【連載中の漫画家向け:「持続化給付金(コロナ対策)」の研究】by赤松健

まとめました。
2
赤松 健 @KenAkamatsu

別冊少年マガジンにて『UQ HOLDER !』連載中の漫画家。海城高校・中央大学卒。代表作に『ラブひな(第25回講談社漫画賞)』『魔法先生ネギま!』『A・Iが止まらない!』など。アニメ化多数。公益社団法人「日本漫画家協会」の常務理事。電子書籍サイト「マンガ図書館Z」やアシスタント募集サイト「GANMO」を運営。

kenakamatsu.tumblr.com

赤松 健 @KenAkamatsu

ちょっとコロナの件に伴うアシスタントの給与補償案について、研究ツイートをするので、内容が間違っていたらコメントで指摘して下さい。削除して修正していきます。

2020-04-10 12:15:46
赤松 健 @KenAkamatsu

【連載中の漫画家向け:「持続化給付金(コロナ対策)」の研究】 ★前提条件 週刊少年A誌の編集部から、急に「コロナ陽性の編集者が複数出た。とりあえずA誌を3週間だけ休刊します」という連絡が来たとする。 原稿料が3週間分入らないのは痛いし、アシスタント達を一ヶ月近く休ませて無給に→

2020-04-10 12:16:37
赤松 健 @KenAkamatsu

→すると彼らも困るだろう。最悪離脱もあり得る。さてどうするか。 ★付加条件 アシスタント達は各自デビューを目指しており独身で、正社員として雇用しているわけではなく、日給は1万円で大体20日労働、2019年もアシスタント料は同額支払っていたとする。(つまりコロナ補償30万円は対象外)

2020-04-10 12:17:12
赤松 健 @KenAkamatsu

(A)前倒し執筆 一切休まずに執筆を続け、前向きに考えて「締切に対して3週間余裕のある優良作家」となる。アシスタント料は途切れず支払い、いつか最終回が載るより早めに執筆を終えれば、最後に原稿料が3回余分に入ってトントンになる。しかし打ち切り対応が難しい。

2020-04-10 12:17:41
赤松 健 @KenAkamatsu

(B)「持続化給付金(仮)」を申請する 今月のアシスタント料を25%(仕事が1週だから)に設定して、全員分の売上表を作り、みんな一緒に「持続化給付金」を電子申請する。 meti.go.jp/press/2020/04/… 持続化給付金はフリーランスでも申請OKであり、→

2020-04-10 12:18:02
赤松 健 @KenAkamatsu

→給付金なので返済も不要。金の使途も問われない。1~3月以外でも申請可能になった。 例えば2019年度4月が給与合計20万円だったとすると、2020年5月が5万円になったので、50%以上減少したことになり、「240万円-(5万円×12)」=180万円で、アシスタントが個人事業主と→

2020-04-10 12:18:36
赤松 健 @KenAkamatsu

→すると、上限の100万円が一度もらえる可能性がある。 これを先生主導で書類を作り、アシスタントそれぞれが電子で自己申告するわけだ。 実は先生も申告でき、法人化していれば上限200万円だが、先月までの原稿料が後から入るはずなので、みんなより少し遅れて申請することになる。

2020-04-10 12:19:03
赤松 健 @KenAkamatsu

制度の詳細は現在検討中で、最短でも5月頃から開始になりそう? ※間違っていたらコメントで指摘して下さい。削除して修正していきます。

2020-04-10 12:20:54

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?