アプリで作成

ナホシツ落語語り2

ナホシツ落語語り1 https://togetter.com/li/1368203
人間 寄席 落語 笑い 人生
0
ナ☆ツ @nahoshitsu0
(このツイートの主旨は“粗筋だけで落語を語ることのアホらしさ”です)
ナ☆ツ @nahoshitsu0
分からない時、自分で調べるメリットと人に訊くメリット(お互いの) 人に訊くにしても誰にいつどのような態度で教えてもらうか
ナ☆ツ @nahoshitsu0
RT 分からないことは考えたり調べたりする楽しさあるよね あと落語で言うと私は地理歴史の知識ゼロ(何度調べても覚えられない)けどマクラとかで補おうとしてくれなくて良い、知識ゼロでふだん生きてて慣れてるのでアホなりに楽しむので…合わせないでね、、と思う
ナ☆ツ @nahoshitsu0
何を読んでも落語に置き換えがち @ベルク pic.twitter.com/QqrQ1Ehzab
拡大
ナ☆ツ @nahoshitsu0
久しぶりの浅草演芸ホール 久しぶりの寄席 落語ハマり始めに寄席で感じた、“巧い下手とは別の、ある歳にならないと出ないよさ”をそこここに感じた と、それぞれが各々の役割を果たし、あとの演者に繋げるのに痺れた 寄席って特別だなー 満足 pic.twitter.com/0UHAigDt2f
拡大
ナ☆ツ @nahoshitsu0
客一人一人を見ている噺家と場全体の波を見ている噺家がいる
ナ☆ツ @nahoshitsu0
(というようなことを少し前にちょっと考えてたんだけどその時書いちゃうと特定の高座の感想みたいになるから保留にしてたらワスレタ)(その時呟かなきゃ駄目だな)
ナ☆ツ @nahoshitsu0
どっちにしても、女、軽んじられてるのだけど 男が個人の価値観で動いてるわけではなくて“そういうもの”っていう“世間”があるんだよな(もしか江戸っ子の意地って同調圧力なんじゃん?)
ナ☆ツ @nahoshitsu0
RT 子別れとかもだけど落語って罪悪感を癒す役目もあったんだろうなと思う。現代想像するよりアルアルなんだろうなと。そう思えば腑に落ちる話は多い。 ってか私、文七元結ナマで聴いたことないのかも。よくわかんない粗筋だなと私も思ってるけど見栄のためではないような(演りようによるけど)。
ナ☆ツ @nahoshitsu0
好きな噺家の老いを見るのは怖くないけど老いを見られるのは怖いな。もう老い始めてるけど。
ナ☆ツ @nahoshitsu0
落語とは 業の肯定(談志) 緊張と緩和(枝雀) 会話の妙(歌丸) 落語とは 人生
ナ☆ツ @nahoshitsu0
大袈裟なもんが嫌いなんだな私
ナ☆ツ @nahoshitsu0
文菊さんの菊六時代、勧之助さんの花ん謝時代、小八さんのろべえ時代、駒治さんの駒次時代、㐂いちさんのきいち時代、これから朝枝になる朝七さん、あと伯山松之丞 前の名前を1~2回だけだけど聴けてるの自慢したい
ナ☆ツ @nahoshitsu0
人生初めての寄席の思い出は、 細部までしっかり見て聞いて理解して感じて覚えようとして、めちゃくちゃ疲れたこと。 水に浮くには力を抜くことや掛軸を鑑賞するには虫眼鏡はいらないことを知らなくて欲張って楽しめなかったこと。
ナ☆ツ @nahoshitsu0
菊之丞さんは鳥で、文菊さんは犬で、朝七さんは猫だと思う。
ナ☆ツ @nahoshitsu0
RT 私が懇親会行かないって決めたの、これかも! 無意識に“品の良い人”やろうとしてしまって自分でキモいんだよね。普通に失礼なことやらなければいいだけなのに、演技をしそうになる自分がキモい。
ナ☆ツ @nahoshitsu0
落語、よい客になりたいと思ったりするけど、できるのはマナー守る、楽しむ、距離を保つ、くらい それでいいのだ⭕それが一番大事
ナ☆ツ @nahoshitsu0
私は好きな落語家さんの懇親会に数回参加して全部楽しかったし、嫌な思いさせたことはあってもさせられたことはなくて良い人しかいなかったけど、自分はちょっと違うのかもと思って、何かきっかけない限りはもう行かない。落語に何を求めるかは人それぞれ…
ナ☆ツ @nahoshitsu0
ズブズブと落語沼で幸せそうにしている人を見て、私も肩まで沈んだら気持ちいいんだろうな、怖がってないで沼で泳げる筋力をつければいいのに、と思うけどこれが私の幸せの形かなとも思う
ナ☆ツ @nahoshitsu0
思い出した 東出さんと唐田さんと杏ちゃんが聴くべき落語、“子別れ”でも“包丁”でもないわ “縁切り榎”だわ
ナ☆ツ @nahoshitsu0
「お前日本人か?」ってくすぐりは最近どっかで聞いたな。悪意は感じなかったけど。悪意なくても面白くないからやめたほうが良いよね。でもコレ人格者的師匠でも古い人はやることある過ち
ナ☆ツ @nahoshitsu0
落語のレビュー、あらすじ絶対ないほうが良い派
ナ☆ツ @nahoshitsu0
「巧いのに、面白いのに、“二ツ目っぽい”真打落語家」について考えてる…褒め言葉なのだけど名前を出していいのかどうかな…
ナ☆ツ @nahoshitsu0
映画や本だと嗜好や気分によってジャンルやテーマを選べるけど、落語はその日に何を演るのか分からない選べない避けられない というのも落語のよいところだなぁ と人に勧められた本を保留にしながら思った
ナ☆ツ @nahoshitsu0
感想を書くことは誰かに影響を与える(かもしれない)。怖いことだなぁ、良いけど…。受け手の脳ミソを通過してるって信じられるけれど、怖さを知っておかないとな。忘れるだろうけど…
残りを読む(45)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?