アニメのHDR表現について

ざっくり歯抜けで全部拾い切れていないですが、アニメのHDR表現についての「4K HDR anime channelさん」とのやり取り&関係ありそうなツイートまとめ
45
4K HDR anime channel @AnimeHdr

以前も紹介したが、ダイナミックレンジとはなにか、を非常に上手く説明したサイト。 自分が見てもこれはわかりやすいなと感心する。 photo.nyanta.jp/DR12.html

2020-06-03 21:27:28
山岸 辰哉 @InPut_Bancho

映像の「解像度」「輝度」「色域」「フレームレート(FPS)」の4つのパラメータを上げていくと現実世界により近づき没入感をより得られるといった考え方もあるらしい

2020-06-04 00:36:14
4K HDR anime channel @AnimeHdr

HDRとはなにか、を理解する際に非常に参考になった資料 これのどの内容を公開していただけることにはプロニュースには感謝しか無い。 pronews.jp/pdf/UHD_Guideb… 色と光の表示。それはなにか、ということを理解するのにも非常に参考になった。

2020-06-04 20:43:26
4K HDR anime channel @AnimeHdr

@technologybox7 コメントありがとうございます。 正直これは余りにわかりやすくて無料で見れて良いのかと思うほど。

2020-06-04 21:06:03
toru @toru_ver15

うおおお!これは俺が求めていた情報だ!!全世界の動画配信サイトの HDR対応状況が分かる。 UHD Service Tracker ultrahdforum.org/uhd-service-tr… pic.twitter.com/Uxs25A2Nfa

2020-06-03 22:41:26
拡大
山岸 辰哉 @InPut_Bancho

デジタルシネマのカラーマネジメントに関しては、まずコレ。ここがスタート地点な気がする。僕はこれを土台に広げてってる twitter.com/InPut_Bancho/s…

2020-06-06 12:29:16
山岸 辰哉 @InPut_Bancho

作業用色空間=コンポジット色空間、レンダリング色空間 pic.twitter.com/fZ34yvOoD0

2020-04-21 12:22:10
拡大
山岸 辰哉 @InPut_Bancho

映画のカラーパイプラインの基本的な考え方はOCIO config : spi-vfxの解説がとても参考に。シンプルに運営したいなら、まずこれがいいかも。acesワーククフローは、この思想をacesを基軸に拡張、規格化してるように思える。本質は同じと感じる opencolorio.org/configurations…

2020-06-06 09:44:42
山岸 辰哉 @InPut_Bancho

ACES Workflow : AMPASによって規格化されてるシーンリニアワークフロー pic.twitter.com/9rN1EOOKGZ

2020-04-21 12:09:36
拡大
山岸 辰哉 @InPut_Bancho

acesワークフローはCGの人はmayaのヘルプに日本語でとても詳しく書いてあるので、興味ある人は見てみるといいかも。マットペイントなどにも触れてます。 knowledge.autodesk.com/ja/support/may…

2016-12-18 07:47:40
山岸 辰哉 @InPut_Bancho

「cg cinematography」 chrisbrejon.com/cg-cinematogra… 映画の色について、めっちゃ強いサイトを発掘した。まだ見てないけど、凄そう。ACES Workflowとかも凄い充実度。

2020-04-29 17:29:22
山岸 辰哉 @InPut_Bancho

FusionならPixarのサイトでCGのコンポジットが学べるよ。Pixarにコンポジット部門があるかどうか?は良く知らないけど。

2020-05-13 20:30:36
山岸 辰哉 @InPut_Bancho

何故カラーマネジメントから説明が始まっているのか? renderman.pixar.com/the-grand-tour…

2019-08-02 08:53:57
山岸 辰哉 @InPut_Bancho

@Hinasan46494649 @AmazonJP 色彩工学はコニカミノルタさんのページが良くまとまってます konicaminolta.jp/instruments/kn…

2020-05-21 18:16:06
山岸 辰哉 @InPut_Bancho

@Hinasan46494649 色再現工学の基礎 大田 登 amazon.co.jp/dp/4339076449/… @amazonJPより どれくらい突っ込んでやるか?にもよりますが、カラーマネジメントを深く掘り下げたいのであれば、色彩工学から学んだ方が近道の場合もあります

2020-05-21 17:19:52
山岸 辰哉 @InPut_Bancho

Netflix カラーグレーディング: ドルビービジョン / HDR partnerhelp.netflixstudios.com/hc/ja/articles…

2020-06-05 09:40:15
山岸 辰哉 @InPut_Bancho

外からの印象でしかないけど、国内の3DCG周りのカラーマネジメントの掘り下げ方、情報発信はPolyphonyさんが凄い。ちゃんと向き合ってる感が凄い polyphony.co.jp/publications/s… Practical HDR and Wide Color Techniques in Gran Turismo SPORT

2020-06-05 11:59:22
残りを読む(113)

コメント

みずの とんび @lunatic_tonbi 2020年6月4日
HDRとは基本的に明暗のダイナミックレンジを拡張する技術なので、得てしてコントラストが低下した眠たい画像になりがちではある。それを視聴者の感覚に違和感なく収めるために多くの人の尽力が要ったのであろうということは想像に余りある。
0
みずの とんび @lunatic_tonbi 2020年6月4日
究極的にはそのような高度な技術を(視聴者に意識させずに)提供させることにあるはずなので、どちらかというと我々はこのまとめの内容に鈍感であってほしい。
2
しましま @jkgkikllh 2020年6月4日
飛蚊症が悪化するので全てのモニター最低輝度です。
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年6月4日
まとめ中のP3は、DCI-P3のことでDCI(デジタルシネマ規格)と映画系、とRec.2020はITU(国際電気通信連合)と放送系です。
1
山岸 辰哉 @InPut_Bancho 2020年6月4日
補足ありがとうございます。規格の話なので本来はちゃんとした方がいいのですが、映像のカラーマネジメントの話をしているときは「輝度」「ガンマ」「色域」「白色点」のいずれかの話をしています。btやstやrecは規格の種類です。「bt.2100(st2084/rec.2020)」といった場合は、HDR国際規格bt2100でst2084はHDR出力(輝度特性)PQ1000を指し、rec2020は色域を指してます。
0
山岸 辰哉 @InPut_Bancho 2020年6月4日
P3はDCI-P3ですが、劇場の上映環境の規格で輝度48cd/mでガンマ2.6で色域がDCI-P3という意味で使ってる場合もあれば、単に色域だけの意味で使っている場合もあります。「シーンリニアP3」は「輝度は絶対値でガンマ特性が1.0で色域がDCI-P3」というニュアンスで使っています。 P3D65PQは「HDRがPQ方式で白色点がD65で色域がPCI-D3」となります。うろ覚えで間違って使ってる場合もあり、その辺のニュアンスをくみ取って頂けたら幸いです。
0
山岸 辰哉 @InPut_Bancho 2020年6月4日
僕自身がまだ勉強中のため間違えているところも多いかと思いますが、補足修正などお手柔らかにお願いします。
0
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年6月4日
アナログとデジタルを正確に対応付けるには、どんな色かが何bitになる、どのぐらいの明るさが基準になるかを決めておく必要があり。でもってHDRと言っても太陽の光レベルの表示装置なんか出来ないので人間の感覚と表示装置の性能からイイ感じにそれっぽく見える対応付けが必要。
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年6月4日
ということで色域(の対応)の標準化でDCI-P3とかITU Rec.709/2020とかがあり、輝度(の対応)の「いい感じにそれっぽく」の方式でPQやHLGがあり、標準化ではSMPTE ST 2084とかがる。標準化なのになんでこんなにゴチャゴチャあるか理屈はあるのだけれども、標準を決めている業界が違うというのが一番大きそう
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年6月4日
ビットマップディスプレイ(点の集まりで構成する表示器)では、各画素ごとの色情報(赤、緑、青で各10bitとか12bitとか)と画面全体の輝度情報(これは画素ごとでバラバラだと困る)でHDRを構成するので、各画素のbit数が多いだけでなく輝度情報も受け取れないとHDR対応にならない。
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年6月4日
ここらへんは作り手が意図した映像に出来るだけ正確に受け手に伝えるための技術なので、SDRで放送/記録されたりものを個人でHDR化するのは正確では無くなるため、趣味の世界ではないかと思う
1