10周年のSPコンテンツ!

菊池誠 大阪大学教授に勉強してほしい「有機結合型トリチウム」

有機結合型トリチウムについての資料をご紹介します。 菊池誠 氏ほか、幾人かのニセ科学批判の方々までもが「有機結合型トリチウム」のことをご存知ないようですので、今更ながら作りました。
被ばく トリチウム 内部被ばく 海洋放出 福島第一原発
29

〆 このマトメを作るきっかけとなった2つのツイート。前者は2018年9月、後者は2019年9月のもの。ちなみに、菊池誠 氏が引用しているツイートは一年近くも前のものです。

Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
有機結合型トリチウム Organically Bound Tritium(OBT)を知らない、と。ニセ科学批判の人までいますね: archive.is/hcCRs twitter.com/GoITO/status/1… archive.is/UHhub twitter.com/apj/status/104…
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
菊池誠 大阪大学教授も「有機結合型トリチウム」のことすら知らないのか。この調査能力の低さ、ニセ科学批判が聞いて呆れる: 2019年9月16日 archive.is/n7eYb , twitter.com/kikumaco/statu…

 
〆 以下は有機結合型トリチウムについての資料いろいろ。ごく最近の論文の情報もあり。大半は2018年のツイート。

Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
論文(コメンタリー,無料): 生体内(In vivo)動物実験による飲用水中の低濃度トリチウムの健康リスク推定 onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.10…  2018年、Guéguen(仏IRSN)ら。人の疫学ではまだまだ分からないことだらけなので、In vivo 動物実験でなんとか知見を増やそう、というコメント。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
タイムリー。トリチウムについてのレビュー論文としても有用そう。著者は仏IRSNとカナダの研究者ら。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
トリチウムの生物影響 rist.or.jp/atomica/data/d… 「もう一つの例も似たような症状の経過をたどり汎血球減少症が原因で死亡している。臓器中のトリチウム量が体液中よりも6~12倍も高く、体内でトリチウムが有機結合型として存在しているものと推定されている」 rist.or.jp/atomica/data/p…
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
最近の東京電力の魚介類測定の資料では、トリチウムを「組織自由水型」と「有機結合型 OBT 」に分けて結果を示している → tepco.co.jp/nu/fukushima-n… (PDF) OBT の場合は DNA に取り込まれることがあるそう → jspf.or.jp/Journal/PDF_JS… (PDF) pic.twitter.com/O7tPIMUVfS
拡大
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
したがって、その「トリチウムが DNA の中に入り込む場合がある」という点までをデマかのように言うのは、明らかに間違い。 おそらくこの大石氏( twitter.com/mo0210/status/… )も、その DNA の中に入り込む場合がある OBT(有機結合型のトリチウム)のことを知らなかったのだろう。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
体内に取り込まれたトリチウム水の挙動 meti.go.jp/earthquake/nuc… (PDF)  人体内に取り込まれたトリチウム水(HTO)のうち、3% が人体内で有機結合型トリチウム(OBT)に変わるとされている。ICRP モデル。

〆 以下のツイのリンク切れ資料はこちらで:
 https://fukushima.jaea.go.jp/info/pdf/20140311.pdf

Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
トリチウム研究会 ~ トリチウムとその取り扱いを知るために◆原子力学会・原子力機構など fukushima.jaea.go.jp/initiatives/ca… (PDF)  プレゼン資料集。情報の取っ掛かりとして便利。有機結合型トリチウム(OBT)の話題も所々に。

〆 以下のツイのリンク切れ資料はこちらで:
 https://fukushima.jaea.go.jp/info/pdf/20140311.pdf#page=23

Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
有機化合物中のトリチウム(Tritiated Organics)と有機結合型トリチウム(Organically Bound Tritium; OBT)は違う等 fukushima.jaea.go.jp/initiatives/ca… (PDF)
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
論文メモ。レビュー、有料: 有機結合型トリチウム Organically Bound Tritium(OBT) journals.lww.com/health-physics…  1993年、Diabate(ドイツ)ら。有用。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
例えば、藻類や植物の内部では、「光合成」によってトリチウム水(HTO)が有機結合型トリチウム(OBT)に作り変えられる。したがって、有機結合型トリチウムは自然界でも作られる。簡単な資料の例 → rist.or.jp/atomica/dic/di… , aomori-hb.jp/data/ss4/hiho_…
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
有機結合型トリチウムという基本概念を知らない人たち togetter.com/li/1271305  togetter。 知らないのは仕方ないにしても、知らない人間が、知っている側の人間を叩いちゃうからねえ。しかも、普段ニセ科学批判なぞをやっている人間までが、そんなことをやっているんだから。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
論文(無料): 地上核実験期のトリチウムが有機結合型になり河川堆積物中に存在し続けている証拠 nature.com/articles/s4159…  2019年、Eyrolle(仏IRSN)ら。雨水として川に流れ込んだトリチウムが難分解性有機物の中で有機結合型トリチウムになり、河川堆積物中に数十年も残り続けている、という話。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
フランスのロワール川での調査結果。有機結合型トリチウムの濃度のピークは、雨水中のトリチウム濃度のピークの10年後に現れた、などの結果も示されている。 時節柄もあり、色々と重要そうな調査結果。福島第一原発事故についてのコメントも示されている。

コメント

ゆき@頭弱 @fe_yuki 2019年9月16日
だからなに? トリチウムなんか自然に大量に生成される物質だし、韓国はじめ、いろんな国が放出してて今更福島に溜め込んでもなんの意味もないけど。
ゆき@頭弱 @fe_yuki 2019年9月16日
あと、いくらなんでもトリチウムが含まれる有機物を有機トリチウムと言いはるのは強弁すぎない? そらトリチウムの物理的性質は普通の水素と変わらないんだから当たり前に存在するし。有機水銀みたいな性質が違うものと一緒にされても・・
kadochika @kadochika 2019年9月16日
fe_yuki 一応「有機結合型トリチウム」という用語はありまして、水の時や気体の時と人体に対する影響の度合い線量係数も違うので分けて考えられています(ググれば出ます)。ただ、他の国の原発が今も大量に放出している状況で福島だけ認めないとするのは「穢れた印象」に基づくただの差別だと思いますね。
kadochika @kadochika 2019年9月16日
このPDFの最後のページに他国の設備が年間でどれだけ出してるかまとめられていますが、(https://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku/committtee/takakusyu/pdf/008_02_02.pdf)このあたりと同じくらいなら本来は大丈夫と思っていいでしょうね。
nekotama @nukotama001 2019年9月17日
「科学的にはこういう話です」という話に「他もやっているのに、福島だけ指摘するのは差別」という指摘の差別は原発の行政に対する政治的正しさに基づいてますよね。つまり、その指摘は正しくポリコレです。
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2019年9月17日
つまりこの人たちの言うことが正しければトリチウムしか残ってないような処理水からトリチウムも生物濃縮で除去できると言うことね
kadochika @kadochika 2019年9月17日
nukotama001 有機結合型トリチウムがそんなに問題なら、震災前の原発の通常操業でも、冷戦時代の核実験に由来する放射性降下物でも問題になっていないとおかしいんですよ
nekosencho @Neko_Sencho 2019年9月17日
化学的にはトリチウムは水素なんで、水素がとりつくとこにはトリチウムは取り付けますね。 ただ、有機だろうと無機だろうと半減期や出る放射線などの放射線関係の特性は変わらないので、区別する理由があるとすれば「取り込まれちゃうと外に出にくい」ってとこでしょうか。 半減期が12年もあるので大量に摂らなきゃほぼ無害じゃないでしょうかね。
ななよ(七代) @nana4_japan 2019年9月17日
この紹介された論文は査読済?
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906 2019年9月17日
Neko_Sencho 「Bq」を勉強してください > 「半減期が12年もあるので大量に摂らなきゃほぼ無害じゃないでしょうかね」
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906 2019年9月17日
nana4_japan もちろん。各ジャーナルの投稿規定を見てきてください。あるいは、各ジャーナルのインパクト・ファクターでも調べるか。
Winterfan @siorinyuuna 2019年9月17日
そもそも自然界に普通にトリチウムが存在してるんだから有機化もへったくれもなかろう トリチウム水を取りこんだ生物にのる有機結合トリチウムの変換と蓄積の事例って検証 された事あるの?って思うしな
kartis56 @kartis56 2019年9月17日
トリチウムって核融合研究のために輸入してるんじゃないっけ? 精製して再利用できればいいのに
椋木京一 @mukunokik1 2019年9月17日
【キクマコ氏を貶めたい!】てだけのまとめならまあ理解できる。…でも、キクマコ氏は一旦、棚上げして、トリチウム水を河だか海だかに放出するorしないの話ならば、それは濃度と期間のバランスで決まる。例として不適切だとも思うが、ボク個人が今から死ぬまで十二分に薄い有機水銀水を呑ンでも、統計的に寿命が縮むとは思えないしねえ…。
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi 2019年9月17日
福島での蓄積量の10倍以上のトリチウムを毎年放出しているヨーロッパで、そういうものによる害が報告されているのであれば傾聴に値しますが、それがないのであれば「実害のない量なんだね」ということになりますね。
ゆ〜たん @Iutach 2019年9月17日
このヒトは普段から炭水化物のことを「有機結合型ハイドロジェン」とでも呼んでるのかしら。 ともあれトリチウムなんて太古の昔から自然界にありふれてたんだから、そのOBTとやらも太古の昔から自然界に有り触れてたわけで。騒ぐの5億年くらい遅いよ。
パンダは肉食獣 @j_inbar 2019年9月17日
ひとまずさらっと読めそうなのを読んだ限り >トリチウムを7.4年にわたって被ばくした例で280テラベクレル(TBq)のトリチウムと接触し、相当量のトリチウムを体内に取り込んだ事例である。尿中のトリチウム量から被ばく線量は3〜6Svと推定されている。 みたいなので、で?と言う感想なんだけど。
mikunitmr @mikunitmr 2019年9月17日
毎日飲んでるミネラルウォーターにもトリチウムが含まれてるのに、人間の体や毎日食べてる食物でトリチウムが結合し濃縮されてるというなら、どこにそんな物があるのか教えてほしいわ。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年9月17日
トリチウムの海洋放出が問題なら韓国の日本の八倍のトリチウムの海洋放出を始めとする世界中のトリチウムの海洋放出が問題になってる筈なんだけどなぁ。世界の原子力機関やら国連の環境団体とかが 丁度フロンガス問題やマイクロプラスチックのように
iga9984 @iga9984 2019年9月17日
まあ「有機トリチウム」が存在しないのは、まとめ主の列挙した論文のおかげで明白になったんじゃないかな。
000 @qgatmdgtwd 2019年9月17日
kadochika 発展途上国の工場だと煤塵とか重金属イオンとか未だに大量に放出してるけど、日本の工場に環境規制するのは差別?
iga9984 @iga9984 2019年9月17日
qgatmdgtwd 他国には何も言わずに日本「だけ」規制しろ、というなら合理的根拠を全く欠くので差別でしょう。
青き月⋈ @skazu0000 2019年9月17日
菊池先生は文脈的に、有機化したトリチウムが有害というのがおかしいという風に読めた。菊池先生の言い方が悪い気もするが、ただ現在の科学で有機結合型トリチウムが、現在放出予定のトリチウム濃度ならば無害であるため政府が嘘をついていなければ安全度と思う。
000 @qgatmdgtwd 2019年9月17日
iga9984 全ての国が環境に配慮した工場操業をすることが望ましいとした上で、日本に住む住民として日本の工場への環境規制を求めるのはセーフ?
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2019年9月17日
そもそもトリチウムによる死亡例は長期間の摂取によるものなので、「OBTになると危ない」じゃなく「OBTになるの考慮してもその程度」という話。
kadochika @kadochika 2019年9月17日
qgatmdgtwd その場合規制を満たした廃棄物でないとたとえになりません。IAEAは2013年には「海洋放出も考えた方が良い(もちろん安全な濃度に薄めるなどした上で)」と提案しています。(https://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702304906204579239173537179010)だが認めない、永遠に敷地内に溜めこめと言うなら別の根拠が必要です。
iga9984 @iga9984 2019年9月17日
qgatmdgtwd 求める環境基準とやらが「科学的合理性」を持つものなら。なお、福島第一原発の処理水に対する海洋放出反対派の主張は、これを欠いている。
Winterfan @siorinyuuna 2019年9月18日
それに有機結合型トリチウムなるものとして取り込まれたとしても、活発な生命活動してれば分解もされてるんだから、水といっしょに排出されるだろうに
ぢゃいける@厚真町 @jaikel 2019年9月18日
脂溶性のPCBとかカルシウムと置換されるストロンチウムと違って水素と置換されるトリチウムは14Cと同様新陳代謝に従ってどんどん入れ替わるので濃縮という概念がそもそも不明。
Yossy @Yossy_K 2019年9月19日
そらまあ化学的動態は水素とほぼ同一なんだから、有機物に含まれるのは当然じゃないの。 ¹⁴Cをわざわざ「有機結合型放射性炭素同位体」とか呼んでたらバカジャネーノと思うけどねえ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする