10周年のSPコンテンツ!
22
メソポタミアのむらぴと @spinozify
あのですね、面白すぎて調べながら鳥肌立っちゃったのですが、セブンペイ・ショックの始まりは2016年だったですよ。(続)
メソポタミアのむらぴと @spinozify
セブン&アイHDのIR資料を読んでたら、ずっと英語だったのが、2016年でいきなり日本語に切り替わってるんです。内容も、長期計画や株主へのメッセージが主だったのが、いきなり地域貢献とか百貨店創生とか日本を軸にした内容に切り替わってる。
メソポタミアのむらぴと @spinozify
これは絶対2016年になにかあった、と思って調べてたら、2016年5月に「セブンの乱」というのが起きてるんですね。鈴木敏文会長が25年ぶりに会長を退いて、セブン-イレブン・ジャパン社長だった井阪隆一氏(伊藤派)が社長に就任したのです
メソポタミアのむらぴと @spinozify
セブン&アイHDには「2人の創業者」がいるのです。イトーヨーカドー創始者にして、総合スーパーを創り上げた伊藤雅俊(名誉会長)。対するは、セブンイレブンを生んだ、日本のコンビニの親である鈴木敏文(会長)。この2016年の政権交代で社長に就任した井阪氏は、伊藤雅俊さんの派閥です。
メソポタミアのむらぴと @spinozify
この伊藤vs鈴木は子供にも現れていて、伊藤氏の次男は銀行→MBA→経営企画と、経営畑。鈴木氏の次男は、工学部卒のエンジニア。オムニチャンネルとかシステム系は、全てこの鈴木氏次男が進めたプロジェクトだったとです
メソポタミアのむらぴと @spinozify
しかし、2015年に鈴木氏が次男を取締役に昇格させて、ネット戦略に更に力を入れようとしたんですね。それが鈴木次男が後継者なのではという憶測を呼び、伊藤派が激怒。取締役会で伊藤派を解任しようとした鈴木氏は返り討ちにあい解任され、後ろ盾を失った次男もセブンアイHDを追われたとです
メソポタミアのむらぴと @spinozify
そしてぽっかり空いた、金融系ポスト。そこに就任したのが、今回のセブンペイの責任者である、セブンイレブン副社長の後藤克弘氏だったのです。セブンの乱で勝った井阪氏の経歴と照らし合わせましょう。セブンの乱の直後、井阪氏と同時期に就任していますね。明らかに伊藤派です pic.twitter.com/XyGHiyTwon
拡大
メソポタミアのむらぴと @spinozify
こうして鈴木氏の基盤を引き継いだ後藤氏ですが、オムニチャンネルもセブン銀行も、鈴木氏が作ったものです。なにか新しいプロジェクトを起こさねば、それも、鈴木派の再興を潰すため、素晴らしい成果を出さねば。その中で生まれてきた哀れな子どもが、「セブンペイ」だったわけです
メソポタミアのむらぴと @spinozify
後藤氏、というか伊藤派からすると、鈴木派の失脚から3年以内に結果を出したかったんでしょうね。IR見てると、2018年で金融カテゴリの売上が落ちてきてるし。2019年中のリリースが急務だったんでしょう。南無阿弥陀仏。やはり、大事件を読み解くにはIRが必須ですね
メソポタミアのむらぴと @spinozify
暇人がIR読んでたらおもしろい発見しました。セブンアイに届け! note.mu/spinoz/n/nb5b2…
メソポタミアのむらぴと @spinozify
念のため補足すると、これは、2016年5月の社長交代のニュース、IR資料、セブン&アイHDの役員紹介ページのみをソースにした「想像と推測」です。内部事情は何も知らないし、外から見える情報だけで書いています。それでも意外と遠からず、というところでしょうか
メソポタミアのむらぴと @spinozify
読み返したら粗かったので、追記しました。追記箇所には印をつけてあります。 note.mu/spinoz/n/nb5b2…
メガメタモン @6vmetamon
@spinozify その話昔過ぎてソース忘れちゃったんですけど東洋経済かダイヤモンドに載ってた気がしますね ここまでズバリじゃない代わりに他の面白い話があったと記憶してます
世代交TAI @sedaikoutai
@spinozify だから、7pay終了会見の中で、鈴木敏文氏の退任の影響を聞いてる記者がいたのでしょうね。
吉澤準特 / 図解ツイート多め / Amazon総合7位 @juntoku_y
@spinozify #図解作成の基本#構成図) セブン&アイ派閥争いが繰り広げられていたころの主要人物図です。 7payの悲劇はここに端を発していたのですね。 pic.twitter.com/b3Izd7EtSG
拡大
吉澤準特 / 図解ツイート多め / Amazon総合7位 @juntoku_y
コンビニ三大チェーンの社長遍歴 #図解作成の基本#タイムライン) ファミマ、ローソンもカリスマ経営者に支えられましたが、親会社のセグメントで権力争いになったのがセブンの反省でしょうか。 (参考) ※図解すると発見があります。興味を持たれた方、タイムライン(@juntoku_y)をご覧ください。 pic.twitter.com/yxiOTwYFv1
拡大

コメント

緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2019年8月4日
「どんな大企業でも内紛があれば簡単につぶれる」という例がまた一つ
Worsick Morrel @WorsickMorrel 2019年8月4日
セブン銀行成功させたりしてるセブンイレブンが7Payでガバガバなガバナンス披露してる当たり、社内政治で内側腐ってるって推測は多分正しい。 大企業の凋落って大抵社内政治から始まるから今後に注目だわ。
kathryn @KathrynJpn 2019年8月4日
こんなことやってりゃ、日本の企業は優秀な経営者を海外から呼んでくるなんてできんわ。呼んできてもカルロス・ゴーンみたいに好き勝手やられる。
syukusyukusyuku @syukusyukusyuk1 2019年8月4日
これ無茶苦茶重要な記事では?nanacoを冷遇する理由も説明できるじゃん…前政権の功績(nanaco)を抹消しつつ現政権が功績を残したがってたとすると、nanacoの還元率低下やQRを付加せず別にサービスを始めようとした説明もつく
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2019年8月5日
7payの問題に関しては元受けのSIerの問題に思える。どのようなセキュリティ技術をどういう風に実装するかの具体的なとこを決めているのはSIerでしょう。
おく のぶ @samorou 2019年8月5日
セブンのネット施策ってハズレ多い印象。ECなんか何度も失敗して、オムニ7だしね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする