大正14年 “婦人の洋装を可とするか否とするか” 女性たちの意見が掲載された記事に新鮮な驚き「こんな時代もあったんだ」

住所丸出しすごいし予言通りだし面白い
439
戦前~戦後のレトロ写真 @oldpicture1900

大正14年(1925年)、こちらもアサヒグラフの「家庭婦人 洋装の可否」という記事です。婦人の洋装を可とするか否とするか、お互いの立場から様々な意見が述べられています。 なかなか興味深い歴史考察になると思いますので記事の隅々までご覧ください。 pic.twitter.com/1vsl5Fr7WR

2019-12-29 01:09:23
拡大
拡大
拡大
拡大
戦前~戦後のレトロ写真 @oldpicture1900

主に戦前~戦後の懐かしい写真を貼っていきます(脱線も多々)。 人を中心に、当時の暮らしぶりが分かるような物を挙げて行きたいと思います。雑談も好きなので脱線してもお許しください。

飛優雅-hyuga- @higourinikki

今や和装の方が非日常的な服装になっているが、こんな時代もあったんだ。 twitter.com/oldpicture1900…

2019-12-29 21:06:06
ええじゃないかロックンロール❗️ @RRExpress4

@oldpicture1900 大正14年って、「はいからさん」より前ですかね、後ですかね?

2019-12-29 01:25:29
めのう文庫(まりも) @mari_mon

@RRExpress4 『はいからさんが通る』はクライマックスの紅緒さんの結婚式が関東大震災当日ですので大正12年。 大正14年には紅緒さんは新婚の家庭婦人だと思われます。番外編では子供を産んでいます。

2019-12-29 12:07:04
一寸の蟲 @gobunotamasii

@oldpicture1900 私鉄が沿線開発とセットで路線を伸ばし、同潤会アパートが生まれた頃。欧米化の裾野が広まろうとする時代ですね。洋装化に関しては7年後の悲劇・白木屋火災も契機になってますね。 pic.twitter.com/E9wANOa2KC

2019-12-29 09:47:46
拡大
拡大
池辺 研(池辺 琉右衛門)似顔絵師 @sxoB5wLxGeVq06i

@oldpicture1900 この時代は欧米自体が洋服の大変革期で賛否両論。もはや西洋の伝統衣服で無くなって来てる事も考慮ですかね。大正以降は本格的な機械文明到来で生活様式も激変。やがて女性でも満員電車に乗りや車、バイクの運転も当たり前に。洋服はもはや世界中の老若男女の標準現代服に進化‼️

2019-12-29 19:17:32
池辺 研(池辺 琉右衛門)似顔絵師 @sxoB5wLxGeVq06i

@oldpicture1900 さらに女性の和服(髪型)も室町~江戸時代初期位だともっと活動的じゃないかなぁと思います。袖も短いし、短く細い帯を前結び。島田結いばかりでもないし。

2019-12-29 19:34:08
まずここにびっくり
楓猫のおかん @h666ark

「まだまだ洋装で日常生活を送るということが想像も出来ない毎日」だったのかな?まずは住所丸出しにびっくりするわ! twitter.com/oldpicture1900…

2019-12-29 08:31:53
くろ☆ねこ @schwkatz

@oldpicture1900 住所が番地まで、、、今では考えられませんね、、、。 ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

2019-12-29 01:13:17
sig kis @a2000a

@oldpicture1900 住所公開しても気に食わんと怒鳴り込むような人間はいなかったんでしょうね

2019-12-29 08:16:53
ええじゃないかロックンロール❗️ @RRExpress4

@schwkatz @oldpicture1900 私が子供の頃、書店で売っていた「プロ野球選手名鑑」の類とかって、自宅住所載りまくりでしたよ。ファンレターとか自宅に直に送ってたりとかしました。今じゃありえないですけどね。

2019-12-29 01:41:40
りっちゃん @taku_lanke

大判の写真付き、住所も地番まで載せてるのは ある種のグラビアとか お見合い写真、文通募集的な要素も あるのかしら。 twitter.com/oldpicture1900…

2019-12-29 09:04:13
ここが新鮮
えいみ @elenoiar59

@oldpicture1900 あの時代のご婦人がたがこれほどはっきりと意見を述べてたんだ〜っていうのが新鮮な驚きです🤔

2019-12-29 08:57:24
ちやごぺん @y_g_c12h11

@oldpicture1900 双方共に「他の国では〜」とか「伝統が~」とかじゃなくて「どっちの方が便利か」「どっちの方が効率いいか」で話してるのがすごく興味深い ちゃんと自分とは生活スタイルの違う「例外」を設けてるのも印象的だなぁ

2019-12-29 14:30:01
おさや⌘着物生活⌘ @nyanya222cat

否定派に洋服の人おるやん!と思ったらニューヨークに3年いたって書いてるからその時の写真なのかな?紐育=ニューヨーク、勉強になりました。今でも意見が飛び交ってるし昔からあるんやなぁ。マイ理念と違うから否定するのじゃなく他を容認しつつ私はこう、ってのが好き。 twitter.com/oldpicture1900…

2019-12-29 08:18:08
یریتم(hiatus) @yri_tam

すごく興味深い。特にこの人が女性の洋装と道路改善の公共事業を同列に語っているのとか「何故…?」と考え込んでしまった。「住宅の改善」のくだりは、他の人も言及してる、洋服(膝下丈くらいのスカートを履く前提と思われる)では日本家屋で暮らしにくいから家屋を変えるまで無理 的なことだろうか twitter.com/oldpicture1900… pic.twitter.com/RHfa0amczW

2019-12-29 03:37:29
拡大
このわた くちこ @kuchicokonowata

日本家屋に住む家庭婦人には活動的な洋服は必要ない。これが着物が普通だった時代の着物派の主張。洋室に住んでフルで働いてりゃ着物なんて着てらんないは私も実感するところ。今となっては洋装派の「女性の社会進出とともに洋服の簡便性と経済性が勝つ」という予言どおりになりましたね。 twitter.com/oldpicture1900…

2019-12-29 07:02:28
マサキモノ @masakimono_jp

当時のご婦人の洋装談議、面白い。家の構造に合うか?など感情論ではなく冷静な所も素敵。こんなに機能に寄ってるのは意外。 あと職業婦人ってなんだろう? twitter.com/oldpicture1900…

2019-12-29 09:06:06

※「職業婦人」とは専業主婦や家事手伝いなどが多かった時代に社会に出て職業に就いていた女性を表した言葉。

昭和レトロクッション @retro_cushion

@oldpicture1900 洋装・和装、それぞれの立場の意見、とても興味深く拝読しました。 風習・習慣のほか、建物の作りや家具、道路など、見の周りの環境や状況まで考慮してのご意見に感心しました! 意見を述べられた方々が、今の日本をご覧になったら… 皆さん区内にお住まい 「東京府」の表記が歴史を感じさせます。

2019-12-29 07:07:08
矛盾 ◇ぱらどっくす◇ @paradox_mujun

興味深いけど、当時、新聞掲載のために、惜しげもなく写真を提供できるのは中流層以上でないと無理では。(あとで写真返してもらうのかもしれないが) つまり、当時にしては教育程度が高い女性たちの集まりだと思うよ。 小学校でてすぐに奉公にいかされて、平仮名しかかけない人少なくない時代だし。 twitter.com/oldpicture1900…

2019-12-29 17:39:00
残りを読む(6)

コメント

ゆゆ @yuyu_news 2019年12月29日
明治に入って皇室が洋装を正装に取り入れているとはいえ、洋服はまだほぼオーダーメイド状態で高価だろうし。現代の「洋服が普段着で、和服はあっても振袖・留袖・訪問着くらい」の人が多い状況で、「普段から着物ってありなの?」という話をしている感覚なのかも。
95
ヒジャチョンダラ @citabow 2019年12月29日
「と」と「ど」の字体が解りづらかった(笑)。
12
大和但馬屋 @yamatotajimaya 2019年12月29日
戦前までは「洋装・短髪」は嫁入り前の若い女性の特権、家に入りては和装で長髪を結ふのが婦人の嗜みであった、といふのが「この世界の片隅に」の径子さんで得た知見。
31
TM @TM_KG 2019年12月29日
「洋装の前に道路事情の改善を」というのは、舗装されている道が少なく、裏通りなどは雨が降ると泥濘だらけになるような状況がまだ一般的だったからでは無いですかね。
116
ななじゅうご @hingchang0075 2019年12月29日
「それよりも家を便利にして」って意見が印象的だなあ。ガスコンロが普及し始めたのが確か大正年間だったと思うので、女性の服装も変化を求められてたのかな?
86
白石玄人 @ShiraishiGento 2019年12月29日
こういう昔、特に戦前の新聞って価値観の違い、文体の違い、旧字体は勿論たまに変体仮名とか合字が使われてたりして、言い方に語弊があるかもれないけど、実にときめく。
21
白石玄人 @ShiraishiGento 2019年12月29日
あと、この新聞は1925年のものだから、これを読んだ人が生きている、何ならこの件について証言できる可能性が十分あるということも興味深い。 1945年の最大エポック含め、価値観が一気に翻ったりその論点で喧々諤々したりを、当たり前だけど目の当たりにしてきたんだろうなぁ、と。
36
暴君虎 @Tyrannotiger 2019年12月29日
大正デモクラシー真っただ中、投書してる御婦人方も当時からしても開明的な思考だったのだろう。 この10数年後には昭和恐慌に515~226となって行くワケか。
9
Fox(E) @foxe2205 2019年12月29日
あくまでも「日本家屋で動くなら和装が便利」「洋装なら動きやすく活動的になれる」という「実生活上の便利さ」による現実論が両者の主張根拠になっているのが女性の議論として興味深い。これが男性の論争であれば「日本文化対西洋文化」という観念論の比重が大きくなって、理論構築は精緻になる一方で現実離れした議論が展開されるのではないかという気がする。
111
nnouse @nnouse 2019年12月29日
昔の本だと奥付に著者の住所、電話番号がのってたりする なぜか著者のハンコを押した小さい紙が貼ってあったりもするし
12
わたげ @watage45 2019年12月29日
100年後の時代から見たら、今の時代もこんな風に見えるのだろうか
14
MO-85(1/21 赤沼~庵滝~西ノ湖~千手ヶ浜~赤沼) @MO_85 2019年12月29日
大正14(1925)年、考現学者の今和次郎が銀座で行った路上調査では女性の洋装率はわずか1%(1割にあらず!)東京の盛り場でさえこれなのだから、学生や一部の職業婦人を除けば、ほとんどの女性は自分が洋装をすることなんて考えたこともない時代のお話
27
ネット・アイドル界の重鎮だんごむしさん☀ @sengodebu 2019年12月29日
「誰か戦前を知らないか」でググれ。日本は戦後の占領政策のせいで歴史が改ざんされている。
7
ろんどん @lawtomol 2019年12月29日
書き出してみます(新字・新かなにしてます)「学生の洋装は結構ですが、家庭婦人の洋装は現在の日本家屋の構造及び家具が凡て?って使うようにできている?から不便でありまた不調和でもあります」 「家庭婦人の和服を洋装にするとは純日本式生活の一部の破壊です。和服は世界に誇るべき我邦の宝です。未来にも全廃されるとは思いません」 「美観と実用と経済の何れから見ても家庭婦人の洋装は不適当です」 「住居と家具が和服本位になっている今日三十円内外の貸家に住んで洋装でもありますまい」
33
ろんどん @lawtomol 2019年12月29日
「舞台に立ちます者の体験から和服論者たらざるを得ません…やっぱり私どもは長い日本の風俗が生んでくれた和服を用いたい」「労働に適せぬといいますが、考えある家庭婦人が何んで嫁入り前の娘のように長い袖で巾の広い帯をしめてだらだらしている方がありましょう。和服で結構です」 「紐育(ニューヨーク)に三年おりましたが、あちらでこそ洋装も必要ですが日本ではそう思いません。婦人を洋装にするまでには是非とも道路、住宅の改善を先に致して欲しい」
25
ろんどん @lawtomol 2019年12月29日
「現在家庭婦人に洋装をして活動するだけの用が何処にありましょう。経済上からも不利です。職業婦人は別として、貧弱で無格好で不調和な家庭婦人の洋装には反対です」「国の建築や産業や、国民の趣味、生活様式の影響を受けて当然に長い間に根強くこの着物にまで変遷して来たことを思えば、洋装を不適当とする理由がお解りでしょう」「やっぱり洋装は職業婦人や子供位にとどめて今の新家庭婦人は従来通りに和服にエプロンで通る方が理想的だと思います」
26
ろんどん @lawtomol 2019年12月29日
「経済上からも洋装は和服より安くありません。そして肉体の欠点も考えなければなりません。?の上に馴れ切っている家庭婦人が一夜漬の洋装も考物です」「総て徹底的洋式になりますれば従って洋装も良いでしょうが、まだまだ家庭での婦人洋装は不便で不調和です」「楽な洋服で働いた後で日本服を着て見ますととても仕事の能率が上りません…改良服に苦心するひまに一歩進んで完成した洋装を取入れたいと思います」
25
ろんどん @lawtomol 2019年12月29日
「婦人洋装は時代の要求でしょう。『もう少し様子を見てから私も洋装しますわ』という人があるならば、それは日本婦人が如何に信念と勇気に欠けているかを表白したものです」「洋服だからといって高価な毛皮をつけ立派な洋館でなければならぬことはない」「洋装で御仕事をして見て初めて家事のエフィシエンシーを上げるには家屋の日本式、洋式の如何に拘わらず洋装の優っていることを感じます」「和服を改良せよという意見もありますが、それはやはり和服の不便を肯認している…近き将来に於て和服は洋服に変るべきものと見られます」
24
ろんどん @lawtomol 2019年12月29日
「時代の進歩につれて人間の生活がより活動的により煩?になった今日、その服装も活動的になって行かなければならないと思います…経済上からも時間の上からも洋装は新時代の服装であると思います…永い不自由な習慣を忍んでいる時代ではないのです」「洋装の外出は極めて簡単で腰上げが無いだけでも早い。用意は三分でできる。全身が軽やかで自然に歩みもよい…洋装は護身衣服である」「これからの時代には実用的の洋装が適していると思います…軽快な洋装で自由に活動することです。身長も伸びます」
26
ろんどん @lawtomol 2019年12月29日
「働かざる者は食うべからずと信ずる私は絶対に洋装を可とします…洋装の軽快さと丈夫さと手数の省ける事又は保健上において比ぶべくもない」「軽快な洋??は新しい女性そのものの匂いが漂う…和服もよいが洋服への過渡期として家庭着を簡単に改めましょう」「身体の各部は和装の?重な束縛から解放され何時も正しき姿勢を保ち得る…経済的である」「私の服装から帽子凡てが和服の仕立直しで出来上っているという証拠の前に食わず嫌いの御非難は意味のない事です…やがては洋装の経済便利の前に『時』が降伏させるでしょう」
40
ろんどん @lawtomol 2019年12月29日
efficiency(効率)なんて言葉、この時代にどこまで通じたのかしら?
9
@meltyblue 2019年12月29日
各人が自分なりの考えとその根拠を明確に持っていて、しかも簡潔にまとまっているので、純粋に議論として面白い。こういうのをもっと見たい。
48
MO-85(1/21 赤沼~庵滝~西ノ湖~千手ヶ浜~赤沼) @MO_85 2019年12月29日
この調査結果は、調査した今先生たちにも意外なものであったらしく「いやぁ、体感的にはもっと多そうな気がしたんだけど、実際に数えてみるとマジで99:1だったんですよ」という趣旨の感想を残している。洋装で颯爽と街を歩く女性の姿は、それだけ印象に残る物だったんでしょうねぇ
38
ろんどん @lawtomol 2019年12月29日
「どちらが経済的か」について、正反対な意見が見受けられるのが興味深い。どの点に着目してるのかな…?
8
志水鳴蛙 @SensouAmei 2019年12月29日
「学生の洋装は結構ですが」なのね。学校制服としてのセーラー服が登場してきた頃だと思うけど。
4
ろんどん @lawtomol 2019年12月29日
洋装「可」125名に対して「否」が211名とほぼ1.7倍か…隔世の感がありますな
9
ろんどん @lawtomol 2019年12月29日
MO_85 「モボ・モガ」のイメージから、銀座なら半々か、ひょっとしたら洋装の方が多いようなイメージを勝手に抱いてました…
13
MO-85(1/21 赤沼~庵滝~西ノ湖~千手ヶ浜~赤沼) @MO_85 2019年12月29日
lawtomol 当時のカメラマンだって、高価なフィルムを消費する以上どこにでもいる和装の女性よりかはカッコよく洋装できめた女性の写真を撮りたかったんじゃないですかねぇ。よほどの美人や有名人なら別でしょうが、雑誌や新聞の読者だって、そういうのを求めていた面はあると思いますよ
50
ゆゆ @yuyu_news 2019年12月29日
民族衣装から洋装化する際、男性は軍服ベースて洋装化が早く進むけれど、女性の場合は洋装の国に移住しても、かなり長い間民族衣装を着続けることが多い、という話を聞きますね。
15
愚者@7/12勇者部満開13:No.20 @fool_0 2019年12月29日
和装洋装の是非は置いといて、正直大正時代の女性の方が現在女性の味方を自称するフェミニストなんどよりよっぽど実のある女性のための議論をしていたのだなというのが雑感。
68
ろんどん @lawtomol 2019年12月29日
MO_85 実に説得力のあるご見解かと存じます。確かに「ごく平凡な日常生活」の記録が、かえって貴重だったりしますからね…
7
Leclerc @3adam15 2019年12月29日
洋装の是非よりも、各人の詳細な住所が載っているのが昔だなと思った。治安は今より悪かったはずだが。
2
フローライト @FluoRiteTW 2019年12月29日
そんな時代もあったろうよ。いまは中東の方でブルカがどうのと真っ盛りだぞ
3
nyum @anyu52050137 2019年12月29日
気張ってハイヒール履いてもヒールが泥だらけになってせつないんよって戦前生まれのおばちゃんが言ってたっけ。
67
ゆゆ @yuyu_news 2019年12月29日
男性が「西洋になめられるな」「遅れていると思われるな」と似合わない洋装を頑張って着ている一方、女性は「無理して似合わない洋装」するより、「装い方を熟知している」民族衣装の方が美しく見せられると考えるからとか。
22
MO-85(1/21 赤沼~庵滝~西ノ湖~千手ヶ浜~赤沼) @MO_85 2019年12月29日
住所晒しに驚いている人多いみたいですが、昭和末期くらいまで単行本の著者略歴とか雑誌の読者投稿欄とかに普通に個人情報の連絡先が載ってませんでしたか? もっとむかしになると紳士録とか芸能名鑑とかに普通に有名人の現住所が記載されていたくらいですし
59
重-オモ- @__oMo__ 2019年12月29日
和装と洋装の経済性の違いは、どちらも新しく仕立てるなら生地が少ない洋装のほうが経済的、しかし和装は親族から譲り受けることもあるので、仕立てるか買わなければいけない洋装と比べると和装のほうが経済的、と言う視点だろうか
15
たのメール @tano_mail 2019年12月29日
「いずれ「時」が(和服を)降伏させるでしょう」の人、ここまで断言した上で未来から見れば全く間違っていないという余りの格好良さよ。
106
みゆう @MinamidaYminami 2019年12月30日
大正時代・昭和時代が舞台の漫画・アニメ・小説で「女が学問なぞ」「髪を結わないのはしたない」とか年配の人が言っているのを見る度に、昔の人は頭固いな~と思う ( =Φ人Φ=)
3
井水為史 @fh_wellwater 2019年12月30日
nnouse 著者検印紙ね。アレによって発行部数を把握して著作権料を払うんで、貼ってないと著作権料を払ってない契約違反の出版物と言うことに。今は基本的に廃止されてるけど、今どきの本はないかもしれないけど、奥付に検印廃止って書いてある本があるはず。
34
ヘリオドール @heliodor_ruby 2019年12月30日
「考えある家庭婦人が何んで嫁入り前の娘のように長い袖で巾の広い帯をしめてだらだらしている方がありましょう」という発言に、今主流の綺麗に見せる着物ではなく、短めの袖に半幅帯でぎゅっと締めて必要なら襷掛けして…という生活着としての着物の姿が垣間見えて好き。
58
ソフトヒッター99@ナードな4つ目 @softhitter99 2019年12月30日
靴下を脱ぐ脱がないくらいで大騒ぎになってた女子スポーツの黎明期と同時代だな。「いだてん」の序盤がすでに懐かし。
4
白墨 @amanilo_ 2019年12月30日
__oMo__ この当時は和服を仕立てられる人はゴロゴロいたけど、洋装を仕立てられる、いわゆる洋裁が出来る人が少なかったのも理由かもしれませんね
40
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2019年12月30日
anyu52050137 おそらくそれが道路事情云々を語っている方がいらっしゃる理由でしょうね。舗装率も非常に低い時代なので女性用の洋靴は非常に不便だったのでは?
42
胡蝶 @uturobuneco 2019年12月30日
SensouAmei 当時は制服のまま体育をやってた学校もあったみたいです
3
ICHIKAWA Kento(おにぎり) @kentosho 2019年12月30日
セキュリティバリバリだから住所を知られても問題ないお屋敷に住んでいる女性たちなのだろうか?
1
ブラキストン線の向こう側 @cupsoup2 2019年12月30日
当時は家の格式などは全く関係なく、住所を出すのが普通ですね。新聞の事件記事でも被害者・加害者とも住所が書かれていることが多いです。
38
y2_naranja@蟹ペンきんに君 @y2_naranja 2019年12月30日
昭和には(平成にもまだ残っていたかも)いろんな雑誌に「文通しましょう」コーナーがあって、住所氏名をふっつーに書いていたので、住所記載に怯える令和の人々の反応が興味深い。そんなに昔のことじゃあないのですよ……。平成は色々とエポックメイキングな年代だったのだなあ。
59
おんでまん@趣味垢 @deogma 2019年12月30日
foxe2205 そんな憶測で男性側の事を書かれても…
33
ハイホー @Ho__Hi 2019年12月30日
lawtomol 凡て坐って使うようにできている眞から不便でありまた不調和でもあります
5
酔うかい?ウオッチ @midalixyseba 2019年12月30日
当時の女性の見識高さについての言及も多いけど、「新聞・雑誌に載るなら熟考したちゃんとしたものを送らなければ」という時代だったろうしな。現代はそこまで記事を神聖視してないだろうし、載せる側も軽い雰囲気を求めてるだろうし、このくらい真面目に書いたら記者が軽い口調に書き換えちゃうのでは。「やっぱり伝統第一! 街並みに合わないファッションはNG」とか
22
しょーし@CV若本規夫 @syousi 2019年12月30日
yuyu_news そういう意味では現代と逆転してますね、洋服と和服の立場。 現代では和服は高価なイメージがあります。(帯や帯留め、帯締めや中襟などの付属物含め)
8
殻付牡蠣 @rareboiled 2019年12月30日
洋装和装云々より、こういった語り合う土壌が有ったことが良いと思う。
10
goodmoon @goodmoon 2019年12月30日
nnouse 奥付のハンコは検印といいまして、著者と版元が合意した以上の部数を出させない(=出した分はちゃんとお金を払う)ための仕組みです。
14
OOEDO @OOEDO4 2019年12月30日
住所が無かったら、コミュニケーションができなかった時代ですからね。いま、住所記載が稀になったのは、それでも連絡を取る方法が豊富になったから、でもある
49
kumonopanya @kumonopanya 2019年12月30日
鉄道とかすくないからそんなに活動圏は広くない、住所を晒しても周りは知り合いばかりだから不審者がいてもすぐわかるだろう。
6
kumonopanya @kumonopanya 2019年12月30日
逆にそんなところから抜け出して新しい人と出会いたい人のためのツールだったんだと思う。
2
inu @inu1122 2019年12月30日
プレタポルテだって一般人がそう簡単に手に入らない、特に地方では、だから、そう簡単に洋装が広まるわけないよね。 ようやく住宅にも西洋建築が増えてきて、これから生活を西洋化しないといけないという過渡期だからそりゃこういう意見になるよな。
7
Kyon-C @rosetail513 2019年12月30日
y2_naranja インターネットというものがまったくなかった頃は、連絡を取るには住所と家の電話番号くらいしかなかったんですよね。留守番電話が登場したのは80年代後半で、それまでは何度電話してもつながらなかったり、家に電話しても家族が出たりするようなこともよくありました。手紙だって、相手が返事を出さないと文通って結構簡単に途絶えちゃいますし。それなりのエネルギーがないと、遠くの人と繋がり続けるのは難しい時代だったんですよ。
38
やまだ @sakusakutoux 2019年12月30日
>住所公開しても気に食わんと怒鳴り込むような人間はいなかったんでしょうね←ガンガン居たよしかも著名人だとカチコミだぞ例えば堤康次郎なんかガチ右翼がピストル持ち込んでカチコミ至近距離で発射とか普通だし暗殺も頻繁 だって政府が気に入らねえって街で暴動やら破壊活動が余裕の時代だぞw現代のおとなしい日本人とは別人種だと思っていい
34
やまだ @sakusakutoux 2019年12月30日
洋装が広がったのは単に利便性以外にも日本が豊かになったり洋装の価格が下がったって事も大きいと思うがな というのも着物の利点ってのは利便性より経済性なんだよ簡単に言うと着物はサイズが変わっても着れるだから一度買えば一生モノだから新規の出費が抑えられる 洋装はその逆でとてもサイズに左右されるから体型の変化で常に買い換えなければならないだから常に買い換えられる経済力が若しくは買い換えられる位安くなければいけない で関東大震災以降洋装が広がったのはその二点が克服された面も大きいと思う
29
みま@由仁区議員 @mimarisu 2019年12月30日
個人情報保護法が出来たのが15年前だしな 昔なら住所氏名くらいならゴミ箱に捨ててたし
29
SAKURA87@多摩丙丁督 @Sakura87_net 2019年12月30日
感覚的には今だと食洗機が必要かどうかの議論くらいの物なんだろうか。
8
テレジアさん(Theresia) @Theresia 2019年12月30日
今は23区だけど、当時は府下だったところが結構あるんだなぁ。
3
kathryn @KathrynJpn 2019年12月30日
1980年ごろの雑誌「ビックリハウス」も投稿者の住所完全掲載だったよ。編集長の萩原朔美や高橋章子の方針だった。
11
Leclerc @3adam15 2019年12月30日
世田谷の小森二美さん。あの時代でニューヨークに3年滞在したって、良いとこのお嬢様か奥様なのか?。
1
ruby @ruby0723 2019年12月30日
洋装を取り入れるとひとことで言っても、服だけじゃなく下着から靴から全部取り替えることになるし、オーダー必須な上に古くなっても和装と違い「解いて布団等に縫い直し」なんかも全くすることができないとなると、やはりチェンジするのにはかなりの勇気が必要だったんじゃないかなあ。洗濯ひとつとっても方法がわからん・・・とか。(洗い張り不可だしw )
27
ruby @ruby0723 2019年12月30日
__oMo__ しかも和装は仕立て直しができますね。着物として着られなくなっても布団にしたり小物を作ったりできますし、そこからさらに手拭いにして子供のおしめにして、最終的には雑巾にもなります。なーんにもできない洋装なんて、なんて不経済!?ってイメージは根強かったかもしれませんねー。
27
春野秋 @rakiharu1 2019年12月30日
洋装肯定派の「便利」が大きいと思う。毎日使うものだし。便利は大事。 値段はあとからどうにかなった。
11
成瀬京太郎 @yuugekisen 2019年12月30日
男の場合は、軍隊(徴兵)という習慣的に洋装を着るイベントがあったからすんなり定着したんだろうな
7
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2019年12月30日
着物だから毛皮や洋館でなければならないわけではないというのに笑った。洋装がまだまだ自分たちにとって遠い存在という感覚が強かったんだろうな。日本家屋に洋装が合わないって意見も新鮮だな。たぶん汚れを気にしない安価な洋装が出回るイメージができない時代だからじゃないかな。
7
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2019年12月30日
yuugekisen 職業婦人ならともかくという意見があるように、この時代でも働いている男性は割と普通に洋装だったのだと思いますよ。その代わり家では和装という、波平さんのあれです。
16
次郎三郎(じろさぶろう) @mgonhs011 2019年12月30日
住所丸出しって、80年代ぐらいまであったよ。作家や野球選手とか。
10
かずひろ @kazuhiro_art 2019年12月30日
fh_wellwater で、ハンコ押した分お金を払うのを税金に擬えて「印税」という言葉が生まれたんですよね。
12
みゆう @MinamidaYminami 2019年12月30日
MinamidaYminami 男性は、明治初期から和服の下にワイシャツを着たり、ブーツを履いたり、帽子を被ったりしていたのに、女性は大正時代になっても和服&髷のままとは ( =Φ人Φ=)づ👘👢🎩
1
めらんこりんこ @merancorinco 2019年12月30日
住所丸出しは90年代初期でもまだあった気がするな~ネットの普及によって個人情報に対する意識が高くなっていった印象。雑誌に掲載するのと某匿名掲示板で晒されるのではアクセス数や悪用される確率が大分違ったんだと思う。
11
みゆう @MinamidaYminami 2019年12月30日
MinamidaYminami 室町(戦国)時代の女性の和服(犬夜叉やもののけ姫等で着られているような)は、男性と同じ細い帯・垂れ髪(ポニーテールみたいに後ろで結ぶだけ)で、着るのも動くのも楽そうだったのに、江戸時代に太い帯・おはしょり・帯留め・ガチガチの日本髪(結わないとはしたないという風潮)と面倒な物になってしまったから ( =Φ人Φ=)づ👘
12
山元 太朗 @tarogeorge 2019年12月30日
住所といっても今の住居表示じゃなくて地番だから、農地を宅地化したところだと同じ地番の住宅が大量にあるだろう。
0
みゆう @MinamidaYminami 2019年12月30日
MinamidaYminami 現代人からすれば、ドアや鍋の取っ手等に引っかかりそうな大きい袖(怪我や事故になりそうで危ない)や、太い帯(おはしょり・帯留めも必要)、洗い張り(洗濯ぐらいで、いちいち糸ほどいてばらすとか面倒な)とか、結うのに手間がかかる日本髪(毎日洗えない、寝る時も首が痛くなりそうな台の付いた枕)より、洋装のがはるかに楽で便利だと思うがな ( =Φ人Φ=)づ👕👖👔👗👚
4
Dally @Dally_Shiga 2019年12月30日
昭和初期~戦後が舞台の「二十四の瞳」では新人女教師が洋服姿で自転車に乗ってきたというので村人に批判的に受け止められるという描写がありました。教師でさえそう受け止められてしまう時代。
6
Dally @Dally_Shiga 2019年12月30日
家で母親に「遠いんだもん自転車じゃなきゃどうやって通うのよ……洋服だって古い着物を染めて仕立て直したやつなのに……」と愚痴る大石先生はかわいいです。
11
op chin @opopchin 2019年12月30日
「三十円内外の借家に住んで洋装もありますまい」って、身の丈に合った生活しろって意見は耳を傾けるべきだな。今で言ったら、バッグとかマフラーとかだけ超高級品買って、あとはピーピーな生活してるようなものだったんだろうな
3
ヴァラドール @_Vorador_ 2019年12月30日
洋装化が進んだのは白木屋の火災のせいでとかありましたね 和装のデメリットが時代が進んでそういう営業形態になったからこそ出てきて洋装化していったとも考えられるのかなと思う
2
ソフトヒッター99@ナードな4つ目 @softhitter99 2019年12月30日
アムステルダム五輪(1928年)の直前でも……人見絹江の五輪出場決定→「人前で太腿をさらすな」などの脅迫状めいた批判の手紙多数届く→自筆の記事(当時、人見は新聞記者)で反撃「いくらでも罵れ!私はそれを甘んじて受ける。しかし私の後から生まれてくる若い女子選手や、日本女子競技会には指一つ触れさせない」まあ、こういう時代だね。
18
カオル @moegikaoru 2019年12月30日
ちょっと話がずれるけど、女性の洋装化に白木屋火災が影響してるっていうの、都市伝説のレベルなんだよね、あの火災の中で下から覗かれるの気にして手を放して墜死した犠牲者って記録が残ってないの 
14
熊谷杯人⭐︎巻きシッポ帝国 @kumagaihaito 2019年12月30日
墨東奇譚で洋服着た主人公のおっさんが女の洋服批判してて「いやお前洋服やん」って思った
6
鶴島 亀島 @craneturtle 2019年12月30日
TM_KG 日本中どこでもアスファルト固めしたのは、高度成長期でしょう。 1970年代の地方都市ではまだ塗装していない、雨が降れば水たまりもぬかるみも当たり前、そこにミズスマシやトンボが飛んでくる世界がありました。昭和30年代のセピア色写真集にも同じ風景がありましたね。
9
鶴島 亀島 @craneturtle 2019年12月30日
ドラマの「おしん」では、主人公が成人して彼氏に子どももできる頃から洋装が徐々に一般的になっていく様子が描かれている。といっても、東京など都市部のそこそこゆとりのある人達中心の話。酒田など地方都市でもまだ洋装は珍しかった。特に女性では。 洋服が最先端、それもファッションだけでなく価値観、ライフスタイル、国づくり・まちづくりのヴィジョンの象徴だった頃の雑誌記事。興味深い。
4
I-zy @digitaleazy 2019年12月30日
なるほど。洋服を普段着として着られるようなお値段では手に入れられない時代なわけか。逆に高級ブランドとしてしか生き残れなかった着物界隈に対しても隔世の感があるなー。
3
amond🌸⚾️🐶🐎🌻🌱 @amond91208455 2019年12月30日
着物を着慣れてるはずのお婆ちゃん(もう曾祖母世代?)たちが家着にアッパッパーを選んでるのがもう和装の不便さを物語ってるね。
12
amond🌸⚾️🐶🐎🌻🌱 @amond91208455 2019年12月30日
職業婦人って、農作業や商店などの自営業や内職をしていた奥様に対して外で雇われて働く女性を指してるんじゃないかなーって言う思う。純粋な専業主婦(サラリーマン妻)っていなかったんじゃないかな。
3
amond🌸⚾️🐶🐎🌻🌱 @amond91208455 2019年12月30日
もう和裁どころか洋裁もご自宅でされる奥様いないんじゃないかな。最近スーパーでミシンの販売コーナー見なくなった。出張販売イベントみたいなのがあったよね。
5
amond🌸⚾️🐶🐎🌻🌱 @amond91208455 2019年12月30日
数十年前はお婆ちゃんに浴衣を仕立ててもらうとか着付けてもらうとかチラチラ話聞こえたけど、もうそのお婆ちゃんが和裁も着付けもしない世代になってるのかな。嫁入り時に喪服を仕立てるとかもうないよね。
10
のろ🦍2歳娘サタデーナイトフィーバー @saru_don 2019年12月30日
この当時に討論されてたことが今では普通になってるし、今現在こんな風に討論されてるにも何十年も経ったらなんでこんなことで当時揉めてたんだなって言われるくらいになってるんだろうなあ
9
Tadashi J M @TadashiJobimM 2019年12月30日
朝日にも賛否半々載せてた時代があるのですね。
1
op chin @opopchin 2019年12月30日
大正とか戦前云々とかのコメ多いけど、昭和四十年代でもお母さんたちの和装割烹着姿って珍しくなかったぞ。お父さんが家で着物着るとかも。波平さんとかのび太パパとかの感じ。
11
amond🌸⚾️🐶🐎🌻🌱 @amond91208455 2019年12月30日
opopchin 漫画だと描き手の思い出や見た漫画やドラマのステレオタイプに引っ張られるからそうなっちゃうんじゃないかな。
2
ZIMBA @zimba_dqx 2019年12月30日
洋服は普段着で手に入れられる値段ではないだろうというのが逆転してしまった。
10
マイコーver.2048 @Micky_UTN 2019年12月30日
大正10年生まれの祖母は、同年代もしくは戦前生まれの庶民出なら服は自分で縫っていた経験があるはずなのにね(なのにトンチンカンな和服の注文が多い。の意味)、とよく言っていたなぁ。 祖母は洋服を作りたくて,縫う知識(と型紙)獲得のため就職は縫製工場にしたと。そんで紳士物のズボンを一日中ミシンかけてたと言っていた。 (その後、普通に洋裁雑誌が買えるようになり、その付録に洋服の型紙が付いてくるようになったみたいだが)
3
あらⓅ★ @arapix 2019年12月30日
「東京府下」と「東京市」はどう違うのか?今の23区とは違うみたいだし...。
2
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2019年12月30日
( ×H×)y-~~戦前戦後でも違うけど高度経済成長期の変化が決定的だったかもな。
2
マイコーver.2048 @Micky_UTN 2019年12月30日
あと、1980年代ぐらいまで、洋服にも縫い代がいーっぱい付いてて、それ使ってサイズをお直しするとか普通だったんだぞっていう。(だから昔の服ほど重い)
12
節穴 @fsansn 2019年12月30日
その癖クッソ歩き辛い靴で仕事してるのを見ると笑っちゃうんですよね
2
鶴島 亀島 @craneturtle 2019年12月30日
opopchin 1980年代まで、割烹着はエプロンと半々くらいだったかな。 洋服の上に羽織るにもエプロンより割烹着の方が上半身をもれなくカヴァーしてくれて、家事作業の折、汚れる部位が少ないのでそこを愛用する人達はいましたね。 農家では今も一般的。
4
鶴島 亀島 @craneturtle 2019年12月30日
amond91208455 ゼロではないが、今よりも珍しかった。 また、今ほど家事も機械化されていなかったし、大家族もあった。 その分、家事の服装にこだわりがあったのでは。
1
pekoe_tw @peckoe_tw 2019年12月30日
可の人の意見通り、否は着たことの無い人の思い込みも散見しますね。複雑な裁断に縫い方など作るにも和服より手が掛かる上に再利用の用途も限られて、試しに着てみるにはハードル高過ぎたんだろうなぁ
1
yybbjjeehh @yybbjjeehh 2019年12月30日
当時は「外で服を買う」ってのがそもそも一般的ではなく、繕い物は自分たちでやるのが主流。乱暴に言うと、一枚の布を体に巻き付ける和服と比べると、複数の布を組み合わせて立体を作らにゃならん洋服は、自宅での繕い難度は高い。それも影響してそう。めぞん一刻の時代ですら、浴衣は自宅で縫っていたシーンがある。
13
竹田一博(さまやん)▷◁楊菲菲P @someryan 2019年12月30日
昭和中期の人「21世紀にもなって、まだ全身タイツの可否が討論されていないのか?」
4
Wandering Sergeant @BootCampTyler 2019年12月30日
風俗という言葉が本来の意味で使われている文面を久しぶりに見た気がする
10
ブラキストン線の向こう側 @cupsoup2 2019年12月30日
昔は既製服が一般的ではないので、昭和初期の婦人雑誌だと洋服の型紙が定番付録だったり、新聞には「ミシンを買って洋裁で儲けよう」みたいな広告がよく掲載されていました。
1
本の犬 @31040_32 2019年12月30日
大正後期生まれ、戦中に銀座の洋装店で働いていた祖母によると、当時は布も配給で、洋装はオーダーメイド、いいとこのお嬢さんはすごくいい生地やボタンをじゃぶじゃぶ使えたけどそれ以外はとても手が出ないと。戦後田舎に引っ込んでからは洋装の裁縫教室で稼いでたらしいので、洋装は特殊技術だったのだと思う。当時の少女はみんな中原淳一の絵を見てはおしゃれな洋装に憧れてため息をついていたそうな。
6
本の犬 @31040_32 2019年12月30日
男性は兵隊に取られたせいか洋装なじむのはやかった(戦後もったいないから軍服のシャツとか私服に転用してたらしいし)けど、パンツよりふんどし派のほうが昭和の中頃まで根強かったようなので、完全洋装はけっこう下の時代かも
1
ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 2019年12月30日
ニワカの愚行やけれども、和装の壊滅には、「大戦による物資の欠乏と、過度の『自粛』ムードによる華美な衣装へのバッシング」が大きく影を落としていると思ってる(あと、戦後の欧米文化の大量流入と、生糸産業の衰退)。もし戦争がなかったか、もっと小規模に終わった場合、この論争がどう膨らんで、どんなファッションが生まれていたのか、虚しいと思いつつも夢見てしまう。
7
逆さまつげ @kitayokitakita 2019年12月30日
住所丸出しが考えられんって言うとるが、もっと衝撃的な実例としてクレカ情報丸出しってのがあるで。ライターが自身のクレカを褒めながらナンバーとか丸出しのクレカの写真が紙媒体に晒されとった時代があるんや。
1
メロソ @ramenmanyeahhhh 2019年12月30日
10年くらい前に習った和裁の先生が「和服はもう生活服ではない」って洋服を着ておっしゃってた。立体で脱ぎ着がしやすい洋服に一回慣れたらもう戻れまい
4
メロソ @ramenmanyeahhhh 2019年12月30日
kitayokitakita ナニワ金融道で見たそれ。本当にあったんだ
0
ZIMBA @zimba_dqx 2019年12月30日
住所晒しが変なのに突撃されると思うと恐ろしいとかは、当時では調べる力があったかにもなるか。
1
みゆう @MinamidaYminami 2019年12月30日
MinamidaYminami 「新世界より」みたいな、和風の要素が入った衣装は、オシャレで着やすそうで良さそうですけど、現代では純粋な和服はちょっと不便でな (=*´人`*=)づ👘👕
3
大和但馬屋 @yamatotajimaya 2019年12月30日
たぶん、戦中のモンペの強制が生活服としての和装にトドメを刺したのでせう。作業着として優秀だったので、故郷の祖母は平成の世も野良着としてずっとモンペ姿でした。
8
Damsel in distress @DID74113809 2019年12月30日
arapix 「東京府」は現在の東京都の範囲。「東京市」は都心の15区のみで品川も新宿も含まれない時代。頻繁に統合合併してるから正確な範囲は自信ないけど
9
Sorano @Sorano03797030 2019年12月31日
2000年代の同人誌ですら住所載ってるのを見たことがあるから住所を載せる文化はこの時代からあったのかと驚いた 今の時代のように凸する人はいなかったんだろうか
7
逆さまつげ @kitayokitakita 2019年12月31日
ramenmanyeahhhh ワイのパッパがよく話してたで。ワイそれ訊いてドン引き。
0
しもべ @14Silicon 2020年1月1日
ぐっ……ぐぬぬっ……!正確に読めねえ……
0
サブラフ @b1YiG6l8bykNnDv 2020年1月1日
コメント欄でも勘違いしている人が居るけれど、この時代の和装は今の礼服化、晴着化してしまった和装と違って普段着としてそこまで幅の広くない帯でゆったりと着付けるから普通に動けるし汚れたらじゃぶじゃぶ洗濯もする。洋装で例えるならばシルク製のドレスやスーツを着て炊事洗濯をする人はいないでしょ。ジャージやスエットに相当する和装もちゃんと有ったんだよ。
10
amond🌸⚾️🐶🐎🌻🌱 @amond91208455 2020年1月1日
じゃぶじゃぶ洗えないよ。木綿が水を吸ったらずっしり重たくなってせまーいお宅で中々洗えないから「洗える浴衣」っていうキャッチで浴衣を売り出したら「浴衣は元々洗えるのに〜w」ってい洗い方を丁寧に説明し始めちゃうんだもの。
4
amond🌸⚾️🐶🐎🌻🌱 @amond91208455 2020年1月1日
着物、木綿は現代のジャージやスエットみたいに伸縮しないから、着にくいし着崩れやすいから体に合わせて仕立て直しが必要だし、時間をお金に換算しないといけない現代でやはり高価なのよ着物は。だからお婆ちゃんたちがアッパッパーを選んだのは最適解なの。
3
amond🌸⚾️🐶🐎🌻🌱 @amond91208455 2020年1月1日
浴衣は手縫い(キリッ)、ミシン縫い(笑)みたいな風潮がね
2
しろがねさん @whitebellsweet 2020年1月1日
opopchin そうですよ。昭和50年ころでも、父や叔父は仕事から和服に着替えてました。祖母は一生洋装はしませんでしたね。上でコメントされてたアッパッパなども一切着ませんでした。
0
TM @TM_KG 2020年1月1日
opopchin 当時の「洋装」を「セレブ生活」とでも置き換えればしっくりするのかもしれませんね。
0
Hush_anura @Emily_Hushanura 2020年1月2日
住居が変われば装いも変わる。事実、団地が増えたら洗い張りができるスペースがなくなり、洗い張りは洗い張り屋に出すようになった。洗い張り、仕立て直しまで自分でやるのがこの時代の常識。できなきゃ嫁に行けないし、生きていられなかった。洗い張りが家でできなくなって少し経つと既製服が安く売られるようになって、洋装も増えた。それまでは洋服も仕立てに出すか自分で縫わなきゃ手に入らなかったから、そりゃ流行らないよね。
1
司史生@やる気がでない @tsukasafumio 2020年1月2日
この写真付きでコメントしているご婦人方は中産階級以上の家庭なので、間違いなく女中の一人や二人は雇っています。大事なことは自分でもやるでしょうが、大半は女中に指示したり手伝わせるスタイルで、彼女たちは家内労働についてそういう前提で発言していると思われます。現代では家電製品が代替してくれたわけですが。
3
Hush_anura @Emily_Hushanura 2020年1月2日
syousi 中襟って言葉、初めて見ました。
0
Hush_anura @Emily_Hushanura 2020年1月3日
MinamidaYminami MinamidaYminami 皆さん「帯留め」と言われているのは何を指していらっしゃるのか。。。?
0
Hush_anura @Emily_Hushanura 2020年1月3日
opopchin amond91208455 わたしも昭和40年代に2〜30代だった漫画家たちが自分の親とかをイメージして描いたのでは?と思います。今90歳以上の人あたりかな。
0
唐揚げ粉 @u6wifkCwwtxADYc 2020年1月3日
女性の洋装が定着したのは もんぺを履くようになったから というのが私の意見
1