96
逆に凄い
よねはらりゅうへい @YoneharaRyuhei
小1の時にこれやったわ。たまたま授業参観の日で目撃者多数、今でもたまに親に懐かしがられる。 twitter.com/f141sh/status/…
よっすぃ @yozz1102
逆にすごい。マネできない。評価すべき。 twitter.com/f141sh/status/…
140字で試す人
CKK COBALT @VRChat🐉 @CKKCOBALT
無意識のうちに数百文字の文章を一文で書いてしまう高校生は僕からすると大変有能に感じると共に、その文を一度拝見したいと存ずる所であるが、これを文章力が低いと判断するに値するのか甚だ疑問である次第であるため是非ともこのような方面の専門家の意見が欲しいと拝察し申し上げたい処である。 twitter.com/f141sh/status/…
眠りの国の猫 @patapatamamaja
句点も改行もなしで、一文で長い日記とか、遠足の日の朝から帰りまでの作文とか、小学校の小さい子あるあるだ。◯◯して、その次に◯◯して、そうしたら誰それが◯◯して、それから、 twitter.com/f141sh/status/…
むらたかもめ🌏音楽ブログ @houroukamome121
むしろこれは難しい高度なテクニックだと思うし、やろうと思ってもなかなかできない文章でもあり、もしかしたらこの文章を書いた高校生は新しい才能を持っていて、今まで存在しない面白い文章を書いている可能性もあるので是非とも読んでみたいし、自分は800文字どころかTwitterの140文字でもう限界。 twitter.com/f141sh/status/…
服部詐欺 @hattoriKudwafu
原稿用紙2枚分と聞いて、たいそうな文字数だなぁと思ってしまったが、そもそもツイッターですら140字もあり、呟き何回分とか考えると、意外と原稿用紙って文字数少ないなと思うし、僕らの原稿用紙への印象が中学生で止まってしまっていて、意外と「。」使わなくても読める、ってのが今日の気づき。 twitter.com/f141sh/status/…
ていっち @teicching
そもそも句読点は西洋由来なんだから漢文や日本の古文の世界には存在していなかったものなのだから無くても文章は読めるはずけどたしかに読みづらいのは否めないというか中華民国北京政府時代の史料を講読する授業を受けたときは自分で区切りを見つける必要があつて大変だったが慣れの問題かもしれない twitter.com/f141sh/status/…
実際に使われた例
坂上泉『へぼ侍』7/9刊行 @calpistime
野坂昭如の文章、文庫本2ページ分くらい「、」で繋げてるし、まだまだ平気(なおそれで破綻しない文章表現力の有無は問わない) twitter.com/f141sh/status/…
大場市之丞 @ichinojyo
デカルトの『方法叙説』って、書かれた当時のオルトグラフの原文で読むとそんな感じ。一文が2ページにわたってたりするの(´・_・`) twitter.com/f141sh/status/…
OGA🍻🇩🇪 =followback100%= @oga11387
@F141SH 松尾芭蕉も同じように書いてたし問題ない
残りを読む(11)

コメント

@azumix2015 2019年12月7日
金商法の話する?
