10周年のSPコンテンツ!
20
いしおか@喪中 @mino_ishioka
古河・結城が常陸国ではなく下総国なのが良く分かる。 (縄文時代) pic.twitter.com/LLgBHxpOX5
拡大
リンク Wikipedia 4 users 5 古河市 古河市(こがし)は、関東地方のほぼ中央、茨城県西端の県西地域に位置する市である。人口約14万人。旧・下総国葛飾郡。県西地域最大の都市。 関東大都市圏であり、また昭和30年代から工業立地が進み、近隣の3町などから労働人口流入があり、本市を中心とする古河都市圏を形成している。 「古河」は、古く「許我」と表記され、『万葉集』に当時の情景が二首詠まれている。すでに奈良時..
リンク Wikipedia 1 user 結城市 結城市(ゆうきし)は、茨城県西部の県西地域に位置する市である。 東経139度54分、北緯36度19分に位置する。関東平野に位置し比較的平坦な土地である。 旧国名では下総の最北端に属する。 東は鬼怒川を挟み筑西市と、南は古河市、八千代町と隣接し、北と西は栃木県小山市に接する。 北側・西側を栃木県との県境に囲まれ、茨城県の他市町村とは鬼怒川によって隔てられているため、文化..
リンク kiyotan.net 地図絵本「万葉12歌人・ゆかりの地を訪ねて」 万葉集の頃の日本の地理環境は、現在と大きく違っていた。万葉集を代表する12人の歌人(東人を含む)をとりあげ、そのゆかりの地が当時どのような状況であったかを調べてまとめて見た。
リンク Wikipedia 縄文海進 縄文海進(じょうもんかいしん)は、最終氷期の最寒冷期後(約19000年前)から始まった海水面の上昇を指し、ピーク時である約6,500年前-約6,000年まで続いた(日本では縄文時代)。現在はピーク時から海水面は約5m低下した。またピーク時の気候は現在より温暖・湿潤で平均気温が1-2℃高かった。地質学的には有楽町海進(日本では有楽町で最初に調べられたことから)、完新世海進、後氷期..
リンク Wikipedia 10 users 4 平安海進 平安海進(へいあんかいしん)とは、8世紀から12世紀にかけて発生した大規模な海水準の上昇(海進現象)のこと。ロットネスト海進とも呼ばれているが、日本における当該時期が平安時代と重なるためにこの名称が用いられている。 ローズ・フェアブリッジ教授の海水準曲線によると、8世紀初頭(日本の奈良時代初期)の海水面は、現在の海水面より約1メートル低かった。10世紀初頭には現在..
Kentaro Uchikoshi @ShimofusaSakai
@mino_ishioka 「利根川と江戸川に囲まれた千葉県は島か」という話がありますが,縄文時代には本当に島だったのですねφ(・_・”) 古河や結城は下総国に属するのに茨城県の観光キャンペーン等で「常陸国」と銘打たれているのを見ると「もっと歴史を大切にすべきでは」と感じることもあります。 twitter.com/mino_ishioka/s…
残りを読む(7)

コメント

ラジ西 @P2ZCNWvmIvg4tSx 2019年10月29日
このあとこの一帯は「香取の海」と呼ばれる内海になるんだよね。上総の側に香取神宮、常陸の側には鹿島神宮がおかれて江戸時代の利根川東遷事業で国境が定まる。霞ヶ浦、手賀沼、印旛沼が取り残された。
ラジ西 @P2ZCNWvmIvg4tSx 2019年10月29日
幕府の軍用馬を育てる「牧」としてならされて明治に入ってから開墾されていく。今もこの辺には~牧という地名が多く残っている。
ラジ西 @P2ZCNWvmIvg4tSx 2019年10月29日
開墾された順番に数字と縁起のいい漢字を合わせた地名がつけられる。初富・二和・三咲・豊四季・五香・六実・七栄・八街・・
RAIYA@提督 @RAIYASB 2019年10月29日
九十九里はかつて海の底だったんだよね 茂原から山武の山側は崖地帯だし。
tamama @tamama666 2019年10月29日
超大規模干拓はある意味、自然破壊?
ラジ西 @P2ZCNWvmIvg4tSx 2019年10月29日
最近の歴史がどうであれ関東平野が低地なのは変わりがないから、グリーンランドが融解する頃には再び縄文時代みたいな地図になるかもね
蠢犇 @ugomekihisimeki 2019年10月30日
シムシティ的には楽しくなる地形なんだけど実際は沼地ばっかでそりゃ人も住まねえわ……ってなる
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする