女性向け/男性向けゲームの差異?~鬼畜眼鏡から~

@kain1173が人生始めてプレイしたBLゲー『鬼畜眼鏡』についてツイートしてたら、@dodododakさんが面白い意見を飛ばしてくれました。そこから女性向け/男性向けゲームの主人公、攻略対象の差異なんかにちょこっと踏み込んだ話に。これを深めたらもっと面白くなりそうな予感!
24
cut_in(かいん) @kain_cut

鬼畜眼鏡:最初誰から攻略しようかなと思案中。やっぱり本多さんかな?しかし片桐さんも捨てがたいぞ・・・

2010-04-13 02:47:16
cut_in(かいん) @kain_cut

男性物とBL系エロゲのキャラクターを「落とす」流れの差異はそんなになかった。普通に強気な女を鬼畜に攻めるときの手法のまんま。

2010-04-13 02:57:24
cut_in(かいん) @kain_cut

といっても、鬼畜眼鏡が男性向けに近い脚本なだけだろうとは思う。

2010-04-13 02:57:45
cut_in(かいん) @kain_cut

なにか男性向けにはあまりない、女性向け特有であろう「落す方法」みたいなものってあるのかな?知ってたら誰か教えてください。

2010-04-13 02:58:53
cut_in(かいん) @kain_cut

鬼畜眼鏡本多ルート:ちなみにエロシーンは抵抗なく普通に萌えた。結構事後の会話とか感動的。

2010-04-13 03:01:08
cut_in(かいん) @kain_cut

なかなか面白いけど、エロシーンの会話が男女のそれでも全然適用できるような会話ばっかりなので、なんていうか男同士でしかできないような独特の会話というか空気を盛り込んで欲しい。

2010-04-13 03:05:37
cut_in(かいん) @kain_cut

鬼畜眼鏡:これはやはり、百合を見ている時の心境と近い。自分がほとんど介入できない。

2010-04-13 03:08:26
kawori @kwr_kuu

@kain1173 またしても絡んですみません。キチメガは、主人公が攻にも受にもなれるボブゲだったと思うので、割と特殊なほうなんじゃないでしょうか。多くの女性向けゲーム(乙女ゲー含)は、男性向と違って向こうがアプローチしてくるのが多いような気がします。

2010-04-13 03:09:07
cut_in(かいん) @kain_cut

@dodododak お、実は地味に反応を待っていましたw。先程もツイートしたのですが、このゲームは僕が百合ゲーをやっている時の感覚に近くて、男性向けのそれと同じく主流ではないんだろうなあという気がしていました。

2010-04-13 03:13:17
cut_in(かいん) @kain_cut

無論、僕は男性なのでそれなりにリアルとリンクしてしまってしまう部分はあるけど、それは2次元なのでシャットアウト出来るレベル。

2010-04-13 03:14:17
cut_in(かいん) @kain_cut

女性向けだとやっぱり女性が主人公、男性がいっぱいの逆ハーレム系が主流なのかな?

2010-04-13 03:14:57
cut_in(かいん) @kain_cut

今、笹原が荻上のBL漫画を見て興奮した時の感情が若干わかった気がした。やっぱり専門外の領域にも足突っ込んでみるものだ。

2010-04-13 03:17:46
kawori @kwr_kuu

@kain1173 あ、よかったですw確かに、女性向ゲームにおいては、ネオロマをはじめとする乙女ゲーのほうが主流なので、ボブゲはマイナーかもしれません。ちなみに乙女ゲーは、女の子主人公によって周りの男の子のうち誰かを落とすという流れです。受が主人公のボブゲも同じような流れかな…

2010-04-13 03:19:17
kawori @kwr_kuu

そういやこの前、ネオロマや一部の乙女ゲーは恋愛シミュレーションゲームではあるけれど、RPGや育成ゲームに近い要素がかなり入ってくるよね、という話をした。男性向けゲームにはそういった要素は入ってくるのかな?

2010-04-13 03:22:00
cut_in(かいん) @kain_cut

@dodododak なるほど。勉強になります。例えば百合系作品の男性的なキャラ(電磁砲の美琴とか)は男性オタクが同一化する対象としても捉えることができるわけですが、それをBLに置き換えると男主人公に受身=女性的な部分を持たせることによって同一化の対象として(続きます

2010-04-13 03:22:58
cut_in(かいん) @kain_cut

@dodododak 機能しやすく設計している面はありそうですね。ちなみにRPGや育成ゲームというのは主人公を育成するのですか?それとも攻略対象を育成するのですか?もし前者ならばときメモはまさに育成ゲームの一種だと言えます。

2010-04-13 03:24:59
cut_in(かいん) @kain_cut

あ、そうか。これは主人公に萌えた人はあえて主人公を同一化できない「攻め」キャラにすることによって、逆に本来の攻略対象に同一化するようなギミックになっているのか。

2010-04-13 03:29:30
kawori @kwr_kuu

@kain1173 なるほど。確かに、男主人公(受け手)のキャラによっては、乙女ゲーと同様の効果(自分と同一化する)もありそうです。育成…といっていいのかどうなのかといったところですが、例えば…

2010-04-13 03:29:45
cut_in(かいん) @kain_cut

つまり主人公すらも攻略(?)できるエロゲというシステム。

2010-04-13 03:30:29
kawori @kwr_kuu

@kain1173 『金色のコルダ』という作品では、男キャラとの親密度を上げながら、主人公の楽器の熟練度を上げてコンクールで優勝を目指す/アンサンブルでいい評価を得る、というミッションみたいなものが課せられます。ときメモはどういった感じなんでしょうか??

2010-04-13 03:32:45
cut_in(かいん) @kain_cut

@dodododak ああ、なるほど。つまり自己実現とキャラ攻略の二つの目的があって、それを同時並行で進めないといけないわけですね。だとするとときメモはちょっと違うかもしれません。ときメモはあくまでも”ヒロインを攻略するため”に自分を育成するので。

2010-04-13 03:36:06
kawori @kwr_kuu

腐女子層には「わたしが××(受)を犯してやりたい!」という男性脳の持ち主もけっこういる(…というかそういうひと多いよね?)ので、主人公が攻キャラのボブゲって絶対需要あるよね。キチメガもそうだし。わたしが唯一プレイした『花町物語』はひとりだけ主人公が攻になる相手がいた。

2010-04-13 03:36:42
cut_in(かいん) @kain_cut

@dodododak 一般的かは分かりませんが、例えば、コンクールに入賞することがヒロインのルートに入る条件だったりすることはあるかもしれません。しかしこの場合もやはり目的は一つです。

2010-04-13 03:39:03
cut_in(かいん) @kain_cut

というかセカイ系とかがまさにそれで、ヒロインを守る=セカイを守る=自己実現に繋がっていて、なんて分かりやすい構図なんだとも思ったり思わなかったり

2010-04-13 03:40:23
kawori @kwr_kuu

@kain1173 おお…ときメモ…そうなのですね。ネオロマ代表の『遥かなる~』はレベル上げて敵を倒さなきゃいけないという話を聞いたことがありますし、コーエーさんの乙女ゲーはそういった特徴があるのかもしれません。他の乙女ゲークラスタ招集して調べておきます。

2010-04-13 03:41:19
残りを読む(7)

コメント

龍子 @stultum 2010年5月7日
両方主人公は同じ男なのだが、男性向けのそれは複数いる女の中から能動的に「落として」いく。ボブゲの場合は、相手からアプローチを受けたうえでそれを受動的に「選んで」いく。そんな感じ?私はボブゲはほとんどやったことないから何とも言えんが。
0