shin of u @shinofu4 2019年12月7日
、で800字を埋め尽くした…ところで先日PISAにより日本人の読解力低下が顕著とニュースになってましたね
Destroyer Rock @hondapoint 2019年12月7日
「が」繋げば行ける行ける。自分はこれを「ががが文書」といって気を付けています。
白書き @shira_kaki 2019年12月7日
主語述語が不明確で意味が通じなくていいならいくらでも書けるだろうよ
しろうと @sirouto 2019年12月7日
「テキストマイニング」技術の進展とともに、「計量文体学」も普及してきており、その知見によると、句点までの文字数、つまり一文の長さの平均は、分野にもよるが50字位が多いので、長くても100字位に収めるのが無難とされているが、それは教育が複数の生徒に教え、平均的な学力を向上させることを前提にしているからであって、小説などの表現や創作においては、文体の固有性を追求するためにセオリーを逸脱することもよくあり、実際「ノーベル文学賞」受賞作家の「大江健三郎」氏も、他作家よりも一文が長めの文体を採用していた。
しゃけちゃづけ @DdHhhl 2019年12月7日
引用するなら出典を示してクレメンス(懇願)
Tadashi @tadashifx 2019年12月7日
主語・述語は明確にするようにするのだけれども、特許の書類とか慣例的な書き方をするとやたらと一文が長くなって書いている自分ですら混乱してくることはある。
なが @k_watarase 2019年12月7日
誤読されないよう丁寧に言葉を積んでいくと、自分でもギョッとするような超長文になってることは稀によくある。そこから推敲して切ったり貼ったり削ったりして体裁を整える。読みやすい文章は正義。
aqp1 @aqp114 2019年12月7日
石川淳の饒舌体もそうだね。文学的意図があるのは分かるけど、やたら読みにくい。腹立つので止めてもらいたい。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2019年12月7日
これは読売新聞「国語力が危ない」の記事ですね(会員限定です)。
Hacchi @2mocccck 2019年12月7日
読みづらいとか美しくないとか言われがちではあるもののそういった短所につぶれば昔の文豪のように長い文章は大規模な業務用アプリの依存関係にも似た複雑な構造を作り繋げることでただの説明や表現ではなく一種の趣味あるいは芸術として楽しむことさえできるという一面を考えると一概に常に短い文章を書くのが望ましいと断じるのは合理的であることをよしとする過度に近代的な考え方であってたまには読み応えのある長大な文章を読み手の苦々しい顔を思い浮かべながら書くのもまた一興と考える。
古橋 @FuruhasiYuu 2019年12月7日
k_watarase 誤読避けたい時は箇条書き使っちゃった方がいいんだよね。文章だと「読みたいところしか読まない」人いっぱいいるから。
娑薫さん(サガ夫さん) @S1_sagao 2019年12月7日
12/5(木)の読売新聞の記事ですね。「この公園には滑り台をする」が一面の大見出しでギョッとした。記事内では「原因の1つにSNSの普及が考えられる」と言ってるんだけど、私は読書冊数の低減とTVでの日本語の乱れ(特に受け身になる文章や尊敬語・謙譲語を使う際の「てにをは(が)」を間違えたまま放送する事)がコンビネーションとなって若者の文章構成力を下げる原因になっていると思っています。但し私もツイートで「てにをは」が間違っていても相手には指摘せず、脳内で正しく補完しそのままスルーしてしまうんですけどね
K3@FGO残4.7 @K3flick 2019年12月7日
記事の「、でつなぐ」って言い回しがピンとこなかった。「区切る」じゃないのかな
みさご@アタシってほんと○○ @misagoya 2019年12月7日
もし調査するのであれば「、」を分節とか単語ごとに打つ人がなぜ発生するのかも併せて調査してほしい。
銀色(棘用) @KVxZ1W90Xd3ur8m 2019年12月7日
過去にこういう文章を書いた作家さんや学者さんは意外と多いのでこういう記事を書けば記者さんの主張とは関係なく、まずこれは意図的に書いた文ではないか、と逆に元の作文に興味が湧くばかりの人も多いと思うし、元の文章もを出さないまま一方的に批判的なことを書いても読者の支持は得られないと思うので、プライバシーの問題もありそれを出せないとしてもただ断じるのではなく、元文章に使われた言葉や技法を断片的に示すなり、それについて踏む込んだ意見を言うなり、この記事ももうちょっと工夫した方が良かったかも、とは感じたかな
解釈違いに介錯🔪🔪🔪 @_hit_and_away_ 2019年12月7日
原稿用紙2枚分の文章を、句点の代わりに全部読点で表記しているというのとかしら?一度原文を読んでみたい。
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 2019年12月7日
ちょっと釣り針大きすぎない?
かりあげチャーハン&M-Demon @Kariage_Chahan 2019年12月7日
ちゃんと破綻なくつながってたらいいが、記事の例は多分そうじゃないんだろうね。
funpan @funpan2015 2019年12月7日
句点や改行が用いられるべきところで用いらず、かわりに読点が打たれてたって感じだったんかな、まとめやコメで試しに書いてる人達のみたいな形式だったら、コイツわざとやってるだろと苦笑されて終わりそうだし、ネットで「。」を使う人間が悪く言われているのを見て誤解してしまって、句点は使ってはいけないものだと思い込んでしまったとか
あさぎ丸怪郎 @asagix 2019年12月7日
神林長平の言壺かな。
Fox(E) @foxe2205 2019年12月7日
「SNSの普及」が「文章に句点(。)をつけない」という状況に影響しているというのは、あながち的外れとも思えない。LINEの文章やツイッターでのツイートに句点がないものは多いし、そもそもこのコメント欄でも文末に句点がないコメントがチラホラ見られる。このように「句点のない文章」を書くことに慣れてくると、作文においても句点がない文章を作ることになる、というのはいかにもありそうに感じる。
南風 @nan_poo 2019年12月7日
この高校生の才能を称賛している人がいますけど、ただ文章を読点で繋げるだけなら、助詞と接続詞を使って適当に繋げればいいわけで、現物を見ないことには何とも評価しがたいのでは?
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 2019年12月7日
文の間を原稿二枚分 全て読点(、)で繋いだって事を言いたいのだろうが、この記事だと原稿を全部読点だけで埋めた様にも読めるよな。って張り紙するなの張り紙みたいな話。
いつき @ituki_s 2019年12月7日
そういう効果としての長い一文と何も考えずにだらだら文をかいたら。がどこにもなかったのは違うからなあ。
F414-GE-400 @F414_GE_400 2019年12月7日
私も読点で繋いで長い文章書きがちなので気をつけたい。たぶん改善は無理だけど。
denev @_denev_ 2019年12月7日
ベーマガの一行プログラミング
Tadashi @tadashifx 2019年12月7日
ただの妄想なのだけれど…もしかしたら先生から「最近の子はLINE等での短文に慣れ過ぎて長文が読めないし書けない。文が短すぎる場合は減点する」とか宣言があって、それに反発した子(もしくは本物のアホの子)が「だったら読点で全部つなげてやる!」とやっただけなのではないだろうか?(LINEとかだと主語つけないこと多いし)
Tadashi @tadashifx 2019年12月7日
tadashifx (何はともあれ、その作文の原文見ないとなにも分からないけれど)
Raku @enraku_E 2019年12月7日
筒井康隆さんが得意そうな文体だ…
Tadashi @tadashifx 2019年12月7日
議員に立候補しようとする人間ですら(短いのに!)主語・述語が不明確で意味不明の文章 https://twitter.com/teruchanhaken/status/1203113127098736641 書くからなぁ…。 若い子ばかり責めるのも…。
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2019年12月7日
中学時代の定期試験の国語で作文がテストに出て原稿用紙の上から5文字目で「、」が続くのが最初から3行くらい続いた時に、面白いからそこの位置に全部「、」が入るよう合わせたら国語教師に「今後したらバツな」と言われつつ満点貰ったことを思いだした。
銀色(棘用) @KVxZ1W90Xd3ur8m 2019年12月7日
悪ふざけで書いてみたらやってやれないことはなさそうだったけど、ただこれ普通に考えると偶然じゃなく意図してやった可能性の方が圧倒的に高そうなんだよね。なのでこれが技法としてやったことにせよ、ただの悪ふざけでやったことにせよ、「悪ふざけしすぎだ」と注意したり、または笑ったりするのなら分かるけど、よりによってこれを「現代の若者の言葉遣いや文章力が~」という記事の例として出しちゃうのはちょっと違うでしょwって感じはする
ぽんぽん @apocalypse1706 2019年12月7日
破綻がないなら天才とも言えるが、おそらくはだらだらと単語繋げただけの「文章」だと思うよ。でなきゃ「問題」にはなるまい。
ビッター @domtrop0083 2019年12月7日
若者なりに言葉を選んだ結果でそうなってしまうのであればその記述もまた一考の価値はあると考え、句点を極力使用しない文章を今まさに書いている途中なのだが、やはり読点(、)のみで全てを一文で書くというのは可読性が著しく低下してしまい、あまり利点を感じられないのだが、特に若者に見られる文語ではなく口語を文章に用いるという形式の一つの結果だと考えるのであれば、それもまた日本語の進化の方向と言えるのではないだろうか?(適当な内容、だいたい200字)
ビッター @domtrop0083 2019年12月7日
これ、わざと書かないと無理だろ。
義明_雑談用 @yoshiaki_idol 2019年12月7日
コメ欄で実践挑戦する奴絶対居るだろ、と思ったが予想以上に多かったw
わっほいわっほい @Yeeeaaaahhsss 2019年12月7日
S1_sagao その見出し、統合失調症の人の文章みたいですね。 https://yucl.net/man/56.html
ゆゆ @yuyu_news 2019年12月7日
読解力の低下は、SNSの普及で普段目にする文章のなかで校正の入ってない文章の割合が圧倒的になった、さらに短文や話ことばのままの文字列のことも多い、という影響ありそうだね。
春野秋 @rakiharu1 2019年12月7日
古典の授業で「この1文は長いから、今から言うとおりに”。”や"「」"つけろ」って何度か言われたのを思いだす。
ヘルヴォルト @hervort 2019年12月7日
わかったから三文字で説明してくれ
辶タネ死皮ト斤 @ictivediece 2019年12月7日
「主語述語が不明瞭で意味が通じない文章」という悪魔言語を聞いて。サモンコールではなかったか(ススッー
春夏秋冬 @akito110 2019年12月7日
いまやっと、800字「、」のみで書いた訳ではないと気が付いた。、だけでどうやって賞賛されたのかと
tgttr @tgttr4 2019年12月7日
「。」を「、」で書く人いるからね。無限に繋げられる。
いくら @YamadaIkra 2019年12月7日
そういえばいつごろからか今は無き2ch.netでは句読点を使うと新参ときにきちがい扱いされる風習が見られるようになったがそれはブログやSNSまたはメッセンジャーなどの隆盛とどちらが先だったのだろうかあるいはどこかに別の起源があるのだろうか(128字)泉鏡花の「遺稿」に700字超の1文があるよ(140字)
白墨 @amanilo_ 2019年12月7日
正しく分かりやすく正確な文をつなげて書くのは難易度が高いけど、それを放棄すれば繋げて書くほうが簡単なんだよね、小学生が書く文章にありがちで、棘のコメントとかで私もやりがちで、思考をまとめず感覚のままつづっていくから、ぶっちゃけこのままいつまでも書き続けられるけど、読む方は多分全然頭に入って来ないんだと思うけど、どう?
田中 @suckminesuck 2019年12月7日
S1_sagao ちゃんとソビエトロシアではってつけないとダメだよな
いくら @YamadaIkra 2019年12月7日
樋口一葉すげえなこれ。真面目に読んだことなかった。
ねこ博士 @kazukazu_ex 2019年12月7日
特許読みなれると多少一文が長くても笑って許せるようになるよ(´・ω・`)
愛沢 望 @moeslot 2019年12月7日
ちょっと見てみたいわその文章
fm_aar @fm_aar 2019年12月7日
大審院判決文「いかんのか?」
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg 2019年12月7日
140字で一文はそんなハードル高くない。
alan smithy @alansmithy2010 2019年12月7日
_denev_ MSX-FANの一画面プログラム
alan smithy @alansmithy2010 2019年12月7日
心はロンリー気持ちは、、、
押川歩 @asphaltos1 2019年12月7日
他人が何かやったと聞くと、無条件に「すごい才能!」って思っちゃう人が多いんだな
Hacchi @2mocccck 2019年12月7日
たぶん、文を入れ子構造にすればどんな人でもかんたんに無理なく大長文を作れると思う。「~である私が~したのを聞いた~な私の妻が~と言ったのを聞き、~である妻の母が~したものだから、その友人の~なAさんが~してしまい、周囲に住んでいる~であった町内会の人々は口々に~と噂し、Aさんの夫は~――」とネストしていくと修飾先の主格が登場するまでにいくらでも文章を繋げられる。「文は簡潔な方がいい」という前提を持っていなければ無意識にやってしまう人もいるかもしれない。
山元 太朗 @tarogeorge 2019年12月7日
asphaltos1 登場する教師(と書いた本人)以外現物を見ていないので、それを教師が「日本語能力がひどい例」と新聞紙上で紹介したから、ツイッタラーが「必ずしもそんなこと言えないだろ」と反応したものと思料。
ソフトヒッター99(ネットの政治系書き込みバイト希望ww) @softhitter99 2019年12月7日
ジョイスのユリシーズに句読点さえ打ってない章がなかったっけ?
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2019年12月7日
まぁ140文字ではAVのタイトルでも難儀するくらいだから(?)800文字くらい「、」だけで文章続いても問題ないような気がする(自分はそこまでは今ではしませんけど)。
soybean(豆鉄砲P) @soybean_89 2019年12月7日
国連決議かなにかが「必ず一文で書く」という慣例があったような。知らんけど
さとうあきひろ @akihirosato1975 2019年12月7日
文学的な表現とか一種の芸術として意図的にやるんならともかく、普通に800字を一文で書くのって、プログラムだと一つの関数の中に何でもかんでも処理をぶち込むようなものだから、可読性は明らかに落ちるよな。個人的には本多勝一「日本語の作文技術」読めと言いたい(報道記事や論文等を書く人間にとっては必読と言ってもいい)。
武装難民 @oratnuhss 2019年12月7日
押井守が小説の蘊蓄解説でこれやってるな。 慣れるまで糞読みにくいんだよ。
jpnemp @jpnemp 2019年12月7日
soybean_89 特許の文面は「~かつ、」で延々つなげて書いてますね。条件をはっきりさせるための手法なのかも。
鹿 @a_hind 2019年12月7日
俺様が小論文のお手本見せてやる!って言い放って他人が書いた論文改竄して〇〇ので、〇〇ので、…が無限に続く読みづらいだけの糞ゴミ駄文書いてきて鼻高々な上司眺めてて立ち眩み覚えたのを思い出した。 普通煮文章書くこともできる人が何らかの意図でそうしてるなら興味はある。そうでないなら目が滑りそう。
One @lXinVy0K5uIqClV 2019年12月7日
短いセンテンスを積み重ねるのが上手い文章の一つの形なんだけど、学校教育ではやたらと接続詞使わせる傾向にあるから身に付かない。夏目漱石の吾輩は猫であるの冒頭なんかは読んで真似すると作文の良い勉強になるよ。
Mongyang @taisyo_2015 2019年12月7日
短文で、主語述語が明確で一義的にとれるのがいい文章とされてたけど、先祖返りが起こってる感じ。美しい日本語を書くには長文っていう思想がありそう
One @lXinVy0K5uIqClV 2019年12月7日
例えば、何とかの何とかの何とかのみたいに「の」を3つ重ねるのは下手な文章の例だけど、これも学校教育で教えてる作文だと直らないどころか推奨されてたりする。大人になってもやってしまうのが多くて書類なんかで見かけると直させる事が多い。
neologcutter @neologcuter 2019年12月7日
自分は最初「、」と「-」でモールス信号表記してるのかなと思った(←バカ)
ぷらずまわい @plaxma_y 2019年12月7日
広川太一郎ファンだったりしちゃったりなんかしちゃったりして(略)
One @lXinVy0K5uIqClV 2019年12月7日
結局、下手な文章ばかり読んでると、いつまで経っても上手くはならないんだけどね。最近は出版物ですら下手な文章のオンパレードだから、その上手い文章に触れる機会が少ないんだけど。
Daregada @daichi14657 2019年12月7日
「ー、、、 ーー、ー、 、、 ー、、、ー 、ー、ーー 、、ーー ーーーー 、、ー、、 ー、、、 、、 ー、、、 、ー、 、ー、ー、 、ー、ーー 、、 ーー、ー、 ー、 、ー、、 ーー、ーー 、ー、 ー、 、、ーー ー、、、 ーー、ー、 、、 ー、、、ー 、ー、ーー 、、ーー ーーーー 、、ー、、 ー、、、 、、 」
online_cheker(舶匝(はくそう)) @online_checker 2019年12月8日
租税特別措置法「長くなるは、仕方ない。」 misagoya 「、」を打った方が、書いている文を把握しやすくなって、格段に書きやすくなるから。
ミーム @meme_jinrou 2019年12月8日
800文字の作文を「、」のみで区切り、一文のみで一気に書いた。のほうがわかりやすくない?新聞記者の文章力がいまひとつに感じる。
ミーム @meme_jinrou 2019年12月8日
「この公園には滑り台をする」を別の言い方に変えると「この公園の滑り台をする」になるが、仮定として「この公園には滑り台があり、その滑り台をする」という一文にしたかったものの「滑り台」という単語を2回使用することになり、一度の使用で済まし、「には」を「の」変更することを思いつかず、こういった文章になったのではないかと推測できます。
Hacchi @2mocccck 2019年12月8日
meme_jinrou 情報の示し方と強調の観点で見るなら、「800文字の作文を『、』のみ使って一文で書いてきた高校生もいた」とするだけで必要十分でしょう。「一気に」は元の文章にない蛇足ですし、「のみ」が重複していて美しくなく、点もその位置が適切とは思えません。添削までしようというなら、もう少し日本語力を磨くべきじゃないですかね。失礼を承知で言うなら、要領の得ないことをいつもダラダラと連投しているあなたが人の文章を添削しても説得力がない。
ネナシグサ @TeaAndG 2019年12月8日
試しに作ろうと思ったけど「が」が多すぎてファイナルフュージョン承認したくなるなこの書き方
えむ(棘) @mmmmmmkkkkkk041 2019年12月8日
個人的に読点は楽譜で言う息継ぎ部分、句点は休符って感覚で読んでるので、読点ばかりが続くと読めなくはないけど「一旦休み」がなくて疲れるんだよね…。
Licorice @Licorice_90 2019年12月8日
順接の「が」を使わず主語がねじれてない文章なら才能あるかもね。
@ @KareidoMegane 2019年12月8日
ろくごまるに「呼んだ?」
しろの @zoshirono 2019年12月8日
前例があるとはいえそれでも800字の長さは驚異的であり、これだけで文章力がないとは言い難く、また、読解力に至っては逆に優れている可能性も考えられ、その高校生の能力を測る例として相応しくない上、かえって優れた能力が埋もれてしまうのではないかという不安も覚えつつ、同時に文章力とはどこで育まれるのかを考えると、それは普段目にする文章が大きな影響となっているに違いないが、SNSでも「、」で繋げる長文はほぼ見ず極めて異例であり、その点からもこの高校生を「近年特に目に付く」一例として出すには違和感を覚えた。
しろの @zoshirono 2019年12月8日
250字でやってみたけど非効率だよなあ… 「、」ばかりだと文章を直すとき遡って接続詞等の変更が必要になったりするし。
黄色いかまぼこ @yellow_chikuwa 2019年12月8日
以下長文を失礼すると、800文字まともに連続で文章を書くのは大変ではあるがいくつかの方法があり、例えば具体例を列挙する方法で、好きなおにぎりの具として鮭、おかか、昆布(これはなぜか日高昆布が多い)、高菜、卵、唐揚げ、ツナマヨ、梅、桜えび、肉そぼろ、しらす、青のり、わかめ、天かす、ひじき、明太子、たらこ、梅干し、ネギトロ、とり五目、アボカド、具志堅用高などのように列挙していけば比較的容易に文字数を稼ぐことができるほか、(1/4)
黄色いかまぼこ @yellow_chikuwa 2019年12月8日
起こったことを時系列順に列挙する方法、すなわち子供が親に今日の出来事を説明する要領で、朝起きて、歯を磨いて、朝ごはんを食べそこない、駅まで猛ダッシュし、満員電車に揉まれ、学校の最寄り駅で下車し、ギリギリで間に合わず教師に怒られ、授業を受けた後、特に友達と遊びに行くでもなくまっすぐと家に帰り、ネットをやり、トゲッターの男女対立まとめに書き込み、遅めの夕飯を食って、風呂に入って、寝るといったようなストーリー仕立てになっている場合であればやはり延々と800文字書き続けることができるし、(2/4)
黄色いかまぼこ @yellow_chikuwa 2019年12月8日
さらにやたら修飾語句を増やすような方法として、おっさんがCoCo壱でカレーを食ったという代わりに「推定40台または50台、やや白髪まじりのロマンスグレーでちょっと高そうなスーツを来た中肉中背でどっちかというとイケメン寄りの成人男性が、東京新宿にある少し狭めではあるが掃除は綺麗に行き届いた新しいCoCo壱の店舗で、手仕込豚ヒレ勝つカレーを非常に豪快かつ繊細に食べていた」と言ったように説明を不必要に、場合によっては話者の主観を相手に押し付けるために意図的に付け加えるといったものも考えられ、(3/4)
黄色いかまぼこ @yellow_chikuwa 2019年12月8日
いずれも悪文ではあるが実はTwitterやトゲッターでは幾度となく目にするもので、無限にリプを重ねたり、延々と長文を書きなぐったり、収まりきらなくなってメモ帳をスクショしたりといったものと本質的にはそう変わらないと思われるため、やはり簡潔な文章が望ましいと思われる。(4/4、830文字ぐらい)
黄色いかまぼこ @yellow_chikuwa 2019年12月8日
Twitterにいるヤバい奴にしか見えないなこれ・・・
ハイホー @Ho__Hi 2019年12月8日
これは作文の話なので、野坂昭如とか小説を例に出すのはズレてる。っていうか、小説だったら別に珍しくもなんともない。
ろんどん 甲甲甲甲乙甲 @lawtomol 2019年12月8日
検察官の起訴状、とにかく一文で書いてるよーな気がするけど、あれは何か決まりがあるのかしら
fuseciba @FUSECIBA 2019年12月8日
「言壷」の最後のエピソードは句読点付いてたっけ? 碑文 「我、勝利せり」
GIMA(ギマ) @gimatetu 2019年12月8日
スレ内ですでに言われているけど、野坂昭如マニアなのかなと思ったw
ウラリー㌠ @urary777 2019年12月8日
hondapoint ラノベのレーベルか! 座布団一枚!
ハドロン @hadoron1203 2019年12月8日
某国絡みの記事でよくあるよね。ムダに長い文章なのに、内容がまったくないという奴とかさ。人は後ろめたいことを弁明しようとすると、必要以上に饒舌になる。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2019年12月8日
与謝野晶子訳源氏物語は主語と述語の結びつきが怪しい文章として有名。まあアニメ「気まぐれオレンジロード」のアバンでおなじみ春日恭介のモノローグ(状況描写と推察を連ね、結論を述べない)方式であれば、1000字だろうが1万字だろうがいけるでしょ
玉川あるい @EvnY9Yc548xH51j 2019年12月8日
主語述語が不明瞭、一文がやたら長いは、古今を問わず子供の作文あるあるだと思う。俺の場合は大人になって、文章をネットに書くようになってから、マシになった(治ったとは言ってない)。
ウラリー㌠ @urary777 2019年12月8日
貴方も書ける! 読みづらい超長文の作り方。「だが」と「また」を多用する。「この文を書いたのは、私が~したからだが、~だから~とも考えられるが、~ともいえるし、また~という文を読んだ時には~と感じたし、~という点で~と近似しているし、また~」みたいな感じで。
One @lXinVy0K5uIqClV 2019年12月8日
EvnY9Yc548xH51j 学校で教える作文はやたらと接続詞を使わせるから長くなるよ。むしろ使わないと赤字で直し入れられて罵られる。面白い事に国語教師がそれをやる。
One @lXinVy0K5uIqClV 2019年12月8日
ちなみに、「むしろ」「面白い事に」なんてのも多用すると下手な文章になる。俺も多用するから下手くそだけどさ。ああ、「ちなみに」も使わない方が本当は良い。
One @lXinVy0K5uIqClV 2019年12月8日
国語教師には作文は教えられないと思う。あれは本当に良い例を沢山読んで真似しないと身に付かない。教科書ガイド通りに教えてるだけの教師に作文なんか教えられるものか。
One @lXinVy0K5uIqClV 2019年12月8日
良い例に沢山触れて真似するってのはプログラミングでも言える事。日本語も言語だから間違いではない。
One @lXinVy0K5uIqClV 2019年12月8日
学校の作文って論理的なつながりばかり優先して読みやすさや体裁は一切無視してるから誰が書いても汚くなる。今の俺の文章みたいなのしか書けなくなる。
らない @lanai_spr2 2019年12月8日
コメント欄でも挑戦者の作例が随分書かれているが、読点を使わずに文法ミスや論理の破綻なく長文を作る優れた作例が初期に挙がっているのに対し、いかにして長文を作るかの技術に偏り伝えたい事が薄れてしまった、あるいは初めから伝えたいことなど何もない作例も多く続き、件の作文も仮に前者の類なら批判に当たるものではないし、後者であれば、そんな課題のための文字数稼ぎが見え透いた悪ふざけ作文を取り上げた挙句、しかめ面でSNSの影響にこじつけてしまう新聞のコラムニストの読解力の方にこそ心配を向けるべきなのではないか。
ぼんぼ (虎穴に入らずんばズビズバ) @tm_bonvo 2019年12月8日
kazukazu_ex 特許請求の範囲と法律の条文は真似しちゃいけないクソ文の宝庫だと思います
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2019年12月8日
思いつくままだらだら続けて分かるような分からないような文章と、きちんと語順やリズムや感じひらがなの使い分けで読みやすく理解しやすくした文章とは全然別だけどな。まぁ一文は簡潔にするに越したことはない。
吉祥天 @sarutas2000 2019年12月8日
この記事の句読点の法がとても気になる。新聞記事でなくネットの書き込みだったら日本語でOKって言いたくなりそうな位。
【わちゃっとピンボール配信開始!】ねねっとテックダイナー【ボールプレゼント】 @nenet_techdiner 2019年12月8日
何を騒いでいるのかさっぱりわからないけれど実際にどこで文章をきるかなんてことは大した問題ではなく本質的なところがきちんと捉えられているのかどうかが問題だとさえ思い当たれば大した問題ではないと言う考えにまで至るはずで実際こんな感じでいいでしょうか?(ちがう?)
kartis56 @kartis56 2019年12月8日
tadashifx 私は、だからその議員が「死ね」と言ったのは間違いないでしょ。普通に文章を読めばそうとしか取れない
kartis56 @kartis56 2019年12月8日
「私は」だからと書いたほうが良かったか
辶タネ死皮ト斤 @ictivediece 2019年12月9日
効果的な配置→接続詞で接続→纏まりを考慮して配置調整→ムダ要素を挿入+回りくどくなる表現に言い換え。(仮
Mongyang @taisyo_2015 2019年12月10日
tm_bonvo あー、それだわ。あと法律文。誤読なく伝えることを主眼とする英語論文のトレーニング受けた身としてはあそこに入ろうと思わなかったわ。あれを読み解けるのが参入障壁で機能してるんだろうな。論理構造は保存されてるので、AIでの自然言語解析でのターゲットになりそう
Mongyang @taisyo_2015 2019年12月10日
英文和訳を思い出すわー。カンマ文でも一度「。」で切って、つなげるってのが生着だと今だと分かる
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする