懸命、見たままを書いたんです。死体が浮いている、牛や馬も膨れあがって浮いている、水面下に家の土台の跡やら、ガッチャンポンプの影が見える。そんなような話。》
抜井規泰 @nezumi32
《で、死体がいたるところで焼かれている、堤防の上にはヘビの固まりがある、なんていうような話をさかんに書いたわけです。》
抜井規泰 @nezumi32
《ひたすら私は見たままを書こうと思った。一生懸命、見たままを書くことが真実の報道だと思っていました。そして毎日毎日、その泥海を見て泣きながら―本当に恥ずかしいですが、涙で文字が書けないんです。そんな状態の中でこの事実を克明に報告することが記者の任務だというふうに思っていました。》
抜井規泰 @nezumi32
《これだけの大災害です。土地を造成した建設省や農水省も、県などの自治体も、それから企業も、鎌倉時代以来の大災害である、不可抗力の天災であると大宣伝しました。》
抜井規泰 @nezumi32
《私も被害のあまりの大きさでたまげちゃったから、これはもう不可抗力だと、そう思いました。そんなふうな調子でいくつも原稿を書きました。》
抜井規泰 @nezumi32
《それから十数日たったんですね。当時、東京社会部で最も優秀な書き手と言われて、最後は編集委員でおやめになった疋田桂一郎さんという方がいらっしゃいます。この疋田桂一郎さんが当時、東京社会部の遊軍記者をしておられて、ルポを書くため現場にやって来られました。》
抜井規泰 @nezumi32
《もう、災害から2週間もたっているんですよ。どんな取材をなさるのだろうと思って、私たちは見ていた。音に聞く東京社会部の書き手だということで、本当に、かたずをのんで見ていた。》
抜井規泰 @nezumi32
《我々は毎日、泥水につかって取材してるんです。水にぬらさないよう、頭に無線機を乗せて、原稿用紙を乗せて。ところが、あの人はボートに乗って、ぐるっと被災地を回って来られただけです。と私には見えた。腹が立ちましてね。東京なんていうのは結構なもんだな、と。》
抜井規泰 @nezumi32
《地方の我々はドブ水につかっているのに、こんな優雅な取材で済ましてしまうのか、なんて思っていました。変なものを書いたら笑ってやろうなんて、思い上がった気持ちでおりました。》
抜井規泰 @nezumi32
《10月9日です。これも忘れません。朝刊社会面をつぶして、疋田ルポが載りました。見た瞬間、思わずうなっちゃったのです。声が出ないんですね、衝撃で。》
抜井規泰 @nezumi32
《不可抗力だと我々は書きなぐっていた。大企業、MやDなんかの企業も、自治体も、農水省も建設省も、そう大合唱をしていた。だから5千人も死んだのだ、などと言っている。ところが疋田さんのそのルポルタージュは『機械は残った』と書いている。』
抜井規泰 @nezumi32
『つまり、工場全体の敷地が初めから2メートル以上もかさ上げされていた。その中でダイナモやなんかの一番重要なところはさらにかさ上げされていた。一方、工場周辺にいっぱいある社宅、これは一般社員用です。間違っても高級幹部のじゃありません。その社宅は大波に襲われ、大勢の人が死んだ。』
抜井規泰 @nezumi32
『そして会社の幹部、出先の工場ですけれども、は全部、名古屋の東郊、名古屋をご存じの方は分かるでしょうが、千種区という最高の住宅地域に住んでいた。だから、水なんかにつからないし、一人として死んだり、けがしたりしていない。死んだのは一般社員、工員だけであった。》
抜井規泰 @nezumi32
《しかも、彼らの社宅とか市営住宅は水にのまれて何千人と死んだのに、工場は初めからかさ上げがしてあった。水が押し寄せても、その水は全部、社宅の方へ流れていくんです。なだれをうって。しかし、工場はすぐに水が引いて、あっという間に復旧した。疋田さんのルポはそのような内容のものでした。》
抜井規泰 @nezumi32
《お恥ずかしいけれども、私は毎日ボートをこいで泥海での取材を重ねていました。スクリューのあるボートはダメなんです。ごみが引っかかって走れない。だから、何キロも何キロも手こぎのボートで行くわけです。》
抜井規泰 @nezumi32
《そして、屋根の上から食料をくれ、着物をくれと言って合掌している人たちなんかを見てきた。本当につらい場面を見ていました。工場の機械が残っているのも見ているんですよ。》
抜井規泰 @nezumi32
《だけれども、その目を持たない私には、高級社員が全部、千種区にいることも、一般社員や市営住宅の低所得の人たちがみんな低地に置かれていたことも、工場が生き残って、最も大事な機械はさらに生きのびていること、これも見ていた。そばを通っているんですから。》
抜井規泰 @nezumi32
《しかし、それが見えていても見えなかった。》
抜井規泰 @nezumi32
《つらくて、つらくて。こんなにつらい抜かれ記事の記憶はありません。ちょうどみなさんと同じ入社2年目、月こそずれていますけれども、同じときです。県庁を担当させてもらって、いっぱしの書き手のつもりで大きな顔をしていて、前線へ飛んで、このざまです。》
残りを読む(23)

コメント

白石玄人 @ShiraishiGento 2019年7月4日
記事を書くこと、伝えることがいかに難しいかを思い知らされる内容だった。 現在記者をしている人達も右左などに捕らわれず、マクロとミクロ、俯瞰と仰望をもって記事を書いてほしいと思った。
pupujiji @pupujiji 2019年7月4日
〈―非常に露骨な言葉、どぎつい言葉で申せば、新聞記者の無知と不勉強は犯罪だと思います―〉このプライドあっての新聞記者だよな。
asdghhjklzxcvbnm @asdghhjklzxcvb1 2019年7月4日
人の不幸で飯を食う死の商売人やな
白石玄人 @ShiraishiGento 2019年7月4日
ただ思うことは、現代において「近未来の常識」「進歩的精神」とは一体何だろうということ。情報が瞬時に世界に行き渡り、あらゆる価値観の見直しと揺り戻しで揺れる上に、知識も仮説も方法論も唐突にひっくり返されかねない世の中で。 …それに簡単に答えが出るなら今の世の中こんなに複雑じゃないよな。
LCO @f_lco 2019年7月4日
pupujiji この人の視座で行くと、今の新聞社なんか大犯罪組織だな!無知と不勉強の大集団やぞ
神無月 @sanpai2929sii 2019年7月4日
言ってる事は正しいけど、今の記者でちゃんと取材対象について専門的な知識を持っている人ってどれくらいいるんだ?
ウラリー㌠ @urary777 2019年7月4日
スポンサーに気兼ねして、忖度ない記事が書けない新聞社に言われてもなぁ。という感想しか出ませんね。 本当に公平公正な報道がしたいのなら、非営利で活動しなければ無理でしょう。新聞社でそれをやるのはまず無理かと。
@nikoneko99 2019年7月4日
うわー、すごいまとめ。物事を「視る」ということが如何に難しいか…
九十九 @hakqq 2019年7月4日
単純に悪の資本家を叩こうというスジを持ってきただけなんじゃないすかね
たかつき @taka4tsuki 2019年7月4日
こういうのは再発防止が重要だと思うし、そのためにミクロな視点やお気持ちでばかり書いても仕方ない、という意味なら理解できる。しかし彼の主張には「現場の惨状なんかより、まずは権力者による陰謀論を書くべき」という面が強調されているように読み取ったのだけど。
あかこ @akakored 2019年7月4日
昔から、本当に昔から、まず水害に遭わない高い場所に家が建ち、後から来た人程水を被る低い場所に流れて住んでいくもので、別に元々高台に住んでた貧しい人を追いやった訳でも何でもないと思うのですが。令和の今になったって、地元の大きな川が蛇行した元々誰も住んでなかったような場所を、新しく安くにナントカタウンと言って開発して売り出して、そこに新しく住む人が居るくらいなんですから。
たかつき @taka4tsuki 2019年7月5日
taka4tsuki 疑念や嫉妬、憎悪に付け込んだクソ煽り記事こそ犯罪じみていると思うんですけど、どうなんですかね新聞記者さん。
かずお@社会人第3期 @undei 2019年7月5日
大口叩いてるくせに読みにくい文章で笑える。
苺花見に欲をかけたらラッキー7 @adgjmpt_1011110 2019年7月5日
今のジャーナリストだと「先入観を持って取材に臨め」と解釈しそうだなぁ、と思った。
uniuni @wander__wagen 2019年7月5日
taka4tsuki わかる。なんかスキャンダルを見つける目の話のようにも読み取れてしまうよね
B_BLUE_HEARTS @BBH_X01 2019年7月5日
「新聞記者の無知と不勉強は犯罪だと思います」に、「知識もなく、仮説も持たず、方法論もなしに見たって、見えやしません」という言葉を掛け合わせると、 なぜ「自分の知識の範囲が全てで、仮説という名の予断と決めつけのみを重視し、自分の方法論に合わないものは無視または敵視」という今のマスコミのやり方になるのか謎。
Hiroshi Yamashita @HiroshiYamashi4 2019年7月5日
身も蓋もない言い方だと、止まったら大損害の工場は企業の予算が許す範囲内で停電やら洪水やらの対策ができるけど、一般市民の家にそこまで金かけられないしなんなら土地だって川筋とかの安いところしか選べないってだけの話よね
やま @cock_o_meter_ 2019年7月5日
「記者の無知と不勉強は犯罪」なら「自らの無知も正さず公平の皮を被った恣意的記事を書く」記者は火炙りじゃないですかね…
野良馬 @nobody_oyaji 2019年7月5日
人が書く訳だから方向性のある取捨選択は仕方ない。  だけど今はそれが悪い方(結論ありきで記事を組み立てる)に出てるんだよなー。  「伝えたい事」ではなく「答を与える」的な。
野良馬 @nobody_oyaji 2019年7月5日
そしてそれが「俺達が世の中を正しい方向に導く」という驕りになって内容が偏ってきてるから、マスコミが信用されなくなってる。
野良馬 @nobody_oyaji 2019年7月5日
ジャーナリストとしては疋田氏は正しいんだろうが、新聞記者としてはどうなの?と思う。  新聞に求めるのは答えや意見じゃなく、そこで起きている事だと思うんよね。  解説はあってもいいが記者の思想なんぞいらん。  そういう意味で記者としては抜井氏の方が正しいよ。
み(Togetter) @Togetter11 2019年7月5日
伊勢湾台風当時でも地域のひとたちは自分らが低地に住んでるってのは理解してたと思うけどな。道路の舗装ろくにされてない時代でしょ。下手したら下水道も埋設してないドブ時代で海抜ゼロメートルならちょっとの雨でも水溜まるよ。んでそこに工場作らなきゃならなかったら盛り土もわんさかするわ。湿気除けに
優希(ゆき) @ulbvbdkp23409 2019年7月5日
akakored そしたら井口とか井上とか川上 川中 川下とか水に関係ある名字なんか生まれてませんよ…
み(Togetter) @Togetter11 2019年7月5日
Togetter11 この元記者は最初に伊勢湾台風の被害は仕方ないと判断下してる。ググらず書くけど理由は恐らく堤防が決壊したか堤防を越えて波が来たからだと思う。大波が~と書いてあるから後者の可能性。んでその仮定からぶっちゃけると、行政がこの高さなら街を守れると判断して作った堤防を越える波が来ると。一企業が予想して。その高さまで従業員たちが住んでいる土地までも嵩上げしなかったと。それを問題視した記者は凄いってか???
優希(ゆき) @ulbvbdkp23409 2019年7月5日
住んでる土地だけ嵩上げしても無意味だと思うんですが… 海抜ゼロメートル地帯に住んでる人の感想
TaiDa @idarf777 2019年7月5日
科学分野でのお寒い状況をみる限り、正しい知識による定見をもって責任ある記事を書く記者は、全国四紙にはごく僅かしかいないと思います。とくに朝日はプロメテウスの罠なんか書いときながらなにを言っているのか
天敵 @rocokings69 2019年7月5日
見たままを書くイコール写真を撮るような文章を書く、だけではないということだな。目がカメラ、脳で読み取り手で出力することもまた見たままを書くということでもある。もちろん読み取ったことを正しく裏付ける根拠(知識・教養)が不可欠。後者は書きたいことが先にあることが多くバイアスもかかりやすいから、前者がダメということでもないと思うが。
上野 良樹@C98サークル参加申込みました @letssaga3 2019年7月5日
hakqq 予備知識がないと、企業が一番守りたいものは何か、という視点が見えないわけです。その上で、「企業が機械を最優先するのは当然」という主張はあり得るでしょう。そんな企業は、私は願い下げですが。
優希(ゆき) @ulbvbdkp23409 2019年7月5日
ちなみに今の基準を昔に当てはめて殴りかかるの正直見て手痛い
なが @k_watarase 2019年7月5日
伊勢湾台風の1959年ってどんな年かって言ったら、水俣病の原因が有機水銀ではないかと言われ始めた年で、北朝鮮への帰還事業が始まった年で、『もはや戦後ではない』って言葉が出てきて3年経った年で、安保闘争が始まった年なんだよね 目の前にあるものの意味を記者である自分が捉えられないでどうするんだっていう闘志のようなものが今よりもずっと真っ直ぐにあった時代なんだと思う 現代はジャーナリズムとはどうあるべきなのか再考、再構築しなければならないところにきてしまっているよね
グレイス@1月末引っ越し予定 @Grace_ssw 2019年7月5日
この気概が今に伝わっていれば……
眠り金魚 @suiminLiar 2019年7月5日
常識のないマスコミや問題になる記者が溢れ、一般人がお小遣い稼ぎでネットで記事が書けるような今の時代はもう読み手が「進歩的精神」を持たないといけないのかもなぁ
ながいずみ(個人用) @nameriizumi 2019年7月5日
私もツナ缶にまつわる人たちの取材やインタビューを行っているのだが……無理……毎回毎回自分の視野の狭さで心がしんどくなってる。今夏の薄い本のコーナーで消費者から情報を得て、製造者から情報を得、自分なりの仮説を立てるって作業してるけど、一字一句の重さがな……コーナーごとオクラ入りして8ページ減らしたらどれだけ枕高くして寝られるか……
ろんどん @lawtomol 2019年7月5日
母が伊勢湾台風の被災者で、屋根裏に逃げて、迫る水を「ああ、この水が上がって来たら、私は死ぬんだなあ…」と、「不思議と冷静に見ていたわねぇ…」と述懐してました
重-オモ- @__oMo__ 2019年7月5日
伊勢湾台風は当時の防災のための備えを超えた規模だったために大被害が出たのだから、不可抗力には違いない。疋田氏は元から企業側を批判する目的、あるいは現地記者の書いていないものを探していたために出来たルポだったのではないかと思ってしまうな。
ISW @ISW007 2019年7月5日
きちんとした記事を書くのがかくも難しいってのは、読者の立場にすれば記事を読むときは疑ってかかれってことでもある。
しぇりりん(令和の次はがんばる) @m_sheririn 2019年7月5日
読み方で、先入観で、後いろんな要素でおんなじ文章読んでも感想が色々出るもんやな、というのが正直な感想。あの台風から60年という年月が経ちどう変わったかあるいはどう変わらなかったのか
infomaniac @infomaniac_jp 2019年7月5日
疋田氏の伊勢湾台風ルポは有名だけど、氏のその視点も生まれ持ったものではあるまい。様々な経験から得たものなんだろうな。 例えば、太平洋戦争の東京空襲で焼け尽くされて多大な犠牲者を出したのは、庶民が密集して暮らす下町。反面、指導層の住む山の手は被害が少なかった。貧富の差が生存率に直結した事実に理不尽さを感じていれば、災害の現場で同じような構造がないか、ということには注意が至るかと思う。
infomaniac @infomaniac_jp 2019年7月5日
また、地元記者と、東京からルポを書きに来た遊軍記者とでは役割も違うんやろな、と思う。 地元記者は、被害の全体像すら分からない中で、取りこぼしの無いように隅々まで歩いて取材しないといけない。 一方、東京から来た遊軍記者は、そういう隅々までの取材は求められない。事前に東京の中央官庁に集まっている情報なんかも聞いた上で、ストーリーの仮説を立てて現地取材できるのよね。
鳥の砂肝 @asdRaita 2019年7月5日
asdghhjklzxcvb1 そう、そして人の不幸を金にするにはそれだけの知識が必要でもあるということ
優希(ゆき) @ulbvbdkp23409 2019年7月5日
akakored 濃尾平野の海抜ゼロメートル地帯のあの辺りは鎌倉時代から湊として賑わってたんですけどね
ユキヒョウ系 @maicou 2019年7月5日
名古屋から関西本線に乗ったとき、四日市あたりまで、どの駅のホームにも「水位ココまで」みたいな標識が立ってたんだけど、こういう理由だったんだ!
arm147GO@⋈舞鎮 @arm1475 2019年7月5日
前から思ってるが、「報道にストーリーは要らない」よね それが今のマスコミをダメにしている主観報道の原因だし
bluemonkshood @bluemonkshood 2019年7月5日
大昔脳死は人の死かという番組で、再現ドラマで脳死患者さんが挿管もされず、自発呼吸で酸素マスクつけていたので、(そして、CTが縦横間違ってシャーカステンにかかっていた。)「今のビデオ、脳死患者さんが自発呼吸があるんだかれど、何か意味があるのか」と質問したら、「え?何か問題ありますか?」という反応に、救命救急医20人が収録にあつまったスタジオが氷ついたことがあった。知識がないと、網膜に写り脳に届いた画像にどういう意味があるかわからない。
bluemonkshood @bluemonkshood 2019年7月5日
現在は、ツイッターアカウントを持っている素人(それを生業としていないという意味で)が、考察したり、素晴らしいパワーワードを作り出して、大変な時代になったと思う。
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2019年7月5日
伊勢湾台風の頃か。あの時代は「大企業/資本家」=「悪」みたいな思想が跋扈してたからなあ。
ɐɥuıɥsnoʇʇɐɥ @hattoushinha 2019年7月5日
sanpai2929sii 前半と後半は別に矛盾しないよ。 「記者は持つべき知識と視点」と「持たない記者」なだけだからね。
ɐɥuıɥsnoʇʇɐɥ @hattoushinha 2019年7月5日
ulbvbdkp23409 それは『あとから来た人が住んだんでしょう』ってのと矛盾しないぜ 田舎の大きくうねった川に住まなかったってのは大きくうねった川に住まなかったって事であって、うねってない川には住んでたんだよ
DD @lie_of_lillie 2019年7月5日
めっちゃ良かった。
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2019年7月5日
( ×H×)y-~~「不勉強」もそうだけど「イデオロギー」は視野を狭めるよね。朝日の原発関連記事での吉田調書誤報事件とかそんな感じ。
成瀬京太郎 @yuugekisen 2019年7月5日
直接あって話を聞くもそうだよね 話のうまい人は、うまくごまかしたり相手を納得させてたり最悪の場合相手を洗脳することもできるけど 自分を表現するのが苦手だったり自分の意見を主張できない人だったりしたら 真実は、わからなくなってしまう だから周辺取材や広い観点や視野の取材は、必要なんだよな
hmamdamd @hmamdamd 2019年7月5日
これを読むと現在のマスコミにジャーナリズムを持つものはいるのかと疑問に思う
みま@17日目 @mimarisu 2019年7月5日
昔ならマスコミの言ったことを「そうなんだ、すごい!」とか畏敬の念に引きずり込まれるけど、今はマスコミより専門性の高い人達が同時に見ているネットでは「いやありえない、本来こうなんだから」と反発してくれるおかげで騙されなくなったわ。昔からマスコミは扇動してたのがわかるわ。
ことだま けむりん @kemrin2011 2019年7月5日
他の人も述べてるけど水はけのいい高台は昔から高級。工場の機材は乾燥した床に置く必要があるから資本投下(盛り土)。そういう知識ではなく明らかにイデオロギー化した書き方だよね。そしてそれを疋田→薮下→抜井と二回フィルターにかけてる。
みま@17日目 @mimarisu 2019年7月5日
だから今の記者も昔の記者も変わらない。むしろより精鋭化されて「騙す」事に特化してきたが、それをネットという集合知が叩き潰しているから今の記者は表面しか見てないと見えるようになる。今はより便利になった。
みま@17日目 @mimarisu 2019年7月5日
「事実の一部をカッターで切ってストーリーで仕上げて記事にする」のがマスコミだよ。低地の住宅にいた一般工員は水死したが高地の住宅にいた一般工員は水死していないが記者により「そんな一般工員という事実はなかった」事にされてるんだ。
ことだま けむりん @kemrin2011 2019年7月5日
そして極めて余談なんだけど、大本の話をしている籔下彰治朗氏はS10京丹後(久美浜)生まれ。空襲等の悲惨な死をじかに見ていないのかな?という率直な疑問。
barubaru @barubaru14 2019年7月5日
見たままを書くのも結構ですが、その前に『見ないふりをして書く』のを止めたらどうですかね。モリカケでノイホイ持ち上げてたのは目も当てられなかった。
Kei Nishikawa @KeiNishikawa3 2019年7月5日
つまり当時からFAKENEWSを書いてたという告白にしか思えない
tubu8kiya @tubu8kiya 2019年7月5日
これって抜井氏の現場レポを目にしたからこそ、疋田氏は別視点でのレポを展開出来たと言えると思うんだけど。
炭酸煎餅 @Tansan_senbei 2019年7月5日
自分も「ストーリーを持て。主張を乗せろ。そういう記事が人の心を動かす」という話にしか見えず、だからそういうところがあかんのやという感が……
からくさ @Karakusa21 2019年7月5日
近年でそこまでの凄みを感じた記者は、朝日新聞の金成隆一さんだな。トランプ大統領誕生までの選挙戦を追い続けた記者が、支持層が集まる地域『ラストベルト』のオハイオ州に住み込んで取材を続ける。近所には良い人も多く、筆者に家具を貸してくれたり気軽に話かけたりしてくれる。だが一皮剥けばその生活は経済的に脅かされており、知り合いも麻薬中毒(オピオイド)でガンガン死んでいく。「住んだままを書いた」良作。『記者、ラストベルトに住む』https://www.amazon.co.jp/dp/B07KWQF5XY
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2019年7月5日
非常事態に乗じて「悪役」を作り出し世論を操る、そういうストーリーありきで取材していたから「工場の嵩上げ」の件に目を付けた、というふうにも読めるんだよな。東日本大震災と東電の組み合わせでも使われた手法。
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2019年7月5日
kemrin2011 久美浜くらいなら空襲は無いかと(単独機による砲撃くらいはあったかもしれないけど)。
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2019年7月5日
で、仮に「悪役」が見つからなかったら、その場で作ればよい。たとえば珊瑚にKYと傷を付けたりとかね。
電子馬🅴 @Erechorse 2019年7月5日
フェイクニュースを信じ込んで関係ないとこに誹謗中傷したり、「上級国民」とか言うくだらないバズワードを生み出したり、果たしてそんなクソみたいなものを生み出しまくるインターネットのどこが「集合知」なんですかねぇ。現代のマス・コミュニケーションはクソだが、ネットがジャーナリズムを名乗るにはあまりにも低質。
からくさ @Karakusa21 2019年7月5日
Karakusa21 好きなエピソードが、金成記者が山奥で開かれている白人至上主義団体の集会を取材しに行くシーン。車を運転してたら急にでかいトラクターに道路をふさがれて、その運転席から屈強な中年白人男性が降りてきてこっちに近づいてくる。そこで言われた言葉が「こんなところをアジア人がうろついてると危ないぞ。早く帰ったほうがいい」。 南部の人種差別意識が強い地域でも親切な人はいるんだという安心感と、「やっぱりガチで危ねぇ地域もあるんだな」という両方が、記者の感想を何も書かなくても伝わる。
チェコ @czech_neko 2019年7月5日
悪の資本家を糾弾する記事より、前半のツイ主が泣きながら書いたという、ご遺体の話や堤防の蛇の話の方が心にきたけどなぁ。
kotobato @kotobato 2019年7月5日
息苦しくむせ返る行間も一気に読んだ 新聞社という組織はともかく 記者としての矜持を心に抱く 現場の人がまだいると信じる
かつ丸 @katumaru8000 2019年7月5日
軍隊がなくなり自衛隊整備が進んでなかった戦後のその時期には、被災者救済がそんなに遅れた状態だったのだなあ。
BigHopeClasic @BigHopeClasic 2019年7月5日
1985年日航ジャンボ機墜落事故を描いた『クライマーズ・ハイ』で、現場を踏んだ記者の雑観記事を「これじゃ見たままだろ、書き直せ」ってデスクが突っ返したのも同じなんだろうな。
優希(ゆき) @ulbvbdkp23409 2019年7月5日
hattoushinha あれと矛盾するけど木曽三川… ヨハネス・デ・レーケが治水工事するまで…
(・ิω・ิ)もろきう(・ิω・ิ) @moroQ_mayuge 2019年7月5日
(ヽ'ω`)知識がなければ目の前のものが理解できない(見たままを書けない)て話なのかにゃー
kumonopanya @kumonopanya 2019年7月5日
勉強すればするほど左翼か右翼に傾いていくんだよなぁ。
しわ(師走くらげ)@寝貯めしたい @shiwasu_hrpy 2019年7月5日
KeiNishikawa3 というよりは、「知見を以って目の前の物事を広く深く見(れ)なかったせいで、中身の無い薄っぺらなものを書いた結果フェイクともいえる結論を末尾で書いてしまった」=フェイクニュースと化した という自責と自戒が篭められてるように感じた。
八代泰太 @clockrock4193 2019年7月5日
現地と遠隔地で求められる情報の差が当時からあったって事だよな。 被災していて衣食住も足りずともかく助けてほしい現地と、何か叩けいて満足できる勧善懲悪的なストーリーが欲しい遠隔地的な。 そもそも働く場所まで流されたら、その後の復興が困難になるのは先の震災でもわかってる話だろうに、昔のジャーナリストは偉かったって懐古だけじゃなくて本当にそれで良かったのかとか反省するのも大切だよ?
佐渡災炎 @sadscient 2019年7月5日
伊勢湾台風の時点で「自分が住んでる土地が海抜ゼロメートルであることを知らなかった」ていくらなんでも情弱が過ぎるのでは・・・300年も前から治水に苦労してる土地なのに。
infomaniac @infomaniac_jp 2019年7月5日
疋田氏がルポで書いたのは、貧富の差が生死に直結したという事実。そして、その理不尽な構造は、当時の日本のあらゆる場面で見られたからこそ、多くの読者に憤りと共感を持って読まれたのだと思う。 貧しい人ほどリスクに晒される現状を解決しなくては、と様々な問題に取り組んできたのが、日本の高度成長期なんだよね。 労働者や市民は身の回りの危険を訴える。企業は安全な場所に工場を移転させたり、危ない作業は自動化する。行政も工業団地の造成や、護岸工事をする。安全への投資が高度な産業を作り、経済が回る。
佐渡災炎 @sadscient 2019年7月5日
「貧富の差が生死に直結する」のが理不尽だという感覚が理解できない。金で安全を買うのは当然だろ。
伍長 @gotyou_H 2019年7月5日
Erechorse 集合知ってのは、何これに対して全方位から少しずつ知識が飛んできて気付いたら360度埋まってるってなもんで、ネットの最大の強みとみていいと思いますが。
伍長 @gotyou_H 2019年7月5日
もっとも、地震で猛獣が逃げ出しただの同じ苗字だから関係者か血縁だろうだの、(明日いるとも知れない)従業員が自分を機嫌よくしなかったから「店を」低評価しようとしたのにできなかったからあのレビューサイトはデタラメだの、ジャーナリズム性においてはマスコミより数段下なのを自覚せずにマスコミ批判してるみっともなさを自覚した方が良いとも思う。
うーよ @UYO_kuma01 2019年7月5日
ネット上のフェイクニュースと同レベルの事を数段上のマスコミが行っていたら批判されるよね。
A.Ichiro@世をしのぶカエルの姿🐸 @A_Ichiroo 2019年7月5日
ある人にとっては「正しい知識」でも、別の誰かにとっては「先入観」であったり、その逆もありで。
しろうと @sirouto 2019年7月5日
ここのコメント欄を見て思うのは、「(価値)中立性」は、そんな単純な問題ではない。もし、「後から来た住人が、低地に住むのは当然だ(から、津波に飲まれても仕様がない)」というなら、「後から来た住人が、下町に住むのは当然だ(から、空襲で焼けても仕様がない)」のか? 「後から(生まれて)来た国民が、年金が少ないのは当然だ」はどうか? 「(バブルの)後から来た就活者(氷河期)が、非正規なのは当然だ」は? これら全部「早い者勝ち」や「自己責任」でいいのか? もし、自分が当事者なら他人事でないはず。
ハイホー @Ho__Hi 2019年7月5日
そもそも「見たままを書く」なんてできるわけがなく、どんなに「見たまま」を書いたつもりでもやっぱり一部の切り取りでしかないですよ。あとは受け手側の見識の問題。
一華 @anemone_Ichige 2019年7月5日
ところで疋田桂一郎は記者としては優秀なのかもしれんが、お書きになった天声人語はさっぱりおもしろくないんだよなあ。
ハンミョウ獣人 @OrmFkkQMQISzCIz 2019年7月5日
作文がうまいのと正確性はまだ別ですからねえ
ゆゆ @yuyu_news 2019年7月5日
「見えたままを書く」は、頑張ってやってたんじゃないのかな。「見えているものが違った」だけ。でも、スポーツ新聞や週刊誌の記事ならこの「見えたまま実況」でいいけど、新聞の社会部記者ならそれではダメだよね。
炭酸煎餅 @Tansan_senbei 2019年7月5日
コメ欄で言われているのは自己責任論じゃなくて、経営者に未必の故意でもあったような書き方は違うのでは?って事だと思う
kon @kon8207 2019年7月5日
ulbvbdkp23409 輪中の水屋とか、水害を想定した建築は盛り土した上に建ててますよ。屋敷も自然堤防跡など周辺よりちょっとだけ高い所に建てるとか。わずかな高低差が洪水被害の大小を左右するので、非常に気を使ったと聞いたことがあります。 盛り土を指摘した人はこの辺の昔からの知恵も理解していたような気がしますね。
infomaniac @infomaniac_jp 2019年7月5日
sirouto それな。 「お前は貧しいから危険な場所でしね」と扱われるのが、自分や自分の家族だったら、それを受け入れられるのかという当事者意識の問題よね。 災害現場を見て、なぜ命が奪われたのか、どうすれば防げたのかを考えるのは人間としての理性的な態度だろう。
転倒小心 @tentousho 2019年7月5日
まあ、浮世の話というか政治経済の話を強くやるとこがやるのはいいんですよそれが偏っててもまあいいんです。 それにうつつを抜かして自分の足元、地べたをおろそかにするような人を増やすようなやり方はやめて欲しい、と新聞マスコミなどにはよく思うですよ。 僕らが生きてくために必要な知識や考えるべきことをまず熟した上での余りでそういうのをちょっと考えるくらいでいいと思うんです。でもこれこそがすべてで考えるべきなのだああああってやるの本当にやめて欲しいのです。
bakabakaweb @bakabakaweb 2019年7月5日
高台が高級住宅地な事も、工場が嵩上げするのも、昔からで今でも同じ。その「事実」に対して、「金持ちは高台で安全」「工場の機材は水から守る」「低所得者は(安全ではない)残った土地」という切り口で「金持ちは悪」と認識させる記事が、「見たままを書く」だと思ったのなら、バカとしか言いようがない。
マギトモヒト @HbA1c_65 2019年7月5日
支配者の搾取に見立てて弱者の怒りを生産する物語が新聞の言う真実なのか?
野良馬 @nobody_oyaji 2019年7月5日
なんつーか、むやみやたらと「正義()を振り回す」左の連中と同じ印象を受けるんだよなぁ…  今ならともかく、紙媒体しか映像的な情報源の無い時代に政治的バイアスバリバリで新聞記事書いたらアカンだろ。  それはある意味読者を騙す事にもなる。
優希(ゆき) @ulbvbdkp23409 2019年7月5日
kon8207 地元だから輪中とかそのへんの話 小学校の授業で習うけど気休め程度だよ 根本解決になってないからヨハネス・デ・レーケに木曽三川分流工事やらせたんだけど…
Briareos@残弾数はいつも────── @briareos 2019年7月5日
「事実の報道」と「調査報道」と「煽り記事」と「個人の感想」がない交ぜになってしまうのが、新聞記者の不幸なんじゃないかな、とは思うなぁ
ざわ @zawayoshi 2019年7月5日
朝日新聞の方の言うことだということで趣がある
佐渡災炎 @sadscient 2019年7月5日
sirouto これね、「社会の構造としてこうなっている」と言う説明に対して「お前が当事者だったらどうする」というのは問題のレイヤーをすりかえる詭弁。
endersgame @endersgame3 2019年7月5日
こういう「視点」を持とうと思って能力不足で「偏見」を使っちゃう記者もいるんだろうなあ。
endersgame @endersgame3 2019年7月5日
ただ疋田レポートはジャーナリストとしての価値であって、ルポルタージュでいい(と俺は思っている)新聞としての価値は抜井さんの書いた記事の方があると思うけどね。それこそ記録上の出来事でしかなくなる50年後価値があるのは後者。 まあ映像記録があればそれでいいという話もなくはないだろうが。
Hiroshi Yamashita @HiroshiYamashi4 2019年7月5日
氾濫地は一方で土地が肥沃だったりするので、沈むの前提で家に小舟括り付けてる集落とか普通にあるよね
あかこ @akakored 2019年7月5日
未曾有の大災害が起きる→被害が出る→きっと誰かが悪いに違いない→あいつらは無事だ!→無事な奴が悪に違いない この発想から幸せと防災は産まれないだろ。
み(Togetter) @Togetter11 2019年7月5日
sirouto なにもない無人の土地に出来た工場のために住民が来たんじゃなく、工場が来たから元からいた住民(農業従事者)が工場に勤めたんじゃないかな
佐渡災炎 @sadscient 2019年7月5日
[c6513929] だから、そもそも「金持ちは高台に住んでる」なんて話を災害のときに書くこと自体がおかしいんだよ。
endersgame @endersgame3 2019年7月5日
endersgame3 勘違いだ。抜井さんじゃなく籔下彰治朗さんの書いた記事、だな。
地球ネコ @c9nk 2019年7月5日
ところで、この疋田桂一郎記者の伊勢湾台風被災地ルポを実際に読んだ方って、ここには何人くらい居るんでしょうか。ルポを読まずに批判している方がいたら、ちょっとどうなんだろう、とは思う。それって、君らが叩いている結論ありきの作文と一緒やん。 自分はさっき改めて読んだけど、語り継がれるだけの優れたルポだと思いましたよ。扇情的に誰かを吊るし上げるようなものでは無く、むしろ淡々とした筆致で現地の惨状を伝えています。
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2019年7月5日
sirouto そもそもの話、災害に備えて立地条件を精査し浸水対策を講じていた工場や会社幹部と、海抜の低いところに住んでいて被災した人々とを対立させなきゃならない要素ってあったんでしょうか。疋田氏の記事は、被災者や読者の怒りを操ろうとしているように読めるんですよね。
文里 @wenly_m 2019年7月5日
本当、コメント欄もお読み下さいなまとめ。コメント欄で別まとめを作るべきぐらいな
九十九 @hakqq 2019年7月5日
letssaga3 みんな沈んでみんな貧乏に!ですか。主義者の考えることは素晴らし過ぎで涙が出ますな
なが @k_watarase 2019年7月5日
大企業が悪であるというよりは、公害や災害に対して国がどうすべきか、また法整備はどうすべきなのかというのがまだまだ全然だった時代のことなので、問題提起がなされてなければ「今」はないわけです 勿論全てが全て善であり公正であるなどとは言いませんが、声を上げることは必要プロセスであると思いますよ
みま@17日目 @mimarisu 2019年7月5日
そもそも救助に必要な船を自身の儲けと身勝手な使命のために使い、救援すらしないマスコミ 東日本の時も渋滞したガソリンスタンドに割り込みしたりと今も過去も最悪以外の何者でもないわな
くらっく @crazyslime 2019年7月5日
見たままを書くってそれ色眼鏡にしたがって強調されたものをそのまま書くって意味だろ 見るべきもん見てないよな
kartis56 @kartis56 2019年7月5日
katumaru8000 関東の新興住宅地のそばにある自分のでた小学校(開校1980年)前の道路でも、全部舗装されたのが1985年頃でそれまで砂利道ですよ。60年ぐらいだと自衛隊があってもインフラがどうにもならないでしょう。所得倍増が60年、全国総合開発が62年
八代泰太 @clockrock4193 2019年7月5日
[c6513929] えーと、そんな状況で住民間に不和を持ち込むような真似してどうすんの? 特に「工場が残った。機械は残った」なんて生き残れた工員は近い将来また働けるわけで、慶事でしかないんですが。「工員は助かった。機械は流されて働き場所もなくなった」って状態も悲惨なことにしかならないですし。 何もかも流されると、産業がその地域から無くなりその後の復興に支障が出る。無事だった被災者もその土地で暮らしていけなくなるのは東日本大震災の被災地でよく見る光景だと思いますが。
マギトモヒト @HbA1c_65 2019年7月5日
問題に対して現実的にどう解決するかどう予防するかでなく対立だけを作り出して得をするのは誰なんだろうね
鹿 @a_hind 2019年7月5日
言ってる事は解らなくもないのだが、それってシナリオありきで自分の望む記事を書く方法という様にも見えるんだけどね。多分、疋田氏はそこに来る前からそういう着眼点も予備知識もあったんじゃないかと思えたよ。 それはそれで優秀でないと出来ない事だとは思うけどね。
Toβ @TBT_99 2019年7月5日
「人命を最優先にする」という当たり前すら認識できない人たちがこれだけいるのかと愕然とする。
鹿 @a_hind 2019年7月5日
見たままを書く、って意味では災害の悲惨さ、現地の状況を淡々と報じるのも見たままだと思うわ。 現地の被災者の感情に呑まれてしまってるんだろうとは思うけど、それも一つの事実でしょう。 この話が伝えていることは見たままを書くのは難しい。人は見たい物を見たい様にしか書けない。ってことだと思うな。だから余計な意見を混ぜずに事実を淡々と書く努力はしないといけないんだろうと思う。
鹿 @a_hind 2019年7月5日
せめて機械や工場が残った事でその後の復旧の助けにはなった筈と思う。 企業が機材全部ダメになって再生不可能な状態になってたら地域まるごと死んだ土地になるだろうし。 別に人命蔑ろにしてそういう事をしたとは限らないが意味もなく対立構造作りだそうとしている様に感じるので、やはり記事を書いた人は無関係な第三者、余所者視点なんだろうなって思う。 で、それが見たまま、ありのままなの?っていうね。
しろうと @sirouto 2019年7月5日
じゃあコメント欄の見方を、過去に適用したらどうなるか? 戦前の日本は制限選挙制で、高額納税者(の男)のみが投票できた。もしそのとき、「江戸の昔から政治参加できる人間が限られているのは当然」「貧民は政治の判断ができないので、失政でより多くの犠牲者が出る」「現に社会構造として今あるのだから、普通選挙などと言うのは、無意味な対立構造を作り出す」などと現状維持的に考える人間が多数派だったら、今の多くの人間にも選挙権はないだろう。ジャーナリストが「近未来の常識」を持つ重要性はここにある。
Hal Seki @hal_sk 2019年7月5日
すごく良い話。
駄文屋あさひ@iM@s最高! @asahiya_WWer 2019年7月5日
「見たまま書くのは難しい」というのもさることながら、「『誰かが見たままの文章』は別段、『見たままの真実』というわけではない」って話だと。「書いた人の視野と解釈」からは書き手も逃れ得ない点は自覚が必要なんだろうなあ。
逆さまつげ @kitayokitakita 2019年7月5日
朝日新聞「事実書いてもツマランな…」 朝日新聞「せや!捏造したろ!」 う〜んこの…
うにら @riafeed 2019年7月5日
「見たまま書くのは困難だから捏造するのはしょうがないね」って言いたいのかな?
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2019年7月5日
k_watarase 声を上げること自体を否定するわけではありませんが「誰にどんな声を上げさせるか」を知悉している存在がいるということも、抜井氏の回想から読み取ることができると思います。多くの声が上がったにもかかわらず、変わらないどころか逆に事態が悪化した、という事例も過去に無数にあったはずですし。
tomo@裏雑多 @JINbeyJIN 2019年7月5日
この方は「自分の持てなかった視点」と「視点を持つために必要な知識の不足」について自省を語っているわけだけれど、まず後者が自省の対象になることは当然として、前者についてはこと受け手の立場から結果論的に言わせてもらえば『それもまた必要な視点』ではないかと思う。現場に張り付くように見たもの、俯瞰から見たもの、様々な視点が互いに補強しあってこそ、報道は真価を発揮するのではないか。送り手の目もそうだけど、受け手の方もしっかりと“見る姿勢”を持たねばならない。実はこれはそんな話な気がする。
Mongyang @taisyo_2015 2019年7月5日
中高のレポートや研究のフィールドワークにも当てはまることだけど、例がちょっとな。当時は優秀な記者の先輩だったろうが、この鋳型に当てはめた無理やら記事をさんざ見せられて育った世代としては抵抗ある
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2019年7月5日
sirouto それは江戸時代も戦前もそれぞれ「結末」を知っている現代の我々だからこそ言えることでは。
まかべたかし @bakashinu 2019年7月5日
「見たままを書く」という一連の内容はそれでいいのだが、「見る」ということがそれ自体が既に恣意的であることから逃げられないという内省には繋がっていないのな。要するに「朝日的な視点から見てしまう病気」なんだが。 今のネット時代、それ以外の視点が無数に提供される中で、そのお仕着せがましい論調にこもって目と耳を塞いでいるから今日のマスコミはここまで価値を下げてるのだと思うのだがね。
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2019年7月5日
たとえばかつて「共産主義」こそが時代の最先端であり「未来の常識」と信じて疑わない人が大勢いました。特に戦後日本の新聞記者にはとても多かったはずです。慰安婦問題が取り沙汰されたとき「事実関係は二の次でとりあえず謝ろう」が「未来の常識」だと叫ぶ人もいました。「経済支援で豊かになれば北朝鮮は核開発をやめる」「経済大国になれば中国は人権弾圧や領土侵略をしなくなる」という「未来の常識」を未だに捨てきれない人もいます。
denev @_denev_ 2019年7月5日
sadscient それでいいなら税金なんて不要でしょう。
ルル @after_zero 2019年7月5日
hakqq みんな高台に住んでみんな生き残ろう!という視点にはならないのか
jpnemp @jpnemp 2019年7月5日
after_zero それが「これより下に家を建てるな」だったんですけどね
ナベーお @aro30nabeo 2019年7月5日
個人で気づくような能力を養うとその記者自身が気づくよりも、だれでもそれに気づけるシステム造りができていないのが問題だと思います
うにら @riafeed 2019年7月6日
after_zero 面積が限られる以上必ず椅子取りゲームになるので絶対にならない
八代泰太 @clockrock4193 2019年7月6日
sirouto 「近未来の常識」とやらが成り立つ前提条件をすっ飛ばして、追いついていない現在の社会を批判しても混乱しか産まん。そもそも、誰がその「近未来の常識」が「みんなのより良い未来」につながっていると保証してくれるんだ? 国民国家の形成もできないまま、民主主義だけ押し付けられて混乱している中東やアフリカの現状。自らを「資本主義の一歩先を行っている」と定義して他者から奪うしかできなかった共産主義者の失敗を知ってなお、「近未来の常識を持つべきだ」と言うならそりゃ記者じゃなくて活動家だよ。
takatakattata @takatakattata1 2019年7月6日
同時に仮説も持つことの危険性も知ってほしい。 自分のストーリーをそった取材しかしないのはチェリーピッキングに陥りやすい。
なが @k_watarase 2019年7月6日
SILVER_CAP 何かを変えるなら何かは必ず失われます それが選択です 悩みに悩んだ結果選んだ選択が後の世に害悪であったとしても、それが歴史というものです 完璧な回答などあり得ません それでも時間は前に進みます 過ちは過ちですし取り返しがつかないこともありますが、それはそういうものとしてその時に合った形に変えていくことが私たちにできる精々ですよ
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2019年7月6日
taisyo_2015 私は、なるほど従軍慰安婦捏造問題や吉田調書捏造問題はこういう企業風土から生まれたのだな、という印象を真っ先に受けましたね。現役の朝日記者がそれ恥ずかしげもなく述懐するあたり、朝日新聞はまだまだ過去の反省が全く足りていないようだな、とも。
kartis56 @kartis56 2019年7月6日
今は見たままなんてツイッターで現地の人が写真アップすればそのままだもんな。作文する必要すらない
kartis56 @kartis56 2019年7月6日
sirouto 80年代の朝日の正月版だと、原発は普通にエネルギー源で、算出されなくなった石油は廃止、車は空飛んでたんですよ
infomaniac @infomaniac_jp 2019年7月6日
SILVER_CAP あの疋田ルポのどこが、被害者の怒りを操ろうとしているように読めたんだろう。後段で建設省の技術者や気象学者にも取材し、問題の背景を多面的に探っているルポだよね。単なる怒りを煽るようなものでは無いこそ、半世紀経っても語り継がれる伝説的なルポとして評価されているんじゃなかろうか。
TaiDa @idarf777 2019年7月7日
違和感はむしろ、工場機械が無事だったというのが「抜かれ記事」だったという言に対しておぼえるわけで。脚で稼いだ記事には意味がなかったのか?不可抗力というのは嘘だったのか?超大型台風で造成地が水害にあう一方で嵩上げされてた工場は無事だったのは信義に悖ることなのか?というと、どうも……
moonolis @moonolis 2019年7月7日
最初のみたまんまを買いている素直な姿勢の方にこそ共感するなあ。きっと朝日新聞の記者はこうして「洗脳」されていくんだろうなあ・・・。
anq✩ @anqmb 2019年7月7日
疋田桂一郎が捨てた事実の中にも取材すべきものはあったんじゃないのかな。薮下さんは自分の言葉でそれをまとめられなかっただけだよ。
冶金 @yakeen4510 2019年7月8日
するどく本質を見抜く人と、何にも見えない人の違いだね。
冶金 @yakeen4510 2019年7月8日
「見たままを書く」って言い方はちょっと変な気がする。同じ光景でも見る人によって見えるものは違うわけで、結局はどこまで想像力が及んでいるかってことになる。「見たままを書くのは難しい」ではなくいかに物事の本質を見抜いて的確にそれを伝えるかってことが肝心なのだろう。
uniuni @wander__wagen 2019年7月8日
sirouto ものが違いすぎて適用できてないです。だれも企業のものだけが被害を免れる資格があるなんて話はしてないし、事実その一帯の住民が危機を回避する手段も有ったわけです。
うさぎ おおみや ハンセイキイキソウナ ジュウナナサイ @usagi_ohmiya 2019年7月8日
朝日新聞は伊勢湾台風で「記者の無知は犯罪だ」と悟って長崎の普賢岳が噴火したら「無知は犯罪だから取材しなきゃ(焦)」と地元民を巻き込んだのか。なんとも言えんな・・・(´・ω・`)
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2019年7月8日
infomaniac_jp その伝説的なルポも、慰安婦捏造事件、KYサンゴ礁事件、吉田証言捏造事件、その他諸々、全てが朝日新聞の「角度を付ける」体質から生まれたものであり、もはやそういう体質はこれからの日本社会には不要です。「(疋田ルポのようなものもあったが)数々の重大な捏造事件を生み出す温床となった」という形で総括されるべきものです。
いし@名誉🚉長 6年皆勤 @mk_ishi 2019年7月8日
いい感じで、朝日新聞の人、への偏見に満ちたコメントが溢れてる
ephemera @ephemerawww 2019年7月8日
要は反富裕、格差社会という文脈で事実を捉え直し、物語を創作して、荒唐無稽な平等思想や理想論の色眼鏡で見た批判論を世間に吹聴してやろうという話でしかない。今の時代はこういうフィルタを外した報道こそ求められている
🚂もにゅ🚘🐕 @monyu1610 2019年7月8日
nobody_oyaji 視点をひろく持ちなさいということ。大衆に気づかせることです。世の中に問題提起したかったのでは。見たままを書くのは誰でもできる。定点カメラがあれば現地に行く必要は無い。災害で多くの人が悲惨な目に遭った。じゃあ被害が無かった、少なかったのはどういう対策をしたのか。じゃあこれからどうしていったらいいか前向きに考え行動していくようにすることが記者の本望ではないでしょうか。
はなれ @kajyahinn 2019年7月9日
これも逆に資本家は悪という偏見ありきで組み立てたストーリーのような気がしないでもない。対策をきちんとやったとして、嵩上げ工事なんかして値段や家賃が高価になった住宅に当時の庶民が住めたとも思えないし。
吉田 @shigotoyounoaka 2019年7月9日
見たいように見たままを書く、になってたりして
次郎正宗 @zealous_ 2019年7月10日
( ¯•ω•¯ )とても良かった。人はずっと勉強せねばならんね
生物系院生 @biomasterchan 2019年7月10日
コメントを見ていると、読者、市井の質が下がったのだなぁと
Daiji @Daiji75 2019年7月11日
知識・仮説・方法論を持たねば目に入っても見えない。新聞記者が知らねば庶民が知っているはずもない。 こうした考えを基にしたジャーナリストの気概も諸刃の剣だな。時代や社会状況によっては有効かもしれないが。
Daiji @Daiji75 2019年7月11日
多分この方が悔いているのは「不可抗力の災害で仕方がない」と思いたがる人間のバイアスに隠れた社会悪を見抜けなかったことなのだろうけど。 逆に言えば知識・仮説・方法論を持ってすれば泥の中を這いずり回らずとも優雅な取材で記事が書けてしまうのだな。 朝日新聞社的には疋田記者の方が上なのかもしれないが、私には両者に優劣はつけられない。
Ne @SN21089721 2019年7月11日
このネタを読んだ人が書き込んでる内容も 自分自身への教訓もあれば他者を叩く材料だったりもしてるよね。 同じ情報を得ても結局どう受け取るかなんて読む側の問題っつーか。
みどりん @mid_k_ranger 2019年7月11日
美術でデッサンをやっても如何に目と手が離れているか実感できる。広範な知識をバックボーンとして要求される記者となればひとしおであろうと思った。
Sひろし @1970er 2019年7月11日
東海地方の低湿地帯・輪中民として言わせていただくと、排水機場が整備されるまで(1970年代に完成)より前までは床下浸水とか毎年のようにあるので、簡単に移動させられない機械類のある工場だけ嵩上げしているのは理解できる。一番多い水害は、川の水位が上がったために逆流防止に水門を閉めた結果、逃げどころがなくなった雨水が貯まるパタンで、人が避難するのは難しくない。工場経営者の想定もそれだと思う。
Sひろし @1970er 2019年7月11日
伊勢湾台風の被害、特に名古屋の被害の異様さは、記録的な高潮が貯木場にあった巨木を一般住宅に突っ込ませたことが原因で、これが予測可能だったと言わんばかりに批判している記者は、やはり勘違い野郎だと思う。あと、それが予測可能であった前提でコメントしている人は、伊勢湾台風で死んだ人たちがそれを予測できないで暮らしていた間抜けだとバカにしているのも同然のミスをしていると思う。
殻付牡蠣 @rareboiled 2019年7月11日
既に書かれていた。見たままを書くことが難しいという筆者のそれと、比較対象としての優れた記者もまた見たままを書いてないんじゃないかというのがネットの良いところ。複数の目って必要だな。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする