「買った雑誌は自分の物だから、スクショしてアップしてもいい」という話は都市伝説です。

写真をコピーする場合、原則としてカメラマンとモデルの両方の同意が必要になります。
2
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

モデルが写ってる写真の権利関係について混乱してる方が結構いらっしゃるので、軽く整理しますね。 少し長文になります。 モデルが写ってる1枚の写真には、複数の権利が並存しています。 まず、カメラマンの著作権。 これは、写真を独占的に使う権利で、写真そのものについて発生するものです。

2020-01-17 08:53:24
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

次に、モデルの肖像権。 肖像権とは、ざっくり言うと、自分の容姿を勝手に公開されない権利です。 自分の容姿を公開するかしないか、どこでどう公開するかをコントロールできる権利ですね。 プライバシー権の一種と言われており、人なら誰もがもつ権利です。

2020-01-17 08:53:25
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

さらに、モデルが有名な場合はパブリシティ権もあります。 たとえばみんなが「あのモデルが着てるシャツだから欲しい」という場合、モデルには広告塔としての力があるわけです。こういう、人を引き付ける力(顧客誘引力といいます)には価値があり、この価値を独占できる権利がパブリシティ権です。

2020-01-17 08:53:25
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

このように1枚の写真には、カメラマンの著作権とモデルの肖像権・パブリシティ権という3つの権利が並存してるわけですね。 なので、その写真をコピーする場合、原則としてカメラマンとモデルの両方の同意が必要になります。 仮に写真上にイラストが描かれていれば、その作者の同意も必要になります。

2020-01-17 08:53:26
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

著作権と肖像権・パブリシティ権については、EXILEを擁するLDHのこちらがひどくわかりやすいので、ぜひご参考いただくとよいと思います。 ldh.co.jp/rule/

2020-01-17 08:53:26
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

「買った雑誌は自分の物だから、スクショしてアップしてもいい」とか「広告は撮影して自由に投稿できる」等は都市伝説です。 原則ダメ。OKの場合は限られてます。 「皆やってる」「何も言われたことはない」なら、それは単に見つかってないか、黙認されてるか、証拠集めのために泳がされてるだけです。

2020-01-17 09:26:16
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

とはいえ、過度に萎縮する必要はありません。 写真の権利関係について正しく理解し、節度をもって行動されれば、大きな問題にはなりにくいです。 正確な知識がなにより大切だと思います。

2020-01-17 09:32:15

コメント

rambda @rambda2 2020年1月17日
都市伝説という表現は違うような。
6
ミサイル @junko_missile 2020年1月17日
写真だけか。文字のみの記事とかはどうなる?
0
ととっと @xyrLuoihI9vhuex 2020年1月17日
rambda2 どちらかといえば怪文書ってののほうが近い気はする。根拠不明のうわさで口伝えに人から聞くのが都市伝説ってイメージがあるな。
0
個人の感想です @Charlie3_y 2020年1月18日
以前は「適切な引用であれば合法」であったのが、昨今は著作権者側から「公衆送信権の侵害」と主張される事例が多いようです。時代によってルールは変わりますね。
1