飯舘村と福島市の悲劇

飯舘村と福島市は2011年3月15日夕刻、福島第一原発からやってきた放射能雲による深刻な汚染を受けた。しかしそのリスク認知は遅れた。そのあとのリスク管理も遅れた。汚染からまもなく3ヵ月がたとうとしているが、驚くべきことに、飯舘村に1400人、福島市に30万人がまだ居住している。福島県の責任は免れない。  飯舘村と福島市に関する私のツイートを、3月12日から5月2日までまとめた。私がいつ何を知っていたかを確認することができる。
震災 原発
53
早川由紀夫 @HayakawaYukio
福島第一原発から郡山市まで60キロ、福島市までも60キロ。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
福島市、28マイクロシーベルトきのう。NHK
早川由紀夫 @HayakawaYukio
80キロというと、福島市と郡山市もはいる。「米国民へ原発80キロ圏内から退避勧告 米大使館 http://t.asahi.com/1nkq
早川由紀夫 @HayakawaYukio
放射線量が各地で低下傾向だと記事は書くが、これは原発が沈静化している証拠ではない。風が太平洋に向かって吹いているだけのことだ。 「放射線、福島周辺5県で平常値超える 福島市は低下傾向 http://t.asahi.com/1ny9
早川由紀夫 @HayakawaYukio
福島市で1時間外にいると、X線検査の1/100の放射線。NHKは、ただちに健康に影響あるレベルでないというが、4日でX線1回か。1月に7.5回。1年で90回。健康に影響ないのかな。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
いわき市、郡山市、福島市、どれも30万都市。いま100万人が深刻なリスクにさらされている。これが1000万人に膨れ上がる心配も現実のものとなった。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
飯館村の雑草265万ベクレル 福島、野菜を大幅上回る」(福島民報)  http://ow.ly/4liLB
早川由紀夫 @HayakawaYukio
この地図 http://ow.ly/4lQHV 見せたら、福島市といわき市から大脱出が始まるかとひやひやしたが、とても冷静に受け止められたようだ。まったく注目されていないと言ってもよい。目に見えない音もしないリスクがわが身に降りかかっているのを知覚するのは相当難しいとみられる。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
早くからモニターされていた日立市より福島市の線量がはるかに高いことがわかります。100キロ地点の日立市は0.5マイクロ。60キロ地点の福島市は3.5マイクロ。子どもたちがそこで生活してよい場所かどうか、気になります。  http://ow.ly/4lSzC
asako fujino @mugikoya
早朝に出発した相方、福島市内の実家着。自宅が無事と聞いて安心してばかりいたけれど、周りでは崩れている建物も多いらしい。午前中は地震後初めてガソリンが配られるという情報に人だかり。そして今は雨。町内はひとっこ一人歩いていないそうです...
早川由紀夫 @HayakawaYukio
「最も高い飯舘村の測定値は、これを十分下回っており、健康に影響ないレベルと 考えられます」 http://ow.ly/4m4Ci 測定値は11.5マイクロ毎時。X線検診は600マイクロ。そうか、1日おきに検診受けるのか。たいへんだな、飯舘村のひとたち。【毒】
早川由紀夫 @HayakawaYukio
@mugikoya もし私の家族が福島市にすんでいたら、すみやかに退去させます。放射線量が高すぎます。そうですね、猶予は一週間以内。 http://ow.ly/4m4HN 雨には当たらないのがよい。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
@mugikoya 放射能数値の評価はこのページが参考になります http://ow.ly/4m5i4 福島市のきょうの数値は4.24マイクロ毎時です。きのうは3.5でした。
asako fujino @mugikoya
早川先生ありがとうございます。この数値が継続するようなら退避が必要ということですね?RT @HayakawaYukio: 放射能数値の評価はこのページが参考になります http://ow.ly/4m5i4 福島市のきょうの数値は4.24マイクロ毎時です。きのうは3.5でした。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
@mugikoya いまの福島市の放射能は、X線検診を毎週1回受ける程度です。このリスクを大きいとみるか小さいとみるかは、個人の判断にゆだねられています。個人の年齢性別にもよるでしょう。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
福島県内各市町村の数値。17日から毎日2回測定。 http://ow.ly/4mGNd 18日は福島市で10マイクロを超えていた。その後、徐々に下がっている。 18日の風向きが悪かったんだな。その前に(おそらく15日に)も悪い風向きがあったのだろう。17日の数値も高い。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
福島県災害対策本部、いいかげんこの表現やめたら 「胃のX線集団検診1回当たりの放射線量は、600マイクロシーベルト/回ですが、本日の測定値のうち、最も高い飯舘村の測定値は、これを十分下回っており、健康に影響ないレベルと考えられます。」 http://ow.ly/4nx0b
早川由紀夫 @HayakawaYukio
福島市の妊婦などに避難勧告が必要であるの意見をようやくみつけた。武田邦彦さん26日09時  http://ow.ly/4o9ZG
早川由紀夫 @HayakawaYukio
福島市といわき市の小学校は、4月からの授業をしばらく休んだほうがよいと思う。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
「菅野典雄村長(64)は「国から対処方針を変えなくていいと説明を受けている」と話し、住民に冷静な対応を呼び掛けた。」 そう考えるのもかまわない。自己責任だ。わたしは同情しない。「「避難すべきか」飯舘の住民、IAEA指摘で(毎日新聞) http://t.co/5ubIbfB
早川由紀夫 @HayakawaYukio
飯館村の土壌汚染は、すでに23日に文部科学省が報告して、朝日新聞が報道していた。すくなくとも私には、いまさら感がある。IAEAという国際機関が発言したことだけが新しい。 http://ow.ly/4qJU1
早川由紀夫 @HayakawaYukio
飯館村長は無知無能だが、福島県知事も無策だ。緊急災害対策本部がつくられて、総理大臣がその本部長についた。しかし災害対策の基本は都道府県だ。国や東電に文句言ってるだけではダメだ。いまこのとき県民の命と健康を守ることができるのは、あなただ。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
福島県、まだこう書き続けてるんだ。すごいな。「胃のX線集団検診1回当たりの放射線量は、600マイクロシーベルト/回ですが、本日の測定値のうち、最も高い飯舘村の測定値は、これを十分下回っており、健康に影響ないレベルと考えられます。」 http://ow.ly/4t36t
早川由紀夫 @HayakawaYukio
年間20ミリシーベルトを新しい基準にして避難地域を見直すというけど、そうすると福島市と郡山市がその基準を上回ることに気づいているのか。両市とも今朝07時の計測で2マイクロシーベルト毎時を超えている。  http://ow.ly/4uMfr
早川由紀夫 @HayakawaYukio
客観的に考えて、福島市(と郡山市)の小学校はすくなくとも1学期は休むのがよいのだろう。しかし、小学校をもたない県庁所在地が存在しうるだろうか。一方で、子どもたちの健康は守られなければならない。これはまったくの政治判断だ。むずかしい。むずかしいが、問題の所在は理解したい。
残りを読む(18)

コメント

早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012年7月25日
福島市が住めない土地になったことを私は3月25日までに気づいている。3月23日夜のSPEEDI、24日夕刊(朝日新聞)の米軍機観測のデータを見て、チェルノブイリと比較してそう判断したのだろう。http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-364.html
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012年7月25日
郡山も住めなくなっていたことに気づくのは、4月8日まで待たなければならない。
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012年7月25日
いや、3月26日には観測値を入手してる。中通りの深刻にいつどこまで気づいたか、よくわからない。4月8日22時に地図を書きあげてはっきり認識したのは確かだ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする